たけジャパンと右往左往・・・しま専科

趣味中心の日常生活を、勝手気ままに綴った自己満足の備忘録です。
2017/06/15

いいことずくめのウォーキング

楽しかったウォーキング便り
◇いいことづくめのウォーキング
 お金もかからずマイペースで、レジャー気分でストレス解消、胸張って大股で歩けば気分爽快!
平成29年
西伊豆戸田を歩く 平成29年6月10日(土)
 静岡県Y・H協会企画の「西伊豆戸田を歩く ~ ディアナ号の足跡と塩作り体験 ~」に行ってきました。
<今回のコース>
JR富士駅~(貸切バス)~戸田港中央桟橋~宝泉寺~造船記念碑~NPO法人戸田塩の会~御浜公園(昼食)~戸田造船郷土資料博物館~戸田港中央桟橋~(貸切バス)~JR富士駅
 JR富士駅から貸切バスに乗って西伊豆の戸田港へ。
 中央桟橋で下車して、御浜岬の先端にある諸口神社を目指します。
 戸田港は県内では〝焼津〟に次ぐ水揚げを誇ります。 
【戸田港】
1_20170613110320d58.jpg 2_2017061311032226f.jpg 3_2017061311032290d.jpg
 先ず、宝泉寺へ。
 プチャーチンの宿泊所で、ディアナ号の水兵の墓所があります。
 ヘダ号建造の碑にも寄りました。
【宝泉寺(本殿・ディアナ号水兵墓所)/造船記念碑】
4_20170613110324935.jpg 7_20170613110325091.jpg 9_20170613110509916.jpg
 〝NPO法人:戸田塩の会〟で塩作りの体験をしました。
 海水を汲み、商品になるまで詳しく説明していただきました。
 すでに煮詰めていただいてある塩を、網ですくいました。
 ミネラルたっぷりの塩です。
【戸田塩の会(店舗・説明看板・販売品・体験・記念写真)】
10_20170613110511765.jpg 12_20170613110512126.jpg 13_2017061311051498a.jpg
14_20170613110515044.jpg a_201706131146347b0.jpg
16_20170613110546aa8.jpg
 ボランティアさんに造船資料館を案内していただきました。
 館の入口には、ディアナ号の錨が置いてありました。 
【諸口神社/諸口神社鳥居/駿河湾】
21_20170613114915afd.jpg  27_20170613115135575.jpg 28_20170613115137c82.jpg
【戸田造船所郷土資料博物館/ディアナ号の錨/戸田灯台(潮風の灯台)】
22_20170613114917880.jpg 24_20170613114918308.jpg 19_20170613114944b1b.jpg
いただいた資料より
 *宝泉寺
  ロシア使節のプチャーン堤監が、新船が完成するまでの約4ケ月滞在した臨済宗寺院。
  境内には滞在中に亡くなった乗組員の墓がある。
 *御浜岬
  人気の海水浴場である御浜海水浴場を包み込むように、駿河湾に弓状に突き出た、こんもりと生い茂った岬。
  岬の先端に諸口神社がある。
 *戸田灯台(潮風の灯台)
  御浜岬の外海側に建つ、1992年に初点灯した、高さ11.6mの白亜の灯台。
  ここから見る富士山と駿河湾に沈む夕日は最高!
 *諸口神社
  駿河湾に弓状に突き出た御浜岬の先端に鎮座する、弟橘姫命を祀る、赤い鳥居が印象的な神社。
  毎年4月4日に例祭が執り行われる。
 *戸田造船郷土資料博物館
  沈没したロシア軍艦ディアナ号の遺品や、日本初の本格的洋式帆船であるヘダ号の造船資料などを展示。
  駿河湾深海生物館が併設されている。


おはなし&さんぽ 平成29年6月3日(土)
 浜松市T域遺産センター企画の「井伊氏ゆかりの石塔」講座に行ってきました。
 午前が講座、午後が見学でした。
 ・石塔とは何か
  石で造った仏塔=供養塔
 ・井伊谷周辺には、井伊氏ゆかりの石塔が数多く残されている。
 ・その石塔は、戦国時代の供養塔と近世に整備された廟所や供養塔、記念碑等の大きく2種類に分けられる。 
<今回のコース>
午前:講座 井伊氏ゆかりの石塔をめぐる (H間岳人講師)
午後:見学 井殿の塚~井伊共保出生の井戸~龍譚寺
【井殿の塚(遠景/塚/直満・直義の供養塔)】
1_20170605085606107.jpg 3_20170605085610e75.jpg 2_20170605085608bf4.jpg
【共保出生の井戸(遠景/井戸と橘/石碑】
4_201706050856115ef.jpg 5_20170605085612e00.jpg 6_201706050856290dd.jpg
【龍譚寺(山門/本殿/前庭)】
7_2017060508563129d.jpg 8_20170605085632e4c.jpg 9_20170605085633265.jpg
【龍譚寺(井伊家墓所全景/右:初代共保、左:22代直盛/右:直虎、中:23代直親、左:直親室)】 
注:室とは夫人のこと
10_20170605085634c3e.jpg 11_20170605085653393.jpg 12_201706050856544b9.jpg
【龍譚寺(井伊家家臣墓所)】
13_20170605085656a1a.jpg
【龍譚寺(色鮮やかに)】
14_20170605085657518.jpg 15_20170605085659a60.jpg 16_20170605085723df7.jpg
いただいた資料より
*井殿の塚
 天文13年(1544)12月、家臣小野和泉守の讒言により、今川氏に誅殺されたという井伊直満、直義兄弟の供養塔。
 2人の遺骨を納めて塚を築き、石塔を建てて塚の上に松を植えたという。
 井伊氏居館跡の一部に残る。
*井伊共保出生の井戸
 この井戸は家祖共保出生の井戸であり、傍らに橘の木が生えていた。
 そのため、井伊家は「橘」を家紋とし、「井」を旗幕の紋としたという。
*龍譚寺 井伊家墓所
  井伊氏の位牌と霊像を祀る御霊屋の西にある。
  初代共保から24代直政にいたる当主・夫人の墓石13基が現存する。
*龍譚寺 井伊家家臣墓所
 井伊家墓所の南側にある。
 22直盛とともに戦死した井伊谷三人衆(鈴木重時・近藤康用・菅沼沼忠久)、井伊家存続の危機を救った新野氏など戦国期の井伊家を支えた家臣や武将の墓として祀られている。


遠州の小京都散策 平成29年3月11日(土)
 Sわやかウォーキングで、遠州の小京都といわれる森を散策しました。
 およそ6キロのコースで、1時間30分ほどで終わりました。 
<今回のコース>
天竜浜名湖鉄道森町病院駅~香勝寺~森山焼窯元~静邨陶房~蓮華寺~森町歴史民俗資料館~天竜浜名湖鉄道遠州森駅
 森町病院駅でコースマップをいただき出発です。
 およそ1キロほど歩き、別名「ききょう寺」と言われている「香勝寺」に向かいます。
 シーズンには多くの人で賑わいます。
 境内の庭園のしだれ桜が見ごろでした。
【香勝寺】
1_20170312075040f10.jpg 2_20170312075042b8a.jpg
3_20170312075043ef5.jpg 4_20170312075045672.jpg 5_201703120750464bf.jpg
6_201703120751123e5.jpg 7_20170312075115e69.jpg
 次は「森山焼窯元」に寄りました。
 静岡県でもっとも大きな窯場です。
 窯元「静邨陶房」の赤焼きの陶器の鮮やかさは見ものです。
【森山焼窯元】
8_20170312075116e2e.jpg 9_201703120751171f5.jpg
10_20170312075118463.jpg 11_20170312075143bfb.jpg 
【静邨陶房】
12_201703120751444d5.jpg 13_20170312075146500.jpg
 次は森町で最も古い寺院の「蓮華寺」です。
 境内には萩が群生し、「はぎの寺」として有名です。
【蓮華寺】
14_20170312075147b6f.jpg 15_2017031207514981c.jpg 16_201703120752169f9.jpg
 最後は、「蓮華寺」の隣にある「森町歴史民俗資料館」です。
 館内は、農耕具・生活用品や古文書など展示され、森町の歴史と生活文化の変換がわかります。
【森町歴史民俗資料館】
17_20170312075217661.jpg 18_20170312075219af7.jpg
19_20170312075220fdf.jpg 20_20170312075222558.jpg 21_20170312075243a7c.jpg
22_20170312075245299.jpg
 


ガイドと歩こう浜松歴史再発見 平成29年2月25日(土)
 新聞の募集でした。
 「富士見櫓跡から富士山を眺めた後、秋葉神社や菩提寺(殿様寺)、五社神社等をガイドと共に巡る」 
<今回のコース>
浜松城公園駐車場~浜松城公園(浜松城・天守門・富士見櫓跡・家康像・作左の森)・~秋葉神社~菩提寺~五社神社~復興記念館~浜松城出丸跡~馬冷跡~鎧掛松
 富士山の日記念ウォーク「ガイドと歩こう浜松歴史再発見」で浜松城周辺を歩きました。
 富士見櫓から、残念ながら富士山は見えませんでした。
【浜松城】
2_201703021206030f8.jpg 5_2017030212062897d.jpg 4_20170302120700e95.jpg
【浜松城(天守門/家康像/富士見櫓から富士を望む】
8_201703021208055f2.jpg 1_201703021208254eb.jpg 9_20170302120846fe3.jpg
 一筆啓上の作左の森は、浜松城公園内にあります。
【作左の森/作左の森よりより城を望む】
11_2017030212101580d.jpg 12_2017030212101620a.jpg
 徳川家康ゆかりの秋葉神社にも寄りました。
【秋葉神社】
16_2017030212114058f.jpg 17_20170302121142d10.jpg
 菩提寺は別名殿様寺と言い、昔は士族だけの寺でした。
【菩提寺】
21_20170302121143183.jpg
 徳川秀忠の産土神の五社神社は、朱塗りの本殿がきれいです。
【五社神社】
22_20170302121145377.jpg 24_20170302121146174.jpg 27_20170302121148e0d.jpg
 浜松復興記念館を見学し、浜松城出丸跡、馬冷跡にも寄りました。
 馬冷跡は、戦や訓練の後に馬をクールダウンさせるため、馬の体を池の水で冷やした池のあったところです。
【浜松復興記念館/浜松城出丸跡碑/馬冷跡道標】
29_2017030212200126c.jpg 31_20170302122003ebc.jpg 35_20170302122119d55.jpg
 合戦から帰った家康が、あまりの暑さに涼をとるため着けていた鎧をとって掛けた松である鎧掛松に寄り、解散となりました。
【鎧掛の松/鎧掛の松より浜松城を望む/武者の歓迎】
36_20170302122219a61.jpg 37_20170302122220765.jpg 38_20170302122222744.jpg



歩いて河津桜見物 平成29年2月26日(日)
 天気がよかったので花川堤防の河津桜を見に行きました。
 我が家から4キロほどにありウォーキングには手頃な距離です。
 土曜日にはライトアップされます。
 菜の花との競演を楽しみました。
3_20170226111512731.jpg 5_201702261115147a4.jpg 6_201702261115156a6.jpg 9_20170226111622b9b.jpg 17_201702261116380a5.jpg 20_20170226111656798.jpg
11_20170226111909c5e.jpg 16_20170226111910a81.jpg 15_20170226112431d95.jpg



涅槃図をたずねて 平成29年2月15日(水)
 T竜ふるさとガイドの会企画の「寺院めぐり・涅槃図をたずねて」に行ってきました。
 富士山の日(223=富士山→2月23日)のイベントの一環として行われました。
 お釈迦さまが亡くなった日である2月15日に、五寺の涅槃図を毎年たずねています。
 五寺とは、信康山清龍寺、天神山長光寺、光明山光明寺、東谷山栄林寺、阿蔵山玖延寺です。
 涅槃図は、お釈迦様の最期の様子を描き、弟子たちだけでなく多くの動物や昆虫までもが集まって死を嘆き悲しんだ図で、2月15日にお釈迦様のご遺徳をしのびます。
 各寺の涅槃図は見どころ一杯で、構図や描写が各々の絵師や時代により微妙に違います。
 光明寺の大黒天は、高さ4mで木像の大黒天では日本一と言われています。
 栄林寺では花草団子をいただきました。
 すがすがしい気持ちになった一日でした。 
【清瀧寺】
1_20170218113938050.jpg 2_20170218113939deb.jpg 4_20170218113941524.jpg
5_201702181139436ed.jpg
【長光寺】
6_20170218114201633.jpg 7_2017021811420210c.jpg 8_201702181142041d9.jpg
9_20170218114206442.jpg
【光明寺】
19_20170218114404fc5.jpg 22_20170218114406828.jpg 23_201702181144078f6.jpg
24_2017021811440935c.jpg
【栄林寺】
25_201702181146064a1.jpg 40_20170218114646ca4.jpg 26_20170218114747e8a.jpg
27_20170218114749f12.jpg
【玖延寺】
35_20170218115145e9a.jpg 36_20170218115147176.jpg
38_2017021811514952b.jpg
【阿那律尊者と摩耶婦人/阿難尊者/純陀】
14_20170218145615774.jpg 10_20170218152129fb1.jpg 17_20170218152308c5c.jpg
【お釈迦さまに触れる老女/薬袋/動物たち】
11_20170218152502afc.jpg 15_201702181525294fc.jpg 39_20170218152602c55.jpg
 2月18日のS岡新聞に載っていました。
50_2017021816033536c.jpg



季節の花ウォーク 平成29年2月11日(土)
 浜松フラワーPで行われた「季節の花ウォーク」に行ってきました。
 ボランティアガイドの案内で園内の花めぐりをします。
 梅と早咲きの桜です。
1_20170214120334ee1.jpg 3_20170214120405cd5.jpg 5_20170214120406645.jpg
8_201702141204325f1.jpg 9_20170214120433dcb.jpg
2_201702141204529d7.jpg 7_20170214120511b9a.jpg 10_2017021412053910f.jpg
 葉ボタンと節分草と水仙です。
11_20170214120540efb.jpg 12_20170214120542130.jpg 13_20170214120543c70.jpg
14_20170214120545c97.jpg 26_20170214120622626.jpg 16_20170214122739a12.jpg
 福寿草が鮮やかです。
21_20170214120645741.jpg 19_20170214120713508.jpg 18_2017021412073276a.jpg
 蠟梅がきれいでした。
24_20170214120803d95.jpg 22_20170214120827e79.jpg 25_20170214120853193.jpg
 大木が珍しいシャクナゲもどきです。
31_20170214120917fcd.jpg 30_20170214120937289.jpg
 チューリップと菜の花の競演です。
32_20170214121010d8d.jpg 35_201702141210328b0.jpg 33_201702141210586f6.jpg
34_20170214121122945.jpg 36_2017021412115581c.jpg 38_2017021412115608f.jpg



季節の花ウォーク 平成29年1月28日(土)
 浜松フラワーPで行われた「季節の花ウォーク」に行ってきました。
 ボランティアガイドの案内で園内の花めぐりをします。
 今日の目玉は、チューリップと蠟梅。
 チューリップと菜の花のコラボはきれいでした。
【チューリップと菜の花】
1_2017013106074925f.jpg 2_20170131060750a79.jpg 4_20170131060751d8c.jpg 5_20170131060753aec.jpg
7_20170131060916631.jpg 8_20170131060917916.jpg 9_201701310609195f5.jpg 11_20170131060920357.jpg
14_20170131061139cba.jpg 12_201701310612043fb.jpg 13_20170131061206c42.jpg
16_20170131061318a78.jpg 15_20170131061347c4a.jpg 17_20170131061408f9a.jpg
【蠟梅】
31_201701310622219ce.jpg 33_201701310622224f6.jpg 35_201701310626291a1.jpg
36_20170131062632d55.jpg 37_2017013106283201e.jpg 38_2017013106283396d.jpg
 梅の見頃は、まだまだ先です。
【梅】
18_20170131061830c50.jpg 19_20170131061831771.jpg 20_20170131061833b3c.jpg
21_2017013106195072d.jpg 22_20170131061951879.jpg 23_2017013106195366f.jpg
【節分草/ボタン/椿】
28_20170131062218487.jpg 29_20170131062219590.jpg 27_20170131062216e72.jpg
【園内はまだ冬】
62_201701310910507be.jpg 63_20170131091051e66.jpg
 温室内の、「バレンタイバージョン」の飾りも見もので、フラワーPの珍しい花として「オオシロゴウカン」と「キンロチャ」が展示してありました。
【温室内の花々】
40_20170131063618501.jpg 50_2017013106364100d.jpg 49_201701310637168aa.jpg
48_2017013106430302a.jpg 45_20170131064434889.jpg 46_20170131064300666.jpg 47_20170131064301c6c.jpg
43 - コピー - コピー 44_20170131064433350.jpg 42_2017013106443073f.jpg 41_2017013106442820f.jpg
54_201701310903506e0.jpg 55_20170131090351b82.jpg 56_20170131090436cc4.jpg
57_201701310904373e3.jpg 60_20170131090519543.jpg 61_20170131090520b0e.jpg
【バレンタインバージョン】
51_2017013109034562e.jpg 52_20170131090347aa7.jpg 53_20170131090348cdc.jpg
【オオシロゴウカン/キンロチャ】
58_201701310910167e5.jpg 59_2017013109101844a.jpg



新春の大平、灰木地区を歩く 平成29年1月8日(日)
 E州Y辺の道企画の「新春の大平、灰木地区を歩く」に行ってきました。
<今回のコース>
天浜線フルーツパーク駅~フルーツパーク~大平城址~六所神社~あらたまの湯~浜北球場~庚申寺~天浜線宮口駅
 フルーツパーク駅に集合し、新春の大平、灰木地区を歩きました。 
 ボランティアガイドが丁寧に解説してくれました。
 須部取水場を遠くに見ながら唐猫様に向かいます。
 大平城址を尋ね、五体力神社にも寄りました。
 六所神社を参拝しました。
 あらたまの湯の足湯を楽しみました。
 庚申寺では、「初庚申祭」が盛大に行われていました。
【フルーツパーク駅/主催者あいさつ/フルーツパーク】
1_201701081535024ea.jpg 2_20170108153504f8a.jpg 3_201701081535051f7.jpg
【須部取水場/唐猫様/ガイド説明】
4_20170108153507efa.jpg 5_20170108153509c3c.jpg 6_20170108153640990.jpg
【大平城址(入口と説明看板)/五体力神社】
7_201701081536418d8.jpg 8_20170108153643619.jpg 9_201701081536449c3.jpg
【水神社/六所神社(鳥居と社殿)】
10_20170108153646fc0.jpg 11_20170108153847930.jpg 12_20170108153848858.jpg
【灰木処分場/あん寺/浜北球場】
13_20170108153850e25.jpg 14_20170108153851454.jpg 15_20170108153853f2f.jpg
【あらたまの湯】
16_20170108154036555.jpg 17_2017010815403779a.jpg 18_20170108154039b29.jpg
【庚申寺/初庚申祭/宮口駅】
19_20170108154040180.jpg 20_20170108154042f48.jpg 21_20170108154219782.jpg
 天竜浜名湖鉄道の「直虎号」です。
 運良く、乗車できました。
 「大河ドラマ」の放映で、ブーム間違いなしでしょうか? 
【直虎号】
22_201701081542201f4.jpg 23_20170108154222622.jpg 24_2017010815422399a.jpg
スポンサーサイト
2016/12/26

いいことづくめのウォーキング

楽しかったウォーキング便り
◇いいことづくめのウォーキング
 お金もかからずマイペースで、レジャー気分でストレス解消、胸張って大股で歩けば気分爽快!
平成28年
花のウォーキング 平成28年12月24日(土)
 浜松市のFラワーパークでの「花のウォーキング」に行ってきました。
 ボランティアガイドの案内で花を楽しみながら園内をめぐります。
 この時期の花は少なく、ビオラが植えられ、サザンカが見頃です。
 紅葉とバラ園のバラはちょっと遅かったが、何とか楽しめました。
 大温室ではポインセチアとベゴニアがきれいでした。
【マスコットキャラ(フラまるくん)】
1_20161226142359ea4.jpg
【園内の草木】
2_20161226142401ad3.jpg 5_20161226142402d1c.jpg 6_20161226142403a96.jpg
10_20161226142557c16.jpg 14_20161226142620681.jpg
7_20161226143632ce1.jpg 11_20161226143635b65.jpg 12_201612261436370e8.jpg
【紅葉】
21_20161226143008b75.jpg 15_201612261428153f4.jpg 16_20161226142816e4e.jpg
17_201612261428189e9.jpg 18_20161226142819b81.jpg 20_2016122614282170c.jpg
【バラ園】
29_2016122614383266d.jpg 22_2016122614390702a.jpg 23_2016122614390824d.jpg
25_20161226143910459.jpg 26_2016122614391161b.jpg 27_201612261439134a7.jpg
【大温室】
30_201612261442517c9.jpg 36_201612261443237ef.jpg 37_20161226144324258.jpg
33_20161226144427e4c.jpg 34_20161226144429ad5.jpg



紅葉の鳥羽山城と二俣城ウォーク 平成28年11月25日(土)
 T竜ふるさとガイドの会企画の「紅葉の鳥羽山・二俣両城址を訪ねて」に行ってきました。
 今が盛りの紅葉をたっぷり堪能しました。
 その他、明治時代のレンガ造りのトンネルとして注目されている「鳥羽山洞門」、国の登録有形文化財である「筏問屋田代家」と「本田宗一郎ものつくり伝承館」を見学しました。
 家康の長男・徳川信康の菩提所である「清龍寺」を参拝しました。
 ガイドのわかりやすい解説付きで二俣の町並みをめぐる、およそ6キロのウォーキングでした。
<今回のコース>
F俣共働センター~鳥羽山洞門~筏問屋田代家~鳥羽山城~二俣城~清龍寺~本田宗一郎ものづくり」伝承館~F俣協働センター 
【ガイド説明】 
1_20161126235719c00.jpg 29_2016112623572137e.jpg 45_2016112623572203f.jpg
【鳥羽山洞門/筏問屋田代家(冠木門・住宅】
2_20161126235939e6e.jpg 3_2016112623594051a.jpg 4_20161126235942139.jpg
【鳥羽山城(石垣・枯山水庭園)/二俣城石垣】
13_20161127000345ba3.jpg 14_20161127000346678.jpg 44_2016112700034852a.jpg
【清龍寺/徳川信康廟/本田宗一郎ものづくり伝承館】
49_20161127000613db1.jpg 50_2016112700061479b.jpg 51_20161127000615bad.jpg
【鳥羽山城&二俣城紅葉】
23_20161127001112488.jpg 18_2016112700110834c.jpg 22_201611270011104ec.jpg
54_201611270011138c3.jpg 37_20161127001428a2a.jpg 27_2016112700163039f.jpg
38_2016112700163577a.jpg 35_20161127001426a1a.jpg 33_201611270016341b9.jpg
32_201611270027368cc.jpg 47_2016112700273829a.jpg
41_20161127002833a19.jpg 40_20161127002832917.jpg
46_20161127003013d9f.jpg 31_201611270029235a0.jpg



浜北名所めぐりウォーク 平成28年11月3日(木)
 11月3日・文化の日恒例の「浜北ウォーク」に行ってきました。
<今回のコース>
岩水寺駐車場~龍泉寺~大實寺~六所神社~天浜線宮口駅~庚申寺~花の舞酒造~軽便鉄道宮口駅跡道標~山住神社~岩水寺駐車場
 森林満喫コース(6km)とまち並みめぐりコース(8km)の2コースあり、たけジャパンは、紅葉がいまいちとのことで森林満喫コースを断念し、まち並みめぐりコースを選択しました。
【龍泉寺/大實寺/六所神社】
1_20161103173146752.jpg 2_201611031731476dc.jpg 3_20161103173149347.jpg
【天浜線宮口駅/庚申寺/花の舞酒造】
4_20161103173150bdd.jpg 5_20161103173151fd0.jpg 6_20161103173321088.jpg
【軽便鉄道宮口駅跡道標/山住神社/天浜線】
7_20161103173322f30.jpg 8_20161103173324915.jpg 9_20161103173325010.jpg
【秋景色】
10_201611031733275fb.jpg 11_20161103173442e50.jpg 12_20161103173444922.jpg



どまん中ウォーク 平成28年10月29日(土)
 袋井市企画の東海道五十三次ふくろいウォークに行ってきました。
 コースは24キロ、18キロ、10キロ、5.8キロの4コースが準備されていました。
 たけジャパンはは、10キロコース(東海道ミドル南コース)を選択しました。
<今回のコース>  ……… (★印:おもてなし、◇チェックポイント)
袋井市区所~★袋井東小学校~久津部一里塚~富士浅間神社~旧東海道松並木~★◇花ござ公園~★◇広岡河川公園~袋井宿場公園(袋井宿開設四〇〇年記念祭)~★どまん中茶屋~袋井市役所 
 集合は袋井市役所。
 旧東海道、原野谷川川岸をウォーキングしました。
 親水公園で一息入れ、再度、原野谷川川岸に戻り、どまん中茶屋を目指しました。
 市内の各所で袋井宿開設四〇〇年記念祭が開催中で、袋井宿場公園の特設ステージでは袋井南小学校のマーチンぐバンドの、元気一杯の演奏を楽しみました。
 おもてなし場所では、地元の人に大歓迎で迎えられ、心のこもったご接待を受けました。 
【主催者あいさつ/参加者/スタート】
1_2016103023180654a.jpg 2_2016103023180752d.jpg 3_201610302318094b2.jpg
【元気にウォーキング】
5_20161030231812a60.jpg 4_201610302318108b7.jpg
【おもてなし・どまん中小学校/久津部一里塚】
7_2016103023204191d.jpg 6_20161030232039040.jpg 8_20161030232042def.jpg
【富士浅間神社/旧東海道松並木】
9_20161030232044422.jpg 10_20161030232045b2b.jpg 11_2016103023273615e.jpg
【チェックポイント・おもてなし(花ござ公園/広岡河川公園)】
12_20161030232737978.jpg 15_20161030232742d71.jpg
【癒しの風景】
13_20161030232739516.jpg 14_201610302327409b4.jpg
17_2016103023554060c.jpg 19_20161030235541483.jpg 20_20161030235543e6c.jpg
【袋井宿場公園/おもてなし・どまん中茶屋)】
22_20161030235544bfa.jpg 24_2016103023573375f.jpg 23_20161030235546d00.jpg
【四〇〇年祭り】
25_20161030235735fd2.jpg 27_2016103023573856a.jpg
26_20161030235736f2a.jpg 28_201610302357394c0.jpg 29_2016103023582292d.jpg
【熱演】
30_201610302358231b3.jpg 33_20161030235825b80.jpg 34_20161030235826736.jpg



自然探訪ウォーキング 平成28年10月19日(水)
 N村環境改善センター企画の「自然探訪ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
N村環境改善センター~遠鉄バス(伊佐見橋→東坊塚)~佐藤牧場~協和農村公園~四柱神社~遠鉄バス(東坊塚→伊佐見橋)~N村環境改善センター
 今日は秋の田園風景楽しみながらのんびりと散策しました。
 講師のS木先生に道端で目についた草花について楽しく解説していただきました。
 佐藤牧場では、ラバ(雄のロバと雌ウマの交雑種の家畜)を初めて見ました。
 昼食は、牧場の近くにある協和農村公園でいただきました。
 岐路、四柱神社を参拝しました。
【講師解説】
1_201610191626413fa.jpg
【元気にウォーキング】
2_201610191626423f3.jpg 7_2016101916272150c.jpg 11_201610191627279a7.jpg
【佐藤牧場(ラバ/ヤギ/ウマ】
4_201610191626448d7.jpg 6_20161019162647f3e.jpg 5_20161019162645841.jpg
【田園風景】
8_2016101916272381e.jpg 9_20161019162724d4b.jpg
【協和農村公園】
13_20161019163126591.jpg
【四柱神社】
14_20161019163128e9f.jpg 15_20161019163129ac0.jpg



秋の佐鳴湖散策 平成28年10月10日(月)
 NPO法人S林インストラクターしずおか企画の散策イベント「秋の佐鳴湖公園ウォッチ&ウォーク」に行ってきました。
 佐鳴湖の周囲約6キロを木の実等を観察しながらのんびり歩きました。
 すぐ忘れてしまうけど、勉強になりました。
【主催者あいさつ/元気にウォーキング/どんぐり探し】
(1).jpg (2).jpg (3).jpg
【アケビ/アテバカシ/イチョウ】
アケビ アテバカシ イチョウ
【イヌビワ/イロハモミジ/オオバヤシャブシ】
イヌビワ イロハモミジ オオバヤシャブシ
【オニグルメ/クサギ/クズ】
オニグルミ クサギ クズ
【クスノキ/クロガネモチ/コナラ】
クスノキ クロガネモチ コナラ
【サザンカ/サルトリイバラ/サンゴジュ】
サザンカ サルトリイバラ サンゴジュ
【シラカシドングリ/ツバキ/ツルウメモドキ】
シラカシドングリ ツバキ ツルウメモドキ
【ナンキンハゼ/ネムノキ/ハぜ】
ナンキンハゼ ネムノキ ハゼ
【フジ/フユザクラ/ホルトノキ】
フジ フユザクラ ホルトノキ
【マサキ/マテバシイ/ヤシャブシ】
マサキ マテバシイ ヤシャブシ
【佐鳴湖】
(4).jpg (5).jpg (6).jpg



上倉沢の棚田を訪ねて 平成28年9月3日(土)
 Sわやかウォーキングで菊川市の棚田を訪ねました。
 およそ12キロ、お茶畑の中のウォーキングでしたが、暑くて大変でした。
 4箇所で、冷たいお茶や甘酒のおもてなしがあり、元気になりました。
 保存会のボランティアでしょか、棚田は、ちょうど刈り入れの最中でした。
<今回のコース>
JR菊川駅~潮海寺仁王門~塩留薬師如来堂~上倉沢棚田~JR金谷駅
【おもてなし】
1_201609031749583d7.jpg
【潮海寺仁王門/古民家カフェ/塩留薬師如来堂】
2_201609031749596c3.jpg 4_20160903175002b2b.jpg 5_20160903175004225.jpg
【元気にウォーキング】
3_20160903175001c67.jpg
【上倉沢棚田】 
6_201609031750266ad.jpg 7_201609031750277a0.jpg
8_201609031750298e0.jpg 9_20160903175030bbc.jpg
【茶畑/金谷市街】
10_20160903175032bd4.jpg 11_20160903175053668.jpg



青谷不動滝と小堀谷鍾乳洞へ 平成28年8月27日(土)
 県民の日おもてなし事業として、T竜ふるさとガイドの会企画の「青谷不動滝と小堀谷鍾乳洞をめぐる」に行ってきました。
 涼を求めての里山散策でした。
<今回のコース>
遠州鉄道西鹿島駅~(遠州鉄道バス不動尊バス停下車)~不動滝~小堀鍾乳洞~大橋牧場~遠州鉄道西鹿島駅
【ガイド説明/青谷不動滝】
1_201608290717245b8.jpg 2_201608290717268a8.jpg 3_20160829071727201.jpg
 長さ260メートルある鍾乳洞の探検をしました。
【小堀鍾乳洞】
4_2016082907172987b.jpg 6_2016082907175569f.jpg5_20160829071730b3f.jpg
 最後は大橋牧場です。
 おいしいソフトクリームが人気です。
 絞りたての牛乳をいただきました。
 防疫の関係で、牛舎にはいけませんでした。 
 その代わりかな? 羊、馬、山羊が……。
【牧場看板/牛舎/売店】
7_20160829071757801.jpg 8_2016082907175874d.jpg 10_201608290718028c0.jpg
【おもてなし/歓迎】
9_20160829071800de1.jpg 14_201608290718304f9.jpg 15_20160829071832919.jpg
【羊/馬/山羊】
11_20160829071826829.jpg 13_201608290718292ae.jpg 12_2016082907182794b.jpg



花のウォーキング 平成28年8月13日(土)・3月12日(土)・2月13日(土)
 浜松Fパークで行われている「花のウォーキング}に行ってきました。
 Fパークは自然いっぱいで、園内にある3,000種の花と緑を四季折々楽しめます。
 ボランティアガイドさんの説明を聞きながら園内の花をめぐります。
 毎月第二土曜日の午前に行われます。
 フラワー号に乗って園内を一周することもできます。
*8月13日
 今日の目玉は、ひまわりとオオオニバスです。
【園内散策】
1_20160816170117183.jpg 7_20160816170118d46.jpg 8_20160816170120dc9.jpg
6_20160816170338ed5.jpg 33_20160816170339a4d.jpg 34_20160816170341822.jpg
280813花のウォーク (9) 10_20160816170556480.jpg 13_20160816170557d22.jpg 16_20160816170558fe6.jpg
19_20160816170730ef2.jpg 20_2016081617073164e.jpg 21_2016081617073366f.jpg
24_201608161708595bc.jpg 26_20160816170900cd3.jpg 27_20160816170902adb.jpg
28_20160816171139c8e.jpg 30_201608161711416ad.jpg 31_201608161711422d7.jpg 35_2016081617114460c.jpg
【温室内散策】
38_20160816171549c82.jpg 40_20160816171551054.jpg 44_20160816171554062.jpg 45_20160816171555da5.jpg
46_201608161719106dd.jpg 47_2016081617191277b.jpg 48_20160816171913fbc.jpg 49_20160816171915af8.jpg
*3月12日 
 桜、チューリップ、菜の花……元気をいっぱいいただきました。
1_20160316212427aa7.jpg 2_20160316212428dcb.jpg 3_20160316212430815.jpg
4_201603162124317dc.jpg 5_201603162124339b7.jpg 6_20160316212506272.jpg
7_201603162125070f2.jpg 8_201603162125081ac.jpg 9_2016031621251078f.jpg
10_20160316212511ea3.jpg 11_20160316212902479.jpg 12_201603162129037e8.jpg
13_20160316212905c8a.jpg 14_201603162129067dd.jpg 15_20160316212908ecb.jpg
16_201603162129440af.jpg 17_20160316212945954.jpg 18_20160316212947ca1.jpg
19_20160316212948df8.jpg 20_20160316212950691.jpg 21_201603162132105e4.jpg
*2月13日 
【園内散策1】
1_201602161205389b9.jpg 49_201602161205073ff.jpg 2_20160216120428e02.jpg
4_20160216120659862.jpg 5_2016021612070055d.jpg 6_2016021612070275f.jpg
7_20160216120703ffa.jpg 8_20160216120705531.jpg 9_20160216121001296.jpg
10_201602161210029db.jpg 11_2016021612100423f.jpg 19_201602161210293f2.jpg
20_20160216121411e84.jpg 14_20160216121223abe.jpg 15_201602161212251d5.jpg
 展望台からは美しい浜名湖が望めます。
 もうすぐ春です、福寿草と節分草を見つけました。
【園内散策2】
0_20160216121300ba2.jpg 17_20160216121408e44.jpg 18_201602161214106da.jpg
46_20160216121533826.jpg 47_201602161215340ce.jpg 48_20160216121536c6e.jpg
51_20160216121653981.jpg 52_2016021612165506e.jpg 53_20160216121656150.jpg
55_2016021612165927b.jpg 54_20160216121658414.jpg 56_201602161218071b9.jpg
57_20160216121808cee.jpg 58_201602161218103cb.jpg 59_20160216121811865.jpg
 温室内はカラフルな花でいっぱいです。
 バレンタインデーということで、ハートの花飾りがお出迎え、絶好の撮影スポットに。
【温室内散策】
21_20160216144905c1a.jpg 23_20160216144907732.jpg 30_20160216144936043.jpg
24_20160216145004934.jpg 38_20160216145033b00.jpg 39_20160216145035ebd.jpg
36_20160216145426b9b.jpg 37_2016021614542768e.jpg 35_201602161454247a0.jpg
31_201602161453358e2.jpg 32_20160216145337e8f.jpg 33_20160216145338202.jpg
25_20160216145127b91.jpg 26_20160216145129b6f.jpg 27_20160216145130f13.jpg
28_201602161451325e3.jpg 29_20160216145133350.jpg 34_201602161451576c3.jpg
45_20160216145223c3e.jpg 43_201602161452501d6.jpg 44_201602161452517cc.jpg
 最後に、Fパークで見ることができる珍しい花です。
【ブラジルデイゴ/オオベニコウカン/ツルラン】
40_201602161455140d1.jpg 41_20160216145516a90.jpg 42_2016021614551722f.jpg
  ①ブラジルデイゴ:ブラジル南部原産のマメ科、川辺に生息、花は白色もある
  ②オオベニコウカン:ボリビア原産のマメ科、明緋色で美しく見える部分は雄しべです
  ③ツルラン:アジアからオーストラリア原産のラン科、花茎は80cm近くになり、先端に20から40の花をつける


中村家住宅とうなぎパイ工場見学 平成28年6月26(日)
 Sわやかウォーキングで浜松市の西区を散策しました。
<今回のコース>
JR舞阪駅~宇布見橋~息神社~天神社~中村家住宅~井田商店(らっか家)~うなぎパイファクトリー~志都呂八幡宮~JR高塚駅
 舞阪駅から宇見橋を渡り、国指定文化財の中村家住宅を目指します。
 途中、息神社(オキジンジャ)、天神社にも立ち寄りました。
【宇布見橋/息神社/天神社】
1_2016063009381159d.jpg 3_201606301001389a4.jpg 6_20160630100140fcf.jpg
【中村家住宅】
8_20160630100141f77.jpg 11_20160630093812677.jpg 9_20160630100143415.jpg
 落花生の加工品を売っている井田商店で、商品を見ながら小休憩。
【井田商店(らっか家)】
13_20160630093814e55.jpg 14_201606301001442ba.jpg
 うなぎパイファクトリーでの工場見学を楽しみました。
【うなぎパイファクトリー】 
15_20160630093815bef.jpg 16_20160630093817e8c.jpg 17_201606300947224a9.jpg 20_20160630094723138.jpg 21_20160630094725c48.jpg 24_20160630094727c67.jpg
 志都呂八幡宮に着いた時は、11時30分を過ぎていて、境内の日陰でお弁当を広げている人が大勢いました。
 たけジャパンは、参拝後、JR高塚駅へ向かいました。
【志都呂八幡宮】
26_20160630094728e1d.jpg
中村家住宅
 中村家は、文明15年(1483年)この地に居を構え、徳川家康に仕えた名門です。
 国指定の重要文化財である主屋は、平成15年に解体復元が済み、貞亨5念(1688年)当時の建造物として復元されたものです。
うなぎパイファクトリー
 浜名湖名産の「うなぎ」をテーマにしたお菓子「うなぎパイ」は、昭和36年に誕生しました。2005年3月に新工場として稼動し、4月から一般の見学を受け入れ始め、浜松の産業環境を見学できる施設のひとつとして、全国各地より多くの方が工場を訪れています。



都苑のゆり 平成28年6月18日(金)
 ばらの都苑のゆりを楽しみました。
 花桃、ばら、ゆり、アジサイと一年中楽しませてくれます。
 歩いて行くのに手ごろな距離です。
1_20160627120250b0a.jpg 3_20160627120251592.jpg 4_20160627120253ec6.jpg5_2016062712025563c.jpg
7_20160627120449fee.jpg 6_20160627120256219.jpg 14_201606271207556bf.jpg
10_20160627120451b7b.jpg 11_20160627120452f17.jpg 12_20160627120454cd7.jpg
13_20160627120455a58.jpg 16_20160627120714f59.jpg 14_201606271207556bf.jpg



姫街道を歩こう 平成28年5月29日(日)
 H名歴史愛好会企画の「姫街道を歩こう」に行ってきました。
 姫街道周辺の名所旧跡をめぐりました。 
 今回は何故か、墓石が多かったように感じました。
 H名歴史愛好会のO田さんのガイドが楽しく、勉強にもなりました。
<今回のコース>
浜松市K区区役所~赤池様公園~気賀近藤家陣屋跡~細江公園~犬くぐり道~歴史民族資料館~東林寺~西枡形~獄門畷~姫地蔵・六地蔵~気賀近藤家墓所~全得寺~長楽寺~金地院~石神~山村修理墓~山田一里塚~ダイダラボッチの足跡~清水みのる詩碑~小引佐~薬師堂・秋葉山常夜灯~天浜線(西気賀駅→気賀駅)~浜松市K区役所 
【ガイド説明/赤池様公園/気賀近藤家陣屋跡】
1_201605292339377af.jpg 2_20160529233938c2f.jpg 3_20160529233939c41.jpg
【細江神社/犬くぐり道/歴史民族資料館】
4_20160529233941f96.jpg 5_20160529234823167.jpg 6_2016052923482589a.jpg
【東林寺(山門・本殿・浜名湖観音)】
7_2016052923482725f.jpg 8_201605292348406c1.jpg 9_2016052923484132d.jpg
【東林寺(気賀林墓)/西枡形/瓢箪形石】
10_201605292358160b1.jpg 11_20160530002306b7a.jpg 12_20160530002307a15.jpg
【獄門畷/姫地蔵/六地蔵】
13_20160530002651829.jpg 14_20160530002653e58.jpg 15_20160530002654da9.jpg
【気賀近藤家墓所/近藤用随墓】
16_20160530002823c28.jpg 17_201605300028247c9.jpg
【全得寺/新田喜斎墓】
19_20160530003046abd.jpg 20_20160530003048f9d.jpg  
【長楽寺(山門・庭園)】
21_201605300031493b7.jpg 22_201605300031517d6.jpg 24_201605300031521ea.jpg
25_20160530003721763.jpg 26_201605300037226ca.jpg 27_2016053000372406a.jpg
【金地院本堂/永知楽墓/石神】
29_20160530003853315.jpg 30_201605300038546a2.jpg 31_2016053000385616a.jpg
【山村修理墓/山田一里塚】
35_20160530011707729.jpg 36_20160530011708fe2.jpg
【ダイダラボッチの足跡/清水みのる詩碑/薬師堂・秋葉山常夜灯】
37_2016053000435856c.jpg 38_201605300044006a4.jpg 42_20160530004401bcc.jpg
【姫街道道標/姫街道石畳/小引佐より】
0_20160529233936a6d.jpg 41_20160530004134c34.jpg40_20160530004132f72.jpg
 いただいた資料より 
*赤池様公園
 堀は赤池様にまつわる祭典の様子を示したレリーフとなっている。
 由来は明応7年(1498)大地震で新居の角避比古(フノサクヒコ)神社が流され、ご神体が赤池の里に流れついた。
 その後、ご神体が現在の細江神社野地に移され、牛頭天王として祀られたという。
 毎年7月第三土・日曜日に行われる祇園祭には、神輿に持ったご神体がこの赤池を巡幸、神事が行われる。
 神輿は舟に乗り海上渡御する。
*気賀近藤家陣屋跡 
 気賀小学校と付近一帯は、江戸時代気賀近藤家の陣屋があった。
 元和5年(1619)近藤用可(モチアリ)のときから明治になるまで12代にわたり、3500余石の旗本として、飢餓の領主および気賀関所の管理を勤めた。
 現在は、陣屋の庭に植えられたという椎の木が残るのみである。
 この椎の実はとても大きく、近藤氏が毎年この実を幕府に献上したことから江戸椎と呼ばれた。
*犬くぐり道
 気賀関所を通過するためには、地元の人でさえ通行手形が必要であり、夕方6時には門が閉められ、朝6時にならないと開けられなかったため、大変不便であった。
 そこで抜け道が作られ、犬が通る道として黙認された。
*東林寺
 堀川城の戦いで焼失するが、天正5年(1577)に再興。
 江戸時代には、本陣の御退場寺(本陣で何か起きたときに危険を避けて逃げる場所)に指定されていた。
 山門は江戸時代初期の作で、朱塗りが施されている。
 墓地中央付近には、士族による三方原開拓を推進した気賀林の墓塔がある。
*西枡形
 気賀宿の西入り口は石組の上に土を積み上げ、矢来を組み、門が設けられ、内側が枡形となっていた。
 南側の石垣の中に瓢箪型の石が組み込まれている。
*獄門畷
 「堀川城将士最後之地」と刻まれた石碑が建つ。
 永禄12年3月27日、徳川家康は2,000人の男女が立てこもる堀川城を攻落し、「男女共になで切りにした」という。
 そして9月9日捕らえた者をここで処刑した。
 小川に沿った堤に首がさらされたという。
*新田喜斎公之墓 
 堀川城主で、落城のとき城を抜け出し呉石御所平に住んでいたのが捕らえられ、慶弔11年(1606)処刑された。
 墓は最近、知足院より全得寺に移され供養されている。
 時世の句が墓の隣にある。
*姫地蔵と六地蔵
 近藤家の姫がこの地蔵に願掛けをし、皮膚のできものを治したとの伝説から姫地蔵と呼ばれた。
 六地蔵は、元姫街道の長楽寺沢橋の傍らにあった。
 現在は新しい地蔵が祀られている。
*近藤家墓所
 この墓所は五所平とか御下屋敷と呼ばれ、気賀家代々の領主が 分骨され祀られている。
*長楽寺
 平安時代創建と伝わる真言宗の古刹。
 山門に獨堪筆の額「長楽寺」が架かる。
 庭は小堀遠州作と伝わる満天星(ドウダンツツジ)の庭である。
*金地院
 宗良親王妃であったという駿河姫(井伊直政の娘)を開祖としている。
 墓地の中央に、当寺で自決した勤王の書家永知楽の墓塔が建つ。
 山門より西100mのところに「岩神」と刻んだ自然石がある。
 このあたりは駿河姫の墓所と伝えられ、天保年間に住職によって碑が建てられたという。
*山村修理墓
 永禄12年(1569)堀川城落城の際、城将の一人山村修理は舟で逃れ、この知で切腹したと伝えられる。
 「山村修理之墓」と刻まれた自然石と「永禄十二年三月廿七日 堀川城戦没者之碑」が建つ。
*山田一里塚
 江戸から69番目の一里塚であり、北側に標柱がある。
*ダイダラボッチの足跡
 琵琶湖を掘って富士山を造ったという伝説の巨人ダイダラボッチの足跡と伝えられる池である。
 尉ケ峰に腰をかけ弁当を食べたとき、ご飯の中に入っていた小石を捨てたら、礫島(ツブテシマ・三ヶ日町大島)ができたという。
 そして、腰を掛けた尉ケ峰は少し低くなったという。
 ちなみに浜名湖はダイダラボッチが転んで手を突いたためにできたという。
*清水みのる詩碑
 現在の浜松市西区生まれの作詞家。
 代表作に「森の水車」、「月がとっても青いから」、「星の流れに」等がある。
 赤砂利稲荷参道入り口に「姫街道」と題した詩碑がある。
   ♪ 尋ねようもない 幾年月の流れの中で 姫街道は今も静かに息づいている ♪ 
*小引佐
 眼下に浜名湖が一望できる風光明媚な場所である。 
*薬師堂・秋葉山常夜灯
 薬師堂は天保6年(1835)に再建された。
 本尊は薬師如来像。
 秋葉山常夜灯は、「奉献秋葉山夜燈 文化二乙廿年(1805)正月 岩根連中」と刻まれている。


浜名湖の湖岸を歩きました 平成28年5月18日(水)
 N環境改善センター企画の「自然探訪ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
N環境改善センター~遠鉄バス(伊佐見橋→動物園前)~湖岸道散策~(昼食)~遠鉄バス(舘山寺営業所→伊佐見橋)~N環境改善センター
 整備された湖岸道を、潮風を浴びながらのんびりと散策しました。
【元気にウォーキング】
1_20160521153921008.jpg 7_201605211539229a8.jpg 17_20160521153924e46.jpg
 湖上を渡る舘山寺ロープウェイを見ながら先に進みます。
【ロープウェー】
3_2016052115401609d.jpg 4_201605211540188d9.jpg 5_20160521154020a54.jpg
 湖上に突き出た浮見堂に寄りました。
【浮見堂】
6_201605211543530cc.jpg 10_20160521154354172.jpg 11_2016052115435691b.jpg
 水神の松公園には足湯があり、湯に入りながら湖を眺めることができます。
 天気がよく、浜名湖からパワーをいただきました。
【水神の松公園(足湯)/しぶき橋/浜名湖】
14_20160521154729483.jpg 15_201605211547312eb.jpg 2_20160521154641204.jpg
【浜名湖】
8_2016052115464287c.jpg 18_20160521154908505.jpg 19_20160521154911e1e.jpg
【花々】
20_20160521155337988.jpg 27_20160521155339f39.jpg 29_20160521155340b97.jpg 32_20160521155342ca5.jpg
 次回は、10月19日に予定されています。


お散歩でばらのM園へ 平成28年5月14日(土)
 新聞記事で「ばらのM苑」のばらが見ごろとあり、朝早く出かけました。
 自宅からウォーキングには手ごろの距離です。
 夜露が朝日に輝いてとてもきれいでした。
1_20160521143127d9a.jpg 2_20160521143129a3e.jpg 4_20160521143131115.jpg
5_201605211431320f2.jpg 6_20160521143133260.jpg 7_20160521143246d07.jpg
8_20160521143247abd.jpg 9_2016052114324897d.jpg 10_20160521143250ccc.jpg 11_20160521143251ef9.jpg
30_20160521143640197.jpg 32_20160521143643e47.jpg 31_20160521143641b2e.jpg 33_20160521143644fa1.jpg
40_20160521143840923.jpg 41_20160521143842610.jpg 42_20160521143843052.jpg 43_20160521143845494.jpg
50_201605211440465a7.jpg 51_20160521144048e85.jpg 52_201605211440492ea.jpg 53_20160521144051400.jpg
20_20160521143528618.jpg 21_20160521143529fa9.jpg 22_20160521143531746.jpg 23_2016052114353271a.jpg
60_20160521150143501.jpg 61_2016052115014466b.jpg 62_20160521150146645.jpg 63_201605211501474a4.jpg



一足早く井伊直虎めぐり 平成28年4月24日(日)
 S岡県ユースホステル協会企画の「井伊直虎ゆかりの地を訪ねて」に行ってきました。
 来年のNHKの大河ドラマの主人公です。
 直虎ブームは間違いなし?
 と、いうことで、一足早く直虎ゆかりの地をのんびりとめぐりました。
<今回のコース>
天浜線気賀駅~細江神社~井伊共保出生の井戸~龍潭寺~井伊谷宮~井伊谷城跡跡・城山公園(昼食)~井殿の塚~實相寺~金指関所跡~初山宝林寺~天浜線金指駅
 先ず、地震厄除けの神が祀られている細江神社を参拝しました。
 井伊家初代の共保公が生まれたとされる井戸を見学しました。
 道中、〝井伊直虎ゆかりの地〟の大きな看板がありました。 
【細江神社/井伊直虎看板/元気にウォーキング】
2_20160429055253501.jpg 1_20160429055251706.jpg 3_20160429055254aeb.jpg
【井伊共保出生の井戸】
4_20160429055256e4a.jpg 5_20160429055257b3e.jpg
 井伊家歴代の菩提寺である龍潭寺も参拝しました。
 奥から2番目が直虎のお墓だそうです。
【元気にウォーキング/龍潭寺】
6_20160429055415974.jpg 7_2016042905541666e.jpg
【龍潭寺(前庭・井伊家墓所)】
8_2016042905541889d.jpg 9_20160429055419907.jpg 11_20160429055421a76.jpg
【龍潭寺(釈迦如来坐像・直虎像)】
12_201604290556041fc.jpg 13_20160429055606b3b.jpg
【龍潭寺(庭園)】
14_20160429055607a5d.jpg 15_201604290556092a5.jpg 16_2016042905561050e.jpg
【龍潭寺(庭園)/井伊谷宮】
17_201604290557578a8.jpg 18_20160429055758b2c.jpg 19_20160429055800829.jpg
 直虎の菩提寺の妙雲寺にも寄りました。
 〝次々と襲う苦難にも、決してあきらめなかった女城主〟来年の大河ドラマが楽しみです。
 奥浜名湖名物「B屋製菓」のみそまんは、黒糖風味の口当たりのよい饅頭でお薦めです。 
 U山製菓の、井伊直虎にあやかってネーミングしたドラヤキ〝いい直虎(なおドラ)〟売り出し中です。
 黒糖味と抹茶味と卵味の3種類の味が楽しめます。
【妙雲寺/名物・みそまん店】
20_20160429055801cb3.jpg 21_20160429055803b8e.jpg
 予定を変更して引佐協働センターで昼食休憩。
 井伊谷居城跡にて記念写真を撮り、井伊谷の街を一望しました。
 井殿の塚、井伊氏居館跡に寄り實相寺へ。
 金指関所跡も見学しました。
【井伊谷城跡にて】
22_20160429055929381.jpg
【井伊谷城跡より/井殿の塚/井伊氏居館跡】
23_20160429055930320.jpg 24_201604290559319fa.jpg 25_2016042905593232f.jpg
【実相寺/実相寺(庭園)】
26_20160429055934b5b.jpg 27_201604290606364ea.jpg 28_201604290606388e6.jpg
【実相時(庭園)/金指関所跡】
29_20160429060639100.jpg 30_20160429060641027.jpg 31_2016042906064249c.jpg
 最後は初山宝林寺です。 
【初山宝林寺(山門・本殿)】
32_20160429060923dab.jpg 33_2016042906092560a.jpg
【初山宝林寺(報恩堂/方丈)】
34_20160429060926125.jpg 35_20160429060928925.jpg 36_2016042906092978b.jpg
【初山宝林寺(猿候杉/金鳴石と阿弥陀三石佛/本尊釈迦三尊像)】
37_2016042906105793f.jpg 38_2016042906105809f.jpg 39_20160429061100797.jpg
【花々】
40_20160429061101720.jpg 44_20160429061104327.jpg 45_20160429061140fe6.jpg
*細江神社
 かつて浜名湖入り口の今切口にあった神社が室町時代に明応7年(1498年)の地震による大津波により、ご神体が流され、奥浜名湖の気賀に漂着し、社殿を建てご神体を安置したのが始まりだそうです。
*龍潭寺
 直虎が出家した井伊家歴代の菩提寺で、本堂(県指定)、開山堂(県指定)、小堀遠州作の庭園(国指定)など数々の文化財を有します。
*妙雲寺
 井伊家の苦難を支えた次郎法師(直虎)の菩提寺であり、寺号は、次郎法師の法名〝妙雲院殿〟にちなみます。
 次郎法師は、井伊当主であった井伊直盛の娘で、幼いころの井伊直政(虎松)の後見人となりました。
*井伊谷城跡
 標高115m、丘陸に築かれた井伊氏の城館です。
 井伊氏の本拠地は、井伊谷城戸その山麓にあった居館に加え、最終的な詰め城である三岳城で構成されていました。
 現在は城山公園として整備されており、山頂には土塁賀めぐり、大手門跡搦手門跡賀残っています。
 山頂からは井伊谷の町が一望できます。
*井殿の塚
 今川家に殺された井伊直親の父・直満とその弟・直義を祀る墓です。
 大老井伊直弼寄進の玉垣があります。
*井伊氏の居館跡
 戦国時代、井伊氏が平穏に過ごした居館の跡です。
 江戸時代の記録によると、山麓にあった井伊氏の居館は、本丸の他二ノ丸、三ノ丸に分かれていたとされており、山上の曲輪(井伊谷城)は「御所の丸」と呼ばれていました。
*實相寺
 1387年開創で引佐三十三観音一番札所です。
 本堂の他、門の上に鐘が設置された金楼門など古い建物が見られます。
 県指定名勝でもある江戸前期作庭の座観式枯山水「天香園」の美しさは必見です。
 心癒される静寂に出会えます。
*金指関所
 浜松と北三河・信州を結ぶ鳳来寺街道の物資の動きを監視するための番所で、治安上重要な役割を果たしました。
 旗本金指近藤氏の陣屋代官が上番を勤めました。
*初山宝林寺
 寛分4年(1664)に明国の僧・独湛禅師によって開創された黄檗宋の寺院で、明朝伝来の建築様式の仏殿と方丈は国重要文化財です。
 たたくと澄んだ音がする人気の「金鳴石(かねのなるいし)」のおまいりもお忘れなく。
 猿の尻尾に似た形の葉っぱの「猿候杉」がすぐ近くにあります。


早春を楽しむウォーキング 平成28年2月28日(日)
 H江観光委員会主催の「早春を楽しむウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
天浜線気賀駅~細江公園~おもかる大師~オレンジロード~鏡岩~梅のトンネル~長楽寺~天浜線気賀駅
 焼きそば・おにぎりとお茶付きの昼食が用意され、出来立て・アツアツの豚汁、甘酒サービスもありました。
 天浜線気賀駅に集合し、細江公園を目指します。
 急な坂道を登り、公園にやっと着きました。
 公園から細江の街が一望できます。
 おもかる大師にも寄りました。
 小さな祠に入ったお地蔵さんで、願い事を浮かべておもかる大師を持ち上げ、軽く持ち上がればその願いは叶い、重ければ願いが叶わないといわれています。
 鏡岩からの浜名湖を眺めました。
【細江公園より/おもかる大師/鏡岩より】
2_20160310164059bd1.jpg 3_20160310164100d1c.jpg 5_20160310164101759.jpg
 頂上にある広場の梅も見ごろでした。
 頂上からは浜名湖を眺めることができます。
 整備された石段を上から下へ梅のトンネルをくぐり抜けて、長楽寺へ向かいます。
【長楽寺の梅のトンネル】
7_20160310164103bc7.jpg 8_20160310164105405.jpg 9_2016031016414603d.jpg
10_20160310164147919.jpg 11_201603101641488a8.jpg 12_20160310164149f6c.jpg
 長楽寺では、どうだんつつじの庭園を散策しました。
【長楽寺の庭園】
14_201603101641515d6.jpg 15_201603101642330d4.jpg 16_201603101642344e3.jpg
17_20160310164235052.jpg 18_20160310164237d68.jpg 19_201603101642395d4.jpg
 寺の外に移動し、桜と梅を見ながらの昼食を楽しみました。
【長楽寺の河津桜と梅】
20_20160310164309fe6.jpg 21_20160310164310e7a.jpg 22_2016031016431273a.jpg
23_201603101643138f1.jpg 24_201603101643149ff.jpg
 長楽寺のすぐ隣にある梅林も満開できれいでした。
【長楽寺の梅林】
25_2016031016434327d.jpg 26_20160310164344d5c.jpg 27_2016031016434667f.jpg



姫まつ講座 平成28年3月5日(土)・2月22日(月)・2月8日(月)
 H部協働センターの姫まつ講座に行ってきました。
 姫街道の歴史を知ろうという講座で、歩いてめぐります。
*第3回:3月5日
<今回のコース>
DK博物館~気賀関所(再現)~細江図書館~天浜線気賀駅~要害堀~赤池様公園~天浜線ガード~気賀教会~気賀関所跡碑~旧気賀関所(一部)~細江神社~姫街道歴史民族資料館~犬くぐり道(復元)~DK博物館
 気賀宿周辺の姫街道をめぐりました。
 案内人は、H街道未来塾会長のU嶋裕志さんでした。
 先ず、平成元年に再現された気賀関所の説明を受け、細江図書館の脇を通り、天浜線の気賀駅に向かいました。
 気賀駅とうなぎの清水家脇近くにある天浜線のガードは県の有形文化財に指定されています。
 気賀関所防備のための要害堀を見学し、赤池様公園へ。
 赤池様の由来を記した石碑があり、堀は祭典の様子を示しているレリーフとなっていました。
【気賀関所(再現)/細江図書館】
1_20160309165701163.jpg 2_20160309165702f44.jpg
【天浜線気賀駅】
3_20160309165704bad.jpg 4_201603091657059a6.jpg
【要害堀/赤池様公園/天浜線ガード】
5_20160309165707326.jpg 6_20160309165909e9a.jpg 7_20160309165910746.jpg
 日本一古い木造建築の気賀教会、旧気賀関所を見学しました。
 気賀関所跡として建物の一部が残っています。 
【気賀教会/気賀関所跡碑/気賀関所跡】
8_20160309165912d3c.jpg 9 10_2016030916591530e.jpg
 吉野家旅館は、日本画家・野島青茲の生家で、整備された庭園があります。 
【吉野家旅館とその庭園】
12_20160309170521416.jpg 13_2016030917052382a.jpg 14_20160309170525551.jpg
 地震の神様の細江神社には夫婦楠があります。
 気賀近藤家陣屋跡は、気賀関所を警護し、気賀一体の領主である近藤家の屋敷跡で、大半が小学校の用地となり、江戸椎と呼ばれる椎の木が残っているだけでした。
 姫街道歴史民族資料館に寄り、細江神社裏に復元した、筵をたらした門の犬くぐり道をくぐりました。
 犬くぐり道は、地元住民も通行手形が必要で大変不便であったため、抜け道として関所の裏道として作られ、犬の通る道として黙認されたとのこと。
 生活の知恵ですね。
【細江神社(鳥居・本殿・夫婦楠)】
15_2016030917052623f.jpg 16_20160309170634d54.jpg 17_20160309170636ef0.jpg
【江戸椎/姫街道歴史民族資料館/犬くぐり道】
11_20160309170520720.jpg 18_20160309170637654.jpg 19_20160309170639a64.jpg

*第2回:2月22日
<今回のコース>
和地山公園(練兵場跡、御親閲御駐蹕之處)~静岡大学(高射砲第一連隊、土塁、煉瓦門)~犀ケ崖緑地(夏目次郎左衛門吉信旌忠碑、奥山半僧坊里程石)~犀ケ崖(犀ケ崖看板、犀ケ崖資料館、犀ケ崖碑、本多忠真顕彰碑、ねずみ小僧白吉の墓)~三社神社(鳥居、庄内道道標・灯篭)~静岡銀行名残出張所前(秋葉山常夜灯、稽古照今碑)~善正寺(山門、親鸞腰掛け岩)~旧奥山線亀山トンネル~名残番所跡~秋葉神社(鳥居、本殿、奥平信昌屋敷跡)~神明神社(鳥居、灯篭)~菩提寺(本殿、人体解剖発祥の地、供養墓碑、六地蔵、松平忠頼・家広墓、馬目玄鶴の墓)~正福寺(奥山半僧坊里程石、五重塔)~高町公園(曳馬坂道道路拡張記念碑)~連尺交差点(本坂通り起点)
 今回は、元浜松市文化財課課長のS野一夫さんの案内で和地山公園から連尺姫街道起点までをめぐりました。
 今では、野球場・サッカー場・静岡大学になっている、練兵場跡・高射砲第一連隊跡の説明を受けました。
【和地山公園(練兵場跡、御親閲御駐蹕之處)】
1_2016030418101272c.jpg 2_20160304181013968.jpg
【静岡大学(高射砲第一連隊、土塁、煉瓦門)】
3_20160304181015a74.jpg 4_20160304181016d6c.jpg 5_20160304181018775.jpg
 犀ケ崖古戦場跡とその周辺遺跡の説明を受け往時を偲びました。
 ねずみ小僧の墓がなぜここに?
【犀ケ崖緑地(夏目次郎左衛門吉信旌忠碑、奥山半僧坊里程石)/秋葉山常夜灯】
6_20160304181130a99.jpg 7_20160304181131ea1.jpg 9_201603041811341c0.jpg
【犀ケ崖(犀ケ崖看板、犀ケ崖、犀ケ崖資料館)】
10_201603041811368ef.jpg 11_2016030418124228a.jpg 13_20160304181245f20.jpg
【犀ケ崖(犀ケ崖碑、本多忠真顕彰碑、ねずみ小僧次郎吉の墓)】
12_201603041812445ae.jpg 14_20160304181247587.jpg 15_201603041812482d3.jpg
 三社神社、親鸞が腰掛けた岩がある善正寺、旧奥山線の亀山トンネルにも立ち寄りました。
【三社神社(鳥居、庄内道道標・灯篭)】
16_20160304181353d84.jpg 17_201603041813556a7.jpg 18_201603041813568a0.jpg
【静岡銀行名残出張所前(秋葉山常夜灯、稽古照今碑)/旧奥山線亀山トンネル】
19_201603041813587bc.jpg 20_201603041813590cb.jpg23_201603041815320e8.jpg
【善正寺(山門、親鸞腰掛け岩)/名残番所跡】
21_20160304181802091.jpg 22_20160304181531e99.jpg 24_201603041815337be.jpg
 秋葉神社は家康が秋葉山から勧請したといわれ、浜松藩にかかわりのある大名が寄進した灯篭が並ぶ。
【秋葉神社(鳥居、本殿、奥平信昌屋敷跡)】
25_20160304181535b02.jpg 27_20160304182409994.jpg 28_2016030418241009b.jpg
【神明神社(鳥居、灯篭)】
29_20160304182412095.jpg 30_20160304182413727.jpg
 菩提寺は殿様寺と呼ばれ、浜松城主松平忠頼が創設、浜松における最初の人体解剖を執行した記念碑・供養塔がある。
【菩提寺(本殿、人体解剖発祥の地、供養墓碑)】
32_20160304182519722.jpg 33_2016030418252054d.jpg 34_20160304182522d82.jpg
【菩提寺(六地蔵、松平忠頼・家広墓、馬目玄鶴の墓)】
35_20160304182524986.jpg 36_201603041826285d7.jpg 37_20160304182630558.jpg
 正福寺は、奥山半僧坊の別院で石製の五重塔がある。
【正福寺(奥山半僧坊里程石、五重塔)/高町公園(曳馬坂道道路拡張記念碑)】
38_201603041826326e0.jpg 39_2016030418263330e.jpg 40_20160304182634f7d.jpg
 姫街道本坂通りの起点がこの連尺交差点です。
【連尺交差点(本坂通り起点)】
41_20160304182740933.jpg

*第1回:2月8日
<今回のコース>
三方原神社(集合)~士族屋敷跡~本乗寺~気賀門跡~三方原救貧院跡~権ひち商店~旧精鎮塚(解散)~三方原神社
 今回は姫まつ倶楽部会長のF田伸哉さんの案内で三方原神社とその周辺をめぐりました。
 開運・出世の三方原神社境内を散策し、開拓の記念碑や合戦の史跡の説明を受けました。
 境内南東脇には、三方原開拓に尽力した気賀林の顕彰碑があります。
 社殿東隣の不動尊には、四基の道標が安置されています。
 境内北西には、三方原に入植した士族(武士)の扶持米支給の倉庫跡があります。
【三方原神社(社殿・社殿内・気賀林顕彰碑)】
3_2016020916235855e.jpg 13_20160209162434d44.jpg 5_201602091624006ee.jpg
【参加者/三方原神社(三方原開墾の碑・徳川恒孝お手植えの松)】
9_20160209162403744.jpg 7_20160209162401cdf.jpg 10_20160209162404b0a.jpg
【三方原神社(不動尊・不動尊内道標・扶持米倉庫跡)】
12_201602091624328aa.jpg14_20160209162435ee6.jpg 16_201602091624374ca.jpg
 明治初期に開拓に入った武士の屋敷跡を通り、本乗寺に寄りました。
【士族屋敷碑/士族屋敷跡土塁】
17_201602091624387d0.jpg 18_2016020916252627b.jpg
 本乗寺は、三方原の戦いの戦死者を弔うために建てられたといわれ、境内にある精鎮塚は別の場所から移築されました。
 盆供養と12月25日にそば供養が行われます。
 参加者全員も、特別に、ご焼香させていただきました。
【本乗寺社殿】
19_20160209162527a2a.jpg
【本乗寺(住職説明・精鎮塚・ご焼香】
21_201602091625293aa.jpg 22_20160209162530a5d.jpg 24_201602091625324b6.jpg
 気賀林屋敷跡と気賀林が生活の困窮者の生活を救うため設立した施設の三方原救貧院跡を経て、移築前の精鎮塚跡に行きました。
【気賀門跡/三方原救貧院跡/元精鎮塚跡】
26_20160209162607cb6.jpg 27_20160209162608cfa.jpg 31_2016020916261302d.jpg
 冬には寒風を防ぎ、夏に日陰となる姫街道の松並木と、百年以上続く権ひち商店は、通行人や近隣の人々の社交場となっていたようです。
【姫街道の松/権ひち商店】
28_2016020916261047a.jpg 29_20160209162611a3f.jpg



宮口ウォーキング 平成28年1月10日(日)
 新春恒例の遠州Y辺の道の会企画の「宮口ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
庚申寺~大屋敷5号窯跡~発掘調査現場~若倭神社~庚申寺
 一月の第二日曜日は、庚申寺で行われる初庚申大祭の日で、この日に宮口地区をめぐります。
 猿寺とも呼ばれる庚申寺に集合し、大屋敷5号窯跡へ。
 すでに発掘調査が終わっていて、建屋内にて保存されています。 
【庚申寺/庚申寺の猿の像/庚申寺参道】
1_2016012009391695b.jpg 2_2016012009391799b.jpg 3_20160120093919d9d.jpg
 今年は申年~猿の像をいっぱい触ってきました~幸せをくだサル
【大屋敷5号窯跡】
5_2016012009392258a.jpg 6_20160120093953361.jpg
 今回の目玉は、古窯跡群・古墳群の発掘調査の現地説明会です。
 国道362号バイパス整備に先立つ発掘調査を2015年11月から実施していて、平安時代(約1,000年前)に陶器を焼いた窯の跡や、古墳時代末期(約1,400年前)に築かれた古墳の石室など大きな成果が得られたそうです。
【発掘調査説明看板】
7_201601200939542c5.jpg
 市文化財課のS木氏に案内と詳しい説明をしていただきました。
【説明風景】
8_20160120093956e04.jpg
【北新屋B6号墳/大屋敷4号窯】
9_2016012009395742b.jpg 10_20160120093959aac.jpg
【北新屋B5号墳/大屋敷3号窯】
11_20160120094417abe.jpg 12_20160120094419401.jpg
【出土品】
13_20160120094420b71.jpg 15_201601200944231e0.jpg16_2016012009451023b.jpg
 若倭神社に立ち寄りました。
 寺の隣には花の舞酒造があります。
【若倭神社/万葉歌碑/花の舞酒造】
18_20160120094513b2a.jpg 19_20160120094514add.jpg 4_20160120093920051.jpg
 ウォークが終わると境内で、豚汁とおでんの・お・も・て・な・し・があり、ステージでの催し等が楽しめます。
 「1月27日のS岡新聞朝刊」に、この現地説明会の記事が掲載されました。
0_20160127162431540.jpg
2015/12/19

いいことづくめのウォーキング

楽しかったウォーキング便り
◇いいことづくめのウォーキング
 お金もかからずマイペースで、レジャー気分でストレス解消、胸張って大股で歩けば気分爽快!
平成27年
花のウォーキング 平成27年12月12日(土)
 浜松市のFパークの「花のウォーキング」に行ってきました。
 Fパーク内をボランティアガイドと一緒に花めぐりをします。
 Fパークは、季節によりいろいろの花が楽しめますが、花の少ない時期(見所が乏しい時)は無料で入園できます。
 12月の入園料は500円ですが、500円分の金券付きで、場内で(食堂、キャラクターグッズ、お土産、花等)使用できます。
 バラ園の秋バラと温室内の植物と場内の紅葉を満喫しました。
 夜には、豪華なイルミネーションと噴水ショーのコラボが見られます。
【Fパーク正門】
271212花のウォーク (1)
【場内の植物】
271212花のウォーク (2) 271212花のウォーク (3)
271212花のウォーク (4) 271212花のウォーク (5)
【温室内の植物】
271212花のウォーク (6) 271212花のウォーク (7) 271212花のウォーク (8) 271212花のウォーク (10) 271212花のウォーク (11) 271212花のウォーク (12)
271212花のウォーク (14)
271212花のウォーク (15) 271212花のウォーク (13) 271212花のウォーク (9)
【温室内・ヒカリゴケ】
271212花のウォーク (16)
【秋バラ】
271212花のウォーク (17) 271212花のウォーク (18) 271212花のウォーク (19)
271212花のウォーク (20) 271212花のウォーク (21)
271212花のウォーク (22) 271212花のウォーク (23) 271212花のウォーク (24) 271212花のウォーク (25) 271212花のウォーク (26)
【紅葉】
271212花のウォーク (27) 271212花のウォーク (28)271212花のウォーク (29)
271212花のウォーク (30) 271212花のウォーク (31) 271212花のウォーク (32)
271212花のウォーク (33) 271212花のウォーク (34) 271212花のウォーク (35)
271212花のウォーク (36) 271212花のウォーク (37) 271212花のウォーク (38)
271212花のウォーク (39) 271212花のウォーク (40) 271212花のウォーク (41)
271212花のウォーク (42) 271212花のウォーク (43) 271212花のウォーク (44)
271212花のウォーク (45) 271212花のウォーク (46) 271212花のウォーク (47)



森町観光ウォーク 平成27年12月6日(日)
 遠州森町の小国神社と大洞院の紅葉をめぐってのウォーキングをしました。
 前日に実施されたウォーキングコースと同じコースをめぐりました。
 森町観光協会が企画しました。
<今回のコース>
天浜線遠州森駅~小国神社~大洞院~天宮神社~三島神社~森町の賦~次郎柿原木~金森神社~天浜線遠州森駅
【小国神社の紅葉】
1_201512081658475b1.jpg 2_2015120816584941c.jpg 3_20151208165850511.jpg 4_20151208165852675.jpg 5_2015120816585396e.jpg
【大洞院の紅葉と石松の墓】
10_201512081659559ef.jpg 13_20151208165957cf2.jpg
9_20151208165953dcf.jpg 8_20151208165952780.jpg 7_20151208165952703.jpg
【天宮神社/三島神社/森町の賦】
30_2015120817091674c.jpg 23_20151208170955a87.jpg 21_201512081712296a0.jpg
【次郎柿原木/金森神社】
22_201512081710276be.jpg 20_2015120817133058b.jpg



石仏の小路を往く 平成27年11月8日(日)
 Fじのくに県民げんき・元気事業実行委員会主催の「石仏の小路を往く」に行ってきました。
<今回のコース>
 JR島田駅~(シャトルバス)~伊太丁仏参道入り口~(参道ウォーク・どうだん原)~ペンションどうだん(昼食)~十本杉~智満寺~(参道ウォーク)~尾川丁仏参道入り口~(シャトルバス)~JR島田駅
 一日中小雨でした。 
【準備体操/小雨の中を】
1_201511112152288ce.jpg 2_201511112152303f8.jpg
 丁仏参道には、伊太参道側31体、尾川参道側に33体の石仏が安置されているとのこと。
 足元が滑りやすく急斜面でもあり、全部を確認する余裕はありませんでした。
【石仏の一部】
3_20151111215231c7b.jpg 5_20151111215233551.jpg 6_2015111121523405a.jpg
 参道を進むと、どうだんつつじの群生地があり、ちょうど見頃でした。
 一時、小雨の影響か〝もや〟が罹り、視界を妨げました。
【どうだん原/もやの中を】
7_201511112152566e4.jpg 8_20151111215258476.jpg 9_20151111215259612.jpg 10_201511112153018c1.jpg 12_20151111215302539.jpg 13_20151111215546731.jpg
 〝ペンションどうだん〟で昼食休憩。
【ペンションどうだん/ペンション庭園】
14_2015111121554821a.jpg 16_20151111215551f8e.jpg 17_201511112155529f2.jpg
【ペンションより】
18_20151111220658176.jpg 19_20151111220700eeb.jpg
 ペンションからは、直接智満寺に向かうグループと、国の天然記念物である十本杉を見物してから智満寺に向かうグループに分かれました。
 智満寺の萱葺の屋根は東海随一の規模とのこと、見事でした。
 十本杉のうち、子持杉、開山杉、頼朝杉は、枯死してしまったそうです。
【常胤杉/雷杉/経師杉】
20_20151111220701754.jpg 22_2015111122070356a.jpg 25_20151111220704eb2.jpg
【一本杉/盛相杉/達磨杉】
27_20151111220850722.jpg 29_20151111220851d83.jpg 31_20151111220853bf7.jpg
【大杉/頼朝杉跡/奥の院】
33_20151111220854fbc.jpg 35_201511112208569b1.jpg 36_2015111122105556b.jpg
【智満寺/縁結びの木】
37_20151111221057294.jpg 38_20151111221058f5d.jpg 39_201511112211006ed.jpg



浜北歩け歩け運動 平成27年11月3日(火)
<今回のコース>
岩水寺西駐車場~花の舞酒造~庚申寺(第一チェックポイント)~六所神社~あらたまの湯(第二チェックポイント)~森林公園・バードピア浜北(第三チェックポイント)~岩水寺西駐車場
 「平成27年度浜北歩け歩け運動」に行ってきました。
 今回が47回目、参加者がおよそ350人、伝統のあるウォーキング大会です。
 コースはおよそ12キロ、自分のペースで歩きます。
 3つのチェックポイントがあり、スタート地点に戻ります。
 森林公園の紅葉を満喫しました。
【準備運動/元気にウォーキング】
1_20151104164700c21.jpg 2_20151104164702466.jpg 13_20151104164823760.jpg
【花の舞酒造/六所神社】
3_201511041647039bc.jpg 5_201511041745527db.jpg
【チェックポイント(庚申寺/あらたまの湯/バードピア浜北】
4_20151104164705685.jpg 6_201511041647459c0.jpg 12_201511041648220ab.jpg
【森林公園】
9_201511041647488fe.jpg 10_20151104164750157.jpg 11_201511041647516c2.jpg
8_2015110416474750f.jpg



天浜路ヘルシーウォーク 平成27年10月31日(土)
 天浜路ヘルシーウォーク「秋めく奥浜名湖と姫街道を往く」に行ってきました。
<今回のコース>
天竜浜名湖鉄道寸座駅~奥浜名湖展望公園~姫街道~長楽寺~天竜浜名湖鉄道気賀駅
 寸座駅を出発し、奥浜名湖展望公園を目指します。
 色づいたみかんを眺めながらゆっくりと歩きます。
 浜名湖のビューポイントで、展望台から富士山・浜松市街・遠州灘・浜名湖を眺めることができました。
 東海道の脇往還である姫街道の石畳を歩き、姫が休憩のとき腰を降ろしたとされる姫岩、山田一里塚、今川義元の家臣である山村修理の墓によりました。
  長楽寺では、遠州三名園の一つである小堀遠州作と伝えられる回遊式庭園(満天星の庭}を散策し、どうだんつつじの庭を楽しみました。
 坂が多く健脚向けコースでした。
【色づいたみかん】
1_20151102150805501.jpg 2_20151102150807dc9.jpg
【奥浜名湖公園展望台より】
3 4_20151102150809951.jpg
【姫街道石畳/姫街道より】
6_20151102150811ef0.jpg 8_20151102150839ef1.jpg 9_20151102150841861.jpg
【姫岩/山田一里塚/山村修理の墓】
7_20151102150838d2b.jpg 11_20151102150844c94.jpg 12_201511021509150fa.jpg
【長楽寺/長楽寺庭園】
0_20120130130851.jpg 2_20120130130850.jpg 11_20120130131419.jpg




県民の日ウォーク 平成27年8月23日(日)
 明治9年8月21日に静岡県が誕生
 県民の日イベントとして、ボランティアガイドと浜松中心部を歩きました。
<今回のコース>
JR浜松駅~ショパンの丘~創造の丘~浜松八幡宮~JR浜松駅
  先ず、アクトシティ屋上公園にある、「ショパンの丘」と「音楽広場」へ。
 音楽の街浜松のシンボルタワーは、「ハーモニカ」をメージしていますがわかりますか?。 
 そして、静岡産業芸術大学屋上にある「創造の丘」へ。
 見晴らしがよく、気分爽快に。
 芸術家の卵たちが、ここで構想を練ったのでしょうか。
 最後は、多くの樹木が繁茂する鎮守の森にある浜松八幡宮へ。
 途中、にわか雨となりましたが、コンビニの軒先で雨宿りでき、無事終了しました。
*ショパンの丘
 ワルシャワ市から贈られたシンボルのショパン像は、世界で初めてポーランド国外に輸出されたもの。
 数多くのピアニストがコンペティションやコンサートの成功を願ってこの像に祈ったことだろう。
*浜松八幡宮
 徳川家康公が祈願所とし、武運長久を祈ったと伝えられている。
 境内には楠の巨樹があり、三方原合戦に敗れた徳川家康が、この楠の洞穴潜み、そのとき瑞雲が立ち上がったとの故事により、「雲立の楠」 と称される。
 〝浜松〟の地名発祥の松「濱松名稱起源颯々之松」と俳人松島十湖の「句碑(はま松は出世城なり初松魚)」もあった。
【ショパンの丘/音楽広場/アクトタワー】
1_20150824070246477.jpg 2_20150824070247d98.jpg 3_20150824070249aaf.jpg
【創造の丘/創造の丘より】
5_20150824070252ff6.jpg 7_20150824070316fc3.jpg 4_20150824070250e1f.jpg
【浜松八幡宮/雲立の楠】
8_201508240703172dc.jpg 9_20150824070319019.jpg 10_20150824070321f60.jpg
【濱松名稱起源颯々之松/松島十湖句碑】
11_201508240703223c8.jpg 12_201508240703541a2.jpg 13_20150824070356c20.jpg



新緑の鳥羽山城址・二俣城址を訪ねて 平成27年5月30日(土)
 TFガイドの会企画の「歴史と文化の町・二俣を歩く~新緑の鳥羽山城址・二俣城址を訪ねて」に行ってきました。
 鳥羽山城・二俣城の歴史、昭和の面影の残る二俣の町並みをのんびりと散策しました。
<今回のコース>
 天竜二俣駅~鳥羽山洞門~筏屋田代家~鳥羽山城址~二俣城址(昼食)~信康廟~本田宗一郎ものづくり伝承館~町並み~天竜二俣駅
【光明電鉄二俣口駅跡/光明電鉄線路跡/鳥羽山洞門】
1_20150606051233560.jpg 2_20150606051235300.jpg 4_20150606051236be2.jpg
【筏屋田代家/田代家庭園】
6_20150606051238544.jpg 9_20150606051239cb4.jpg
【鳥羽山城址/参加者/鳥羽山城石垣】
10_20150606051432566.jpg 12_20150606051433706.jpg 13_201506060514353d7.jpg
【鳥羽山城展望台より/枯山水庭園】
14_201506060514366a2.jpg 15_20150606051438d14.jpg 16_2015060605164835d.jpg
【二俣城址】
17_20150606051649213.jpg 18_201506060516505dc.jpg 19_2015060605165201e.jpg
【二俣城石垣/二俣城空堀跡】
21_20150606051653fd0.jpg 22_20150606051913497.jpg
【信康廟/清瀧寺】
23_20150606051914e60.jpg 24_2015060605191609e.jpg
【本田宗一郎ものづくり伝承館/展示品】
25_20150606051917ece.jpg 26_20150606051919485.jpg 27_20150606052256913.jpg
【町並み(マルカワの蔵/ヤマタケの蔵/二俣医院)】
28_20150606052257c5e.jpg 29_20150606052258cbe.jpg 30_20150606052300064.jpg
【町並み(料亭福田屋/料亭ほん中/旅館尾張屋)】
31_20150606052301c81.jpg 32_20150606052517f34.jpg 33_20150606052519305.jpg
【光明電鉄トンネル跡】
34_20150606052520336.jpg

*二俣城址
 天険要害で難攻不落の城。戦国時代今川・武田・徳川の戦いの場となった。特に元亀3年武田信玄による城攻めは有名。また、徳川家の長男「信康」が織田信長に謀反の疑いを掛けられ非業の最期を遂げた処で、数々の物語・劇となって語り継がれている。文化勲章受賞の日本画家・秋野不矩は二俣城の近くで生まれた。
*鳥羽山城址(鳥羽山公園)
 二俣城が戦時用の城として機能を高めていくに従い、鳥羽山城は領主が日常生活を送る場として整備されるようになり、庭園が造られた。両城のありかたは対照的で、両城は「別郭一城」とよばれる一連の城であることがわかる。
 標高108メートル。天竜奥三河国定公園に指定され、山頂からの眺望はすばらしい。特に桜と紅葉の時期にはたくさんの観光客でにぎわう。
*筏屋田代家
 代々鹿島村の名主で、徳川家康を助けた功により、天竜川の筏川下げ等の御朱印を賜った。土・日・祝日のみ開館。
*信康山清瀧寺
 徳川家康が名付けた寺で京都知恩院の末寺。天正7年、二俣城内にて自刃した家康の長男「信康」の霊を祀っている。
*本田宗一郎ものづくり伝承館
 郷土の偉人本田宗一郎の「ひととなり」や、「ものづくり精神」を展示物やワークショップの開催により、多くの皆さんに伝えていく拠点。旧二俣町役場を改築して利用。登録有形有形文化財。
*光明電鉄跡
 昭和初期に磐田と二俣を結んでいた。二俣口駅跡には、今でもぷラットホームが残っている。トンネル跡も見ることができる。


竜ケ石山ウォーク 平成27年5月16日(土)
 〝竜ケ岩洞〟の隣にある竜ケ石山をウォーキングしました。
 小雨がぱらつく中、山頂まで登らずに短縮コースで、カレンフェルト、岩抱桜、夫婦岩、白橿の棚田をめぐりました。
 竜ケ石山の山頂からの眺望は良く、晴れた日には富士山をはじめ浜松市街や浜名湖が一望できますが……残念!
【竜ケ岩洞】
0_201505181032507cf.jpg 1_20150518103252311.jpg
【ウォークコース】
2_20150518103253d57.jpg 4_201505181032540a4.jpg
【カレンフェルト】
6_20150518103256ea1.jpg 7_20150518103601cf0.jpg 8_20150518103602f58.jpg
【岩抱桜/夫婦岩/岩抱桜と夫婦岩】
9_201505181036040e4.jpg 11_201505181036059fa.jpg 12_2015051810360789e.jpg
【白橿の棚田】
13_20150518110028a7f.jpg 14_20150518110029b08.jpg 15_20150518110030112.jpg
*竜ケ岩洞
 2億5千年前の秩父中古生層の石灰岩に形成された東海最大級の観光鍾乳洞である。
 総延長1,000mのうち、およそ400mが一般公開されている。
 洞内には鍾乳石に彩られた鳳凰の間や落差30mの地底の大滝などおよそ50ケ所の見学ポイントがあり、洞内温度は年中18℃で、夏涼しく冬温かい快適な地底探訪が楽しめる。
*カレンフェルト
 竜ケ石山の各所には石灰岩地帯特有のカルスト地形が見られ、雨水によって溶かされた石灰岩が立ち並ぶカレンフェルトが形成されている。
 カレンは石灰岩に形成された、わだち状の溝のことでカレンフェルトは一般的に尖塔状の奇岩が林立する状態をいう。
 竜ケ石山のカレンフェルトは水平方向に刻まれた溝が特徴的で、大変珍しい。
*白橿の棚田
 耕作放棄された棚田を2007年から有志により、復元活動が続けられている。
 現在36枚の棚田が復元され、ここでとれる棚田米は大変美味いと評判である。
 間伐材で作られたオープンデッキからは、棚田と浜松市が一望できる。
 急斜面に幾重にも築かれた石積みの畦が、農村文化と集落の絆を今も伝えている。
                            ~ 奥浜名湖観光協会発行 : 竜ケ石山ハイキングマップより ~

都苑のバラを堪能 平成27年5月10日(日)
 S新聞に〝都苑のばら〟が見頃との記事があり行ってきました。
 自宅からおよそ3キロ、ウォーキングに手軽な距離です。
 苑内は甘い香りが漂い咲き誇っているばらを堪能しました。
1_20150513042042d0b.jpg 2_201505130420445d7.jpg 3_201505130420458b8.jpg 4_2015051304204768c.jpg 5_20150513042200841.jpg 6_20150513042202e42.jpg 7_201505130422036da.jpg 8_201505130422049b4.jpg 9_20150513042207067.jpg

11_2015051304253538b.jpg 10_20150513042534070.jpg 12_2015051304253706b.jpg 2 (1) 14_20150513042540fd0.jpg 15_20150513043341c27.jpg 16_20150513043342c87.jpg 17_20150513043344836.jpg 2 (3)
19_20150513043347c8f.jpg 26_201505130436185c1.jpg 27_201505130436195b3.jpg 25_201505130436162ec.jpg 20_20150513043534544.jpg 21_20150513043535fe1.jpg 22_20150513043537834.jpg 23_20150513043538ec4.jpg 2 (5)



虚空蔵寺と浜松探訪 平成27年3月22日(日)
 さわやかウォーキングで「虚空蔵寺と浜松探訪ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
JR浜松駅~オルガン坂~掘留ポッポ道~西伊場第一踏切~虚空蔵寺~六所神社~浜松神社~JR浜松駅
 JR浜松駅をスタートし、オルガン坂、堀留ポッポ道、新幹線が通る西伊場第一踏切を通り、学問の神様の虚空蔵寺へ。
 ここで一息入れ、六所神社、浜松神社に立ち寄り、ゴールのJR浜松駅に戻りました。
【オルガン坂/堀留ポッポ道/ケ91蒸気機関車】
1_2015032310133216f.jpg 2_20150323101333bd4.jpg 3_201503231013358de.jpg
【西伊場第一踏切/旧東海道松並木】
4_20150323101337ab2.jpg 5_20150323101339d8b.jpg
【虚空蔵寺】
6_20150323101653a2c.jpg 7_201503231016502d4.jpg
【成金寺/六所神社/六所神社・ご神木】
8_20150323101653c55.jpg 10_201503231017006f8.jpg 11_20150323101654afa.jpg
【浜松神社/白竜橋】
13_2015032310185863c.jpg 14_20150323101900bef.jpg
*オルガン坂
 昔、この辺りをオルガン山と呼んだことから付けられ、山葉風琴製造所(現ヤマハ株式会社)が、この地で日本で初めてオルガン製造を始めたことに由来しているといわれている。
*堀留ポッポ道
 JR浜松駅が高架化される前まで使用されていたJR浜松工場への引き込み線の廃線跡が残り、遊歩道として整備されている。
 県居小学校横には国産初期で大正時代の蒸気軽便機関車の「ケ91」型蒸気機関車が静態保存されている。
*西伊場第一踏切
 JR浜松工場で点検整備される新幹線が通る踏切として鉄道ファンの方から人気を集めている。
 目の前を通る新幹線は迫力があります。
*虚空蔵寺
 臨済宗方広寺の末寺で、「虚空蔵堂」「虚空蔵さん」という愛称で親しまれている。
 本尊である虚空蔵菩薩が知恵と福徳の仏様であったことから、学問の仏様として広く信仰されるようになった。
 虚空蔵堂の両翼には全高6メートルの大きな阿吽のだるまが左右にどっかりのっている。
*浜松神社
 地名から三島神社とも呼ばれる。
 境内裏手に「神宮寺」があり神仏習合が色濃く残っている。
 ご最祭神は、「大山祗命」で三嶋大社を総本山とする「三嶋社(三島社)」のご祭神です。 


遠州山辺の道ウォーク 平成27年3月15日(日)
 天浜路ヘルシーウォーク「遠州の歴史を感じる山辺の道を歩く」に行ってきました。
<今回のコース>
古の人々の足跡をたどる
天浜線宮口駅~庚申寺~花の舞酒造~梔池緑地~旧軽便道~天浜線宮口駅
 天浜線の宮口駅をスタート・ゴールとする遠州山辺の道ウォークです。
 庭先や道端にある花々を楽しみながらのんびりとしたウォーキングでした。
【宮口駅/陽泰院/庚申寺】
1_20150316161447f4f.jpg 2_2015031616144888d.jpg 3_20150316161449e28.jpg
【花の舞酒造/沿道風景(茶畑)】
4_20150316161538c14.jpg 5_20150316161537eb2.jpg 6_201503161615406eb.jpg
【梔池緑地/沿道風景(出番を待つ植木)】
10_201503161616494e0.jpg 11_20150316161618994.jpg 12_201503161617038eb.jpg
【沿道の花々】
20_20150316162440a44.jpg 21_20150316161931bfc.jpg 22_201503161619325cd.jpg 23_201503161619331fc.jpg 24_2015031616193435b.jpg25_20150316162739efe.jpg 27_20150316162608892.jpg 28_20150316162608bc8.jpg 29_20150316162611949.jpg 99_20150316164916167.jpg
*遠州山辺の道 
 三方原台地東縁から浜北北部丘陵南麗にかけては、緑や水などの豊かな自然環境と岩水寺や秋葉山などに向かう人々が通った古い道筋が残っており、その沿線には多くの名所・旧跡が存在します。運周山辺の道とは、この地域の古い道筋をたどりながら歴史・文化・自然などに親しめるように設定された散策ルートです。
*花の舞酒造
 一千年を超える試行錯誤の歴史を経て確立した醸造法で造られた酒で、花の舞の銘柄は、天竜川水系に古来から伝わる奉納おどり「花の舞」に由来します。
*庚申寺
 門前の石畳は、かって参道だった道。
 主な建物は江戸末期のもので、山門の屋根瓦には十二支と四隅には四猿(不見猿、不聞猿、不云猿、宝珠猿)、本堂には弘法大使の作である本尊釈迦如来がある。
*西園軌道(株)
 大正13年7月~昭和12年10月まで4.2Kmの軽便鉄道を営業していた。


里山ウォーク 平成27年2月20日(金)
 佐鳴湖公園で行われた「いきいき健康教室・里山散策~」に行ってきました。
 ウォーキング前後のウォーミングアップ(ストレッチ&準備体操)とクーリングダウン(ストレッチ&整理体操)を勉強しました。
 “佐鳴湖公園の自然に触れながら歩きましょう”ということで、佐鳴湖公園の里山をのんびり散策しました。
 里山の復元・保全活動をしている「佐鳴湖S山楽校」のK藤さんに案内していただきました。
【佐鳴湖風景】
1_201502201741527ee.jpg 2_20150220174153104.jpg 3_201502201741540ee.jpg 4_2015022017430575a.jpg 6_201502201743241ed.jpg 5_201502201743253b1.jpg
【里山風景】
11_20150220174537e2a.jpg 15_20150220174540c60.jpg 12_20150220174539fef.jpg
13_2015022017595824f.jpg 14_20150220180000c97.jpg 20_201502201800029a9.jpg

佐鳴湖公園
 佐鳴湖公園は市街地に隣接し、水と緑に恵まれた風光明媚な環境にあります。
 佐鳴湖を囲むかたちで整備され、現在公園の面積は49.7haあります。
 春は桜の名所として、夏は花火大会が開催され、秋には紅葉、冬にはバードウォッチングが楽しめます。
 また、佐鳴湖を一周(約6キロ)できる園路が整備されたこともあり、ウォーキングやジョギングを楽しむ方が近年多く見られます。
 毎年5月には佐鳴湖国際駅伝大会が開催されています。

天浜路ヘルシーウォーク 平成27年1月25日(日)
 天竜浜名湖鉄道企画の「天浜路ヘルシーウォーク」に行ってきました。
<今回のコース> 
浜名湖周遊散歩とユリカモメ舞う佐久米駅を訪れる
 気賀駅~気賀関所~浜名湖周遊自転車道~浜名湖佐久米駅~(天浜線)~気賀駅
 気賀関所、都田川に架かる澪つくし橋の横を通り、浜名湖自転車周遊道に入ります。
 潮の香りをタップリ浴びながら浜名湖の北岸をのんびりと散策し、ユリカモメ舞う佐久米駅を目指します。
 佐久米駅では、数十羽のユリカモメが迎えてくれました。
 餌付け用の〝食パンの耳〟が、喫茶店あります。
【気賀関所/澪つくし橋】
1_20150126124632241.jpg 2_20150126124632faf.jpg
【元気にウォーキング/浜名湖】
3_20150126124637521.jpg 4_2015012612464911f.jpg
【佐久米駅/ユリカモメ】
5_2015012612473753a.jpg 6_20150126125002adb.jpg
8_20150126124818dc4.jpg 11_20150126124758bf9.jpg 15_2015012612475583c.jpg
*佐久米駅舎内の喫茶店「かとれあ」のマスターにより、冬の時季にユリカモメの餌付けが行われ最盛期には数百羽のユリカモメが集まります。
 このユリカモメは、テレビや雑誌でも取り上げられ、天浜線の冬の風物詩として定着しています。


宮口窯ウォーク 平成27年1月11日(日)
 EY会企画の「宮口窯ウォーキング」に行ってきました。
 1月第2日曜日は庚申寺の大祭で、餅投げ・甘酒・カラオケ・踊り・抽選会等境内ではいろいろな催しが行われ、露天が並びます。
 庚申寺に集合し、浜北区宮口地区をめぐりました。
 発掘に携わった浜松市博物館職員の詳しい説明がありました。
【庚申寺/窯の説明/窯跡】
1_20150113143501423.jpg 2_20150113143502ff2.jpg 3_20150113143502f12.jpg
 宮口地区に数多くあるにある平安時代に陶器を焼いた窯跡をめぐりました。 
【宮口窯跡(大屋敷窯/吉名窯/譲栄窯)】
4_201501131436132e8.jpg 5_20150113143621243.jpg 6_20150113143622013.jpg
 八幡神社と三段屋台(からくり屋台)小屋にも立ち寄りました。
【八幡神社/屋台小屋/三段屋台】
7_20150113143744471.jpg 8_201501131437456f3.jpg 9_201501131437484af.jpg



厄除けウォーク 平成27年1月6日(火)
 DK博物館企画の「初詣と農家レストランでバイキングを楽しむウォーキング」に参加しました。
 昨年、主催者の都合で中止したものの再企画でした。
 そんな訳もあり、小雨決行となりました。
<今回のコース>
 新年を迎え地元の名刹〝初山宝林寺〟で初詣と、厄除けを願い〝祝田観音〟をめぐるのんびり旅。
 昼は〝とんきい〟で自慢の肉と旬の食材を味わってみよう!
 DK空間博物館~天浜線(気賀駅→金指駅)~初山宝林寺(初詣)~農家レストラン「とんきい」(バイキングの昼食) ~善明寺~天浜線(金指駅→気賀駅)~DK博物館
 天浜線の金指駅で下車し、徒歩15分の初山宝林寺で初詣、夫婦杉の間を抜け「金鳴石」へ。
 石を鳴らし、金運をアップしました。
*初山宝林寺は、江戸時代初期に明国の僧、独湛禅師(ドクタンゼンジ)によって開創された明朝風の建築様式の寺院。
 金指近藤家・気賀近藤家の菩提寺として栄え、仏殿・方丈は国指定文化財。
*金鳴石は、「支那金鳴石初山永宝」と彫り込まれ、叩くと澄んだ音が鳴る。金運上昇・商売繁盛(金のなる)のご利益があると伝えられる摩訶不思議な石。
 昼食は、農家レストラン「とんきい」で、自慢の肉と、旬の食材をお腹いっぱい味わいました。
 無農薬にこだわっているそうです。
 午後は、祝田観音で厄除けをしました。
*祝田山善明寺(ホッタサンゼンメイジ)は、浜松市北区祝田(ホッタ)にあり、毎年1月6日に〝厄除け観音大祭〟を行います。
 1年間の無病・息災を祈り、多くの参拝客が訪れます。
 参道には多くの露店が並び、境内では甘酒や投げ餅などイベントが行われます。
 たけジャパンは、金運上昇と厄除けはバッチリ……今年1年いい年マチガイナシ!
【初山宝林寺/初山宝林寺(夫婦杉・金鳴石)】
1_20150106174029aac.jpg 2_201501061740321f5.jpg 3_20150106174033f73.jpg
【農家レストランとんきい/食べました】
4_20150106174033508.jpg 5 - コピー (2)
【善明寺/大祭風景】
6_20150106174414f6a.jpg 7_20150106174415d02.jpg
2014/11/06

いいことずくめのウォーキング

楽しかったウォーキング便り
◇いいことづくめのウォーキング
 お金もかからずマイペースで、レジャー気分でストレス解消、胸張って大股で歩けば気分爽快!
平成26年
歩け歩け運動 平成26年11月3日(月)
 秋恒例の浜松市TI協会企画の「はまきた歩け歩け運動」に、今年も参加しました。
 10月31日、11月2日、3日とウォーキングに参加し、およそ30キロを歩きました。
 ちなみに11月1日も、柿狩りウォークに参加予定でしたが、雨のため中止となりました。残念!
<今回のコース>
 岩水寺西駐車場~住吉神社~庚申寺(第一チェックポイント)~六所神社~県立森林公園~バードピア浜北(第二チェックポイント)~岩水寺西駐車場(第三チェックポイント)
 各チェックポイントで、は元気になるプレゼントがありました。
【岩水寺西駐車場/主催者挨拶】
1_20141106074354f5c.jpg
【住吉神社/元気にウォーキング/庚申寺】
2_20141106074353c08.jpg 3_201411060743581c4.jpg 4_201411060743564b5.jpg
【六所神社/新東名/県立森林公園】
5_2014110607435479f.jpg 6_20141106074503ec8.jpg 1_20141106084411aa6.jpg
【県立森林公園/バードピア浜北/岩水寺西駐車場】
8_20141106074506f01.jpg 9_20141106074507ffa.jpg 10_201411060745096e4.jpg



新居関所祭りウォーキング 平成26年11月2日(日)
 湖西市TI協会企画の「新居関所ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
新居文化公園~海湖館~みなと運動公園~大元屋敷跡(旧新居関所)~新居関所~新居文化公園
 今回は、湖西市新居地区の名所と新居関所をウォーキングしました。
 無料開放の新居関所内では、関所祭りが行われていて、賑わっていました。
 ウォーキングの帰りに覗いた浜名湖のシンボルタワーが鮮やかでした。 
【新居文化公園/元気にウォーキング/海湖館】
1_20141105142934d58.jpg 2_201411051429354da.jpg 3_201411051429366b9.jpg
【海湖館・体験コーナー/海湖館より浜名湖を/元気にウォーキング】
5_20141105142937344.jpg 4_201411051430171e2.jpg 6_201411051430198fc.jpg
【みなと運動公園/大元屋敷跡/新居関所】
7_20141105143043e74.jpg 8_201411051430439e5.jpg 9_201411051430435c7.jpg
【新居関所にて・記念写真/浜名湖シンボルタワー】
10_20141105143429f24.jpg 11_2014110514343154f.jpg 12_201411051434465a1.jpg



里山ウォーキング 平成26年10月31日(金)
 浜松市KR協会企画の「いきいき健康教室・里山ウォーキング」に行ってきました。
 準備体操、ウォーキング教室、クールダウン、健康相談と盛りだくさんです。
 集合場所の佐鳴湖漕艇場から佐鳴湖公園内の里山地区を目指します。
 ボランティア団体が里山の復元・保全活動を行っています。
 棚田があり、希少動物が生息しています。
 整備された散策路の中、森林浴を楽しみました。
【佐鳴湖】
0_20141105014139024.jpg 1_2014110501414130c.jpg 2_20141105014142280.jpg
【里山】
4_201411050142175cc.jpg 5_20141105014217f86.jpg 6_2014110501423979e.jpg



自然探訪ウォーキング 平成26年10月15日(水)
 浜松市NKセンター企画の「自然探訪ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
浜松市NKセンター~荒巻川ほたる公園~(路線バス)~浜松市NKセンター
 朝から生憎の雨。
 目にとまった木々や、草花の前で解説を聞きながら何度も小休憩。
 小雨の中、〝荒巻川ほたる公園〟を目指し、のんびりとウォーキング。
 昼食後、園内を散策し、バスで戻りました。 
【のんびりウォーキング】
1_20141015151644647.jpg 2_2014101515164564f.jpg
【ほたる公園】
3_201410151516470b4.jpg 4_201410151516489f4.jpg 5_20141015151650df8.jpg
*荒巻川ほたる公園
 蛍やトンボが飛び交い、地域住民が四季折々の季節を感じられる公園として整備され、池には木の橋が架かり、蛍を充分楽しめるように散策路が設置されている。
 芝生広場やすべり台などの遊具は、憩いの場として利用される。


ぷらっとウォークIN渋川 平成26年10月12日(日)
 HR会企画の「ぷらっとウォークIN渋川」に行ってきました。
 今年は3回目、3回とも参加しています。
<今回のコース>
生活改善センター(スタート)~凱旋門~大銀杏~井伊家の墓・菩提樹~三日堂~東光院~イベント広場(ゴール)
 主催者挨拶後、コース地図を片手にスタート。
 日清日露戦争に出征した人たちの生還を記念して建てられた「凱旋門」、樹齢600年以上の古木の「大銀杏」、「井伊家の墓」と樹齢300年の「菩提樹」をめぐりました。
 里山風景を楽しみながら、寺野のひよんどりで有名な「三日堂」を目指しました。
 井伊直行が開山建立した「東光院」にも立ち寄りました。
 ゴール地点のイベント広場では、浜松市のイメージキャラクター「家康君」が出迎えてくれました。
【主催者挨拶/凱旋門/大銀杏】
1_20141016223315a80.jpg 2_20141016223317518.jpg 3_20141016223318bde.jpg
【井伊家の墓/菩提樹】
4_20141016223355434.jpg 5_20141016223407f96.jpg
【里山風景】
10_20141016224435031.jpg 11_201410162244362b0.jpg 12_201410162244383a9.jpg 13_20141016224442f72.jpg 14_201410162244421bc.jpg 15_20141016224521af8.jpg
【三日堂/東光院/家康君】
6_20141016223406b8f.jpg 7_2014101622340744f.jpg 8_20141016223407932.jpg



万葉の貴族食を堪能 平成26年6月8日(日)
 EYM会企画の「浜北一の景観と万葉の貴族食ウォーク」に行ってきました。
<今回のコース>
姥ケ谷地区ウォキング(万葉の森公園→山神→パノラマロード→半僧坊道標→道祖神→万葉の森公園(万葉の貴族食の昼食・散策)→不動寺(見学)→万葉の森公園
 万葉の森公園に集合し、先ず参加者全員で記念写真を撮りました。 
【万葉の森公園碑/万葉の森公園・庭園】
1_20140616115940895.jpg 2_20140616115941fe5.jpg
【全員集合】
3_2014061611594201e.jpg
 姥ケ谷地区の山神、浜松ホトニクス工場内の遊歩道の眼下に広がる浜北市街、半僧坊道標、浜松で一番古い道標で旅を守る神様である道祖神等、三方原台地の姥ケ谷地区をのんびり散策しました。
【山神/パノラマロード/浜北市街】
4_20140616115944241.jpg 7_201406161235452c0.jpg 6_201406161209506ad.jpg
【半僧坊碑/ガイド説明/道祖神】
20_2014061612095264a.jpg 21_201406161209548e3.jpg 22_20140616120957f28.jpg
 万葉の森公園に戻り、〝万葉の貴族食〟を堪能しました。
 今から1200~1300年前、万葉集が詠まれた時代の食事……
 文献に基づき、当時の食生活を旬の食材を生かし再現した〝万葉食〟おいしくいただきました。
【メニュー/貴族食/糟湯酒】
34_20140616122446530.jpg 100_2014061613115237c.jpg 33_20140616122445c61.jpg
 午後は、ガイドの案内で、万葉の森公園と不動寺を見学しました。
【万葉の森公園の草花】
15_2014061613141138d.jpg 13_20140616131410510.jpg 12_2014061613133598e.jpg 11_2014061613133462f.jpg 10_20140616131332d14.jpg
【不動寺・竜王門/不動寺】
50_20140616122447b37.jpg 52_201406161224485b2.jpg



自然探訪ウォーク 平成26年5月30日(金)
 TFガイドの会企画の「おくないの里・懐山を訪ねて」に行ってきました。
<今回のコース>
風薫るふるさとを歩く
 遠鉄西鹿島駅~(路線バス懐山バス停)~懐山地区散策(馬頭観音・六所神社・泰蔵院・懐山荘)~(路線バス遠鉄西鹿島駅バス停)
 〝懐山〟ということで山の中を歩くのかと思っていたら全然違いました。
 〝懐山〟とは地名で、新緑の里山屋茶畑、棚田に囲まれた郷愁を感じる山里でした。
 肌に心地よい風邪を感じながらのんびりした散策でした。
【元気にウォーキング/馬頭観音】
1_201406091706431fb.jpg 2_20140609170645aeb.jpg 3_2014060917064645b.jpg
【六所神社/六所神社より/懐山荘】
4_20140609170648006.jpg 6_20140609171219e25.jpg 5_20140609170650f50.jpg
【泰蔵院/石像】
9_2014060917122129a.jpg
【懐山荘より】
10_20140609171223cd1.jpg
【全員集合】
99_20140609171225858.jpg



自然探訪ウォーク 平成26年5月14日(水)
 浜松市NKセンター企画の「自然探訪ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
浜松市NKセンター~伊佐地町・西山町内散策~水神社~浜松市NKセンター
 水神社を目指し、伊佐地町・西山町内の道端や庭先に咲いている花々を眺めながら、のんびりと散策しました。
 講師の解説付きでした。
 水神社は、「水神様」として親しまれ、境内にある池の底から水が湧き、鯉が気持ちよさそうに泳いでいました。
 この池からの湧き水を水源としている東神田川で、散歩中の鴨の親子に遭遇しました。
 路線バスを使い、浜松市NKセンターへ戻りました。
【浜松市NKセンター/講師説明/元気にウォーキング】
1_20140517134119501.jpg 2_2014051713412193a.jpg 3_20140517134123e54.jpg
【菜の花畑/じゃがいも畑】
4_20140517134125ca8.jpg 5_20140517134125437.jpg
【水神社/水神社・池】
6_201405171341533c7.jpg 7_20140517134156bce.jpg 8_20140517134159192.jpg
【鴨の親子】
9_201405171342018e5.jpg
【きれいに咲いた花々】
20_201405171400208b1.jpg 21_201405171400221b9.jpg 22_201405171400233ef.jpg 23_20140517140024017.jpg 25_20140517140104b09.jpg 27_20140517140104156.jpg 28_201405171401050ea.jpg 24_201405171400271cf.jpg
29_20140517140106516.jpg 26_2014051714010280d.jpg 30_20140517140140e50.jpg 31_20140517140143613.jpg
 ウォーク終了後、浜松市NKセンターのすぐ近くにある森の水車公園に寄りました。
【森の水車公園】
44_20140517140146b7d.jpg 40_20140517140143e40.jpg



富士山静岡空港ウォーク 平成26年5月11日(日)
 富士山静岡空港開港5周年記念事業として企画された「富士山静岡空港ウォーク2014」に行ってきました。
<今回のコース>
JR島田駅~富士山静岡空港(西展望デッキ~東展望デッキ~石雲院~石雲院展望デッキ~西側展望デッキ)~JR島田駅
 空港の西側展望台で受付し、東側展望デッキで折り返し、石雲院に寄り、西側展望デッキに戻りました。
 力強い川越太鼓を背に受け出発です。
 途中、東側展望デッキと石雲院展望デッキでは、新茶の〝おもてなし〟がありました。
 飛行機の離着陸を見ることができました。 
【富士山静岡空港/西側展望デッキ(受付・スタート・ゴール/川越太鼓子でお見送り】
1_201405171527057cb.jpg 2_2014051715270791b.jpg 3_20140517152709bec.jpg
【飛行中/東側展望デッキ(折り返し点・休憩・昼食)/石雲院】
5_20140517152710914.jpg 6_2014051715271285e.jpg 7_20140517152744cf3.jpg
【富士山がお出迎え】
10_2014051715274557c.jpg
【飛行機たち】
20_20140517152747418.jpg 22_20140517152749b02.jpg 23_20140517152750d8d.jpg



ばらの都苑 平成26年5月9日(金)
 S新聞にばらの都苑の記事があり、さっそく行ってきました。
 我が家から手頃な距離であり、運動を兼ねて歩いて行ってきました。
 6月初旬まで次々と咲くとのこと。
 甘い香りを漂わせていました。
20_20140512115803e4a.jpg 21_201405121158030ad.jpg 22_20140512115805655.jpg 23_20140512115806ef6.jpg 1_201405121200330ac.jpg 2_20140512120034a34.jpg 3_20140512120035ef7.jpg 5_20140512120038aa4.jpg 6_20140512120635f39.jpg
7_20140512120636ee1.jpg 8_2014051212063819e.jpg 9_2014051212064003e.jpg 11_2014051212081885a.jpg 12_20140512120819af7.jpg
13_201405121216553c0.jpg 14_20140512121656112.jpg 15_20140512121658430.jpg 16_201405121217003e0.jpg
30_20140512121839c46.jpg 33_2014051212184120e.jpg



熊野の長藤 平成26年4月27日(土)
 Sウォーキング「熊野の長藤と天竜川を渡り金原明善翁軌跡を訪ねて」へ行ってきました。
<今回のコース>
JR豊田町駅~若宮八幡宮~熊野の長藤~新天竜川橋~松林寺~金原明善公生家・記念館~妙恩寺~JR天竜川駅
 磐田市イメージキャラの〝しっぺい〟とさわやかウォーキングのマスコットに見送られ出発。
 熊野では、長藤まつりが行われていました。
 長藤は満開で、いい香りが漂っていました。
【お見送り】
1_20140505161109256.jpg
【若宮八幡宮/新天竜川橋/松林寺/金原明善翁記念館/妙恩寺】
4_2014050516122888e.jpg 3_20140505161232ff0.jpg
4_2014050516122888e.jpg 5_2014050516123157d.jpg 6_20140505161233cd5.jpg
【熊野の長藤】
11_20140505161916dfa.jpg 13_20140505161918fdd.jpg 12_20140505161918dd1.jpg 16_201405051619194e2.jpg 20_201405051620563b5.jpg 21_20140505162058ca5.jpg



花川の花桃と桜 平成26年4月3日(木)
 S新聞に、ばらの都苑の花桃が見ごろであるとの記事がありました。
 自宅からはウォーキングには手頃の距離です。
 苑主さんに、花桃の苗を格安で分けていただきました。
 レッドとピンクのはなももを並べて庭に植えました。
 成長が楽しみです。
 帰路、花川公園の桜も楽しみました。
【都苑の花桃】
1_20140408121022fe8.jpg 2_20140408121024a36.jpg 3_2014040812102580b.jpg 4_201404081210269d1.jpg 5_2014040812102828a.jpg 6_20140408121207c74.jpg
【花川公園の桜】
15_201404081212089a9.jpg 7_201404081212071dd.jpg
【花桃の苗(赤と桃色)】
2_201404161518254e0.jpg 3_2014041615182777a.jpg



二三月峠ウォーク 平成26年2月23日(日)
 今日は2月23日、223で富士山の日。
 DK博物館企画の「富士山遠望ウォーク・二三月峠」に行ってきました。
 残念ながら、富士山を見ることはできませんでした。
<今回のコース>
DK博物館~細江神社~国民宿舎・奥浜名湖荘~二三月峠~国民宿舎・奥浜名湖荘~姫街道歴史資料館~DK博物館
【細江神社/奥浜名湖荘/奥浜名湖荘より】
1_20140226100625dee.jpg 2_2014022610062771b.jpg 3_20140226100629da0.jpg
【おもかる大師/姫街道歴史資料館】
4_20140226100630b8b.jpg 5_20140226100632694.jpg
【二三月峠より】
6_20140226100716cd4.jpg



洞慶院の蝋梅 平成26年1月18日(土)
 S新聞に洞慶院の蝋梅が見ごろとの記事があり、早速行ってきました。
 最寄りのバス停から2キロ先にある院までゆっくりウォーキングしました。
<今回のコース>
静岡駅~静鉄バス(静岡駅前バス停→羽鳥バス停)~洞慶院~静鉄バス(羽鳥バス停→静岡駅前バス停)~JR静岡駅
3_201401201051411af.jpg 2_20140120105139f5e.jpg 1_20140120105136841.jpg



宮口歴史散策ウォーク 平成26年1月12日(日)
 EYの会企画の「宮口歴史散策ウォーク」に行ってきました。
 宮口地区の歴史や寺社などをめぐり、コースの始発・終着場所である庚申寺にて平成26年の家内安全・交通安全・健康祈願をしました。
<今回のコース>
庚申寺~常光院~興覚寺~天浜線・宮口駅~大覚寺~報恩禅寺~大師堂~傍示木~恩光寺~金比羅神社~陽泰院~若倭神社~保福寺~庚申寺
【庚申寺/主催者挨拶/常光院】
1_201401141544263e7.jpg 2_20140114154429e02.jpg 00_20140114161342cd7.jpg
【ガイド説明/興覚寺/天浜線・宮口駅】
0_20140114161345abb.jpg 3_201401141544371e1.jpg 4_2014011416134797a.jpg
【大覚寺/報恩禅寺/大師堂】
6_20140114161657d73.jpg 7_20140114161659bb1.jpg 8_201401141620408a5.jpg
【傍示木/恩光寺/金比羅神社】
9_20140114162042f55.jpg 10_20140114162045118.jpg 11_20140114162048f5d.jpg
【陽泰院/陽泰院・ふすま絵】
12_20140114162524cb7.jpg 13_20140114162526b57.jpg 14_2014011416253051d.jpg
【元気にウォーキング/若倭神社/保福寺】
5_20140114162753a9a.jpg 15_201401141627551e7.jpg 16_20140114162757e28.jpg
続きを読む
2013/12/30

いいことずくめのウォーキング

楽しかったウォーキング便り
◇いいことづくめのウォーキング
 お金もかからずマイペースで、レジャー気分でストレス解消、胸張って大股で歩けば気分爽快!
平成25年
姫街道を歩こう 平成25年12月14・21・28日(土)
 HM倶楽部企画の「姫街道を歩こう」に行ってきました。
 追分三辻から北へ、南へ、東へと姫街道をウォーキングしました。
【姫街道(本坂通リ道標)/姫街道起点/追分三辻】
00_20140104133458947.jpg 000_201401041334564bd.jpg 0_20140104133500d72.jpg
・第1回…12月14日(土)追分三辻から姫街道を北へ…北へと
【葵東東照宮/東照宮の移植藤/権現様跡道標】
1_20140104134357f7c.jpg 2_20140104134358d69.jpg 3_2014010413440071f.jpg
【姫街道松並木起点/三方原神社/三方原神社・紅葉】
4_20140104134403841.jpg 5_20140104134405019.jpg 6_20140104134957308.jpg
【三方原神社・家康お手植え松/士族屋敷跡碑/本乗寺】
7_20140104135001ff0.jpg 8_20140104135004ad9.jpg 9_201401041350064fb.jpg
【本乗寺・三方原合戦精鎮塚/気賀門跡碑/三方原旧救貧院院跡】
10_20140104135008420.jpg 11_20140104135838665.jpg 12_20140104135924a4c.jpg
【権七/精鎮塚跡道標/東大山一里塚】
13_20140104135928152.jpg 14_2014010414031155b.jpg 20_20140104140314ce0.jpg
・第2回…12月21日(土)追分三辻から姫街道を南へ…南へと
【あづきもち道標/小豆餅神社/航測の松】
1_201401042058460bf.jpg 2_20140104205848135.jpg 3_20140104205852a1a.jpg
【旧奥山線・銭取駅跡道標/旧奥山線・住吉駅道標/旧奥山線・遊歩道】
4_20140104205854ec9.jpg 5_20140104205858680.jpg 6_20140104210058ff6.jpg
【犀が崖・資料館/犀が崖・古戦場看板/秋葉神社】
7_20140104210101f08.jpg 8_20140104210105246.jpg 9_2014010421010790f.jpg
【菩提寺/菩提寺・人体解剖発祥の地】
10_201401042101097e7.jpg 11_20140104210252852.jpg
【蓮花寺/蓮花寺・芭蕉句碑】
12_20140104210255ca7.jpg 13_20140104210257b61.jpg
・第3回…12月28日(土)追分三辻から姫街道を東へ…東へと
【信玄街道碑/追分一里塚/最古の道標】
1_20140104213152e52.jpg 2_20140104213206efc.jpg 3_20140104213209391.jpg
【旧俊光将軍社道標/宇藤坂旧道/五枚橋道標】
4_201401042132129d8.jpg 5_201401042132215a6.jpg 6_20140104214331e3c.jpg
【旧秋葉街道分岐点/秋葉灯篭/小池一里塚】
7_20140104214334c61.jpg 8_20140104214337c85.jpg 9_20140104214341878.jpg



県居の伝説を歩く 平成25年12月7日(土)
 TR観光協会企画の「昭和の二俣を歩く」に行ってきました。
<今回のコース>
TR観光協会~昭和の二俣を散策~TR観光協会
 昭和の面影が残る二俣をたっぷりと散策しました。
【光明電鉄二俣口駅跡/光明電阿蔵トンネル跡/旧陣屋旅館】
1_2013122416381162a.jpg 2_20131224163812388.jpg 3_201312241638133d0.jpg
【二俣医院/ヤマタケの蔵/明治乳業の建物】
4_2013122416395309d.jpg 5_20131224163954463.jpg 6_20131224163956802.jpg
【マルカワの蔵/横町の街並み/旧二俣町役場】
7_20131224163958361.jpg 8_201312241639592c1.jpg 9_20131224164203a4a.jpg
【旧本中の蔵/鎌田屋商店の計量器/川島酒店】
10_20131224164204957.jpg 11_201312241642068d1.jpg 12_201312241642081a7.jpg
【看板建築・神谷時計店/看板建築・米徳酒店/双竜橋】
13_20131224164210e70.jpg 14_2013122416454601f.jpg 15_20131224164548b66.jpg



県居の伝説を歩く 平成25年11月20日(水)
 AI協働センターが募集した「県居の伝説を歩く」に行ってきました。
<今回のコース>
AI協働センター~大厳寺~堀留運河~ポッポ道~平手監物墳墓の地~快真寺~縣居神社~賀茂真淵生誕の地~賀茂神社~AI協働センター
 大厳寺を参拝し、堀留運河を見ながら、東海道線の引き込み線跡地を利用した細長い公園に向かいます。
 武田軍によって敗北し、退却を失敗して討ち取られてしまった、信長の配下であった武将の碑を見学し、快真寺を経由し、郷土の偉人〝賀茂真淵〟を祀った県居神社に寄りました。
 真淵は、賀茂神社の神官の子であったとのこと。
 灯篭坂下り、真淵生誕の地、賀茂神社も巡り県居地区をほぼ一巡しました。
【大厳寺/堀留運河横を/ポッポ道】
2_201311261452324e9.jpg 3_20131126145231d01.jpg 4_20131126145231dec.jpg
【平手監物墳墓の地/快真寺/縣居神社】
1_201311261509017a9.jpg 5_201311261452313e3.jpg 6_20131126145230ba7.jpg
【灯篭坂/賀茂真淵生誕の地/賀茂神社】
7_20131126145306041.jpg 8_20131126145306c51.jpg 9_20131126145305424.jpg



秋の引佐路ぷらっとウォーク 平成25年11月10日(日)
 HT会企画の「秋の引佐路ぷらっとウォーク」にいってきました。
 昨年に続いての参加です。
 秋の引佐道を満喫しました。
 各所で絶大な「お・も・て・な・し」を受け、大満足でした。
 途中から、雨の歓迎もありました。
<今回のコース>
的場集会所~薬師如来~鈴木家住宅~梅平らお堂~(六所神社)~田沢の里~めん処「天小屋」~秋葉神社・秋葉山~的場集会所 
【薬師如来/鈴木家住宅/梅平お堂】
1_2013111808201176b.jpg 2_20131118082011233.jpg 3_2013111808201122e.jpg
【六所神社/田沢の里/めん処「天小屋」】
4_2013111808201118d.jpg 5_20131118082010ab4.jpg 6_20131118082010d20.jpg
【秋葉神社/秋葉山階段/秋葉山】
7_20131118082810ae7.jpg 8_201311180828091c9.jpg 9_20131118082809db1.jpg
【スタッフ】
10_20131118082809324.jpg 11_20131118082808ddf.jpg 12_20131118082808f28.jpg
【秋の引佐路】
20_2013111808250365b.jpg 21_20131118082503ad5.jpg 22_2013111808250344b.jpg 23_201311180825022d9.jpg 25_201311180825026e0.jpg 33_20131118082502381.jpg



秋の湖岸を歩く 平成25年10月5日(土)
 HM塾企画の「姫街道フォーラムIN三ケ日宿」に参加しました。
<今回のコース>
DK博物館~天浜線(気賀駅乗車・佐久米駅下車)~湖岸ウォーク(佐久米駅→浜名湖岸→佐久城址→野地城址~沖の瀬御殿→宇志八幡宮→姫街道→三ケ日駅)~天浜線(三ケ日駅乗車・気賀駅下車)~DK博物館
 天浜線佐久米駅がスタート地点。
 潮の香を浴びながら奥浜名湖の景観を楽しみました。
 三ケ日町の史跡(佐久城址、野地城址、沖の瀬御殿、宇志八幡宮)を解説付きで見学しました。
 宇志八幡宮を北に進むと姫街道と合流します。
 姫街道をウォーキングし天浜線三ケ日駅がゴールです。
【天浜線佐久米駅(スタート)/浜名湖/湖岸で休憩】
1_20131007050615b97.jpg 3_20131007050615ec6.jpg 5_20131007050614cfa.jpg
【佐久城址碑/ガイド解説/野地城址碑】
6_20131007050614803.jpg 7_201310070506149d9.jpg 9_20131007051453f36.jpg
【浜名湖/沖の瀬御殿/宇志八幡宮】
10_20131007051453b10.jpg 11_20131007051453ca8.jpg 12_20131007051452d9c.jpg
【宇志八幡宮御神木/三ケ日一里塚/天浜線三ケ日駅(ゴール)】
13_20131007052241e98.jpg 14_20131007051452401.jpg 15_201310070514520cf.jpg



奥山線沿線ウォーク 平成25年9月25日(水)
 KDセンター地域づくり事業という企画の「奥山線の歴史と沿線を歩いてみよう」に参加しました。
 今回は都田コースで、18日に奥山線の歴史と背景を学び、25日に沿線を歩くという講座でした。
 途中通り雨の歓迎を受けましたが、金指駅から黒淵までウォーキングしました。
 復路はバスにて金指駅まで戻りました。
【金指駅西の跨線橋跡/岡地駅跡/気賀口駅跡の看板】
1_201309281131266d7.jpg 2_201309281131260d9.jpg 3_20130928113126385.jpg
【井伊谷川に鉄橋ゲタ跡/峠の車店/井伊谷駅跡】
4_20130928113125114.jpg 5_20130928113125e83.jpg 6_201309281131241f9.jpg
【元気にウォーキング/神宮寺川に掛かる橋梁跡/四村駅跡】
7_20130928113347af2.jpg 8_201309281133472d0.jpg 9_201309281133475e5.jpg



豊岡森林浴ウォーク 平成25年7月26日(金)
 TA会企画の「豊岡森林浴ウォーク」に行ってきました。 
<今回のコース>
JR磐田駅~遠鉄バス(磐田駅前~新開)~獅子ヶ鼻公園~ぼうら家~豊岡森林浴(万瀬ヘリポート・三森神社~遠鉄バス(新開~磐田駅前)~JR磐田駅
 午前は、おいしい料理で有名な「ぼうら家」を目指しウォーキングです。
 山の中の一軒家で、ここで昼食です。
 天丼定食をおいしくいただきました。
 午後は、森の中をウォーキングし、新鮮なオゾンをいっぱい浴びました。
【元気にウォーキング】
1_20130805152424645.jpg 2_20130805152424308.jpg 3_20130805152423356.jpg
【天丼定食】
00_20130805151701edb.jpg 0_20130805151701373.jpg
【ぼうら屋/万瀬ヘリポート/三森神社】
4_2013080515274134d.jpg 5_2013080515274106d.jpg 6_2013080515274120b.jpg
【オゾンがいっぱい】
10_20130805152741369.jpg 20_20130805152740cdc.jpg 30_20130805152740fd8.jpg



桶ケ谷沼と鶴ケ池散策 平成25年6月29日(土)
 桶ケ谷沼と鶴ケ池を散策してきました。
<今回のコース>
JR磐田駅~府八幡宮~見付天神~つつじ公園~桶ケ谷沼~鶴ケ池~大日堂~JR磐田駅
 「府八幡宮」と「見付天神」で〝茅の輪くぐり〟をしました。
 これで今年の後半は、絶好調(?)カナ。
【府八幡宮/茅の輪】
1_20130703103550.jpg 2_20130703103550.jpg
【見見付神/茅の輪/つつじ公園】
3_20130703103550.jpg 4_20130703103550.jpg 7_20130703103549.jpg
 つつじ公園を横切り、とんぼで有名な「桶ケ谷沼」と、冬に小白鳥が観察できる「鶴ケ池」を一周しました。
 ウォーキングの最後は、武田軍と徳川軍が戦った古戦場「大日堂」に寄りました。
【桶ケ谷沼】
12_20130703105312.jpg 10_20130703105312.jpg
【鶴ケ池/大日堂】
15_20130703105312.jpg 16_20130703105311.jpg 30_20130703105311.jpg
茅輪神事の由来
 茅輪神事は、「ちのわしんじ」と読んで、他に「輪越祭」「茅の輪くぐり」とも言われています。茅(ち=かや)とは、茅萱(ちがや)菅(すげ)薄(すすき)などの総称で、この輪をくぐり越えて罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りするものです。


可睡斎と可睡ゆりの園ウォーク 平成25年6月8日(土)
 さわやかウォーキング「火の神様可睡斎と可睡ゆりの園ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
 JR袋井駅~観福寺~可睡斎~可睡ゆりの園~久野城址~旧東海道松並木~スズキ化石資料館~東海道どまん中茶屋~袋井宿本陣跡~JR袋井駅
 今回はなんといっても「可睡ゆりの園」のゆりが目玉で、世界の150余種・200万球のゆりが見ごろを迎えていました。
【可睡ゆりの園のゆり】
33_20130617155451.jpg 21_20130617155450.jpg 30_20130617155450.jpg
11_20130617155451.jpg 12_20130617155451.jpg 13_20130617155451.jpg
【観福寺/可睡斎/久野城址】
1_20130617155804.jpg 3_20130617155804.jpg 4_20130617160012.jpg
【旧東海道松並木】
5_20130617160012.jpg
【スズキ化石資料館/東海道どまん中茶屋/袋井宿本陣跡】
1_20130617161303.jpg 6_20130617160012.jpg 7_20130617160141.jpg



磐田原お茶の里ウォーキング 平成25年5月28日(火)
 TA会企画の「磐田原お茶の里ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
 磐田スポーツ交流の里「ゆめりあ」~新豊院~新豊院古墳群~長者屋敷遺跡(昼食)~カネキチ森島園製茶工場(見学)~静香園製茶販売所~ゆめりあ
 2002年ワールドカップ日本代表のベースキャン地として知られる「ゆめりあ」に集合し、茶の香りの中、磐田原台地のウォーキングを楽しみました。
【ゆめりあ】
1_20130601133811.jpg
【茶畑】
10_20130601134245.jpg 11_20130601134245.jpg 15_20130601134244.jpg
 新豊院裏山にある国の史跡に指定されている「新豊院古墳群」と土塁に囲まれた奈良時代の遺跡で、役所施設と考えられている「長者屋敷遺跡」を訪れました。
【新豊院/新豊院古墳群/長者屋敷遺跡】
3_20130601133810.jpg 4_20130601133809.jpg 5_20130601133809.jpg
 製茶工場・販売所を見学し、お茶の知識を深め、新茶を賞味しました。 
【カネキチ森島園製茶工場/工場内製茶機械】
6_20130601134244.jpg 7_20130601134243.jpg
 蛇足ですが、「ゆめりあ」に、2002年ワールドカップ出場選手の足型と戦績の記念看板が飾ってありました。 
【日本代表選手足型】
2_20130601133811.jpg



初夏の奥浜名湖ウォーキング 平成25年5月19日(日)
 さわやかウォーキング「初夏の奥浜名湖満喫ウォーキング」に行ってきました。
<今回のコース>
天浜線西気賀駅~奥浜名湖散策(沖通橋、浜名湖周遊自転車道、細江大橋)~都田川堤防~澪つくし橋~気賀町高架橋~細江神社~天浜線気賀駅
 日本で10番目に大きい浜名湖の北沿岸、潮の香りを浴びながら気賀駅を目指しました。
 初夏の奥浜名湖を満喫するおよそ8キロのゆったりウォーキングでした。
【浜名湖/沖通橋/浜名湖周遊自転車道を】
1_20130527095846.jpg 2_20130527095846.jpg 3_20130527095845.jpg
【細江大橋/都田川堤防を/澪つくし橋】
4_20130527095845.jpg 5_20130527095844.jpg 6_20130527100856.jpg
 国無形文化財の鉄道専用橋の気賀町高架橋、おいしい鰻料理で有名な清水屋(寄りません)を経て細江神社へ。
【気賀町高架橋/清水家/細江神社】
7_20130527101006.jpg 8_20130527101005.jpg 9_20130527095844.jpg



竜ケ石山ウォーク 平成25年5月18日(土)
 竜ヶ岩洞裏にある竜ケ石山をウォーキングしました。
【竜ケ岩洞】
1_20130527102801.jpg
 石灰岩が雨水よって溶かされた〝わだち〟状の溝が特徴のカレンフェルトと呼ばれる奇岩が乱立していました。
 うさぎの横顔に似ている岩がありました。
【カレンフェルト/うさぎ岩】
3_20130527102800.jpg 4_20130527102800.jpg 5_20130527102759.jpg
 竜ケ石山山頂、有志によって復元された棚田からは、浜松市街が一望できました。
【竜ケ石山山頂より】
6_20130527102759.jpg
【白橿の棚田より】
20_20130527104738.jpg 30_20130527104738.jpg
 夫婦岩でパワーをいただきました。
 岩に抱きつくように桜の木が。
【夫婦岩と岩抱桜】
1_20130805162906db3.jpg



ばらの都苑へ 平成25年5月18日(土)
 朝早く、ばらの都苑までウォーキング。
 自宅から3キロほどで、手軽なウォーキングコースです。
 苑内のばらは見ごろで、夜露に濡れキラキラ輝いていました。
1_20130527080149.jpg
2_20130527080148.jpg 3_20130527080148.jpg
4_20130527080948.jpg 5_20130527080948.jpg 6_20130527080947.jpg 7_20130527080947.jpg
8_20130527081408.jpg 9_20130527081407.jpg 10_20130527081407.jpg
14_20130527081406.jpg 15_20130527081406.jpg 16_20130527081405.jpg
27_20130527082032.jpg 28_20130527082031.jpg 30_20130527082031.jpg



静岡空港周辺のウォーキング 平成25年5月4日(土)
 世界お茶まつり2013春の祭典を協賛している「まきのはらウォーク」に行ってきました。
 富士山空港ターミナルビルをスタートし、新緑の茶園、名刹石雲院、空港東側展望広場を巡るおよそ10キロのコースでした。
 みかんの花が、甘い香りを漂わせていました。
 ゴール地点で、サービスの新茶の味と香りを楽しみ、のどを潤しました。
【富士山静岡空港玄関/富士山しずおか空港】
8_20130510104523.jpg 9_20130510104523.jpg
【石雲院/元気にウォーキング/みかんの花】
1_20130510102644.jpg 2_20130510102644.jpg 3_20130510102644.jpg
【茶園/富士山空港ウォーク横断幕/池】
4_20130510102644.jpg 5_20130510102643.jpg 6_20130510102643.jpg
【ウォーキング中に】
7_20130510104523.jpg
 新設された石雲院展望デッキで飛行機の離着陸を眼の前で見ることができました。
【石雲院展望デッキ/滑走路】
10_20130510104523.jpg 11_20130510104522.jpg
【大韓航空機】
30_20130510105444.jpg 31_20130510105443.jpg
【FDI機】
39_20130510105443.jpg 35_20130510105443.jpg
 最後は、世界のお茶が愉しめる「お茶の郷」へ。
50_20130510105442.jpg



さわやかウォーキングで浜松を 平成25年4月20日(土)
 「徳川家康と浜松城出世物語を歩こう」という、さわやかウォーキングに参加しました。
<今回のコース>
JR浜松駅~浜松八幡宮~椿姫観音~東照宮(引馬古城址)~浜松城~家康公鎧掛松~五社神社~浜松復興記念館~木下恵介記念館~縣居神社~賀茂真淵記念館~賀茂真淵生誕の地~賀茂神社~JR浜松駅
 最初の目的地は、家康公が武運長久を祈願した浜松八幡宮。
 「雲立の楠」は県天然記念物に指定されている。
【浜松八幡宮/浜松八幡宮の楠】
1_20130421162633.jpg 0_20130421162633.jpg
 引馬城第五代の女城主椿姫の伝説が残る椿姫観音と家康公を祀ってあるといわれている引馬古城址にある東照宮に寄りました。
【椿姫観音/東照宮】
2_20130421162632.jpg 3_20130421162632.jpg
 浜松城の公園は、青もみじとつつじがきれいでした。
 家康が17年間過ごした出世城です。 
【浜松城】
4_20130421162631.jpg
【浜松城と青もみじとつつじ】
5_20130421163219.jpg 6_20130421163219.jpg 7_20130421163219.jpg
 合戦より戻った家康が休息したときに鎧を掛けた松を見学し、徳川二代将軍家忠の産土神として崇刑されている五社神社を参拝しました。 
【家康公鎧掛松/五社神社】
8_20130421163557.jpg 9_20130421163556.jpg
 浜松復興記念館、木下恵介記念館、縣居神社も見学しました。
【浜松復興記念館/木下恵介記念館/縣居神社】
20_20130421163556.jpg 21_20130421163556.jpg 2220130421163556.jpg
 コースの最後は賀茂真淵の記念館です。
 浜松出身の賀茂真淵は江戸時代の国文学者で、歌人でだそうです。
 すぐ近くに生誕の地、賀茂神社があります。
【賀茂真淵記念館/賀茂真淵生誕の地/賀茂神社】
15_20130421163804.jpg 16_20130421163804.jpg 18_20130421163803.jpg



都苑の花桃と花川公園の桜 平成25年4月2日(火)
 S新聞の記事に誘われ、ばらで有名な「都苑」に行ってきました。
 今は、花桃が満開で、ばら園の一角を飾っています。
 夜露にぬれ、輝いていました。
 花桃、チューリップ、ばら、ゆりと一年中楽しませてくれます
 自宅から3Kmほどで、たけジャパンの手頃なウォーキングコースです。
【都苑の花桃とチューリップ】
1_20130406080049.jpg
2_20130406080331.jpg 3_20130406080330.jpg 4_20130406080330.jpg 5_20130406080330.jpg 8_20130406080330.jpg 6_20130406080330.jpg
11_20130406080640.jpg 10_20130406080640.jpg
 桜が満開の花川運動公園にも寄りました。
 散った花びらがピンクのジュータンようできれいでした。
【花川運動公園の桜】
1_20130406081254.jpg 2_20130406081254.jpg



天竜桜ウォーク 平成25年3月30日(土)
 ES鉄道企画の「春を感じる桜ウォーク」に行ってきました。 
<今回のコース>
浜遠鉄西鹿島駅~鳥羽山公園~船明運動公園~栄林寺~二俣川~天浜線天竜二俣駅
 ウォーキングコースでは、桜が満開で、まさにお花見ウォーキングでした。
 船明運動公園では、桜のトンネルを眺めながらのお花見客で賑わっていました。
 およそ13Kmのウォーキングは天気にも恵まれ、春を満喫し心地よい汗をかきました。
【鳥羽山公園より/鳥羽山公園の桜まつり】
1_20130403075307.jpg 2_20130403075307.jpg 3_20130403075306.jpg
【船明ダム/船明ダム湖の桜】
4_20130403075306.jpg 5_20130403075306.jpg
【船明運動公園満開の桜/船明運動公園桜のトンネル/お花見風景】
7_20130403075749.jpg 8_20130403075748.jpg 6_20130403075306.jpg
【栄林寺/栄林寺前二俣川満開の桜/栄林寺前二俣川の桜】
10_20130403080223.jpg 11_20130403080222.jpg 12_20130403080222.jpg
【栄林寺前二俣川満開の桜】
13_20130403080222.jpg 15_20130403080222.jpg 16_20130403080221.jpg



椿の原生林ウォーク 平成25年3月22日(金)
 TA会主催の「姫街道本坂峠と椿の原生林ウォーク」に行ってきました。 
<今回のコース>
天浜線三ケ日駅~本坂一里塚~本坂峠・椿原生林(昼食)~嵩山一里塚~長楽一里塚~三明寺(枝垂れ桜)~JR豊川駅
 天浜線三ケ日駅から姫街道本坂峠の椿の原生林を訪ね、JR豊川駅までおよそ17Kmをウォーキングしました。
【本坂一里塚/嵩山一里塚/長楽一里塚】
4_20130403105436.jpg 5_20130403105436.jpg 6_20130403105436.jpg 
【本坂峠椿の原生林】
28_20130403114651.jpg 30_20130403105737.jpg 29_20130403105737.jpg 9_20130403105736.jpg 10_20130403105931.jpg 12_20130403105930.jpg 15_20130403105930.jpg
【本坂峠/菜の花満開/元気にウォーキング】
40_20130403111608.jpg 41_20130403111607.jpg 3_20130403111607.jpg
 JR豊川駅前の三明寺に寄り、満開のしだれ桜に堪能しました。
【三明寺/三明寺の桜】
50_20130403113046.jpg 51_20130403113046.jpg 52_20130403113046.jpg 59_20130403113045.jpg 60_20130403113252.jpg 61_20130403113045.jpg
【ハイ・バター!】
99_20130403113045.jpg



国有林探訪ウォーク 平成25年3月16日(土)
 SI会主催の「国有林探訪ウォーク」に行ってきました。
 マイクロバスで小笠の森駐車場まで移動し、小笠山の自然観察教育林を歩きました。
<今回のコース>
浜松駅・アクト南側~(マイクロバス移動)~小笠の森駐車場~小笠神社(昼食)~小笠山山頂(264.2m)~林内散策~(マイクロバス移動)~法多山尊永寺参拝~(マイクロバス移動)~浜松駅・アクト南側
 小笠神社への石段を登り、整備された緩やかな山道(およそ3Km)をゆっくり散策しました。
 小笠山からの眺望は見事で、富士山も見ることができました。
 森林浴を楽しみました。
 国有林の現状、小笠山の概略、小笠山砦、小笠山の動植物等ガイドの説明を聞きながらのウォーキングでした。
【小笠神社】
1_20130317110039.jpg 2_20130317110039.jpg
【ガイドの説明/小笠山からの眺望】
20_20130317110501.jpg 21_20130317110500.jpg 22_20130317110500.jpg 23_20130317110500.jpg 24_20130317110500.jpg 26_20130317110500.jpg
【富士山もバッチリと】
49_20130317110907.jpg 50_20130317110907.jpg
【記念写真】
40_20130317110907.jpg
【元気にウォーキング】
61_20130317110906.jpg 60_20130317110907.jpg 61_20130317110906.jpg
 帰路法多山に寄り、定番の「やく除けだんご」をお土産としました。
【法多山尊永寺】
98_20130317110039.jpg 99_20130317110038.jpg



富士山の日・富士見散策ウォーク 平成25年2月23日(土)
 県内の各地区の観光ボランティアガイドが企画した、おもてなしイベントに行ってきました。
 磐田地区は、「早春の旧東海道・富士見コースを散策」というコースでした。
 富士山にあえることを期待して参加しました。
<今回のコース>
磐田今之浦~福王寺~磐田城山球場~二子塚一号古墳~大日堂~遠州鈴ケ森~阿多古山一里塚~宣光寺~大見寺~淡海国玉神社~旧見附学校~御証文屋敷~いこい茶屋~磐田今之浦
 二箇所で、富士山が見える予定でしたが、残念ながら見れませんでした。
 3班に分かれて出発です。
 先ず、福王寺へ。
 平安時代の陰陽師・安倍晴明の伝説が伝わる寺として有名です。
 富士山を期待して、城山球場のスタンドへ向かいます。
 全長55mの前方後古墳のある二子塚公園で休憩し、物見の松より武田軍の様子をうかがったと伝えられている大日堂、怪盗日本左衛門の首が晒された場所として知られる遠州鈴ケ森、江戸から62番目の一里塚である阿多古山一里塚にもよりました。
【福王寺山門/福王寺/ガイド説明】
000_20130305165216.jpg 0_20130305165215.jpg 1_20130305165214.jpg
【城山球場/城山球場より/二子塚古墳】
3_20130305165213.jpg 4_20130305165213.jpg 5_20130305165213.jpg
【元気にウォーキング/大日堂/大日堂より】
6_20130305165712.jpg 7_20130305165712.jpg 8_20130305165711.jpg
【遠州鈴ケ森/元気にウォーキング/阿多山一里塚】
9_20130305165711.jpg 10_20130305165710.jpg 11_20130305165710.jpg
 家康が寄進した鐘がある宣光寺、大見寺、淡海国玉神社を参拝しました。
  
【宣光寺山門/宣光寺】
12_20130305170957.jpg 13_20130305170957.jpg
【大見寺山門/大見寺】
100_20130305171729.jpg 15_20130305170956.jpg
【淡海国玉神社/ガイドの説明】
16_20130305170955.jpg 17_20130305172242.jpg
 酒井の太鼓で有名な旧見附学校へ。
 最後は御証文屋敷跡です。
 家康が、庭の池から湧き出る清水を飲んで口をうるおしたと伝えられています。
【旧見附学校/御証文屋敷跡/御証文屋敷の庭の池】
18_20130305172242.jpg 19_20130305172242.jpg 20_20130305172242.jpg
 いこい茶屋は、無料休憩所です。
 土、日、祝日に開所していて、観光客を歓迎してくれます。
 パンフレットが豊富にあり持ちかえり自由で、茶菓のサービスがあります。
 富士山にはあえませんでしたが、ボランティアガイドの丁寧な説明により、楽しいウォーキングとなりました。
【いこい茶屋】
40_20130305172241.jpg



湧水ウォーク 平成25年2月22日(金)
 富士市の湧水ウォークに行ってきました。
 先日、予定していた毘沙門天ウォークが雨で中止となり、吉原までの切符が使わずに残ってしまいました。
 そのため急遽企画し、出掛けました。
<今回のコース>
JR吉原駅~港公園~岳南鉄道(吉原駅~岳南富士岡駅)~湧水公園~医王寺~竹採公園~瀧川神社~滝不動~かがみ石公園~妙善寺~永明寺~鎧ケ淵公園~原田湧水池公園~岳南鉄道(原田駅~吉原駅)~JR吉原駅
 先ず港公園に行き、田子の浦港からの富士山を堪能しました。
1_20130306140857.jpg 2_20130306140856.jpg
3_20130306140856.jpg 4_20130306140856.jpg
5_20130306140856.jpg
 岳南鉄道に初めて乗りました。
 岳南富士岡駅で下車し、湧水めぐりをしました。
 湧水公園、かがみ石公園、鎧ケ淵親水公園、原田湧水池公園……いずれも湧き水がこんこんと流れていました。
【湧水公園】
6_20130306142504.jpg
【かがみ石公園/鏡石】
13_20130306142503.jpg 14_20130306142503.jpg
【鎧ケ淵親水公園】
28_20130306142503.jpg
【原田湧水池公園】
29_20130306143041.jpg 30_20130306143041.jpg
 湧き水の流れる永明寺の庭園は見事でした。
【永明寺の庭園】 
20_20130306143600.jpg 21_20130306143600.jpg 22_20130306143559.jpg
23_20130306143559.jpg 24_20130306143559.jpg
25_20130306143940.jpg 26_20130306143940.jpg 27_20130306143940.jpg
 湧水めぐりだけでなく、医王寺、瀧川神社、滝不動、妙善寺、竹採公園の見学もしました。
【医王寺/瀧川神社】
7_20130306144652.jpg 11_20130306144650.jpg
【滝不動/妙善寺】
12_20130306145103.jpg 15_20130306145103.jpg
【竹採公園/竹採公園/竹採公園・竹取姫塚】
8_20130306144651.jpg 9_20130306144651.jpg 10_20130306144650.jpg



東海道さんさくウォーク「岡部宿」 平成25年2月2日(土)
 CK協会企画の「東海道さんさくウォーク〝岡部宿〟」に行ってきました。
 朝から雨がパラついていましたが、小雨決行を信じて出掛けました。
 午後は天気回復とのこと、小雨の中を出発しました。
 雨のため、参加者が半分以下になってしまったようです。
<今回のコース>
JR焼津駅~神神社~十輪寺~常昌院~光泰寺~正應院~ 町内会館(昼食)~大旅籠〝柏屋〟~十石坂観音堂~笠懸けの松~専称寺~高札場跡~問屋場跡~枡形跡~五智如来像~(静鉄バス)~JR藤枝駅
 JR焼津駅北口から朝比奈川左岸堤防を北に向かい、東海道〝岡部宿〟を東から西に歩きながら、江戸時代以前からある神社仏閣および西行法師ゆかりの史跡をめぐりました。
【元気にウォーキング】
1_20130204151555.jpg 2_20130204151555.jpg 3_20130204151555.jpg
 神(ミワ)神社、十輪寺、常昌院、光泰寺、正應院をめぐりました。
【神神社/十輪寺/常昌院】
4_20130204152026.jpg 5_20130204152026.jpg 6_20130204152025.jpg
【光泰寺/正應院/正應院・多宝塔】
7_20130204152025.jpg 8_20130204152025.jpg 9_20130204152025.jpg
 〝初亀酒造〟で、清酒を自分へのお土産として購入しました。
【初亀酒蔵】
10_20130204152626.jpg 11_20130204152626.jpg 12_20130204152626.jpg
 建物自体が資料館となっている、江戸時代に建てられたといわれる大旅籠柏屋(オオハタゴカシワバヤ)を名物ジージ(?)の名解説で見学しました。
【柏屋/柏屋・和風庭園】
15_20130204152821.jpg 16_20130204152821.jpg 17_20130204152820.jpg
 十石坂観音堂、笠掛けの松、専称寺にも寄りました。
【十石坂観音堂】
18_20130204153233.jpg
【笠懸けの松/専称寺/専称寺・西行坐像】
20_20130204153233.jpg 21_20130204153233.jpg 22_20130204153233.jpg
 宿場には高札場跡碑、問屋場跡碑、枡形跡碑はつきものです。
【高札場跡碑/問屋場跡碑/枡形跡碑】
23_20130204153628.jpg 24_20130204153628.jpg 25_20130204153627.jpg
 最後に五智如来像のを見学し、解散となりました。
【五智如来像】
27_20130204153627.jpg 29_20130204153627.jpg
 ガイドの説明は、分かりやすく丁寧でした。
【ガイドの説明風景】
30_20130204154113.jpg 31_20130204154113.jpg
 蛇足ですが〝ゴン中山の生家〟を見ることができました。
【中山雅史さんの生家】
1_20130204165335.jpg

 

三十三観音めぐり 平成25年1月13日(日)
 EY道の会企画の「初庚申大祭と宮口三十三観音めぐりウォーク」に行ってきました。
<今回のコース>
庚申寺集合/宮口三十三観音めぐり(西コース:保福寺~陽泰院~金比羅神社~傍示木~大師堂~報恩寺~興覚寺~庚申寺)
 庚申寺に集合し、主催者のあいさつの後、西コース班と東コース班の2班に分かれ、宮口三十三観音(8箇所)をおよそ2時間でめぐりました。
 観音様の優しい眼差しは、気持ちを和やかにしてくれます。 
【庚申寺前の参道/主催者挨拶/まちおこし会メンバーが同行】
1_20130115164305.jpg 2_20130115164304.jpg 5_20130115164304.jpg
【元気にウォーキング/東コースと西コースがすれ違い/ガイドの説明】
3_20130115164304.jpg 6_20130115164303.jpg 4_20130115164304.jpg
【段の下 大師堂・横/1~7番】
11_20130115164926.jpg 12_20130115164926.jpg
【野口 傍示木・横/8~12番】
13_20130115164926.jpg 14_20130115164925.jpg
【金比羅神社・下/13~15番】
15_20130115164925.jpg 16_20130115164925.jpg
【陽泰院・境内/16~17番】
17_20130115165621.jpg 18_20130115165621.jpg
【保福寺・境内/18~20番】
19_20130115165621.jpg 20_20130115165620.jpg
【庚申寺・境内/21~23番】
21_20130115165620.jpg 22_20130115165620.jpg
【興覚寺・境内/24~28番】
23_20130115170204.jpg 24_20130115170204.jpg
【報恩寺・境内/29~33番】
25_20130115170204.jpg 26_20130115170204.jpg27_20130115170203.jpg
 宮口まちおこしの会のガイド付きで、のんびりとウォーキングができました。
 万葉時代を偲ばせる手作りの衣装がよくお似合いでした。
【万葉時代の衣装を着てガイド】
30_20130115170203.jpg


白鳥を観察できました 平成25年1月11日(金)
 TA会企画の「初詣と白鳥観察ウォーク」に行ってきました。
<今回のコース>
JR磐田駅~府八幡宮~見付天神~桶ケ谷沼~鶴ケ池~JR磐田駅
 先ず、府八幡宮と見付天神で初詣の二連発。
【府八幡宮/見付天神】
1_20130116122740.jpg 0_20130116122740.jpg
【主催者/元気にウォーキング】
00_20130116122740.jpg 2_20130116122739.jpg 3_20130116122739.jpg
 天気にも恵まれ、桶ケ谷沼と鶴ケ池のんびり散策することができました。
 運が良かったのか、小白鳥4羽と出逢うことができました。大成功!
【桶ケ谷沼】
4_20130116124109.jpg 5_20130116124108.jpg
【鶴ケ池】
10_20130116124108.jpg 11_20130116124108.jpg 12_20130116124108.jpg
30_20130116124108.jpg
【小白鳥と遭遇】
13_20130116124352.jpg 14_20130116124351.jpg
次へ>>

■  プロフィール

たけジャパン

Author:たけジャパン
<座右の銘>                   ・謙虚に/デシャバラナイ               ・素直に/ウラギラナイ                ・朗らかに/マエムキニ
<好きな事>                   ・小旅行                    ・ウォーキング
・読書
・サッカー
<性格>                     ・気まぐれだけど一直線

 




■  カテゴリ

はじめに (1)
今日も楽しく (9)
ソフリエ (14)
ウォーキング (8)
読書日記 (6)
ねんぱく旅行記 (12)
クッキング (1)
サッカーあれこれ (1)
お気に入りフォト (7)
KSしずおか (14)
KSあいち (1)

■  最新記事

■  最新コメント

■  月別アーカイブ

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  QRコード

QR