たけジャパンと右往左往・・・しま専科

趣味中心の日常生活を、勝手気ままに綴った自己満足の備忘録です。
2017/03/25

読みました

あんな本もこんな本も…読書三昧
好きな本を読んだ~読んだ~読みました。
 定年退職し、毎日が日曜日。
 時間だけは、たっぷり出来ました。
 そこで図書館の会員になり、好きな本をたっぷり読むことにしました。
 好きなジャンルは、◆推理小説と◇時代小説
 脳の活性化でボケ防止を図ります。
 自宅から図書館までのおよそ2Kmを運動を兼ねて歩きます。
平成29年…19冊読みました
平成29年3月…6冊読みました(H29.3.24)>
DSC01399.jpg
◇武田信玄の野望・上洛編(霧島那智・青樹社)
 時は戦国、風雲急を告げる乱世にあって、天下は織田信長の手中に……と思われた。だが、ついに甲斐の武田信玄が二万七千の大軍を率いて西上作戦を開始したのである。信玄は、足利将軍の「信長を討て」という御内書を出陣の口実としたが、信長を討伐した後は武田幕府を開き、天下に号令する肚づもりであった。戦国最強の騎馬軍団を率いて京を目指す信玄の前に、まず立ち塞がったのは信長の盟友徳川家康であった……。
◇武田信玄の野望・激闘編(霧島那智・青樹社)
 戦国最強とうたわれる騎馬軍団を率いて京を目指した甲斐の雄・武田信玄は、立ちふさがる徳川家康、織田信長の大軍を撃破し、ついに天下を手中におさめた。だが、越前に逃れた織田信長は信玄最大のライバルである越後の雄・上杉謙信に救いを求め、反攻の機会をうかがっていた。過去五回、川中島で死闘を繰り広げた両者が北国街道で激突する!さらに、信玄の背後には中国の覇者・毛利の足音が迫っていた。
◇武田信玄の野望・覇王編(霧島那智・青樹社)
 織田信長を京から駆逐し、悲願の武田幕府を開いた信玄は、宿敵・上杉謙信と北陸路で激突した。戦国最強とうたわれる両者の闘いは川中島以来の熾列をきわめ、ついには和睦となったが、越前と加賀を勢力図に加えた信玄にすれば勝利と呼ぶにふさわしい講和であった。だが、信玄は返す刀で丹波攻めを敢行しなければならなかった。西には中国の覇者・毛利の大軍が迫っていたのである。
◇武田信玄の野望・長征編(霧島那智・青樹社)
 天下取りの野望を抱いて西上作戦を開始した武田信玄は、途中、徳川家康の軍を撃破し、これを臣下につけると、織田信長を京から駆逐し、悲願の武田幕府を開いた。そして、東の上杉謙信と西の毛利との激戦も勝利と呼ぶにふさわしい調和で決着をつけ、すぐさま政略結婚によって絆を結んだ。だが、天下統一への道はまだまだ険しかった。海を隔てた四国、九州では、群雄が割拠し、虎視眈々と天下をうかがっていた……。
◇武田信玄の野望・西海編(霧島那智・青樹社)
 天正元年(一五七三)、京に上り、時の帝より将軍宣下を頂戴した武田信玄は、東の上杉謙信、西の毛利との戦いに勝利し、名実ともに天下人として乱世の頂点に君臨した。そして、瀬戸内海を越えて四国をまたたく間に制覇し、軍勢を九州へ向けた。だが、大友宗黽麟麾下の水軍の兵力は、信玄の予想を遙かに超えていた。南蛮渡来の新火器を擁する大友水軍の前に、武田・九鬼連合軍は退散を余儀なくされたのだった……。
◇武田信玄の野望・火国編(霧島那智・青樹社)
 戦国最強の騎馬軍団を率いて京へ上った武田信玄は、織信長を駆逐し、幕府を開き、乱世の頂点に君臨した。徳川家康、上杉謙信、毛利一族らを臣下に天下人となった信玄は、その版図を西に求め、四国を瞬く間に制覇し、九州制圧に乗り出した。豊後水道で大友宗麟の水軍に苦戦を強いられたが、何とか上陸を果たした信玄は筑後平野へ軍を進めた。そして、大友と同盟する薩摩の島津勢と激突することになったが……。
借用中(H29.3.25)
◆神戸電鉄殺人事件(西村京太郎・新潮社)
 神戸の異人館のプールで、若手女優と会社社長の死体が発見された。横浜にいた女優が、なぜ神戸で殺された?さらに、彼女の超高層マンションを訪ねた五人の男女が狙われる。プノンペンで、東京駅で、神戸電鉄の車内で。被害者を繋ぐ長い線とは?
◆秋山郷殺人秘境(梓林太郎・実業の日本社)
 私立探偵・小仏太郎が刑事時代に同僚だった若手の女性刑事・金沢夏未が何者かに刺殺された。夏未は個人的な依頼に応え、ストーカーの調査をしていたという。小仏は新潟、長野両県にまたがり、「最後の秘境」といわれた秋山郷で夏未の葬儀に出席するが、夏未は尾瀬で起きた女性遭難事件に興味を抱いていたとの証言を得る。さらに調査を進めようとする小仏だが、警視庁の元同僚・安間から「深入りするな」と忠告され……。
◆泥棒に追い風(赤川次郎・徳間書店)
 清原さつきは、裏社会ではその名を知られた<H興業>の女社長。失踪した父の代わりに跡目を継いだが、二十五歳の若さではムリがある。そんな折、父・圭介が射殺死体で発見された。父を殺したのは、葬儀に現れたあの中年男だろうか?一方、その中年男・有田広一は、会社をリストラされ、病気がちの妻と十歳の娘を食べさせるため素人泥棒に。だが盗みに入った自分に金をくれた圭介の死を知り衝撃を受ける。父の復讐を誓う娘と、さえない中年男が出会った時……。
◆姫島殺人事件(内田康夫・光文社)
 大分県国東半島の先に浮かぶ伝説の島・姫島。この島の実力者の息子属優貴男(サッカ ユキオ)が惨殺された。属は島の利権に絡むたくらみを画策、黒い交際も噂された男。死の直前に属が脅迫をしていたのが、そのころ、島を訪れていたルポライター・浅見光彦だった!さらに米軍基地移転問題を取材中のカメラマン・浦本智文が、姫島で水死体となって発見される!大分に旅立つ間際、浦本が残した謎の言葉〝太陽の山〟とは?自らの疑惑と二つの死の解明のため、浅見は再び姫島へ。だが、この美しき島では、政治家まで巻き込んだ巨大な策謀が渦巻いていた!
◇関ヶ原群雄伝Ⅰ・大谷吉勝の決意(智本光隆・学研)
 徳川家康の専横に慎る大谷吉勝は、家康との対決を決意。石田三成や真田昌幸らの協力を仰ぎ、さらに真田幸村、宇喜多秀家ら秀吉の息子たちとともに、家康の野心から豊臣家を護るため結束する。
◇関ヶ原群雄伝Ⅱ・織田秀信の覚悟(智本光隆・学研)
 ついに石田光成が決起。伏見城を陥とした大谷吉勝は、三法師と呼ばれた「豊臣の子」織田信秀が守る岐阜城で東軍を迎え撃つ。一方、徳川家康は、真田の情報封鎖により上杉との戦線を開いてしまう。吉勝たち「豊臣の子」は百戦錬磨の家康を倒せるのか?
◇関ヶ原群雄伝Ⅲ・小早川秀秋の決断(智本光隆・学研)
 織田信秀の討死の傷も癒えぬまま、矢矧川を挟んで東西両軍が対峙。一夜城を築く三成ら奉行衆の力に驚きつつ大谷吉勝、真田幸村たち「豊臣の子」は家康との決戦に向けて準備を進めていく。そのなかで、ひとり小早川秀秋だけが不可解な動きをしていた。
◇本能寺将星録上巻&下巻(智本光隆・学研)
 天正十年本能寺の変勃発。その前日に、義父である明智光秀と会話を交わした細川忠興は、信長を救うべく寺へと向かう。しかし、そこには、なぜか羽柴秀吉の寄騎となっていた高山右近の姿が。主君信長の意志を継ぎ、忠興は真の首謀者を倒すことを決意する。
平成29年2月…5冊読みました(H29.2.28)>
DSC01264.jpg
◇上杉謙信・聖戦!奥州道(霧島那智・青樹社)
 雪深い越後を出でて群雄割拠する関東と畿内を制圧した長尾景虎(のちの謙信)は、時の将軍・足利義輝より関東管領職を任じられ、上杉家の養子となり、名を輝虎と改めた。その配下には、戦国最強の家臣団は言うに及ばず、武田信玄の遺児・勝頼や松平元康(のちの徳川家康)らが控え、天下の実権はまさに輝虎の掌中に移ったかに見えた。だが、中原から遙かに離れた地では南蛮勢力を背景とする不穏な動きが……。
◇上杉謙信・北の無敵艦隊(霧島那智・青樹社)
 松平元康(のちの徳川家康)や武田勝頼らを臣下にした戦国最強の大軍団を率いる越後の上杉景虎(のちの謙信)は、怒涛の勢いで関東と畿内を制圧し、足利幕府に代わって政治の実権を握った。だが、中国の毛利、九州の大友がその牙を研いでおり、天下の趨勢はまだまだ予断を許さなかった。輝虎は西国平定戦の前に後顧の憂いを断つべく、奥州遠征を決行し、みちのくの雄・最上氏を蹴散らし、津軽の地に兵を進めたが……。
◇上杉謙信・激突!山陽道(霧島那智・青樹社)
 名だたる武将をひき従えて、関東と畿内を平定した上杉景虎(のちの謙信)は、足利将軍に代わって政治の実権を握った。奥州遠征でもその軍は怒涛の進撃見せ、輝虎はついに西国制圧へ乗り出した。だが、中国の覇者・毛利氏はこれまでの敵と違っていた。但馬・播磨国境の生野銀山を奪取しようともくろむ輝虎だったが、猛将・吉川元治率いる毛利勢の奇襲に遭い、上杉軍は最大の危機に……。
◆函館殺人坂(梓林太郎・実業の日本車)
 私立探偵・小仏太郎は、警察時代の同僚からある男の捜索依頼を受けた。豪雨の夜、移送中の参考人を逃がしてしまったという。名前は田宮英明。八年前、警察官だった父親を強盗犯に殺され、その復讐として父の葬儀前日に犯人を銃撃した疑いをかけられていた。英明は事件直後から失踪しており、時を経てようやく捕まえた矢先の逃亡だった。英明の居場所を突き止めるべく小仏が調査を始めると、かつてかれと交際していたらしい女・淡谷利音の存在に辿り着く。類まれな美貌をもった彼女は、英明の父親と同じ函館の出身なのだというが。わずかな手がかりを追い、小仏は函館へ飛ぶ!
◆二重逆転の殺意(姉小路祐・徳間書店)
 見当たり捜査とは、指名手配の出ている人間の顔写真を覚えて街角で発見し逮捕することを指す警察用語である。ウラやんこと浦石大輔は、大阪府警道頓堀署の見当たり班を担当して八年になる。昨年大阪府警は八三八人の指名手配を逮捕し、その一割以上が、見当たり犯による検挙だった。熱海の老舗ホテル「喜多野」の経営者・喜多野栄一郎は追い詰められていた。客の減少と妻の入院、それに、関西のやくざの宴会を断ったことによろ嫌がらせが追い打ちをかけた。そこに「中小企業を救う」というファクスが届き……。
平成29年1月…8冊読みました(H29.1.31)>
DSC01082.jpg
◆捜査刑事(小林久三・桃園書房)
 妻殺しの容疑の男が無罪放免となったとたん、捜査にあたった刑事のところに、いやがらせの電話が掛かり、動物の死骸が送りつけられた。だが、事態はそれだけにとどまらなかった。男を逮捕した部長刑事が川で死体となって発見されたのだ。
◆焼岳・殺意の彷徨(梓林太郎・徳間書店)
 北アルプス・焼岳で顔を見まみれにした男性の遺体が発見された。遺体は側頭部を割られており、転落死と思われた。だが、発見現場から離れた場所で見つかった血痕が被害者のものと一致したことから、捜査本部は殺人と断定した。被害者は千堂士郎。東京・世田谷で内科医院を開業していた。長野県警豊科署の道原伝吉警部は、千堂夫妻は別居していたことを知る。さらに、同居している娘の波留子は実は養子で、実子の秀隆は、中学の時補導されて以来、両親のもとにもどっていないという。 
◆卒業・セイラー服と機関銃・その後(赤川次郎・角川書店)
星泉・十八歳。幼いころ母を亡くし、去年父も交通事故で死んで、天涯孤独の一人ぼっち。そして父の死をきっかけに<目高組>という、消滅寸前のヤクザの組長に就任するはめとなり、麻薬をめぐるヤクザの抗争に巻き込まれ大暴れ。その後<目高組>も解散。あれから一年。少しは女らしくなった泉に、また騒動が。 
◆ゴールド・マイク(赤川次郎・幻冬舎)
 あすかと佳美は「ゴールド・マイク新人大賞」にデュオで出場したが、あすかだけがスカウトの目にとまり、一躍トップアイドルに。だが、デビューがもたらしたのは成功だけではなかった。落ち目のタレントには逆恨みされ、政治家の餌食にもされそうになる。引抜きのために、プロダクションは罠を仕掛け、家族の弱みを握ろうとする。ターゲットにされた兄・亮は失踪。そんなあすかの数々の危機をいつも救ってくれるのは佳美だった。はたしてあすかは歌いつづけられるのか? 
◆日本海流殺人事件(斉藤栄・廣済堂)
莫大な遺産を九州から北海道へ、陸、海、空の三つのルート使って歴史的な日本縦断輸送が、おこなわれることとなった。護衛する<芸術犯罪担当>の牧警視の間隙をつき、各コースで続発する殺人事件と盗難!消えた美術品の意外な保管場所は?
◇上杉謙信の野望・死闘!川中島(霧島那智・青樹社)
 戦国の世、強大な軍事力と謀略をもって信濃を手中し、その版図を拡大しつつあった甲斐の武田晴信(信玄)に対し、越後の長尾景虎(のちの上杉謙信)は、正義の戦いを挑んだ。激戦につぐ激戦を繰り広げた川中島合戦だったが、景虎は、三度目にして、決着をつけんと、忍びの者を駆使して探り当てた晴信の本陣へ小部隊で奇襲をかけたが……。
◇上杉謙信の野望・怒涛の東征軍(霧島那智・青樹社)
 信玄公死す―戦国最強とうたわれた甲斐の武田軍敗北の報は、諸国をかけめぐり、天下を狙う武将たちを震撼させた。川中島の一騎打ちで宿敵・信玄の首をとった越後の長尾景虎(のちの上杉謙信)が、一躍天下取りの主役になったのだ。だが、武田と軍事同盟を結ぶ北条と今川が新たな敵として景虎の前に立ちはだかった。圧倒的な武力によって関東を支配する北条氏に対し、景虎は関東管領を立てて聖戦を挑んだが……。
◇上杉謙信の野望・中原進攻作戦!川中島(霧島那智・青樹社)
 川中島合戦で宿敵武田晴信(信玄)を破った長尾景虎(のちの上杉謙信)は、その遺児・諏訪勝頼を味方につけ、信濃を制圧した。また、北条氏に追いやられた関東管領の上杉憲政を立てて関東に攻め入ると、三国同盟を組んで対する北条、今川、武田を次々に撃破、東国は景虎の手中に落ちた。もはや京への道をふさぐ者はなく、三好長慶らに蹂躙される朝廷と幕府を救うために、景虎はついに中原へ歩を進めた……。
スポンサーサイト
2017/03/21

たけジャパンとサッカー

還暦を過ぎてもまだまだ現役!サッカーって元気の源!
今年も還暦サッカーに参加 平成29年3月19日(日)
 今年も浜松地区の還暦を過ぎた親父たちが集まって「還暦サッカー」を行いました。
 還暦になった人に記念品を贈って、一緒にサッカーを楽しみました。
 46人を4チームに分け総当たりリーグ戦を行いました。 
 皆さんまだまだ元気いっぱいです。
 珍プレーは場内を沸かします。
 たけジャパンは、10年連続の参加で、記念品をいただきました。
 10分ハーフを3試合、60分動けたことに自己満足。
 来年は3月18日とのこと、節制して来年も参加するぞ!
【還暦者と10年連続参加者/我がCチームの皆さん】
1_20170320144631d20.jpg 5_20170320144633dac.jpg
【試合風景/スコアボード/いただきました】
3_20170320144632846.jpg 6_201703201446359ac.jpg 7_20170320144636d8b.jpg
 3月21日のS岡新聞の朝刊に載りました。
0_20170321071109be0.jpg



渚園サッカー 平成28年11月12日(土)
 今年も浜松市西区の渚園で親善試合をしました。
 シニアの〝サッカー馬鹿達〟5チームが集まりました。
 20分を5本(2.5試合分)の熱戦で心地よい汗をかきました。
 まだまだ、グランドを元気に動けることに自己満足。
 夜の慰労会では、サッカー仲間とおいしい酒と肴とカラオケを楽しみました。
1_20161116111100cc7.jpg 2_2016111611110308f.jpg
3_20161116111103a22.jpg 4_20161116111104778.jpg
5_20161116111130888.jpg 6_2016111611113100c.jpg
7_20161116111133a4e.jpg 8_201611161111342d8.jpg



河川敷サッカー 平成28年10月22日(土)
 今年も親善シニアサッカー・島田・川根大会に参加しました。
 10月の21日(金)と22日の2日間、愛知県(1チーム)、神奈川県(2チーム)、山梨県(2チーム)、地元静岡県(5チーム)が参加し、親善と交流をはかりました。
 試合時間は、シニアの大会らしく20分ハーフで行いました。
 60歳を過ぎたサッカー馬鹿の集まりらしく、好プレー?の連続でした。
 〝サッカーは元気な源〟そんな多くの仲間が大井川の河川敷で元気一杯のプレーで大会を盛り上げました。
a_20161023171457d52.jpg



今年も還暦サッカーに参加 平成28年3月20日(日)
 今年も浜松地区の還暦を過ぎた親父たちが集まって「還暦サッカー」を行いました。
 還暦になった人に記念品(赤いチャンチャンコではなく赤いサッカーパンツ)を贈って、一緒にサッカーを楽しみます。
 36人を3チームに。
 いずれも接戦で、まだまだ元気いっぱい〝好プレー〟の連続でした。
 当然ながら〝珍プレー〟もありました。
 たけジャパンは、体調を管理して最低でも「もう5回」参加したいと思っています! 
<リーグ戦結果>
 1.Aチーム (1:0) Bチーム
 2.Bチーム (0:0) Cチーム
 3.Cチーム (2:0) Aチーム   で、Cチームが優勝でした。
1 (2)



親善シニアサッカー大会 平成26年11月19日(水)・16日(土)・15(土)
 シニア大会の熱戦が、19日のS新聞朝刊に掲載されました。
3_20141119070248fb7.jpg
 第1回親善シニアサッカーK根大会に助っ人で参加しました。
 静岡県内4シニアチームと神奈川県と愛知県のシニアチームを迎えて6チームが、2日間で4試合ずつ行いました。
 元日本代表だったM永選手や、サッカー漫画家のM月さんと同じグランドでプレーでき感激でした。
 体力的にはきつかったのですが、サッカー仲間と楽しく、親睦を深めることができました。
 サッカー大好きおじさん達にパワーをいただき、もう10年頑張れるかなと思いました。
1_201411170116484e5.jpg
2_201411170105015f6.jpg 5_2014111701042995a.jpg



フレンドマッチ 平成26年11月8日(土)
 月2回練習をしていますが、今日は久しぶりのフレンドマッチ。
 浜松市のNS園サッカー場に5チームが集まりました。
 各チーム20分を5本から6本行い親睦を深めました。
 秋の一日、心地いい汗をかきました。
 楽しかったのですが、体はボロボロで~す。
1_2014110911432570f.jpg
2_20141109114324667.jpg 3_20141109114324c80.jpg



還暦サッカー 平成26年3月16日(日)
 毎年恒例・春のイベント「還暦サッカー」をやりました。
 毎年、60歳を迎えたサッカーマンをお祝いします。
 もちろん本日の主役です…本年は対象者がありませんでしたが。
 60歳を過ぎた現役サッカーマンが集い、紅白に分かれ、親睦を深めます。
 それにしても、みんな元気です。サッカーが大好きなんですね。
 来年の再会を約束し、お開きとなりました。
1_201403171145267fc.jpg



高校OBサッカー大会 平成26年3月8日(土)
 今日は、静岡県西部地区の高校OBサッカー大会でした。
 40才以上の部、40才以下の部は、トーナメント戦です。
 60才以上の部に参加しました。
 結果は?
 助っ人や新人の頑張りで、念願の初勝利が出来ました。
 二戦目は、平均年齢差が出たのか完敗でした。
 ▼混成OB  0-1 JH工高OB
 ▼混成OB  4-0 JH工高OB
 ▼会場    県営海浜球技場
1_201403111737517d0.jpg



シニアサッカーフェスティバル 平成25年6月15日(土)・16日(日)
 エコパで行われた「第2回県シニアサッカーフェスティバル」に参加しました。
 60才以上のシニアチーム・49団体が全国から参加しました。
 「生涯現役」と「親睦」がテーマで、各チームは2日間で3試合行いました。
 我がチームも、福島・大阪と奈良のシニアチームと戦い、善戦しましたが敗れました。
 相手チームは体力・技術とも上でした。
 大好きなサッカーが一杯できました。来年も!
 楽しさ90%(勝てなかったから10%マイナス)・・・心地よい疲労でした。
 
【手作りの横断幕が歓迎/熱戦風景】
1_20130617145022.jpg 1_20130618100954.jpg 4_20130617145022.jpg
【試合前】
3_20130617145021.jpg
【S新聞に記事が】
5_20130617145020.jpg



還暦サッカー大会 平成25年3月24日(日)
 三月恒例のSO父親主催の還暦サッカーに参加しました。
 60才に達したSO父親サッカーのS木さんの還暦を祝うためのサッカー大会です。
 もちろん、本日の主役はS木さん。
 その他にも60才に達した3名の初参加者がありました。
 60才は、今日のメンバーの中では若手であり、動きが違います。
 全員が還暦を過ぎたサッカーマン、紅白に分かれ15分ハーフで試合をしました。
 結果は2-0で白組が勝ちました。
 それにしてもみんな元気でした。
【記念写真】
1_20130325115327.jpg
【並んで挨拶/お手々つないで入場】
2_20130325115327.jpg 3_20130325115327.jpg 4_20130325115327.jpg 5_20130325115451.jpg



高校OBサッカー大会 平成25年3月2日(土)
 今日は、静岡県西部地区の高校OBサッカー大会でした。
 40才以上の部、40才以下の部は、トーナメント戦です。
 60才以上の部に参加しました。
 結果は?
 助っ人や新人の頑張りで善戦しましたが、今年も勝てませんでした。
 ▼混成OB  1-0 JH工高OB
 ▼磐田シニア 1-0 JH工高OB
 ▼会場    県営海浜球技場
1_20130304105959.jpg

平成24年
還暦サッカー大会 平成24年3月11日(日)
 三月恒例のSO父親主催の還暦サッカーに参加しました。
 60才に達したSO父親サッカーのS田さんの還暦を祝うためのサッカー大会です。
 もちろん、本日の主役はただ一人赤パンツをはいたS田さん。
 全員が還暦を過ぎたサッカーマン、紅白に分かれ15分ハーフで試合をしました。
 結果は0-0で引き分け。
 急遽PK戦を行い、6人目で決着し白組が勝ちました。
 それにしてもみんな元気でした。
【試合前】
1_20120312085437.jpg
【試合後】
2_20120312085437.jpg



高校OBサッカー大会 平成24年3月3日(土)
 今日は、静岡県西部地区の高校OBサッカー大会でした。
 40才以上の部、40才以下の部に分かれてのトーナメント戦です。
 60才以上の部はネンリンピック選考会を兼ねています。
 たけジャパンは、60才以上の部に出る予定でしたが、右ひざの具合が芳しくなく欠場でした。
 練習不足でスタミナ切れ?、連携もいまいちでした。
 2試合とも同じような負けでした。
  ▼浜松KT高OB      2-0 JH工高OB
  ▼ネンリンピックチーム 7-0 JH工高OB
  ▼会場         県営海浜球技場
9_20120306095910.jpg



「KDクラブ」全国へ闘志 平成23年10月19日(水)
 10月19日の静岡新聞朝刊より
 浜松のシニアサッカーチーム「浜松KDクラブ}が紹介されていました。
 県シニアリーグで三連覇を達成し、全国大会出場を決めた。
 また、10月15日~17日に熊本県で行われた「ねんりんピック」でもグループ優勝をし、見事四年連続優勝を果たした。
 六十歳を超えても、まだ進化を続ける常勝チームです。
 天晴れ「KDクラブ」。
 おめでとう そして おつかれさまでした。

3_20111020112551.jpg



チームSSの懇親会 平成23年9月16日(金)
「チームSS」の懇親会をしました。
 新たに加入した、2名の歓迎会を兼ねて懇親会をしました。
 月1回の練習では、雨等で中止になったら2ケ月あいてしまうので、練習日を月2回にしたいとの意見があり、検討することになりました。 
 フレンドマッチをして今年を締めることになりました。
 楽しかった。 
 ▼場 所:篠原町 川金
 ▼会 費:5,000円
 ▼参加者:14名
2_20110918105938.jpg



蹴って走って青春まっただなかのオヤジたち 平成23年4月29(木)5月23日(月)
 静岡県のシニアチーム最強の「KDクラブ」がテレビで紹介されました。
 4月29日のSBSテレビ「イブニング eye」です。
0_20110514085825.jpg

 「生涯現役でサッカー」をを合言葉に浜松を拠点に活動しています。
2_20110514090252.jpg 3_20110514090252.jpg 7_20110514090251.jpg

 結成36年になります。
  ▼ねんりんピック三連覇中
  ▼県シニアリーグ二連覇中
5_20110514090114.jpg

 シニアはサッカーパンツの色で年代がわかります。
 現役最年長は、89歳のK玉さん。すごいの一言です。
1_20110514085825.jpg 4_20110514085825.jpg

 なお、KDクラブは東海代表として、5月21日(土)、22日(日)23日(月)に岡山で行われる全国大会に出場します。
 ガンバレ KDクラブ  ユウショウカップ ヲ モチカエレ
 そして結果は・・・
 見事決勝戦に進出しました。
 同じ東海代表の愛知県代表に1-1でPK戦となり、惜しくも準優勝(全国2位)でした。
 東海代表で優勝、準優勝でした。
 すごいですね。がんばりましたね。
 オツカレサマデシタ


2011やらまいかシニアサッカー大会 平成23年4月23(土)24日(日)
 4月23日と24日に「2011年やらまいかシニアサッカー大会」があり、張り切って参加してきました。
 エコパの補助グランドの4面(人工芝グランド・芝生広場1・芝生広場3・多目的広場)で熱戦が繰り広げられました。
 大会は、愛知・三重・岐阜と静岡県各地から多数のチームの参加があり盛大に行われました。
 23日は強雨、24日は晴れましたが、遠州地方独特の空っ風(強風)と天候には恵まれませんでしたが、これもまたサッカーの醍醐味でいい思い出になリました。
 大会本部のご厚意によりお茶・コーヒー・豚汁・お汁粉等が用意され、試合の合間にごちそうになりました。
 また、チーム毎の集合写真も無料で頂けるサービスもありました。
 我が「JH工高OBチーム」の成績は、
  ▼SZクラブOBに0-4で負け
  ▼FSクラブに1-0で勝ち
  ▼浜松KDクラブに0-2で負け
 でした。
 久しぶりの集まりで、チームとしては準備万端だったわけでわありませんでしたが、精一杯奮闘し、心地よい汗をかき、楽しく試合が出来ました。
 主催されました「浜松KDクラブ」の皆さんありがとうございました。
 来年も参加できるよう努力をするぞー
【試合前でまだまだ元気】
4_20110426185155.jpg
5_20110426185155.jpg
【試合が終わって】
3_20110426185154.jpg 1_20110426185154.jpg 2_20110426185154.jpg



高校OBサッカー大会 平成23年3月5日(土)
 今日は、静岡県西部地区の高校OBサッカー大会でした。
 40才以上の部、40才以下の部に分かれてのトーナメント戦です。
 60才以上の部はネンリンピック選考会を兼ねています。
 たけジャパンは、60才以上の部に出ました。
 前半は0-0で何とか凌いだが、後半はスタミナ切れ?で2失点。
 2試合とも同じような負けでした。
  ▼KDクラブ      2-0 JH工高OB
  ▼ネンリンピックチーム 2-0 JH工高OB
  ▼会場         県営海浜球技場
【第一試合開始前】【第二試合終了後】
1_20110305185012.jpg 2_20110305185012.jpg
【頑張りました】
5_20110305185012.jpg 4_20110305185012.jpg 3_20110305185011.jpg
 でもでも去年よりは、好ゲーム(善戦)だったような気がしました(自己満足)


蹴り初めしました 平成23年1月3日(月)
 JH工高グランドでH23年の蹴り初めをしました。
 1月3日は、JH工高サッカー部定例の蹴り初めが行われ、OB・父兄・現役高校生が100人ほど集まりました。
 たけジャパンは、超OB(55才以上)チームで、父兄チームと20分1本のフレンドマッチを行いました。
 結果は、0-1の惜敗・・・年齢差が出たかな?
 おにぎり・豚汁をごちそうになりました。
【超OBチーム】
3_20110103125315.jpg
【和気あいあい/試合後テレビの箱根駅伝を見ながら会食】
1_20110103125314.jpg 2_20110103125314.jpg



ちょっと早い忘年会 平成22年11月22日(月)
 「チームSS」の忘年会をしました。
 ▼場  所:鍛冶町 鮨和
 ▼会  費:6,000円
 ▼参加者:10名
 今回も雨でしたが、予定通り19時に始まりました。
 月1回の練習を2回にしたいと意見があり、2回参加がベストであるが、最低1回をノルマにしました。
 タノシカッタ ツギハイツカナ

 
「チームSS」の懇親会をしました 平成22年6月18日(金)
 「チームSS」の懇親会をしました。
 ▼場  所:篠原町 川金
 ▼会  費:5,000円
 ▼参加者:14名
 あいにく小雨でしたが、開始の19時にはほとんど集まっていました。
 さすが時間に厳しい(?)サッカーマン。
 最長老(77才)のあいさつ、乾杯と進み、全員揃ったところで記念写真を撮りました。
g+007_convert_20100619081844.jpg

 チームのテーマは「勝敗にこだわらず、サッカーを思い切り楽しもう
 「チームSS」が長続きできるように、活発に熱いトークが始まりました。
  ▼各個人で無理のない体調管理を
  ▼定例の練習会に多数が参加を
  ▼フレンドマッチや遠征試合を
  ▼新規メンバーの勧誘を
 全員自己紹介をして、お開きとなりました。 
 タノシモウ エイエンノ サッカーマンタチ


武田の里サッカーフェスティバル大会に参加しました 平成21年10月31日(土)~11月1日(日)
 たけジャパンは、ねんりんピックに一緒に参加したご縁で、KDクラブの遠征試合に参加させていただきました。
 KDクラブは、「親睦第一」「生涯現役」をモットーにしている浜松市を拠点に活動をしている強豪クラブです。
 大会名は、「第29回武田の里にらさきサッカーフェスティバル」シニアの部でした。
 シニアの部は、60才以上のサッカーおじさんの大会です。
 今回は、東京・神奈川・長野・静岡・地元山梨から8チームが参加し、熱戦を繰り広げた2日間でした。
 A・Bに分け、各ブロックで総当りの予選リーグを3試合づつ行い、ブロックの1位~4位を決めました。 
 その後、Aブロック-Bブロック間の順位決定戦を行いました。
怪童クラブの成績は
 予選リーグを3戦全勝で、ブロック1位通過。
 順位決定戦に臨み、見事勝利し、完全優勝できました。
   予選リーグ KDクラブ(静岡県)1-0 SZクラブOB(静岡県)
   予選リーグ KDクラブ(静岡県)5-0 八王子GDマン(東京都)
   予選リーグ KDクラブ(静岡県)2-0 甲斐市SSクラブ(山梨県)
   順位決定戦 KDクラブ(静岡県)1-0 韮崎60SSクラブ(山梨県)
 14名の参加メンバーで、2日間で4試合を戦う超ハードスケジュールでした。
 それにしてもみんな元気なこと、ビックリです。
 サッカーが大好きなんですね。
 いやいや、サッカー馬鹿の集まりです。
 シニアは、パンツの色により年代がわかります。
 赤色が60代、銀色が70代、金色が80代です。
 サッカーの遠征試合は、「サッカー・酒・旅行」と
 たけジャパンが、好きなことが一度にかなえられ最高の行事です。
キセキノ ユウショウ バンザイ
【 優勝メンバー 】
1_20100514211437.jpg



ねんりんピックに参加しました 平成21年9月4日(金)~8日(火)
 「ねんりんに 夢を 大志を 青春を
 第22回ねんりんピック北海道・札幌大会に参加しました。
2_20100712100124.jpg 3_20100712100124.jpg
 たけジャパンは、サッカーの部の浜松市代表で参加しました。
 もちろん、セレクションがあり、その後の練習会への参加はノルマでした。
 どうしても北海道に行きたいという、執念が実り、何とかすべりこみセーフでした。
 (代表は1県1チームですが、政令指定都市は別枠で参加できるため浜松市で参加できました)
 今回のスケジュールです。
 なんと出発日の9月4日は、たけジャパン誕生日でした。
◇9月4日 
 ▼出発
 ▼浜松市主催の激励会
 ▼札幌在住の友人と十数年ぶりに再開し、歓談・痛飲
 ▼札幌(泊)
◇9月5日
 ▼札幌ドームにて開会式
 ▼札幌観光
 ▼札幌(泊)
◇9月6日
 ▼リーグ戦第1戦 12:15~ 札幌アミューズメントパーク天然芝
 ▼リーグ戦第2戦 15:30~ 東雁来公園東サッカー場
 ▼札幌(泊)
◇9月7日
 ▼りーグ戦第3戦 10:05~ 札幌ドーム屋外天然芝
 ▼閉会式(表彰式)
 ▼友人家族とまた会食
 ▼札幌(泊)
◇9月8日
 ▼小樽観光
 ▼帰宅
浜松市の成績は
 3戦全勝で、ブロック優勝することができました。
 金メダルゲットです。
   ○浜松市 3-2 秋田県× 
   ○浜松市 2-0 兵庫県×
   ○浜松市 1-0 神奈川県×
 いずれの試合も接戦でした。 
 勝ちたい気持ちがチョッピリ勝っていた、浜松市に勝利の女神が微笑みました
 親睦第一というけれど、試合が始まれば・・・
 優勝の瞬間をグランドで迎えることができ、最高でした。
9_20100712104523.jpg
1_20100712100125.jpg
 優勝・友人一家と再会・裕次郎記念館と嬉しいこと楽しいことのてんこ盛りで、思い出一杯の5日間となりました。
 チョッピリ疲れましたが、ビールと新鮮な魚でいやされ、札幌・小樽観光でリフレッシュできました。
5_20100712100157.jpg 6_20100712100156.jpg 7_20100712100156.jpg 8_20100712100124.jpg 4_20100712100124.jpg
 タノシイ ジカンヲ アリガトウ
■ねんりんピック
 ねんりんピックの愛称で親しまれている全国健康福祉祭は、60才以上の年代を中心としたスポーツ・文化・芸術活動・福祉などのイベントを通した総合的な祭典です。
 昭和63年に兵庫県で第1回大会が開催されて以来、各県持ち回りで、開催されています。
2017/03/12

いいことずくめのウォーキング

楽しかったウォーキング便り
◇いいことづくめのウォーキング
 お金もかからずマイペースで、レジャー気分でストレス解消、胸張って大股で歩けば気分爽快!
平成29年
遠州の小京都散策 平成29年3月11日(土)
 Sわやかウォーキングで、遠州の小京都といわれる森を散策しました。
 およそ6キロのコースで、1時間30分ほどで終わりました。 
<今回のコース>
天竜浜名湖鉄道森町病院駅~香勝寺~森山焼窯元~静邨陶房~蓮華寺~森町歴史民俗資料館~天竜浜名湖鉄道遠州森駅
 遠州病院駅でコースマップをいただき出発です。
 およそ1キロほど歩き、別名「ききょう寺」と言われている「香勝寺」に向かいます。
 シーズンには多くの人で賑わいます。
 境内の庭園のしだれ桜が見ごろでした。
【香勝寺】
1_20170312075040f10.jpg 2_20170312075042b8a.jpg
3_20170312075043ef5.jpg 4_20170312075045672.jpg 5_201703120750464bf.jpg
6_201703120751123e5.jpg 7_20170312075115e69.jpg
 次は「森山焼窯元」に寄りました。
 静岡県でもっとも大きな窯場です。
 窯元「静邨陶房」の赤焼きの陶器の鮮やかさは見ものです。
【森山焼窯元】
8_20170312075116e2e.jpg 9_201703120751171f5.jpg
10_20170312075118463.jpg 11_20170312075143bfb.jpg 
【静邨陶房】
12_201703120751444d5.jpg 13_20170312075146500.jpg
 次は森町で最も古い寺院の「蓮華寺」です。
 境内には萩が群生し、「はぎの寺」として有名です。
【蓮華寺】
14_20170312075147b6f.jpg 15_2017031207514981c.jpg 16_201703120752169f9.jpg
 最後は、「蓮華寺」の隣にある「森町歴史民俗資料館」です。
 館内は、農耕具・生活用品や古文書など展示され、森町の歴史と生活文化の変換がわかります。
【森町歴史民俗資料館】
17_20170312075217661.jpg 18_20170312075219af7.jpg
19_20170312075220fdf.jpg 20_20170312075222558.jpg 21_20170312075243a7c.jpg
22_20170312075245299.jpg
 


ガイドと歩こう浜松歴史再発見 平成29年2月25日(土)
 新聞の募集でした。
 「富士見櫓跡から富士山を眺めた後、秋葉神社や菩提寺(殿様寺)、五社神社等をガイドと共に巡る」 
<今回のコース>
浜松城公園駐車場~浜松城公園(浜松城・天守門・富士見櫓跡・家康像・作左の森)・~秋葉神社~菩提寺~五社神社~復興記念館~浜松城出丸跡~馬冷跡~鎧掛松
 富士山の日記念ウォーク「ガイドと歩こう浜松歴史再発見」で浜松城周辺を歩きました。
 富士見櫓から、残念ながら富士山は見えませんでした。
【浜松城】
2_201703021206030f8.jpg 5_2017030212062897d.jpg 4_20170302120700e95.jpg
【浜松城(天守門/家康像/富士見櫓から富士を望む】
8_201703021208055f2.jpg 1_201703021208254eb.jpg 9_20170302120846fe3.jpg
 一筆啓上の作左の森は、浜松城公園内にあります。
【作左の森/作左の森よりより城を望む】
11_2017030212101580d.jpg 12_2017030212101620a.jpg
 徳川家康ゆかりの秋葉神社にも寄りました。
【秋葉神社】
16_2017030212114058f.jpg 17_20170302121142d10.jpg
 菩提寺は別名殿様寺と言い、昔は士族だけの寺でした。
【菩提寺】
21_20170302121143183.jpg
 徳川秀忠の産土神の五社神社は、朱塗りの本殿がきれいです。
【五社神社】
22_20170302121145377.jpg 24_20170302121146174.jpg 27_20170302121148e0d.jpg
 浜松復興記念館を見学し、浜松城出丸跡、馬冷跡にも寄りました。
 馬冷跡は、戦や訓練の後に馬をクールダウンさせるため、馬の体を池の水で冷やした池のあったところです。
【浜松復興記念館/浜松城出丸跡碑/馬冷跡道標】
29_2017030212200126c.jpg 31_20170302122003ebc.jpg 35_20170302122119d55.jpg
 合戦から帰った家康が、あまりの暑さに涼をとるため着けていた鎧をとって掛けた松である鎧掛松に寄り、解散となりました。
【鎧掛の松/鎧掛の松より浜松城を望む/武者の歓迎】
36_20170302122219a61.jpg 37_20170302122220765.jpg 38_20170302122222744.jpg



歩いて河津桜見物 平成29年2月26日(日)
 天気がよかったので花川堤防の河津桜を見に行きました。
 我が家から4キロほどにありウォーキングには手頃な距離です。
 土曜日にはライトアップされます。
 菜の花との競演を楽しみました。
3_20170226111512731.jpg 5_201702261115147a4.jpg 6_201702261115156a6.jpg 9_20170226111622b9b.jpg 17_201702261116380a5.jpg 20_20170226111656798.jpg
11_20170226111909c5e.jpg 16_20170226111910a81.jpg 15_20170226112431d95.jpg



涅槃図をたずねて 平成29年2月15日(水)
 T竜ふるさとガイドの会企画の「寺院めぐり・涅槃図をたずねて」に行ってきました。
 富士山の日(223=富士山→2月23日)のイベントの一環として行われました。
 お釈迦さまが亡くなった日である2月15日に、五寺の涅槃図を毎年たずねています。
 五寺とは、信康山清龍寺、天神山長光寺、光明山光明寺、東谷山栄林寺、阿蔵山玖延寺です。
 涅槃図は、お釈迦様の最期の様子を描き、弟子たちだけでなく多くの動物や昆虫までもが集まって死を嘆き悲しんだ図で、2月15日にお釈迦様のご遺徳をしのびます。
 各寺の涅槃図は見どころ一杯で、構図や描写が各々の絵師や時代により微妙に違います。
 光明寺の大黒天は、高さ4mで木像の大黒天では日本一と言われています。
 栄林寺では花草団子をいただきました。
 すがすがしい気持ちになった一日でした。 
【清瀧寺】
1_20170218113938050.jpg 2_20170218113939deb.jpg 4_20170218113941524.jpg
5_201702181139436ed.jpg
【長光寺】
6_20170218114201633.jpg 7_2017021811420210c.jpg 8_201702181142041d9.jpg
9_20170218114206442.jpg
【光明寺】
19_20170218114404fc5.jpg 22_20170218114406828.jpg 23_201702181144078f6.jpg
24_2017021811440935c.jpg
【栄林寺】
25_201702181146064a1.jpg 40_20170218114646ca4.jpg 26_20170218114747e8a.jpg
27_20170218114749f12.jpg
【玖延寺】
35_20170218115145e9a.jpg 36_20170218115147176.jpg
38_2017021811514952b.jpg
【阿那律尊者と摩耶婦人/阿難尊者/純陀】
14_20170218145615774.jpg 10_20170218152129fb1.jpg 17_20170218152308c5c.jpg
【お釈迦さまに触れる老女/薬袋/動物たち】
11_20170218152502afc.jpg 15_201702181525294fc.jpg 39_20170218152602c55.jpg
 2月18日のS岡新聞に載っていました。
50_2017021816033536c.jpg



季節の花ウォーク 平成29年2月11日(土)
 浜松フラワーPで行われた「季節の花ウォーク」に行ってきました。
 ボランティアガイドの案内で園内の花めぐりをします。
 梅と早咲きの桜です。
1_20170214120334ee1.jpg 3_20170214120405cd5.jpg 5_20170214120406645.jpg
8_201702141204325f1.jpg 9_20170214120433dcb.jpg
2_201702141204529d7.jpg 7_20170214120511b9a.jpg 10_2017021412053910f.jpg
 葉ボタンと節分草と水仙です。
11_20170214120540efb.jpg 12_20170214120542130.jpg 13_20170214120543c70.jpg
14_20170214120545c97.jpg 26_20170214120622626.jpg 16_20170214122739a12.jpg
 福寿草が鮮やかです。
21_20170214120645741.jpg 19_20170214120713508.jpg 18_2017021412073276a.jpg
 蠟梅がきれいでした。
24_20170214120803d95.jpg 22_20170214120827e79.jpg 25_20170214120853193.jpg
 大木が珍しいシャクナゲもどきです。
31_20170214120917fcd.jpg 30_20170214120937289.jpg
 チューリップと菜の花の競演です。
32_20170214121010d8d.jpg 35_201702141210328b0.jpg 33_201702141210586f6.jpg
34_20170214121122945.jpg 36_2017021412115581c.jpg 38_2017021412115608f.jpg



季節の花ウォーク 平成29年1月28日(土)
 浜松フラワーPで行われた「季節の花ウォーク」に行ってきました。
 ボランティアガイドの案内で園内の花めぐりをします。
 今日の目玉は、チューリップと蠟梅。
 チューリップと菜の花のコラボはきれいでした。
【チューリップと菜の花】
1_2017013106074925f.jpg 2_20170131060750a79.jpg 4_20170131060751d8c.jpg 5_20170131060753aec.jpg
7_20170131060916631.jpg 8_20170131060917916.jpg 9_201701310609195f5.jpg 11_20170131060920357.jpg
14_20170131061139cba.jpg 12_201701310612043fb.jpg 13_20170131061206c42.jpg
16_20170131061318a78.jpg 15_20170131061347c4a.jpg 17_20170131061408f9a.jpg
【蠟梅】
31_201701310622219ce.jpg 33_201701310622224f6.jpg 35_201701310626291a1.jpg
36_20170131062632d55.jpg 37_2017013106283201e.jpg 38_2017013106283396d.jpg
 梅の見頃は、まだまだ先です。
【梅】
18_20170131061830c50.jpg 19_20170131061831771.jpg 20_20170131061833b3c.jpg
21_2017013106195072d.jpg 22_20170131061951879.jpg 23_2017013106195366f.jpg
【節分草/ボタン/椿】
28_20170131062218487.jpg 29_20170131062219590.jpg 27_20170131062216e72.jpg
【園内はまだ冬】
62_201701310910507be.jpg 63_20170131091051e66.jpg
 温室内の、「バレンタイバージョン」の飾りも見もので、フラワーPの珍しい花として「オオシロゴウカン」と「キンロチャ」が展示してありました。
【温室内の花々】
40_20170131063618501.jpg 50_2017013106364100d.jpg 49_201701310637168aa.jpg
48_2017013106430302a.jpg 45_20170131064434889.jpg 46_20170131064300666.jpg 47_20170131064301c6c.jpg
43 - コピー - コピー 44_20170131064433350.jpg 42_2017013106443073f.jpg 41_2017013106442820f.jpg
54_201701310903506e0.jpg 55_20170131090351b82.jpg 56_20170131090436cc4.jpg
57_201701310904373e3.jpg 60_20170131090519543.jpg 61_20170131090520b0e.jpg
【バレンタインバージョン】
51_2017013109034562e.jpg 52_20170131090347aa7.jpg 53_20170131090348cdc.jpg
【オオシロゴウカン/キンロチャ】
58_201701310910167e5.jpg 59_2017013109101844a.jpg



新春の大平、灰木地区を歩く 平成29年1月8日(日)
 E州Y辺の道企画の「新春の大平、灰木地区を歩く」に行ってきました。
<今回のコース>
天浜線フルーツパーク駅~フルーツパーク~大平城址~六所神社~あらたまの湯~浜北球場~庚申寺~天浜線宮口駅
 フルーツパーク駅に集合し、新春の大平、灰木地区を歩きました。 
 ボランティアガイドが丁寧に解説してくれました。
 須部取水場を遠くに見ながら唐猫様に向かいます。
 大平城址を尋ね、五体力神社にも寄りました。
 六所神社を参拝しました。
 あらたまの湯の足湯を楽しみました。
 庚申寺では、「初庚申祭」が盛大に行われていました。
【フルーツパーク駅/主催者あいさつ/フルーツパーク】
1_201701081535024ea.jpg 2_20170108153504f8a.jpg 3_201701081535051f7.jpg
【須部取水場/唐猫様/ガイド説明】
4_20170108153507efa.jpg 5_20170108153509c3c.jpg 6_20170108153640990.jpg
【大平城址(入口と説明看板)/五体力神社】
7_201701081536418d8.jpg 8_20170108153643619.jpg 9_201701081536449c3.jpg
【水神社/六所神社(鳥居と社殿)】
10_20170108153646fc0.jpg 11_20170108153847930.jpg 12_20170108153848858.jpg
【灰木処分場/あん寺/浜北球場】
13_20170108153850e25.jpg 14_20170108153851454.jpg 15_20170108153853f2f.jpg
【あらたまの湯】
16_20170108154036555.jpg 17_2017010815403779a.jpg 18_20170108154039b29.jpg
【庚申寺/初庚申祭/宮口駅】
19_20170108154040180.jpg 20_20170108154042f48.jpg 21_20170108154219782.jpg
 天竜浜名湖鉄道の「直虎号」です。
 運良く、乗車できました。
 「大河ドラマ」の放映で、ブーム間違いなしでしょうか? 
【直虎号】
22_201701081542201f4.jpg 23_20170108154222622.jpg 24_2017010815422399a.jpg
2017/02/28

KSしずおかのウォーキング

KSしずおかのウォーキング便り
龍尾神社のしだれ梅 平成29年2月24日(金)
 KSしずおか企画の「龍尾神社しだれ梅堪能ウォーク」に、スタッフで行ってきました。
<今回のコース>
JR掛川駅~蕗の門~十九首塚~永江院~龍尾神社~大日本報徳社~掛川城~JR掛川駅
 掛川城の蕗の門、平の将門の首級を祀る十九首塚に立ち寄りました。
 永江院を参拝し、涅槃図を見せていただきました。
 掛川城の守護神社である龍尾神社の梅園でしだれ梅をたっぷりと鑑賞しました。
 大日本報徳社では、報徳精神を学びました。
 最後は、掛川城です。
【蕗の門/十九首塚】
2_20170227232255efd.jpg 4_20170227232253cfa.jpg
【永江院(本殿/六地蔵/涅槃図)】
7_20170227232245adc.jpg 9_20170227232725f69.jpg 11_2017022723272715a.jpg
【龍尾神社】
15_20170227233136946.jpg
【龍尾神社梅園】
46_20170227233311038.jpg 34_20170227233332ee0.jpg 48_20170227233353e33.jpg
18_201702272335138f5.jpg 39_20170227233532ab6.jpg 40_2017022723353494b.jpg
24_2017022723365955b.jpg 29_2017022723371939b.jpg 41_20170227233741835.jpg
52_201702272339493f1.jpg
【大日本報社】
53_201702272339185ba.jpg 56_20170227233920897.jpg
【掛川城】
63_20170227234233dc1.jpg 61_20170227234231554.jpg 64_201702272342343f7.jpg
65_20170227234235189.jpg 68_2017022723423608a.jpg 69_20170227234308ce6.jpg
2017/02/26

孫・朔太郎

孫「朔太郎」の成長記録
 ワインのスペシャリストを「ソムリエ」と言いますよね。
 おじいちゃんのスペシャリストは?
 ある人が「ソフリエ」と言っていました。
 たけジャパンも、孫の成長を楽しみながら一流のおじいちゃん「ソフリエ」を目指します。
平成29年
公園でドッジボールの練習 平成29年2月26日(日)
 保育園でドッジボールをやっています。
 あまり上手でないので、じいじに公園で教えてもらいましたが、すぐにアキてしまいました。
 公園をはしごし、遊びました。
1_201702261616172e4.jpg 2_20170226161619daf.jpg
3_2017022616162031c.jpg 5_201702261616237f0.jpg 4_20170226161622287.jpg



朔太郎・久し振り! 平成29年2月11日(土)
 今日、祝日のため保育園はお休みしました。
 久しぶりにじいじに逢いました。
 最近お気に入りの仮面ラーダーになりきっての登場です。
 近くのG味八珍で外食し、本屋さんにも行きました。
 お子様ランチを食べました。
 じいじはビールでした。
 絵本を買ってもらいました。
s1_20170212065202e4f.jpg s2_20170212065204666.jpg s3_201702120652056c0.jpg
s6_20170212065232887.jpg k6_20170212064319ed6.jpg
s4_2017021206520772e.jpg s5_201702120652080c1.jpg



新春のプレゼント 平成29年1月15日(日)
 じいじのお兄さんから新春のプレゼントが届きました。
 お年玉でしょうか。
 最近のお気に入りのヒーロー「仮面ライダー」のお面です。
 さっそく、弟と一緒にポーズを決めて、ご機嫌です。
a_20170116090851295.jpg
1_20170115105616030.jpg



みんなでもちつきしたよ 平成28年12月30日(金)
 昨年の出来事です。
 毎年年末にやってます。
 餅つきがんばりました。
12_20161231144129d41.jpg 13_20161231144130a48.jpg 14_20161231144132a78.jpg
19_20161231144256a4a.jpg 20_20161231144258771.jpg
 つきたてのお餅、おいしくいただきました。
16_20161231144252c3b.jpg 17_20161231144253e55.jpg
 焼き芋もおいしくできました。
21_2016123114440846c.jpg 22_20161231144409987.jpg 23_20161231144411d77.jpg
 縄跳びで遊びました。 .
2_201612311438187f0.jpg 3_20161231143820408.jpg 5_20161231143823056.jpg
次へ>>

■  プロフィール

Author:たけジャパン
<座右の銘>                   ・謙虚に/デシャバラナイ               ・素直に/ウラギラナイ                ・朗らかに/マエムキニ
<好きな事>                   ・小旅行                    ・ウォーキング
・読書
・サッカー
<性格>                     ・気まぐれだけど一直線

 




■  カテゴリ

はじめに (1)
今日も楽しく (9)
ソフリエ (14)
ウォーキング (8)
読書日記 (6)
ねんぱく旅行記 (11)
クッキング (1)
サッカーあれこれ (1)
お気に入りフォト (7)
KSしずおか (14)
KSあいち (1)

■  最新記事

■  最新コメント

■  月別アーカイブ

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  QRコード

QR