たけジャパンと右往左往・・・しま専科

趣味中心の日常生活を、勝手気ままに綴った自己満足の備忘録です。
2018/04/24

楽しかった旅の記録

一人で、家族と、友達と………楽しかった旅をいろいろお届けします
山菜採りと山菜料理を楽しむ旅 平成30年4月23日(月)
 D園空間博物館企画の奥浜名湖の魅力再発見「山菜採りと山菜料理を楽しむ旅」に行ってきました。
 マイクロバスで移動し、細江町の里山で山菜採りを楽しみ、昼は国民宿舎で山菜料理をいただきました。
 温かな日差しと豊かな自然の中で、のんびりと春を満喫しました。
 収穫物(わらびとふき)は持ち帰り、おいしくいただきました。
 次回(5月7日)は、いちご狩りとイチゴジャム作りです。
【わらび採り/ふきゲット】
1_2018042318455873b.jpg 5_20180423184604026.jpg
【豪華山菜尽くし】
3_20180423184601218.jpg
【国民宿舎より】
4_20180423184602c31.jpg
【わらびのお浸し/ふきの煮物】
6_201804231846059d9.jpg 7_20180423184607720.jpg



桜の雲海に浮かぶ(富士山)と五重塔 平成30年4月11日(水)
 Kルチャー花の会企画の「新倉山浅間公園」へのバス旅行に行ってきました。
 〝桜の雲海に浮かぶ富士山と五重の塔・新倉山浅間公園〟を堪能する旅でした。
 が、出発時は雨がポツリ・ポツリ、現地の予報は曇りとのことで富士山が見れられるのか心配でした。
 なんと現地では、晴れていましたが・・・。
 残念ながら富士山山頂は雲に覆われていました。
 その後、北口本宮富士浅間神社を参拝しました。
【新倉浅間公園】
2_20180414142913c12.jpg 6_20180414142914a04.jpg
16_201804141429199e3.jpg 15_20180414142917f1b.jpg 10_20180414142916eb0.jpg
17_20180414142920c91.jpg 20_2018041414292241f.jpg 21_20180414142923320.jpg
24_20180414142928567.jpg 23_20180414142926468.jpg 22_20180414142925092.jpg
【北口本宮富士浅間神社】
27_20180414142929646.jpg 30_20180414142932db3.jpg 29_201804141429310b1.jpg
38_20180414142937b3d.jpg 31_20180414142934f49.jpg 34_2018041414293539f.jpg
スポンサーサイト
2018/01/09

楽しかった旅の記録

一人で、家族と、友達と………楽しかった旅をいろいろお届けします
<青春18切符の旅>
甲府市と日光市の旅 平成30年1月2日(火)・3日(水)
 新春恒例の〝薩埵峠ウォーク〟の後、甲府へ向かいました。
 青春18切符で、二泊三日甲府と日光をめぐりました。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR興津駅~(薩埵峠ウォーク)~JR由比駅~JR甲府駅~(甲府泊)~(舞鶴城公園・信玄公像・武田神社・円光院・信玄公墓・大泉寺・藤村記念館・歴史公園・甲州夢小路)~JR甲府駅~JR塩山駅~(恵林寺)~JR塩山駅~JR宇都宮駅~(宇都宮泊)~JR宇都宮駅~JR日光駅~(臨王寺・日光東照宮)~JR日光駅~JR浜松駅
 鶴舞城公園では、日の出を見ることができました。
【舞鶴城公園】
1_2018010817555732d.jpg 3_2018010817555870a.jpg 4_20180108175600c0a.jpg
8_20180108175603fb6.jpg 5_20180108175601143.jpg
 甲府駅南口には信玄公の銅像があります。
【信玄公像】
9_20180108175604f62.jpg
 甲府駅北口から武田神社まで歩きました。
 参拝者でいっぱいでした。
【武田神社】
10_20180108175606f4e.jpg 11_2018010817561009c.jpg 12_201801081756120f0.jpg
13_201801081756131b2.jpg 14_201801081756332dc.jpg
 武田神社の入口にある土産物屋さんで、武田軍団のグッズが並んでいます。
【かぶとや】
15_20180108175636bb2.jpg
 信玄公の婦人のお墓がある円光院に行きました。
【円光院】
16_201801081756361de.jpg 17_20180108175638a63.jpg 18_20180108175639d49.jpg
 すぐ近くに信玄公のお墓があります。
【信玄公墓】
19_20180108175641ee9.jpg 20_201801081756420aa.jpg
 三代信虎公の菩提寺の大泉寺です。
【大泉寺】
21_20180108175644cd6.jpg 23_20180108175645bf1.jpg 24_2018010817564755d.jpg
 甲府駅前に戻り駅周辺を散策。
 駅北口にある藤村記念館ですが、正月三ケ日は閉館でした。
【藤村記念館】
25_20180108175723d98.jpg
 歴史公園には、大手門が再現されています。
【歴史公園】
26_201801081757257d9.jpg 27_20180108175726870.jpg
 すぐ近くに、甲州夢小路があり、小路の一角に時の鐘があります。
【甲府夢小路】
31_201801081757295e6.jpg 30_20180108175728961.jpg 32_20180108175731543.jpg
 恵林寺にも行きました。
 恵林寺へのバスは、冬休み(閉校中)は運航中止。歩きました。
【恵林寺】
33_20180108175732684.jpg 39_20180108175805edf.jpg 34_20180108175734544.jpg
35_2018010817573669c.jpg 36_20180108175737edc.jpg 38_201801081758042af.jpg
 今日は、日光東照宮へ。
 宇都宮から日光に移動中の車窓はいつのまにか雪景色に変わりました。 
【世席遺産石碑/神橋】
41_201801081758078f2.jpg 42_20180108175808388.jpg
 駅から歩いて、日光東照宮を目指します。
 足元は雪の影響で最悪。
 家光公墓所のある臨王寺に寄りました。
【臨王寺】
 43_20180108175810758.jpg 44_20180108175811ff4.jpg 48_20180108175814228.jpg
 旅の締めは、初めて訪れる日光東照宮です。
 「三猿と眠り猫」ばっちり写真に収めましたヨ。
 観光客でいっぱいでした。
【日光東照宮】
51_20180108175817563.jpg 52_201801081758196e2.jpg 54_20180108175919386.jpg
56_20180108175921793.jpg 58_20180108175922de0.jpg 60_20180108175925383.jpg
62_20180108175927054.jpg 69_20180108175930f52.jpg 71_2018010817593147c.jpg
59_20180108175924a75.jpg 67_20180108175928351.jpg
 「叶杉」にお願いをしました。
53_20180108175918f04.jpg 49_20180108175816405.jpg 73_20180108180002977.jpg
 雪が積もり、日光見物は大変でした。
74_20180108180003d0e.jpg 80_20180108180005409.jpg 83_2018010818000661a.jpg
鶴舞城
 上から眺めるとツルが羽ばたいている姿に似ているところから“舞鶴城″と呼ばれていた甲府城跡地は、今では市民の憩いの場として親しまれています。
信玄公像
 武田信玄公銅像は、武田信玄公生誕の地甲府のシンボル的存在です。
信玄公墓
 1573 (天正元) 年、上洛を目指していた武田信玄公は、信州伊那駒場で53歳で病死した。
 ここは信玄公が死後3年間秘喪され荼毘に付されたところで、武田二十四将の一人・土屋右衛門昌次の邸内だった場所です。
 この場所はやや分かり難いですが、ボランティアの方々の行き届いた手入のため、非常に綺麗に且つ、静かに弔われています。
武田神社
 武田氏の居館跡に建てられ、戦国時代の武将「武田信玄(1521-1573」を祭神としている。
 武田神社近隣の石水寺要害城が武田信玄生誕の地。治水工事、農業・商業の隆興に力を入れ、領民に愛された甲斐の国(現在の山梨県)の名将。
 神社内の宝物殿には「吉岡一文字」(国定重要文化財)の太刀や、武田家伝来の古文書、刀剣、甲冑類などゆかりの品が多く展示されている。
 武田24将騎馬行列と例大祭(4月12日)は多くの人出でにぎわう。
大泉神社
 武田信玄の父信虎の菩提寺。信虎の肖像画の他武田家に関する遺品が残されている。
 境内に八房梅がある。
 絹本著色武田信虎像と絹本墨画松梅図は国の重要文化財。
円光院
 武田信玄が石和にあった成就院を現地に移し円光院とした。
 信玄の正室三條夫人の墓がある。甲府五山の一つ。
藤村記念館
 駅北口広場にあり、擬洋風建築。階段が急でキチンと移築されているようだが、室内は現代的。
 擬洋風建築の展示あり。
 この学校様式を当時の県令の名を取って藤村式建築と呼ぶ。
歴史公園
 山手御門(やまのてもん)と呼ばれる甲府城(別名:舞鶴城)の門があります。
 発掘調査が執り行われた際に発見された絵図を基に復元作業が行われました。
 公園内にある展示室では、甲府城に関係ある歴史の展示パネルや発掘された品々が並べられています。
甲州夢小路
 江戸時代から昭和初期までの町並みを再現した観光地です。
 山梨名産の甲州ワインや和の雑貨を扱う店、旬の素材を使ったレストランやカフェなどがノスタルジックな町並みに溶け込んでいます。
時の鐘
 甲州夢小路の一角にあり、高さもあるので小路のなかでも存在感があります。
 ボタンを押すと鐘を鳴らすことができるようになっています。
 とても心地よいきれいな音が響きます。
恵林寺
 武田信玄公の菩提寺として知られて江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀っている。
日光東照宮
 家康公が日光東照宮に鎮座をしてから、平成28年でちょうど400年を迎えます。
 世界遺産「日光の社寺」のうち「日光東照宮」の境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、精巧な細工が施された建築物はまさに芸術の域です。 
 境内をを歩いていると、多くの動物たちに出会えます。
 石鳥居を抜け、左手に五重塔を眺めながら進むと拝観受付所があります。
 そうして最初に見えてくるのは、3つの棟が並ぶ「三神庫」。
 日光東照宮で最も有名な動物、といえばこちらかもしれません。
 神厩舎(しんきゅうしゃ)と呼ばれる厩(うまや)の屋根下にある三猿の彫刻です。
 「見ざる・言わざる・聞かざる」は“幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいい”という教えだそう。 
 御水舎(おみずや)で手を清め、「陽明門(ようめいもん)」へ向かいます。
 そしてそびえる「陽明門」は日本を代表する最も美しい門とも呼ばれており、精巧な彫刻を見ているとあっという間に時間がたってしまいます。
 200段を登りきった先にある、神聖な場所「奥宮」があります。
 「日光東照宮」でもうひとつ有名な動物はこの「眠り猫」。「日光」の名にちなみ、日の光を浴びてうたたねしている様子が描かれています。
 この門の先が徳川家康公の墓所である奥宮に続きます。
 やや息切れしながらも階段を登りきり、鳥居をくぐると、右側に官符宣命などの文書が収められた「御宝蔵」が。
 さらに階段を少し登ると、「奥宮拝殿」にあたります。昔は参拝をするにも、将軍でないと階段を登ることすら許されなかったそうです。身が引き締まります。
 家康公の神棺をおさめた御宝塔に着きました。人の気配が急になくなり、静かな空気があたりを包みます。
 御宝塔の周りをぐるりと歩くと、大きな杉の木があります。こちらが「叶杉」。ほこらに向かって願い事を唱えると叶うと言われている御神木です。
臨王寺
 徳川三代将軍「家光公」の廟所(びょうしょ=墓所)で、境内には世界遺産に 登録された222件の国宝、重要文化財が建ており、315基の灯籠(とうろう)も印象的です。
2017/12/30

楽しかった旅の記録

一人で、家族と、友達と………楽しかった旅をいろいろお届けします
<青春18切符の旅>
熱海市と沼津市と富士宮市と静岡市の旅 平成29年12月28日(水)
 青春18切符で静岡県をめぐりました。
<今回のコース>
JR浜松~JR来宮(来宮神社、熱海梅園)~JR沼津(千本松原海岸、沼津港)~JR富士宮(富士宮浅間神社、静岡県富士山世界遺産センター)~JR清水(三保松原)~JR浜松
 来宮神社では大楠にパワーをいただきました。
【本殿/大楠】
2_20171229004401858.jpg 3_20171229004402996.jpg 5_20171229004403274.jpg
 熱海梅園では早咲の梅がちょっぴり開花していました。
【梅・その他の花々】
6_201712290044057b2.jpg 8_201712290044067be.jpg 9_20171229004408d27.jpg
10_20171229004409b81.jpg 11_20171229004414d88.jpg 12_2017122900441534e.jpg
 千本松原と沼津港からの富士山ですが雲が頂に。残念!
 一日中風が強く肌寒一日でした。
 若山牧水記念館・びゅおの前を通りました。
【千本松原海岸/牧水記念館】
16_201712290044173b7.jpg 17_20171229004441719.jpg 21_20171229004443876.jpg
【ビュオ/沼津港】
22_2017122900444512a.jpg 23_20171229004446649.jpg 24_20171229004448a54.jpg
 富士宮浅間神社に着いたら富士山の雲がほぼなくなってきれいな富士山が撮れました。
【富士宮浅間神社】
27_201712290044492a2.jpg 29_20171229004452f0a.jpg 31_2017122900445839b.jpg
28_201712290044510f1.jpg 30_20171229004457674.jpg 32_201712290045432ea.jpg
 開館したばかりの静岡県富士山世界遺産センターに行きました。
 オシャレな建物でした。
【富士山世界遺産センター】
34_20171229004545553.jpg 36_20171229004546d94.jpg 37_201712290045482de.jpg
38_20171229004549985.jpg 41_20171229004551483.jpg 43_20171229004555f1e.jpg
 雲がなくなったということで、計画になかった三保松原にも行きました。
【神の道/羽衣の松/三保松原海岸】
45_20171229004557453.jpg 46_201712290045582fa.jpg
52_20171229004637601.jpg 55_201712290046387ac.jpg
49_2017122900455977f.jpg 57_20171229004640560.jpg 62_20171229004641992.jpg



京都と赤穂の旅 平成29年9月4日(月)・5日(火)
 青春18切符でJR奈良線の沿線と赤穂市内の散策をしました。
 宿泊先の相生に行くため乗った電車が姫路止まりだったので姫路で途中下車し、姫路城にも行きました。
<今回のコース>
JR浜松~JR京都~JR宇治~沿線散策(平等院・宇治上神社・源氏物語ミュージアム・三室戸寺・萬福寺)~JR黄檗~JR稲荷~(伏見稲荷参拝)~JR稲荷~JR京都~JR姫路~(姫路城)~JR姫路~JR相生(泊)~JR相生~JR播州赤穂~赤穂市内散策(息継ぎ井戸・義士あんどん・花岳寺・大石神社・大石邸長屋門・赤穂城跡・歴史博物館)~JR播州赤穂~JR相生~JR浜松
 京都JR奈良線の散策は平等院からスタート。
 万福寺までは徒歩で。
 電車で移動し、見稲荷を参拝。
 数多くの赤鳥居をくぐり山頂まで何とかたどり着きました。 
【平等院】
2_20170917110747bd3.jpg 3_201709171107489dd.jpg 5_20170917110750e99.jpg
7_20170917110751a5c.jpg 9_20170917110753c01.jpg 10_201709171108226cf.jpg
【宇治上神社】
18_20170917110825865.jpg 19_2017091711082660e.jpg
【紫式部像/源氏物語ミュージアム】
12_20170917110823ed8.jpg 21_20170917110828e37.jpg 22_201709171113085dd.jpg
【三室戸寺】
24_20170917111310e7d.jpg 26_20170917111312f43.jpg 31_20170917111359bd9.jpg
27_201709171113144f2.jpg 28_2017091711131474c.jpg 29_2017091711135892b.jpg
【萬福寺】
33_20170917111401eb2.jpg 34_20170917111402aca.jpg 36_201709171114033e8.jpg
37_201709171118381dc.jpg 39_2017091711184083e.jpg 42_20170917111842dcb.jpg
【伏見稲荷】
46_201709171118438a5.jpg 48_20170917111844111.jpg 55_20170917112116cb4.jpg
51_2017091711214467c.jpg 59_201709171123461bf.jpg 64_20170917112237f83.jpg
 何度行っても姫路城の美しさには圧倒されます。
【姫路城】
1_20170917113639a28.jpg 2_20170917113640ef1.jpg 3_201709171136433eb.jpg
4_201709171137102f7.jpg 5_201709171137124cd.jpg 6_20170917113713088.jpg
 今日は、播州赤穂駅の周辺の赤穂の歴史散策コースです。
【息継ぎ井戸/義士あんどん】
1_2017091714585132b.jpg 2_20170917145853d37.jpg 3_20170917145854f3c.jpg
【花岳寺】
4_201709171458568b2.jpg 5_20170917145857014.jpg 6_2017091714592462d.jpg
13_20170917151449840.jpg 8_20170917145925a83.jpg 9_201709171459270e8.jpg
10_201709171459280f2.jpg 11_20170917145930ded.jpg 12_20170917150310832.jpg
【赤穂城】
17_20170917150311ba1.jpg 18_20170917150313716.jpg 19_20170917150315dd4.jpg
【大石神社】
30_201709171503165e9.jpg 31_20170917150351e20.jpg 32_20170917150351b23.jpg
33_20170917150354161.jpg 34_20170917150355011.jpg 36_20170917150356f1e.jpg
37_201709171520433e2.jpg 38_201709171520454b4.jpg 43_201709171520462cf.jpg
【大石邸長屋門/近藤源八宅跡長屋門】
47_20170917152047243.jpg 49_201709171520491c9.jpg
【歴史博物館】
51_201709171521222b6.jpg 52_201709171521234e5.jpg
平等院
 池の中島に建てられた、十円玉の絵柄としても有名な鳳凰堂は、まるで極楽の宝池に浮かぶ宮殿のように、その美しい姿を水面に映しています。
 また、堂内の天井や小壁、柱には鮮やかに彩色されていた当時の面影が残り、「鳳翔館」では様々な国宝を見ることができます。
宇治上神社
 世界遺産に登録されている本殿は、平安時代後期に建てられた、現存する日本最古の神社建築です。
 赤い鳥居が目印の、さほど大きくはない境内ですが、静寂の世界遺産として今も歴史の傍らに佇み続けています。
三室戸寺
 四季折々に咲く花で有名で、一名「花の寺」・「あじさい寺」とも呼ばれています。
 特に一万株のアジサイが杉木立の間に咲く様は、紫絵巻のようです。
 ライトアップで照らし出されたアジサイは幻想的です。
萬福寺
 中国風寺院であり、日本三禅宗のひとつ「黄檗宗」の大本山です。
 建物や仏像の様式、儀式作法は日本の一般的な仏教寺院とは異なっており、独特の景観を有しています。
 普茶料理(中国風精進料理)は有名で、格別な修行僧気分を味わえます。
伏見稲荷大社
 千年の時を超え人々の篤い信仰を集めてきた「お稲荷さん」の総本宮です。
 五千基以上の鳥居が並ぶ「朱の回廻(千本鳥居)」は、さながらタイムトンネルのよう。
 もともと五穀豊穣を司る農業神でしたが、今は商売繁盛で参拝する人も多くなっています。
姫路城
 国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産となりました。
 世界文化遺産とは、文化庁が国宝や重要文化財などに指定している歴史的、普遍的価値のあるものの中から推薦。
 イコモス(国際記念物遺跡会議)の審査を経て、ユネスコの世界遺産委員会で正式に指定されたものです。
 現在指定されている世界遺産は、エジプトのピラミッド、フランスのベルサイユ宮殿、中国の万里の長城などがあります。
 いずれも芸術的価値のあるものや、時代を象徴するものばかりで、姫路城は17世紀初頭の日本の城郭建築を代表する史跡建造物として評価を得ました。
息継ぎ井戸
 早水藤左衛門、萱野三平の両名が、早かごで主君刃傷の凶報をもって江戸より駆けつけた際、この井戸で一息ついて城内の大石内蔵助邸へ入ったといわれています。
義士あんどん
 9時~20時の毎正時、太鼓の音とともに、義士あんどん赤穂「松の廊下・早かご・かちどき」の3場面を再現。
 3分間の一幕は、一見の価値ありです。
花岳寺
 花岳寺は、赤穂藩祖浅野長直公によって正保2年建立され、元禄事件後は歴代藩主の菩提寺となりました。
 浅野家と義士に関する貴重な資料を展示する宝物館、千手観音尊像、四十七士の彫像を安置する義士木像堂、義士墓所があり、元禄の昔日を彷彿させる史跡地です。
大石神社
 大正元年、大石内蔵助良雄はじめ四十七義士と萱野三平を主祭神として創建されました。
 境内には国指定史跡の大石良雄宅跡長屋門や庭園、義士ゆかりの武具・書画を展示している義士宝物殿があります。
 また、義士木像奉安殿の木像は、義士切腹から満250年の大祭を記念して、浅野内匠頭は平櫛田中に、大石内蔵助は山崎朝雲にと、当代超一流の彫刻家によって製作されており必見です。
大石邸長屋門
 浅野赤穂藩の家老、大石家三代の屋敷の長屋門で、屋敷は畳数にして308畳の広大な邸宅でした。
 浅野内匠頭の刃傷事件の際、その知らせを持って早かごで駆けつけた早水藤左衛門、萱野三平が実際にたたいたのもこの門です。
 享保14年(1729)、建物の大半が火災に遭いましたが、長屋門だけが焼失をまぬがれ、その後建て替え等を経て城内に残された数少ない江戸時代の建造物として非常に価値の高く、人気の記念写真スポットとなっています。(国指定史跡)
赤穂城跡
 浅野長直によって慶安元年(1648)から13年の歳月をかけて築かれた赤穂城は、近代城郭史上非常に珍しい変形輪郭式の海岸平城です。
 藩の家臣で軍学師範の近藤正純が設計し、そのうち二之丸門虎口の縄張は、当時の著名な軍学者であった山鹿素行の手が加えられたと伝えられています。
 城地は三方を山に囲まれ、東に千種川、南は瀬戸内海に面し、清水門の南にある船入は船が出入りできるようになっていました。
 昭和46年に国史跡指定を受け、平成14年には本丸庭園と二之丸庭園が国の名勝に指定され、平成18年には「日本100名城」に選ばれました。
 本丸内には刃傷事件後に大石内蔵助らが大定評に集まった御殿の間取りが復元されており、天守台からは本丸内はもとより広々とした赤穂の風景が眺められます。
歴史博物館
 愛称を"塩と義士の館"といい、赤穂の塩、赤穂の城と城下町、赤穂義士、旧赤穂上水道の4つをテーマとして郷土の歴史資料を多数展示しています。
 塩づくりの歴史を系統的に見ることができます。


三名城+1の旅 平成29年1月9日(月)
 青春18切符で、城めぐりをしました。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR彦根駅~(彦根城)~JR彦根駅~JR長浜駅~(長浜城)~JR長浜駅~JR岐阜駅~JR鵜殿駅~名鉄新鵜沼駅~名鉄犬山遊園駅~(犬山城)~名鉄犬山駅~名古屋地下鉄平安通り駅~名古屋地下鉄市役所駅~(名古屋城)~名古屋地下鉄市役所駅~名古屋地下鉄名古屋駅~JR名古屋駅~JR浜松駅
 彦根城、長浜城、犬山城の三名城と名古屋城を駆け足で訪ねました。
 岐阜城とか大垣城も行きたかったのですが日帰りでは無理でした。
 名古屋城の本丸御殿表書院の「桜花雉子図襖絵」公開していたので見学しました。
【彦根城】
1_20170112065506be0.jpg
5_20170112065508d8a.jpg 6_20170112065509e71.jpg 8_20170112065511dcd.jpg
【長浜城】
10_20170112070120083.jpg
11_201701120701226f7.jpg 13_2017011207012627c.jpg 12_2017011207012461a.jpg
【犬山城】
16_2017011207032905d.jpg
18_20170112070331b8a.jpg 21_20170112070334cd2.jpg 20_20170112070332646.jpg
【名古屋城】
23_20170112070521604.jpg
27_20170112070524e31.jpg 28_20170112070526e14.jpg 26_20170112070523604.jpg
33_201701120707146a2.jpg 34_20170112070716185.jpg 29_20170112070712cc7.jpg



三島スカイウォークへ 平成29年1月1日(日)
 青春18切符で、三島スカイウォークを訪ねました。
 今日も日帰りです。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR興津駅~薩捶峠ウォーク~JR由比駅~JR三島駅~(東海バス)~三島スカイウォーク~(東海バス)~三嶋大社~JR三島駅~JR浜松駅
 今回8回目の新春薩捶峠ウォークでしたが、今までで一番美しい富士山の雄姿を見ることができました。
【薩捶峠より】
6_201701021006205a1.jpg
5_20170102095143abc.jpg 9_20170102095145159.jpg 14_20170103083942cfa.jpg
 新春恒例の薩捶峠ウォークの後、三島スカイウォークに行きました。
 三つの日本一の競演(パンフレットより)。
  ①日本最高峰にして世界遺産の富士山
  ②日本で最も深く美しい駿河湾
  ③歩行者専用として日本最長の吊橋の三島スカイウォーク
 スカイウォークからの富士山も最高でした。
 駿河湾に沈む夕陽はとてもきれいでした。
【スカイウォークと富士山】
1 4_20170102115034b56.jpg 3
11_201701021151467e0.jpg 12_20170102115148380.jpg 13_201701021151502bd.jpg
2_20170102114814d9d.jpg 23_20170102115325bfa.jpg 24_20170102115326285.jpg
44 (2) 45_20170102115443fee.jpg 46_20170102115444bf3.jpg
61_20170102115557cf8.jpg 62_20170102115558be3.jpg
 途中下車して三島大社を参拝しました。
 境内は参拝客でいっぱいでした。
63_2017010211555917e.jpg



姫路城へ 平成28年9月9日(金)
 青春18切符で、姫路城を訪ねました。
 今日も日帰りです。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR姫路駅~好古園・千姫天満宮・男山八幡宮・姫路城(白鷺城)JR姫路駅~JR明石駅~明石城~JR明石駅~JR浜松駅
 手入れの行き届いた姫路城西御屋敷跡庭園の好古園を見学し、男山の山頂を目指します。
 男山には、千姫天満宮と男山八幡宮があり、姫路城を望むことができます。
【好古園】
1_20160913210832fb8.jpg 3_20160913210833299.jpg 5_20160913210837038.jpg
【千姫天満宮/男山八幡宮/男山山頂より】
7_20160913210836fd5.jpg 10_201609132108385d4.jpg 13_20160913210955ae7.jpg
 そして、白鷺の天守閣がよみがえった姫路城へ。
 美しさに圧倒されます。
【姫路城】
15_2016091321101930d.jpg 21_201609132110538da.jpg 24_20160913212802684.jpg
26_20160913212822de4.jpg 28_201609132128536ff.jpg 33_20160913212929651.jpg
20_20160913212950c44.jpg 23_20160913213009568.jpg 25_20160913213031bb7.jpg
27_20160913213057549.jpg 32_201609132131261e9.jpg 34_20160913213159d38.jpg
30_20160913213219691.jpg 37_2016091321332492a.jpg 42_20160913213325044.jpg
 岐路、明石駅で途中下車して明石城にも寄りました。
【明石城】
43_20160913213325461.jpg 44_20160913213326f92.jpg 45_20160913213328e45.jpg
*千姫天満宮 
 長男幸千代をわずか三歳で亡くし、夫忠刻も病気がちになると、千姫は化粧櫓から望むことのできる男山に天満宮を建立し、跡継ぎの誕生と、夫の回復を毎日のように祈り続けました。
 この天満宮は男山の中腹にあり、城内から遙拝できるよう東向きに造営されています。 天満宮には多くの絵馬が掛けられ、政略結婚が当たり前だった戦国時代において恋愛結婚を成し遂げた千姫にあやかろうと、恋成就の願い事が書かれた絵馬も多く見られます。
*男山八幡宮
  天正元年(1346)に最初に姫路城を築いたとされる赤松貞範が、城の鎮守社として男山の山頂に建立し歴代の城主が信仰したと言われるのが男山八幡宮です。男山八幡宮は千姫天満宮より少し山頂に向かって登った所にあります。
 世界文化遺産の姫路城。
*姫路城(白鷺城)
 天を突くように威風堂々とそびえ、その圧倒的な姿は、白い鷺が舞い立つように見える。
 平成の修理を追え、築城時のままの美しい姿によみがえった。


西村京太郎記念館へ 平成28年9月5日(月)
 青春18切符で、行きたかった「西村京太郎記念館」へ行ってきました。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR湯河原駅~(箱根登山バス・不動滝下車)~不動滝・五段の滝・だるま滝~万葉公園~湯河原美術館庭園~福泉寺~西村京太郎記念館~JR湯河原駅~小田原城~JR小田原駅~JR来宮駅~来宮神社~JR来宮駅~JR浜松駅
 JR湯河原駅からバスに乗り、落差15Mの名瀑不動滝に行きました。
 滝の左側には身代わり不動尊、右側には出世大黒尊が祭られています。
 不動滝見学後、歩いて、湯河原駅に戻りました。
 湯河原美術館裏の庭園が見学自由とのことでのぞいてみました。
 森と泉の公園・万葉公園を散策しました。
 最奥には足湯施設「独歩の湯」があり、自由に入ることができます。
【不動滝】
1_20160906105137be7.jpg 2_20160906105139596.jpg 3_20160906105140911.jpg
【五段の滝/だるま滝】
7_2016090610514273b.jpg 8_20160906105144c10.jpg
【万葉公園(熊野神社/太子堂/狸福神社)】
10_20160906105208db8.jpg 11_20160906105209d19.jpg 12_20160906105211d24.jpg
【万葉公園(湯かけ地蔵/独歩の湯)】
13_20160906105212120.jpg 14_20160906105214b8a.jpg
【湯河原美術館/その庭園】
15_20160906105247fb2.jpg 16_20160906105248ae6.jpg 17_20160906105250657.jpg
 首大仏で有名な福泉寺にも寄りました。
【福泉寺(本殿/首大仏)】
19_20160906105251d1f.jpg 20_201609061052530af.jpg 21_20160906105341842.jpg
 そして、ワクワクドキドキの西村京太郎記念館へ。
 1階がティールーム、2階が展示室と売店です。
 ビデオを見て、ロボットの館内説明を受け勉強後、クイズに挑戦しましたが、撃沈でした(4問中1問不正解、全問正解なら記念品がもらる)。
 レモンティを飲みながら(入場料に含まれている)余韻に浸り、記念館前での写真をお願いしました。
【西村京太郎記念館(記念館/記念館前で/ティールーム)】
23_20160906105342945.jpg 25_20160906105344cd2.jpg 27_201609061053459ec.jpg
【西村京太郎記念館(展示品)】
29_20160906105421e47.jpg 30_20160906105422fec.jpg 31_201609061054247c2.jpg
【西村京太郎記念館(館内説明ロボット/シナリオ/入場券&記念スタンプ)】
28_20160906105448a26.jpg 33_201609061055219e9.jpg 34_20160906105523982.jpg
 次は、耐震改修工事でリニュアールされた小田原城へ。
 戦国の世、北条氏が小田原の町を100年間にわたって納めてきて、現在の天守閣は江戸時代のものを昭和35年(1960)再建したもの。
【小田原城】
36_20160906105524120.jpg 37_201609061055268cc.jpg 38_201609061055270e0.jpg
41_20160906105611ced.jpg 44_201609061056138ae.jpg 46_20160906105635c82.jpg
39_201609061057010b4.jpg 40_201609061057030c6.jpg 45_2016090610572770d.jpg
 乗り継ぎがうまくいき、予定外の来宮神社を追加で参拝し、樹齢1、000年以上といわれる大楠にパワーをいただきました。
 幹の廻りを一周すると寿命が1年延びるそうですよ。
【来宮神社(鳥居/本殿/大楠)】
48_201609061058034ee.jpg 49_20160906105805cf6.jpg 50_20160906105806b9b.jpg



三島スカイウォークへ 平成28年4月8日(金)
 青春18切符で、行きたかった三島大吊橋「三島スカイウォーク」へ行ってきました。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR三島駅~三島スカイウォーク~箱根関所~恩賜公園~駅伝ミュージアム~山中城跡~三嶋大社~柿田川公園~JR三島駅~JR浜松駅
 今回の目玉である三島スカイウォークへ。
 〝日本最高の富士山を、日本最長の大吊橋から堪能する〟予定でしたが、曇り空が災いして、富士山がはっきり写りません。
 橋を渡りましたが、空を歩いているような気持ちになります。
 天気のいい日にもう一度挑戦します。。
【三島スカイウォーク】
1_20160411104834224.jpg 2_20160411104835a6c.jpg 3_20160411104837337.jpg
4_20160411104838bb7.jpg 5_20160411104840fd7.jpg 6_20160411104950c5a.jpg
 その後箱根に向かい、芦ノ湖を眺め、箱根関所で江戸時代を偲び、恩賜公園を散策し、駅伝ミュージアムに立ち寄り雰囲気を味わいました。
【芦ノ湖】
7_20160411104952f2c.jpg 8_20160411104953012.jpg
【箱根関所】
9_20160411104955491.jpg 10_201604111049560ee.jpg 11_20160411110505db8.jpg
12_2016041111050796b.jpg 14_20160411110508058.jpg 15_20160411110510063.jpg
【恩賜公園】
17_20160411110540166.jpg 18_20160411110542df6.jpg 19_201604111105437a5.jpg
【旅物語館】
16_201604111105119aa.jpg
【駅伝ミュージアム】
49_201604111132565b5.jpg 50_201604111132585b6.jpg 51_20160411113259367.jpg
 山中城跡を散策後、三島に戻りました。
 桜が満開だった三嶋大社と湧水で有名な柿田川公園を訪ねました。
 諏訪神社は、山中城跡内の一角にあります。
【山中城跡】
23_2016041111054508c.jpg 24_20160411110546a2f.jpg 25_2016041111144895a.jpg
26_201604111114498b5.jpg 27_20160411111451dba.jpg 28_20160411111452775.jpg
29_20160411111454ef9.jpg 30_20160411111543636.jpg 31_20160411111544ac4.jpg
【諏訪神社】
32_2016041111154618c.jpg 33_20160411111547ce2.jpg
【三嶋大社】
34_201604111115499c6.jpg 35_201604111128458be.jpg 36_20160411112846452.jpg
37_20160411112848ab0.jpg 38_20160411112849558.jpg 39_2016041111285136d.jpg
40_20160411112916bfc.jpg 41_20160411112917247.jpg
【柿田川公園】
42_20160411112919a36.jpg 44_20160411112922876.jpg 48_20160411113143e63.jpg
43_201604111129202b3.jpg 45_20160411113138863.jpg 46_2016041111314031f.jpg
47_20160411113141966.jpg



伊賀上野の忍者屋敷へ 平成28年1月7日(木)
 青春18切符が一日分残っていたので、伊賀上野の忍者屋敷に行ってきました。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR伊賀上野駅~伊賀上野散策~JR伊賀上野駅~JR浜松駅
 伊賀上野は、里山に包まれた城下町で、伊賀流忍者の発祥地であり、俳聖松尾芭蕉の生誕地でもあります。
 伊賀上野駅から目的地の上野公園まで3キロ弱を歩きました。
 忍者屋敷では、案内人に、敵が来たときに素早く逃げたり、隠れたりする仕掛けを教えていただきました。
 白鳳城と呼ばれる上野城は、城の美しさと高石垣が見ものです。
 公園内を散策後、芭蕉の生誕地や、鍵屋ノ辻、旧崇廣堂、伊賀流組紐の店にも足を伸ばしました。
 駅で列車を待っている時、虹を見つけて思わず写真に!
【忍者屋敷】
1_20160115112451811.jpg 2_20160115112452e5c.jpg 4_20160115112453515.jpg
【忍者屋敷(案内人・展示品)】
5_201601151127184f9.jpg 10_2016011511312084a.jpg 11_20160115113121a6f.jpg
【忍者屋敷(仕掛け・見張りの忍者)】
6_20160115112720e99.jpg 7_20160115112722c31.jpg 8_20160115112723c6e.jpg
【忍者博物館/忍者博物館(記念写真用看板・来館記念用看板)】
12_20160115151215c3e.jpg 17_201601151513281f2.jpg 15_20160115151219dd2.jpg
【忍者博物館(忍者の日看板・忍者模型・土産品販売】
16_20160115151221282.jpg 13_20160115151216124.jpg 14_201601151512182b1.jpg
【上野城/上野城(石垣)】
26_2016011515133378e.jpg 22_20160115151331b51.jpg 27_201601151513345c6.jpg
【上野城(高石垣・茶店くノ一)/俳聖殿】
28_201601151538598c9.jpg 30_20160115153900655.jpg 18_201601151513304a0.jpg
【芭蕉記念館/芭蕉生誕の地/芭蕉歌碑】
31_2016011515390294e.jpg32_20160115153903656.jpg33_20160115153905d18.jpg
【伊賀流組紐の店/旧崇廣堂/だんじり会館】
36_20160115154104a23.jpg 37_20160115154106c78.jpg 39_20160115154107110.jpg
【鍵屋ノ辻/道標(右:伊勢&左:奈良)/きれいな虹】
40_201601151542211c3.jpg 41_20160115154223e47.jpg 42_20160115154224b26.jpg



千葉県の鋸山へ 平成28年1月2日(土)
 今回の青春18切符の旅は、元日恒例の薩埵峠ウォークの後、千葉市で一泊し、鋸山観光をしました。
 帰路、スカイツリーと川崎大師に寄り道しました。
 薩埵峠ウォークは、「KSしずおか」1月5日のブログをご覧ください。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR興津駅~薩埵峠ウォーク~JR由比駅~JR千葉駅~(千葉市内泊)~JR千葉駅~JR保田駅~鋸山観光~JR浜金谷駅~JR錦糸町駅~スカイツリー見学~JR錦糸町駅~JR川崎駅~川崎大師参拝~JR川崎駅~JR浜松駅
 日本一の大仏さま、交通安全の守り本尊の百尺観音、山頂からの景観を堪能しました。
 お願い地蔵尊に一つだけお願いをしました。
 山頂展望台での〝地獄のぞきビビリました。
 川崎大師では、暖かい日のためか(それとも毎年?)参拝まで一時間以上かかりました。 
【観音堂/心字池】
2_2016011006422057c.jpg 3_201601100642219d0.jpg
【薬師本殿/源氏不動/乾坤稲荷】
6_2016011006422299b.jpg 7_201601100642231e0.jpg 8_20160110064225be6.jpg
【日本寺鐘/だるま石/頼朝蘇鉄】
9_20160110064758566.jpg 10_20160110064759363.jpg 11_20160110064802c05.jpg
【お願い地蔵尊/大仏】
12_20160110064803e4a.jpg 13_201601100648043c3.jpg 15_20160110065143862.jpg
【護摩窟/不動滝/聖徳太子】
17_20160110065144f39.jpg 18_20160110065147da4.jpg 19_20160110065148a8d.jpg
【維摩窟/奥の院無漏窟/日牌堂】
20_201601100651495e3.jpg 21_20160110065720277.jpg 22_201601100657223bd.jpg
【宝筐印塔/あせかき不動/百射観音】
23_2016011006572448c.jpg 24_20160110065725047.jpg 25_20160110065727212.jpg
【西国観音】
26_20160110070336d1b.jpg
【鋸山】
29_201601100703383bb.jpg 30_20160110070340e97.jpg
31_201601100703417a1.jpg 32_20160110070342ac9.jpg 33_201601100714421eb.jpg
【百尺観音】
34_20160110071443712.jpg 36_20160110071445ec2.jpg
【東京湾】
38_2016011007144634e.jpg 39_20160110071448098.jpg
【スカイツリー】
41_201601100720482e9.jpg 42_2016011007205090e.jpg 43_20160110072052a85.jpg
44_2016011007205365d.jpg 45_20160110072055d8e.jpg 46_20160110072132d77.jpg
【川崎大師】
48_20160110072135981.jpg 49_2016011007213793c.jpg 50_20160110072138e08.jpg
51_20160110072525c37.jpg 47_201601100721347e7.jpg 53_2016011007252737e.jpg



世界遺産の韮山反射炉へ 平成27年9月8日(月)
 日本全国〝雨予報〟と〝台風接近〟を無視し、「青春18切符の旅」に行ってきました。
 いとこと二人、8月に行くつもりで2回分のチケットを購入済みでしたが、二人のスケジュールが合わなくて、使用期限ぎりぎりでの旅となりました。
<今回のコース>
JR東海(天竜川駅→三島駅)~三島大社~伊豆箱根鉄道(三島田町駅→伊豆長岡駅)~韮山反射炉~伊豆箱根鉄道(伊豆長岡駅→三島駅)~JR東海・三島駅→JR東日本・小田原駅~小田原城~JR東日本・小田原駅→JR東海(富士駅→富士宮駅)~富士宮浅間大社~JR東海(富士宮駅→富士駅→天竜川駅)
 テクシーで三島大社まで、参拝後、伊豆箱根鉄道で今回の目玉・世界遺産の韮山反射炉へ。
 平日のため、シャトルバスはなく、韮山反射炉までテクシーで。
 三島に戻りJRで小田原駅へ、小田原城までテクシーで。
 小田原城は耐震工事中でした。
 JRで富士駅経由で富士宮駅へ、最後の目的地の富士宮浅間大社までテクシーで。
 あざやかな赤い鳥居が出迎えてくれました。
 雨が降り続き、電車の遅れや運休を心配しながらの旅でしたが、無事終了しました。 
【三島大社/三島大社の金木犀】
1_20150909120310075.jpg 2_20150909120311676.jpg
【韮山反射炉】
3_20150909120313b3a.jpg 5_20150909120316eb7.jpg 7_20150909120340b0a.jpg
4_2015090912031488a.jpg 6_201509091203381f5.jpg 9_20150909120343a54.jpg
【小田原城】
11_20150909120413396.jpg 14_201509091204179c9.jpg 15_20150909120419da8.jpg
【富士宮浅間大社】
16_201509091204505cc.jpg 17_20150909120451a12.jpg 18_20150909120453fb1.jpg



白糸の滝と富士宮浅間大社へ 平成27年1月9日(金)
 散策路が整備された、白糸の滝へ行ってきました。
 その後、明治神宮、浅草寺に立ち寄り、スカイツリーのライトアップを見て帰る予定でした。
 が…雲ひとつない天気…雪化粧の富士山めぐりに急遽変更しました。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR富士宮駅(白糸の滝・富士宮浅間大社)~JR沼津駅(千本松浜・沼津港)~JR吉原駅(みなと公園)~JR清水駅(三保松原)~JR浜松駅
【白糸の滝…虹が】
2_201501111605054ce.jpg 3_20150111160506fdd.jpg 4_2015011116050807e.jpg
【音止の滝】
1_20150111160503e83.jpg
【富士宮浅間大社】
5_20150111160833664.jpg 6_201501111608345c0.jpg 7_201501111608363d1.jpg
【千本松浜】
9_20150111161212ed9.jpg 10_201501111612144f7.jpg
【沼津港/沼津港・びゅうお】
13_20150111162401bd8.jpg 12_20150111162400324.jpg 8_20150111162351f7c.jpg
【みなと公園】
15_201501111627296be.jpg 16_20150111162731917.jpg 17_20150111162732724.jpg
【三保松原】
20_20150111162912afe.jpg 21_201501111629136c0.jpg
 今日の富士山はどこから眺めても美しく、いろいろな表情を見せてくれました。
【白糸の滝より/富士宮浅間大社より/千本松浜より】
80_201501111520310b3.jpg 81_20150111152033601.jpg 82_2015011115203484b.jpg
【沼津港より/みなと公園より/三保松原より】
沼 み 84_20150111152040807.jpg


湿性花園と秩父宮記念公園へ 平成26年4月4日(金)
 青春18切符の未使用が1回分あり、どこに行こうか考えていました。
 テレビで水芭蕉が見ごろとの情報を得て、箱根湿性花園に出かけることにしました。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR御殿場駅(箱根湿性花園・秩父宮記念公園観光)~JR沼津駅(沼津漁港へ・買い物)~JR由比駅(由比漁港へ・買い物)~JR浜松駅
 朝一番の上り列車に乗り御殿場駅へ、バスで箱根湿性花園に向かいました。
 湿原をはじめとして川や小沼などの水湿地に生息している植物を中心とした植物園で、水芭蕉が見ごろでした。
【箱根湿性花園の水芭蕉】
1_20140408081218b24.jpg 10_2014040808122285e.jpg 9_20140408081220627.jpg
2_20140408081550314.jpg 3_20140408081551333.jpg 4_20140408081552c63.jpg
5_20140408081703e6a.jpg 6_2014040808170333d.jpg 7_2014040808170461c.jpg
 御殿場に戻り、秩父宮記念公園の観光をしました。
 旧秩父宮殿下の別邸で、花いっぱいの園内を散策しました。
 樹齢130年余といわれるシダレ桜も見ることができました。
【秩父宮記念公園】
0_2014040809002319b.jpg 31_20140408083125e7a.jpg 32_20140408083126125.jpg 33_201404080831284d9.jpg 35_20140408083129607.jpg 36_201404080833046dd.jpg
39_20140408083306572.jpg 40_20140408083307e5a.jpg 50_20140408083310d0a.jpg
【園内の花々】
100_20140408083525691.jpg 101_20140408083524eba.jpg 199.jpg 105_201404080835254d0.jpg
 途中下車し沼津漁港と由比漁港を散策し、お土産に干物と桜えびのかきあげを買い、おいしくいただきました。
【沼津漁港/沼津漁港・大型展望水門「びゅうお」/由比漁港】
13_2014040808273469d.jpg 15_201404080827361a4.jpg 20_201404080827382ab.jpg



三泊四日の旅 平成26年3月21日(木)~24日(月)
 青春18切符で三泊四日の旅をしました。
*1日目
 JR浜松駅~JR中津駅
 始発から終電、普通車を乗り継ぎ、深夜にやっと中津駅に着きました。
 推理小説2冊と、缶ビールとつまみをタップリ持ちこんで、鈍行列車の旅を楽しみました。
*2日目
 JR中津駅~JR別府駅(高崎山自然動物園、別府地獄めぐり)~JR亀川駅~JR新山口駅
 高崎山自然動物園へ。
 園内は柵がなく、猿が自由に動き回っていました。
 猿の毛づくろいの時の、気持ちよさそうな顔は見ものです。
 餌の時間の猿の動きの速さにはビックリです。
【高崎山自然動物園】
1_20140410233747ec9.jpg 2_20140410233749066.jpg 3_20140410233753c8f.jpg
4_201404102337532d1.jpg 5_201404102337548b4.jpg 6_20140410234132e54.jpg
 別府地獄めぐりもしました。
 海地獄→鬼石坊主地獄→山地獄→かまど地獄→鬼山地獄→白池地獄→血の池地獄→龍巻地獄の順に8ケ所を歩いて回りました。 
【別府地獄めぐり(海地獄/山地獄】
7_20140410234133600.jpg 8_201404102341356ee.jpg
【別府地獄めぐり(鬼石坊主地獄/かまど地獄)】
9_20140410234136f76.jpg 10_2014041023413784f.jpg
【別府地獄めぐり(鬼山地獄/血の池地獄)】
11_20140410234526799.jpg 12_201404102345269f6.jpg
【別府地獄めぐり(白池地獄/竜巻地獄)】
13_20140410234526392.jpg 14_201404102345302de.jpg
 *3日目
 JR新山口駅~JR岩国駅(錦帯橋、岩国城)~JR宮島口(宮島)~JR広島駅(縮景園、広島城、原爆ドーム)
【錦帯橋と岩国城】
20_201404102348079dd.jpg 25_20140410234852d3d.jpg 21_20140410234808d12.jpg 22_2014041023481087e.jpg 23_20140410234810859.jpg 24_201404102348123d6.jpg
【岩国(旧目加田家住宅/岩国美術館/吉川資料館/巌流ゆかりの柳)】
30_201404102348488aa.jpg 31_20140410234851295.jpg 32_2014041023485420d.jpg 33_20140410234855162.jpg
 世界遺産で、日本三景のひとつである宮島に行きました。
【宮島(大鳥居)】
000_20140411154958752.jpg 00_2014041115500082b.jpg 0_20140411155002e45.jpg
1_20140411161049496.jpg 3_201404111551338de.jpg 2_20140411155134d57.jpg
【宮島(大鳥居/巌島神社/巌島神社と五重塔)】
4_201404111614035e4.jpg 5_2014041116140532f.jpg 6_20140411161406246.jpg
【宮島(宝物館/千畳閣/大願寺)】
7_20140411161407b79.jpg 8_20140411161409775.jpg 9_20140411161502dec.jpg
【宮島(伝統産業会館/五重塔/多宝塔)】
10_20140411161504aa4.jpg 11_201404111615069e2.jpg 12_20140411161507a18.jpg
 広島市内に思ったより早く着いたので、明日計画していた、縮景園、広島城、原爆ドームに行くことができました。
【縮景園】
1_20140411165145579.jpg 2_20140411165148c54.jpg
【広島城】
3_20140411165201209.jpg 4_20140411165201ef6.jpg
【広島平和記念公園(資料館/献花台)】
5_20140411165202ceb.jpg 6_201404111657341bf.jpg
【原爆ドーム】
7_20140411165735992.jpg 9_2014041116573627d.jpg 10_2014041116573856e.jpg
*4日目
 JR広島駅~JR大阪駅(大阪城)~JR京都駅(嵯峨野)~JR浜松駅
 4日目(最終日)は、途中下車し、大阪城と京都の嵯峨野に行くことにしました。
【大阪城】
100_2014041209050018a.jpg 101_201404120905028a1.jpg 102_2014041209050225c.jpg
103_20140412090503589.jpg 104_2014041209050461a.jpg 105_201404120905371ea.jpg
 嵯峨野は、野宮神社からスタートし、竹林の道、天竜寺、渡月橋の順に散策しました。
【嵯峨野(野宮神社/竹林の道にて/天龍寺】
110_20140412090538a04.jpg 111_20140412090541470.jpg 112_20140412090542f83.jpg
【天竜寺庭園】
113_201404120905425c0.jpg 114_20140412090946d30.jpg 115_20140412090945131.jpg
【渡月橋】
118_20140412090947b8b.jpg 119_201404120909492d4.jpg
 盛りだくさんの3泊4日の旅が終わりました。
 疲れたけれど、充分楽しめました。
 おまけです。
【別府にて/宮島にて/広島にて】
198.jpg 200.jpg 199_2014041209103503e.jpg
 お粗末でした!


岐阜城へ 平成26年1月10日(金)
 青春18切符の最後の1枚で、岐阜城に行ってきました。
 その帰り道、友人がアルバイトしている豊川稲荷に寄り、湯谷温泉の宇連川にも行きました。
 春は、九州方面を予定……。 
<今回のコース>
JR浜松~JR岐阜駅/岐阜公園・岐阜城~JR豊川駅/豊川稲荷~JR湯谷温泉駅/宇連川~JR浜松駅
【岐阜公園/岐阜公園より】
1_201401151022198b9.jpg 0_201401151022174bb.jpg 2_20140115102402dad.jpg
【日中友好庭園/織田信長居館跡】
4_201401151024054f6.jpg 5_20140115102408683.jpg 6_20140115102416349.jpg
【若き日の信長像/板垣退助像/山内一豊と千代婚礼の地】
7_201401151028068a0.jpg 8_20140115102809c1e.jpg 9_20140115103722591.jpg
【岐阜城】
11_20140115102833ad7.jpg 10_2014011510372598f.jpg
【岐阜城より/金華山ロープウェーより】
13_20140115103728382.jpg 14_20140115103729ce4.jpg 15_20140115103731886.jpg
【豊川稲荷・商店街/豊川稲荷】
16_20140115104000b5a.jpg 17_2014011510400376c.jpg
【宇連川】
5_20140115110802c20.jpg 4_20140115110806a42.jpg 6_20140115110804b65.jpg
1_20140115110854064.jpg 2_201401151109045bf.jpg 3_201401151109077bc.jpg



忍野八海散策 平成26年1月2日(木)
 青春18切符で忍野八海に行ってきました。
 前日、元旦恒例の薩捶峠ウォーキングを終え甲府で一泊しました。
 舞鶴城公園で日の出を見た後、甲府駅に向かいました。 
<今回のコース>
JR(甲府駅→大月駅)~富士急電車(大月駅→富士山駅)~富士急バス(富士山駅前バス停→忍野大橋バス停/忍野八海散策)~徒歩(忍野八海→忍野入口バス停)~富士急バス(忍野入口バス停→御殿場駅バス停)~JR(御殿場駅→浜松駅)
【舞鶴城公園/舞鶴城公園の日の出】
0_201401061057024c4.jpg 1_20140106105703882.jpg 3_20140106105707a10.jpg 4_2014010610570991b.jpg 5_2014010611011327c.jpg 6_20140106110115f1f.jpg
 富士山の伏流水たっぷりの湧水池は、厳そかで神秘的でした。
 カメラポイントいっぱい……富士山をバックに八海を散策しました。
【忍野八海】 
2_201401061202597ce.jpg 0_20140106120254bee.jpg 0_2014010612085091a.jpg 7_201401061208542fc.jpg 8_20140106120857f03.jpg 9_20140106120859926.jpg
【出口池/御釜池/御釜池】
1_20140106113523544.jpg 2_2014010611352502a.jpg 3_201401061135273e1.jpg
【底抜池】
4_20140106113529b43.jpg 5_20140106113532b93.jpg 6_20140106113842b5e.jpg
【銚子池/湧池/湧池】
7_20140106113845efc.jpg 8_20140106113848228.jpg 9_20140106113852d2a.jpg
【濁池/鏡池/菖蒲池】
10_20140106113854202.jpg 1_201501130706238a3.jpg 12_201401061144518f5.jpg



従兄弟と二人旅 平成25年12月25日(水)
 従兄弟から、青春18切符の旅をしたいと要望があり〝じいじ二人旅〟を行いました。
 夕方5時にライトアップされるスカイツリーを見ようと計画しました。
 朝一番の列車に乗ったので、夕方5時まで時間はたっぷりあります。
 清水駅で下車し、世界遺産の三保松原に寄りました。
 朝早いため観光客はまばらで、きれいな富士山をタップリと堪能しました。
 昼食は、沼津魚市場で海鮮丼を。小宴会をしました。
 浅草寺を参拝し、隅田公園から赤くライトアップされたスカイツリーを〝パ写〟。
<今回のコース>
JR天竜川駅~JR清水駅(三保松原)~JR沼津駅(沼津魚市場)~JR錦糸町駅(とうきょうスカイツリー・浅草寺)~JR東京駅~JR天竜川駅
【三保松原】
1_20140407080359541.jpg 2_20140407080400c21.jpg
【沼津漁港】
3_2014040708040255b.jpg 4_20140407080403503.jpg
【浅草寺】
5_20140407080405e5b.jpg 6_20140407080544418.jpg
【とうきょうスカイツリー】
10_2014040708054518e.jpg 11_2014040708054613d.jpg 13_20140407080548316.jpg



とうきょうスカイツリーを〝パ写〟 平成25年9月10日(火)
 とうきょうスカイツリーを撮りに、上りの始発に乗りました。
 シャッターポイントを捜しながらスカイツリー周辺を3時間ほど散策しました。
 今日も〝青春18切符〟での日帰り旅行でした。
1_20130917081619ee3.jpg 2_20130917081618112.jpg 3_20130917081618d00.jpg 4_20130917081618777.jpg 5_20130917081613e00.jpg 6_20130917081614f86.jpg 7_20130917081842d5b.jpg 8_20130917081841a94.jpg 9_20130917081841ed2.jpg



西へ・西へ 平成25年9月5日(木)
 ある旅行雑誌に、〝一日で、普通列車を乗り継いで、どこまで行くことができるか?〟という記事がありました。
 ちなみに浜松駅からは、博多駅までいけます。
 たけジャパンは、〝どこまで行くことができるか?〟でなく〝一日で、普通列車乗り継いで、どこまで行って戻ってこられるか?〟にチャレンジしました。
 スポーツ新聞と推理小説2冊と缶ビール3本とつまみを持ち込み「下り始発」に乗車し、東尾道駅を目指します。
 乗り換え時間が2分とか3分しかない駅も在り、予定の列車に乗れなかったら計画はパー。
 その時は、途中下車して観光するつもりでした。
 ビールを飲み、居眠りし、本を読み、車窓からの景色、勝手に話しかけておしゃべりしたり、17時間余の意味のある(?)ない(?)〝青春18切符の旅〟を楽しみました。
 相生駅では、乗り換え時間に余裕があり、駅外に出ました。
 旅は計画通り進み、日本の列車進行の正確さを再認識しました。 
<今回の計画>
浜松06:01~08:09大垣08:13~08:47米原08:49~11:16姫路11:35~11:53相生12:25~13:37岡山13:51~15:03東尾道15:21~16:33岡山16:44~17:48相生18:01~20:55米原21:03~21:35大垣21:39~23:07豊橋23:10~23:43浜松
 ……それにしても疲れました。
 ……次は、東へ、東へかな?。
往路
1_20130915091450cc1.jpg 4_201309150916485c5.jpg浜松11_20130915093553063.jpg大垣12_20130915093553ae7.jpg米原13_20130915093553a32.jpg姫路14_201309150935521ed.jpg相生15_20130915093552b58.jpg岡山2_2013091509145034b.jpg5_20130915091449b5e.jpg東尾道
復路
2_20130915091450804.jpg東尾道18_20130915094441524.jpg岡山19_20130915094441041.jpg相生20_20130915094440340.jpg米原21_20130915094440099.jpg大垣30_20130915094440b38.jpg豊橋1_20130915091450cc1.jpg6_20130915091647dc7.jpg浜松


京都・倉敷・岡山 平成24年9月5日(水)~6日(木)
 青春18切符を使った、1泊2日(京都・倉敷・岡山)の旅を楽しみました。
 初めてでしたが、面白くて、やみつきになりそうです。
 次は……12月に3泊で四国方面かな?
<今回のコース>
JR浜松駅~JR円町駅…≪京都市内観光(北野天満宮・平野神社・金閣寺・銀閣寺・平安神宮≫…JR京都駅~JR倉敷駅(倉敷泊)…≪倉敷美観地区散策≫…JR倉敷駅~JR岡山駅…≪岡山市内観光(岡山城・後楽園≫
…JR岡山駅~JR浜松駅
 最初の目的地は京都の5ケ所の寺社です。
【北野天満宮/平野神社/平安神宮】
1_20120913142352.jpg 2_20120913142352.jpg 0_20120913142352.jpg
【金閣寺金閣/金閣寺金閣/金閣寺鏡湖池】
3_20120913142549.jpg 4_20120913142549.jpg 5_20120913142549.jpg
【金閣寺金閣と鏡湖池/銀閣寺銀閣と向月台と銀沙灘】
6_20120913142548.jpg 7_20120913142548.jpg
【銀閣寺銀閣/銀閣寺向月台/銀閣寺銀沙灘】
8_20120913142749.jpg 9_20120913142749.jpg 10_20120913142749.jpg
 倉敷で一泊し、朝食前に倉敷の美観地区の散策をしました。
【芸文館/大山名人記念館/倉敷アイビースクエア】
101.jpg 102_20120913144030.jpg 103_20120913144030.jpg
【代官所跡/オルゴールミュゼ/倉紡記念館】
104.jpg 105.jpg 106_20120913144029.jpg
【井上家住宅/考古館/加計美術館】
107.jpg 108.jpg 109.jpg
【民芸館/日本郷土玩具館/星野仙一記念館】
110.jpg 111.jpg 112.jpg
【倉敷犬の資料館/桃太郎博物館/いがらしゆみこ美術館】
113.jpg 114.jpg 115.jpg
【大原美術館/大原邸/倉敷物語館】
116.jpg 117.jpg 118.jpg
【倉敷川】
119.jpg 120.jpg
 次は、岡山城と後楽園です。
【岡山城/水辺のももくん/ぼくです】
11_20120913153016.jpg 12_20120913153016.jpg 13_20120913153016.jpg 14_20120913153016.jpg 15_20120913153015.jpg 16_20120913153015.jpg
 日本三景の後楽園、さすがでした。
【廉池軒/流店/唯心山より】
17_20120913154136.jpg 18_20120913154136.jpg 19_20120913154136.jpg
【庭園/庭園/大立石】
20_20120913154135.jpg
21_20120913154135.jpg 23_20120913154135.jpg
2017/12/09

楽しかった旅の記録

一人で、家族と、友達と………楽しかった旅をいろいろお届けします
奥三河再発見ツアー
1_20130321110854.jpg 2_20130321110854.jpg 3_20130321110853.jpg
奥三河再発見ツアー11 平成29年11月30日(木)
 「奥三河再発見ツアー」に行ってきました。
 バスの旅〝紅葉の旧三河広瀬駅、川見四季桜の里、鳳来寺山もみじまつり〟です。
 紅葉の名所三ヵ所をめぐります。
<今回のコース>
JR豊橋駅前~旧三河広瀬駅~川見四季桜の里~鳳来寺山~JR豊橋駅前
 先ず、当時の面影の残る三河広瀬駅に行きました。
 廃線になった旧三河線の駅で、駅舎やプラットホームを彩る紅葉を楽しみました。
【三河広瀬駅の駅舎とプラットホームと紅葉】
1_201712080316107cf.jpg 3_2017120803161123d.jpg 21_20171208031619330.jpg
23_2017120803162222f.jpg 22_201712080316213f8.jpg 14_2017120803161546a.jpg
20_20171208031618d25.jpg 24_20171208031623268.jpg 7_20171208031613f37.jpg
15_20171208031616090.jpg 26_20171208031625d2a.jpg 27_20171208031626b86.jpg
 次は、豊田市小原地区の四季桜まつりです。
 川見四季桜の里は地区内で一番多く 、山全体に1,200本の秋に咲く四季桜があり、紅葉との共演が広がっていました。
 里山を彩る紅葉と桜の幻想的な風景を楽しみました。
【川見四季桜の里の紅葉】
30_201712080358052b2.jpg 33_20171208035808f9b.jpg 38_2017120803581064f.jpg
35_201712080358085dd.jpg 39_20171208035811f01.jpg 50_201712080358199dc.jpg
59_2017120803582284c.jpg 41_2017120803581318b.jpg 52_201712080358204d7.jpg
43_20171208035815925.jpg 49_201712080358187f6.jpg 47_2017120803581655b.jpg
 最後は、もみじ祭りの行われている鳳来寺山です。
 パークウェーの駐車場から鳳来寺本堂まで、ふるさとガイドとともに散策し、紅葉を楽しみました。
 国重要文化財である鳳来山東照宮を参拝しました。
【鳳来山東照宮と鳳来寺本堂と紅葉】
63_20171208044305a41.jpg 83_20171208044333059.jpg
69_20171208044308e87.jpg 78_201712080443305e5.jpg 81_20171208044332a81.jpg
66_20171208044307479.jpg 72_20171208044309853.jpg 85_2017120804433569d.jpg
 それぞれの彩り豊かな風景はこの時期ならではの絶景でした。 


奥三河再発見ツアー10 平成29年9月19日(火)
 久しぶりの「奥三河再発見ツアー」です。
 何度かツアーに申し込んでいるのですが、定員に達せずお流ればかりでした。
 バスの旅〝自然の神秘!奥三河の巨木めぐりと茶臼山ゼロ磁場パワースポット〟でした。
<今回のコース>
JR豊橋駅前~鳳来寺山の傘杉~かさすぎ(昼食)~月瀬の大杉~茶臼山カエル館&ゼロ磁場パワースポット~矢作川源流~豊橋駅前
 奥三河の巨木を巡った後、昨年新聞にも取り上げられ話題を呼んだ茶臼山カエル館を訪れ、ワンとなくカエルやゼロ磁場のパワースポットを楽しみました。
 指先に、パワーを感じたような気がしました。 
 矢作川の第二源流にも立ち寄りました。
 水は冷たくて気持ちよかったです。
【鳳来寺山(石段・傘杉)】
4_201709231202500a4.jpg 11_20170923120253777.jpg 11_20170923120823cea.jpg
15_20170923120254267.jpg 16_201709231202564ce.jpg 17_20170923120431a25.jpg
【かさすぎ(昼食)】
19_201709231204320c6.jpg 21_20170923120433266.jpg
【月瀬(吊橋・大杉)】
22_20170923120435c90.jpg 25_20170923121347eeb.jpg 24_2017092312043633b.jpg
28_20170923121432081.jpg 29_20170923121434e36.jpg 27_201709231214555e0.jpg
【カエル館(カエル・パワーストーン・磁場・ブナ)】
32_20170923121820643.jpg 37_20170923121824801.jpg 34_20170923121822516.jpg
40_20170923121825007.jpg 41_201709231218261d6.jpg 47_201709231219055b6.jpg
43_201709231221546c3.jpg 44_20170923122155e0c.jpg 45_201709231221575a2.jpg
【根羽(矢作川源流・風景】
49_201709231224268a4.jpg 50_20170923122427154.jpg 52_20170923122429068.jpg

傘杉  
 鳳来寺山の表参道から石段を300段ほど登ると、目通り7.5m、樹高約60m、枝下30m樹齢800年と推定され、日本一の高さを誇る。
月瀬の大杉
 昭和3年長野県指定、同19年11月13日に国天然記念物に指定された。
 樹高40m、幹廻り約14mに達し、日本第6位、長野県第1の巨木で、樹齢は推定1,800年。
ワンと鳴くカエル
 2,005年に新種のカエルとして確認されたこのカエルは、第1発見地の根羽村にちなんで「ネバタゴガエル」と命名され、根羽村の天然記念物に指定されている。2014年、学名もRana nebaと根羽の名前がつけられた。普通のタゴガエルとの大きな違いは、染色体数(2本多い28本)と鳴き声(グウ・キャンと鳴く)にある。この珍新種のネバタゴガエルを見学できるのは、茶臼山高原カエル館だけである。
 茶臼山高原カエル館では、ヒキガエルの給餌体験ができる。
 長い舌を伸ばしてパクッと食べる瞬間に、子供だけでなく大人も釘付けになる。
パワー体験&ゼロ磁場
 カエル館に展示中の奇石(信州ほか全国各地のパワーストーン)は、2人に1人がパワーを実感できています。
 また、カエル館から80mの茶臼山第6パワースポットのパワーは強力で、多く(4人に3人位)の皆さんが、手のひらや指先に、「ピリピリッ」と実感できています。
 さらに、カエル館内北東の隅では、磁場変動と人工物が融合した「ゼロ磁場」も見つかり、そこは癒しのスポットになっています。


奥三河再発見ツアー9 平成29年4月12日(水)
 久しぶりの「奥三河再発見ツアー」です。
 何度かツアーに申し込んでいるのですが、定員に達せずお流ればかりでした。
 バスの旅〝薫風薫る!奥三河のさくらめぐり〟でした。
<今回のコース>
JR豊橋駅前~福田寺~八橋地区~みのや旅館(昼食)~名倉地区~瑞龍寺~桜淵公園(追加で)~JR豊橋駅前
 武田信玄が死去したと由来のある福田寺。
 ここのシダレザクラは町内では一番早く咲き始めるとされ、木の幹全体を覆うように花が咲きます。
 樹齢はおよそ150年といわれ、大きな木の全体が花に覆われて風に揺れる様は何とも言えない風情が漂います。
【福田寺(シダレザクラ】
1_20170415165200252.jpg 4_20170415165201d95.jpg 5_20170415165203106.jpg
6_201704151652043a0.jpg 7_20170415165206522.jpg 8_201704151652300cd.jpg
9_20170415165232e57.jpg 11_20170415165233743.jpg 12_20170415165235de6.jpg
 八橋地区にあるシダレザクラを鑑賞しました。
 樹高7m、幹周り 2.2m、樹高7m、樹齢80年といわれていいます。
 設楽町では最も大きなシダレザクラで、桜の周りもきれいに整備されていて、ゆっくりと鑑賞できます。
 この桜は計画されている設楽ダムに沈まず、今後も花を咲かせてくれるそうです。
【八橋地区(ウバヒガンザクラ)】
8_20170415170852bed.jpg 2_20170415170849f41.jpg 4_20170415170850c5e.jpg
 名倉地区の名倉川堤防沿いには、コヒガンの桜並木と遊歩道が長く続いています。
 のどかな田園風景の中、桜の散策も楽しめますが、残念ながらコヒガンザクラほとんどつぼみでした。
 カワヅザクラが、咲いていました。
【名倉地区(コヒガンザクラ)】
1_20170415162321c8f.jpg 4 - コピー (2)
2_20170415162322de3.jpg 3_20170415162324b81.jpg
 瑞龍寺のシダレザクラは県天然記念物に指定されています。
 推定樹齢360年で、日本最古のシダレザクラともいわれています。 
 高さ12m、幹周り3.65mの古木で、鐘楼門と並んで咲き誇ります。
【瑞流寺(シダレザクラ)】
1_20170415160856788.jpg 5_20170415160857953.jpg 6_20170415160859f46.jpg
7_20170415160900118.jpg 8_20170415160902fa1.jpg 11_20170415160922951.jpg
12_20170415160923d03.jpg 13_20170415160925695.jpg 14_20170415160926869.jpg
 桜淵公園を追加でめぐり、満開の桜を楽しみました。
 豊川の清流の両岸を桜が爛漫と咲き乱れ、エメラルドグリーンの淵と淡いピンクの桜で心が安らぎます。
【桜淵(ソメイヨシノ)】
15_20170415154247e64.jpg 14 - コピー 1_20170415154215507.jpg
3_201704151542163b6.jpg 6_20170415154218e9f.jpg 12_2017041515424453b.jpg
10_20170415154221c63.jpg 13_20170415154246b9d.jpg 9_201704151542190dc.jpg



奥三河再発見ツアー8 平成26年8月22日(金)
 とうえい山菜王国研究会企画の「とうえい四季の旅~夏~モニターバスツアー」に行ってきました。
<今回のコース>
ブルーベリー狩りを楽しんで、山里の幸を味わって、天然療養温泉で癒されよう!!
豊橋駅前~ゆいの里/ブルーベリー狩り~奥三河紅葉園/昼食とブルーベリージャム作り~とうえい温泉花まつりの湯/入浴~巨大チェーンアート見学~豊橋駅前
 ブルーベリー農園「ゆいの里」でブルーベリー狩りの食べ放題を楽しみ、自分で摘んだ甘いブルーベリーを我が家へのお土産に。
【ゆいの里/ブルーベリー狩り】
1_201408251132331b6.jpg 2_20140825113235b36.jpg 3_20140825113236a2f.jpg
 農園のすぐ隣にある「奥三河紅葉園」へ移動し、ブルーベリージャム作りを体験・試食しました。
 五平餅や鮎や地元野菜など山里の幸を堪能しました。
 五平餅と鮎は自分で焼き、味わいました。
 ここでは、バス・トイレ・キッチン付きのバンガローがあり、家族でキャンプが楽しめます。
 バーベキューや鮎の掴み取りもできます。
【紅葉園/ブルーベリージャム作りと昼食】
4_2014082511323948a.jpg
【ジャム作り】
5_20140825114548bbf.jpg 6_2014082511454757c.jpg
【五平餅】
7_20140825123015b4c.jpg 8_20140825120630231.jpg
【鮎の塩焼き】
11_2014082511454919c.jpg 12_20140825120304d61.jpg
【トウモロコシとジャガイモ】
15_20140825123915520.jpg
 昼食後、「とうえい温泉花まつりの湯」で、天然療養泉を堪能しました。
【とうえい温泉花まつりの湯/入浴・榊鬼】
10_20140825124735dec.jpg 50_20140825124740472.jpg
 チェーンソー発祥の地、東栄町ならではの巨大チェーンソーアートの見学もしました。
【巨大チェーンソーアート/左:天地龍像、右:届け平和への祈り像】
30_2014082512473625d.jpg 31_20140825124738f93.jpg



奥三河再発見ツアー7 平成26年7月3日(木)
 TH鉄道企画の「初夏の涼・奥三河名滝めぐり」ツアーに行ってきました。
 奥三河再発見ツアーは、久しぶりの参加でした。
 小雨がぱらつく中、滝巡りを楽しみました。
<今回のコース>
JR豊橋駅~バスツアー(阿寺の七滝→花の木公園/昼食→鮎滝/伝統鮎漁見学→鳴沢の滝)~JR豊橋駅
 マイナスイオンを浴び、跳ねる鮎を網で捕らえる伝統鮎漁の見学もしました。 
【阿寺の七滝散策路/阿寺の七滝】
00_201407051032124d9.jpg 1_20140705103240502.jpg 2_20140705103301bb8.jpg
3_20140705103233b96.jpg 5_2014070510382620c.jpg 0_201407051038240e4.jpg
【花の木公園より】
4_201407051038301d4.jpg
【鮎滝より/伝統鮎漁】
6_20140705103830f32.jpg
20_20140705104348c54.jpg ⇒ 21_20140705104348511.jpg
22_20140705104352017.jpg ⇒ 23_20140705104352c86.jpg ⇒ 24_20140705104356746.jpg
【成沢の滝】
30_2014070510492115b.jpg 33_201407051049226e3.jpg 31_20140705104923bca.jpg



奥三河再発見ツアー6 平成25年10月21日(月)
 TH鉄道企画の「奥三河の紅葉狩りと道の駅めぐり」ツアーに行ってきました。
 奥三河再発見ツアーの参加は6回目です。
<今回のコース>
JR豊橋駅~バスツアー/道の駅・こんたく長篠 → 道の駅・どんぐりの里 → 道の駅・つぐ高原グリーンパーク → 休暇村・茶臼山高原 → 道の駅・信州新野千石平 → 道の駅・グリーンポート宮嶋~JR豊橋駅
 初秋の一日を、特産品と・新鮮野菜がいっぱいの道の駅めぐりをしました。 
【こんたく長篠/どんぐりの里いなぶ/つぐ高原グリーンパーク】
4_2013102310055690d.jpg 6_20131023100556c63.jpg 5_20131023100557c6e.jpg
【信州新野千石平/グリーンポート宮嶋/休暇村・茶臼山高原】】
3_20131023100557baa.jpg 2_20131023100558fe1.jpg 1_20131023100558c6a.jpg
 自然いっぱいの奥三河を満喫しました。
【初秋の奥三河】
29_201310231016528d4.jpg 30_20131023101652862.jpg 31_20131023101651fb9.jpg
9_20131023101054c82.jpg 10_20131023101054339.jpg 11_20131023101054357.jpg 12_201310231010533b2.jpg 15_2013102310213075a.jpg 16_20131023102130d6a.jpg 17_20131023102128f6f.jpg
40_201310231016513e6.jpg



奥三河再発見ツアー5 平成25年9月19日(木)
 TH鉄道企画の「四谷千枚田と旧田口線ウォーキングとお蕎麦ランチ」ツアーに行ってきました。
 奥三河再発見ツアーの参加は5回目です。
<今回のコース>
JR豊橋駅~バスツアー(四谷千枚田散策、旧田口線ウォーキング、山びこの丘でお蕎麦ランチ、 ゆーゆありいなで入浴)~JR豊橋駅
 「四谷千枚田」では、黄金色に実った稲が稲架(はぜ)に並びきれいでした。
【四谷千枚田】
1_2013092410212454d.jpg 2_2013092410212396b.jpg 3_20130924102123dd4.jpg 4_201309241021239df.jpg 6_20130924102122222.jpg
 その後、田口線の廃線跡をのんびりとウォーキングしました。
【海老トンネル/廃線跡/滝上駅跡】
10_20130924102455630.jpg 11_20130924102455e80.jpg 12_2013092410245499e.jpg
【元気にウォーキング/沿線風景/三河海老駅跡】
13_201309241024543fa.jpg 14_20130924102454868.jpg 15_20130924102450c4d.jpg
【双瀬トンネル/元気にウォーキング/海老川鉄橋跡】
16_2013092410282376b.jpg 17_20130924102822df8.jpg 18_20130924102822b12.jpg
 昼食は、「山びこの丘」でお蕎麦をいただきました。
 近くの「周昌院」を参拝し、ツアーの締めは、リッラクスタイム。
 「ゆーゆありいな」で入浴しました。
【周昌院/山びこの丘/ゆーゆありいな】
19_2013092410282267f.jpg 20_20130924102821c73.jpg 30_201309241028211fa.jpg



奥三河再発見ツアー4 平成25年4月29(月)
 TH鉄道企画の「地元ガイドと歩く惜春の奥三河きららの森とどんぐりの湯」ツアーに行ってきました。
 奥三河再発見ツアーの参加は4回目です。
<今回のコース>
豊橋駅前~きららの森(散策・昼食)~どんぐりの湯(入浴)~豊橋駅前
 きららの森は、東海道自然歩道を含む散策路が整備されています。
 地元ガイドの案内で森内をのんびり散策し、森林浴と自然を楽しみました。
 段戸湖は町営の釣り堀で、多くの釣り客で賑わっていました。
 バードウォッチングもでき、野鳥の撮影をしている人々にも出会いました。
【ガイド説明/原生林】
1_20130430221634.jpg 5_20130430221633.jpg 6_20130430221632.jpg
【元気にウォーキング/段戸湖/野鳥の撮影】
2_20130430221634.jpg 3_20130430221633.jpg 4_20130430221633.jpg
 コース内に有った、「夫婦樅の木」にパワーを頂きました。
【夫婦樅の木】
8_20130430221954.jpg
 ウォーキングの後は、どんぐりの湯で〝湯ったり・癒っくり・憩いの時間(ユッタリ ユックリ イコイノジカン)〟を過ごしました。
 日ごろの疲れが吹っ飛び、リラックスできました。
 入浴前に、どんぐりの湯の近くにある武節城址に寄りました。
【武節城址/どんぐりの湯】
9_20130430221953.jpg 10_20130430221953.jpg



奥三河再発見ツアー3 平成25年3月19(火)
 TH鉄道企画の「奥三河の味手作り体験と早春の河津桜とおしどりの里」ツアーに行ってきました。
 奥三河再発見ツアーの参加は3回目です。
<今回のコース>
豊橋駅前~設楽・こんにゃく村(こんにゃくと金山寺味噌手作り体験)~三河路(昼食)~四谷千枚田~おしどりの里~長篠河津桜~豊橋駅前
 設楽町のこんにゃく村で、こんにゃくと金山寺味噌の手作り体験をしました。
 先ず、こんにゃく作りにチャレンジ。 
  ▼こんにゃく芋の芽を取ってよく洗い、適当な大きさに切って茹でる。
  ▼3cm角ぐらいに切り、水と一緒にミキサーで混ぜ、1時間ほどねかせる。
 準備してあったこんにゃくを少し練り、石灰を加えよく混ぜ、形を整えて、25分ほど茹でて完成です。
【こんにゃく村/こんにゃく芋】
4_20130321111131.jpg 5_20130321111131.jpg
【こんにゃく作り体験】
6_20130321111131.jpg 7_20130321111130.jpg 8_20130321111130.jpg 9_20130321111130.jpg 11_20130321111432.jpg 12_20130321111432.jpg
 こんにゃくを茹でている間に、金山寺味噌を作りました。
 麹は
  ▼麦麹とみりんを混ぜ、1~2日寝かせ、醤油と砂糖を入れ煮立て、冷まし、よく混ぜ、2~3日おいたもの
 具材は
  ▼なす・きゅうりは、前もって塩漬けしておき、好みの塩加減になるよう塩抜きしたもの。
  ▼にんじん・ごぼう・しょうがは、麹に入れる30分ほど前に塩漬けしたもの。
 準備してあった麹に具材を入れ、よくかき混ぜるだけです。    
 2週間ほどでおいしく食べられます。
【金山寺味噌作り体験】
20_20130321114612.jpg 21_20130321114612.jpg
22_20130321114612.jpg 23_20130321114612.jpg 24_20130321114612.jpg
 四谷の千枚田にも寄り、棚田をのんびり散策しました。
 青々とした苗や黄金色に実った稲穂に覆われている棚田を想像してしまいます。
 美しい風景に感動するでしょうね。 
【四谷の千枚田】
30_20130321142752.jpg 31_20130321142752.jpg 32_20130321142752.jpg 33_20130321142751.jpg 34_20130321142751.jpg 35_20130321142751.jpg 36_20130321143000.jpg 37_20130321142959.jpg 38_20130321142959.jpg
 おしどりの里では、運よくおしどりを見ることができました。
 非常に警戒心の強い鳥で、人の気配に敏感だそうです。
40_20130321142959.jpg
 ツアーの最後は、長篠の満開の河津桜を楽しみました。
63_20130321144357.jpg 64_20130321144356.jpg 65_20130321144356.jpg 59_20130321144356.jpg 61_20130321144356.jpg 62_20130321144356.jpg



奥三河再発見ツアー2 平成25年3月19(火)
 TH鉄道企画の「飯田線で行く早春の奥三河最深地富山散策と湯の島温泉」ツアーに行ってきました。
 奥三河再発見ツアーの参加は2回目です。
 今回は、飯田線に乗り、愛知県の最北・富山地区を散策するツアーでした。
<今回のコース>
豊橋駅前~東栄駅(飯田線)大嵐駅~富山地区散策(熊野神社・四五六の滝)~湯の島温泉(入浴・もちつき体験)~豊橋駅前
 東栄駅から飯田線に乗り、大嵐駅までのローカル線の旅を楽しみました。
 天竜川を眺めながらの昼食は、空気もおいしく最高でした。
【東栄駅】
1_20130304154503.jpg 2_20130304154502.jpg
【中部天竜駅】
3_20130304154502.jpg 4_20130304154501.jpg 5_20130304154501.jpg
【大嵐駅】
6_20130304154639.jpg 7_20130304154638.jpg
【大嵐駅前の天竜川】
11_20130304154827.jpg 12_20130304154827.jpg 15_20130304154826.jpg 8_20130304154829.jpg 9_20130304154828.jpg 10_20130304154828.jpg
 橋を渡れば、愛知県。
 富山地区をロバの先導にてウォーキング、熊野神社・四五六の滝を見物しました。
【元気にウォーキング/ロバが先導/ロバとRちゃん】
16_20130304155752.jpg 17_20130304155751.jpg 18_20130304155751.jpg
 散策後、秘湯〝湯の島温泉〟で心身を癒しました。
【熊野神社/四五六の滝/湯の島温泉】
19_20130304155750.jpg 20_20130304155750.jpg 21_20130304155749.jpg
 温泉でリラックスした後は、もちつき体験です。
 栃の実をつきこんで、餡子でつきたての餅を、おいしくいただきました。
 自分がついた餅だからでしょうか。特においしく感じられました。大満足です。
【もちつき体験】
22_20130304161136.jpg 23_20130304161136.jpg 24_20130304161135.jpg
【つきたてを早速試食/湯の島温泉より】
30_20130304161135.jpg 31_20130304161134.jpg 50_20130304161134.jpg



奥三河再発見ツアー1 平成25年2月6(水)
 TH鉄道企画の「茶臼山スノーシューハイキングと湯~らんどパルとよね」ツアーに行ってきました。
 奥三河再発見ツアーに初参加です。
 雪の茶臼山高原をウォーキングし、温泉で疲れを癒すコースでした。
<今回のコース>
豊橋駅前~休暇村・茶臼山高原(昼食)~茶臼山高原(スノーウォーキング)~茶臼山・高原の美術館(見学)~湯ーらんどパルとよね(入浴)~豊橋駅前
 豊橋駅前からバスで、休暇村・茶臼山高原を目指します。
 茶臼山高原の標高は、1,237mだそうで、一面銀世界でした。
 雪景色は、心をウキウキさせてくれます。(雪国の人たちには申し訳ないのですが……)
【茶臼山高原/休暇村・茶臼山高原/銀世界】
0_20130207175727.jpg 1_20130207175727.jpg 2_20130207175726.jpg
 スノーシューウォーキングにチャレンジしました。
 雪の積もった高原を初めて歩きました。
 心配したスッテンコロリンもなく、元気いっぱいのウォーキングとなりました。
【ウォーキング開始/雪のジュウタンの上を/休憩中】
3_20130207180215.jpg 4_20130207180214.jpg 7_20130207180214.jpg
【白銀の世界】
12_20130207180214.jpg 10_20130207180214.jpg 11_20130207180214.jpg
 ウォーキング後半に雪が降りだし、雪の中のウォーキングを満喫しました。
【雪降る中を】
14_20130207180542.jpg 15_20130207180542.jpg
 90分のウォーキングの後は、美術館見学と温泉です。
 美術館では、奥三河の風景写真を堪能しました。
 温泉でリラックス、冷えた心身が温まり疲れが吹っ飛びました。
【茶臼山・高原の美術館/湯ーらんどパルとよね】
30_20130207180542.jpg 40_20130207180542.jpg



奥三河の恵み体験ツアー 平成24年11月20日(火)・21日(水)
 TH鉄道企画の「奥三河の恵みを体験しよう」に行ってきました。
 愛知県委託事業で、Cコースの「戦国歴史探訪」に応募しました。
 一泊二日のコースは、ガイド付きのバスツアーでした。
 山里暮らし体験中の「山里ガール=K.Yちゃん」が、特別参加で同行され、楽しい旅となりました。
<今回のコース>
一日目:浜松駅前~豊橋~吉田城~作手道の駅「つくで手作り村」(昼食)~作手古城めぐり(亀山城・古宮城)~鳳来寺本堂・東照宮・夕陽見学~湯田谷温泉(泊=翠明)
二日目:湯谷温泉~長篠城址・保存館および周辺史跡見学~鳳来寺山・雲竜荘内仏法荘(「戦国ぐるめ街道」試食会~新城・設楽原歴史資料館・馬防柵~豊橋~浜松駅前
 吉田城では、池田石垣、石垣の刻印について勉強しました。
【吉田城/最古の池田石垣/刻印のある石垣】
1_20121127214422.jpg 2_20121127214422.jpg 3_20121127214422.jpg
 三河奥平家の本城である亀山城址と、愛知県ベスト3の城・古宮城址の見学をしました。
【亀山城入口道標/亀山城址碑/城址内の紅葉】
4_20121127214422.jpg 5_20121127214421.jpg 6_20121127214421.jpg
【白鳥神社より/古宮城址内の巨木/幾重もの土塁・深堀で敵を防御】
10_20121127214734.jpg 11_20121127214734.jpg 12_20121127214734.jpg
 地元食材を使った田舎料理がおいしい「とんちんかん」で昼食。
【作手道の駅/とんちんかん】
7_20121127214735.jpg 8_20121127214734.jpg
 紅葉まつり中の鳳来寺にて東照宮、本殿も見学しました。
 山に沈む夕陽、紅葉は見事でした。
【鳳来寺東照宮】
13_20121127215006.jpg 14_20121127215006.jpg
【鳳来寺本殿/鏡のついた珍しい絵馬/鳳来寺より】
15_20121127215006.jpg 16_20121127215006.jpg 17_20121127215005.jpg
【きれいな紅葉と夕陽】
18_20121127215005.jpg 19_20121127215216.jpg 20_20121127215215.jpg
【田舎暮らし体験中の山里ガール】
21_20121127215215.jpg
 湯谷温泉の旅館「翠名」で一泊。
 夕食後「戦国の語りべ」に参加しました。
 お茶けとお酒とサキイカで、長篠城をめぐる織田、徳川軍と武田軍の壮絶な戦いの時代にタイムスリップしました。
【湯谷温泉/旅館・翠明】
25_20121128085208.jpg 22_20121128085209.jpg
【戦国語りの夕べのワンシーン】
30_20121128085208.jpg
 たまたま、東海テレビで「山里ガールの奮闘記」を放送していました。
【テレビ出演中】
23_20121128085208.jpg 24_20121128085208.jpg
 翌日朝食前に、宇連川沿いを散策し、岩や滝・板を敷き詰めたような川底・鮮やかな紅葉を堪能しました。
【宇連川沿いの眺めは最高】
40_20121128110645.jpg 41_20121128110645.jpg 42_20121128110645.jpg 43_20121128110644.jpg 44_20121128110644.jpg 45_20121128110644.jpg
 長篠城址にて、周辺の史跡と保存館を見学しました。
【長篠城址/長篠本丸跡/保存館】
59.jpg 60_20121128112058.jpg 61_20121128112057.jpg
 鳳来寺山・雲流荘内の仏法荘にて、「戦国ぐるめ街道」の試食会があり、お腹いっぱい試食させて頂きました。
 アンケートを基に工夫を重ね、よりおいしく来年五月デビューする予定だそうです…楽しみです。
 個性あふれるネーミングにも注目です。
【戦国ぐるめ海道幟/戦国ぐるめ試食会場/雲流荘内仏法荘】
63_20121128112057.jpg 64.jpg65.jpg
【試食会でのあいさつ】
66.jpg
【美味しそうな試食品の数々】
71.jpg 72.jpg 74.jpg 77.jpg
 希望者は鳳来寺の石段体験ということで、傘杉まで行き引き返しました。
 石段前の紅葉は真っ盛りできれいでした。
【きれいな紅葉】
80_20121128114247.jpg 81_20121128114247.jpg

【石段が続く/仁王門/笠杉前にて】
82.jpg 83.jpg 84.jpg
 武田軍の騎馬隊を迎え撃つための馬防柵…再現されたものですが先人の知恵が感じられます。
【馬防柵/馬防柵全景/連合軍の鉄砲隊】
90_20121128114823.jpg 91_20121128114822.jpg 85.jpg
 最後は、設楽原資料館で、決戦を望む丘の上にありました。
 多数の火縄銃が展示されていました。
 合戦で亡くなった多数の兵士の霊を弔う塚がありました。
【設楽原資料館/屋上より/信玄塚】
92.jpg 99_20121128114822.jpg 93.jpg
 今回のツアーは「戦国歴史探訪」というツアーであり、ガイドの名調子に引き込まれました。
 戦国時代ファンのたけジャッパンには、最高の企画でした。
 また、こんな企画のツアーがあれば参加したいです!
 たけジャパンは、奥三河って魅力一杯なのに、素通りしていたんです。
 もったいない!
2017/04/15

楽しかった旅の記録

一人で、家族と、友達と………楽しかった旅をいろいろお届けします
夜桜見物で方広寺へ 平成29年4月9日(日)
 娘の誕生日のお祝いと、初孫の小学校入学のお祝いで、回転寿司に行きました。
 腹ごなしと酔いざましで、奥山の方広寺に夜桜見物に行きました。
 数年前まではライトアップされていたのに今年は中止なのかな?
 防犯灯と月の光だけでしたが楽しめました。
a (1) 3_20170413113219891.jpg c (1) 6_201704131132221d3.jpg



親睦会で北陸の旅 平成29年3月25(土)・26日(日)
 町内親睦会のバス旅行で北陸路を訪ねました。 
<今回のコース>
 浜松~永平寺(参拝・昼食)~越前竹人形の里(工房見学)~東尋坊(散策)~(芦原温泉泊・グランディア芳泉)~近江町市場~ひがし茶屋街~兼六園(見学・昼食)~浜松
 「永平寺」を参拝しました。
 約770年前に道元禅師によって開かれ、境内は三方を山に囲まれた深山幽谷の地で、大小70余りの建物が並んでいます。
 現在は、曹洞宗の大本山として、僧侶の育成と檀家信徒の信仰の源となっています。 
【永平寺】
1_20170401001251f05.jpg 2_20170401001253b8b.jpg 5_201704010012551d1.jpg
15_20170401001549de4.jpg 16_2017040100155182a.jpg 19_20170401001552287.jpg
10_201704010012567c3.jpg 11_20170401001258a91.jpg 24_20170401001453435.jpg
 創作「竹人形館」に寄りました。
 大胆に、そして細心に造形された越前竹人形は、まさに絶妙な匠の技というべき伝統美の世界です。
【越前竹人形館】
27_2017040100173291c.jpg 28_20170401001734694.jpg 32_201704010018144ab.jpg
34_20170401001815a96.jpg 35_20170401001817a55.jpg 45_20170401001923060.jpg
46_20170401001925554.jpg 37_20170401002112ba5.jpg 39_20170401002113580.jpg
31_2017040100364137b.jpg
 たけジャパンが一番行きたかった「東尋坊」です。
 東尋坊は波の浸食によって荒々しくカットされた断崖絶壁が続く奇勝地です。
 そんな大迫力の東尋坊が、三国町の海岸線約1Kmにわたり続きます。
 〝輝石安山岩の柱状節理〟という地質学的にも珍しい奇岩は、世界にも東尋坊を含め3ヶ所しかないと言われ、国の天然記念物に指定されています。
  高さ55mの東尋坊タワーや、周辺の奇岩をめぐる遊覧船からも景観が楽しめます。
【東尋坊】
48_20170401003803260.jpg 50_20170401003805a67.jpg 57_20170401003912472.jpg
58_201704010040103a6.jpg 63_20170401004013a6d.jpg 67_20170401004015300.jpg
68_20170401004016066.jpg 69_201704010041264c3.jpg 72_201704010041286dc.jpg
52_20170401004154f5d.jpg
 バス内では・・・飲んで飲んでビンゴして・・・楽しみましたが、お楽しみの本番は、天然温泉で心を癒した後の大宴会(?)です。
 越前の味覚を堪能し、カラオケで盛り上がりました。
 おいしいお酒もたっぷりいただきました。
【芦原温泉・芳泉】
75_20170401005910514.jpg 77_201704010059137a9.jpg 88_20170401005946299.jpg
91_201704010101006b5.jpg 107_20170401010101bff.jpg 111_20170401010103015.jpg
133.jpg
 金沢市民の台所「近江町市場」で買い物です。
 商店は現在約185店舗あります。
 鮮魚・青果・菓子・昆布・蒲鉾製造販売・豆腐製造販売・花など食材、生活用品などピンからキリまで何でもそろいます。
 新鮮で豊富な品揃え、そして対面販売、威勢のいい売り子の声がひびく市場の雰囲気が魅力です。 
 家族へのお土産は海産物です。
【近江町市場】
134.jpg 135.jpg
 「ひがし茶屋街」を散策しました。
 ひがし茶屋街は金沢に残っている3つの茶屋街の中でも最も規模が大きな茶屋街です。
 美しい出格子がある古い街並みが残り、昔の面影をとどめています。
 五木寛之著〝鷺の墓〟の舞台としても知られています。
 平成13年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、〝街並みの文化財〟として保存策が進められています。
 アート空間の〝ひかり蔵〟は、純金プラチナ箔で仕上げた外壁の迫力ある美しさと土壁に純金箔24Kを使用して仕上げた内壁も必見で、眩しいほどの輝きは不思議な魅力に満ちた蔵です。
【ひがし茶屋街】
141.jpg 140.jpg 147.jpg
148.jpg 143_20170401011025328.jpg 144_20170401011027d3d.jpg
 最後の目的地は「兼六園」です。
 水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の一つです。
 〝宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望〟の6つの景観を兼ね備えていることから命名したそうです。
 春夏秋冬それぞれに趣が深く、季節ごとに様々な表情を見せますが、特に雪に備えて行われる〝雪吊り〝は冬の風物詩となっています。
 残念ながら〝雪吊り〟は撤去されていて見ることはできませんでした。
【兼六園】
290326 (149)兼六園 151_201704010112481fc.jpg 158.jpg
150.jpg 154.jpg 157.jpg
160.jpg 159.jpg 163.jpg
 墨絵のような車窓からの雪山に見とれてしまいました。
【雪景色】
168_20170401011839fa3.jpg 171.jpg 166_20170401011837b26.jpg
 平成24年の2月4日に、たけジャパンが兄たちと旅行した時の「永平寺」と「兼六園」のスナップです。
4_201704021059373bb.jpg 2_201704021100497a0.jpg 3_20170402110051faf.jpg
次へ>>

■  プロフィール

たけジャパン

Author:たけジャパン
<座右の銘>                   ・謙虚に/デシャバラナイ               ・素直に/ウラギラナイ                ・朗らかに/マエムキニ
<好きな事>                   ・小旅行                    ・ウォーキング
・読書
・サッカー
<性格>                     ・気まぐれだけど一直線

 




■  カテゴリ

はじめに (1)
今日も楽しく (10)
ソフリエ (16)
ウォーキング (9)
読書日記 (7)
ねんぱく旅行記 (14)
クッキング (2)
サッカーあれこれ (1)
お気に入りフォト (7)
KSしずおか (16)
KSあいち (1)
株日記 (2)

■  最新記事

■  最新コメント

■  月別アーカイブ

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  QRコード

QR