FC2ブログ

たけジャパンと右往左往・・・しま専科

趣味中心の日常生活を、勝手気ままに綴った自己満足の備忘録です。
2018/10/18

いいことづくめのウォーキング

楽しかったウォーキング便り
◇いいことづくめのウォーキング
 お金もかからずマイペースで、レジャー気分でストレス解消、胸張って大股で歩けば気分爽快!
平成30年
村山古道ウォーキング 平成30年10月13日(土)
 静岡県Yホステル協会企画の「富士山村山古道と人穴遺跡めぐり」に行ってきました。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR富士駅~(バス移動・スカイライン7.8キロポスト)~村山古道(中宮八幡堂・馬頭観世音・緑陰公園・天照教)~バス移動(人穴富士講遺跡・富士ハーネス・JR富士駅)~JR浜松駅
 移動バスのナンバーは、「富士山・37-76」でした・・・覚えやすい!
 トイレ休憩で立ち寄った所には、十月桜が咲いていました。
【バスのナンバー/十月桜】
32_20181018084927fd8.jpg 1_20181018084809c5e.jpg 4_20181018084811ef0.jpg
 修験者が利用した村山古道を6キロほどウォーキング(下り) しました。
 関係遺跡が見られます。
【村山古道】
5_20181018084812171.jpg 6_20181018084814448.jpg 7_201810180848154ab.jpg
8_20181018084817955.jpg 9_20181018084818eb3.jpg 10_2018101808482004c.jpg
【元気にウォーキング】
15_201810180849071b7.jpg 16_201810180849092b4.jpg
【中宮八幡堂/馬頭観世音】
11_2018101808482427a.jpg 12_20181018084826753.jpg
 富士市と富士宮市の境の橋です。
 橋を渡ると緑陰公園で、ここで昼食です。
【市境の橋/緑陰公園】
17_20181018084910fe7.jpg 13_201810180848276b6.jpg
 天照教まで下り、ここからバス移動で、人穴富士講遺跡に行きます。
 人穴浅間神社の境内にあり、総延長83.3メートル、高さ最高約メートルの洞穴で、そこに籠もって修行した人がいた。
【天照教石碑】
14_201810180848301d3.jpg
【人穴富士講遺跡】
19_2018101808491277a.jpg 20_201810180849138cc.jpg 21_20181018084915b25.jpg
23_2018101808491681e.jpg 24_201810180849184c1.jpg 25_201810180849197ef.jpg
【浅間神社】
27_20181018084921007.jpg
【ハイ・チーズ】
28_201810180849233a4.jpg
 最後は予定外の、富士ハーネスの見学をしました。
 盲導犬の訓練施設です。
【富士ハーネス】
29_20181018084924ca2.jpg 30_201810180900448bd.jpg 31_20181018084925822.jpg



花のウォーキング 平成30年9月22日(土)
 久しぶりに花のウォーキングに行ってきました。
 毎月第二・第四土曜日の午前中に浜松市Fパークで行われます。
 ボランティアガイドとのんびりと園内の花めぐりをします。
 およそ90分のウォーキングです。
 7・8・9月は入場無料です・・・暑いことと花が少ないため
 今日の目玉は、園内各所に咲いている彼岸花です。
 赤、白、黄色の競演です。
20_2018092409442935f.jpg 24_2018092409443029e.jpg 39_20180924094435643.jpg
6_201809240944217b3.jpg 8_20180924094423ce0.jpg 9_20180924094424235.jpg
16_20180924094427013.jpg 36_201809240944329d1.jpg 37_20180924094433158.jpg
 池の熱帯スイレンも見頃です。
42_20180924094436aa8.jpg 51_20180924094443df4.jpg 52_20180924094444ced.jpg
44_201809240944384c4.jpg 50_20180924094441bc5.jpg 48_20180924094439687.jpg



湧水めぐりウォーク 平成30年9月9日(日)
 静岡県Yホステル協会企画の「富士市湧水めぐり」に行ってきました。
<今回のコース>
JR浜松駅~JR吉原駅~岳南電車吉原駅~岳南電車富士岡駅~湧水公園~竹採公園~滝不動~永明寺~鎧ケ淵親水公園~原田公園(昼食)~法雲寺~岳南電車本吉原駅~岳南電車吉原駅~JR吉原駅~JR浜松駅
 岳南電車は今年で70周年です。
【岳南電車吉原駅】
1_201809201453448da.jpg
 「湧水水公園」の澄んだ水の大きな池には、丸々太った鯉がたくさん泳いでいました。
【湧水公園】
2_201809201453464f6.jpg 4_2018092014534753e.jpg 5_2018092014534876a.jpg
 眼の病気にご利益のあるいわれる「医王寺」から、かぐや姫伝説の「竹採公園へ。
 かぐや姫の物語を思い馳せながら「竹採公園」を散策しました。
【医王寺】
6_20180920145350359.jpg 7_20180920145351b3c.jpg【竹採公園】
9_20180920145353ba4.jpg 13_20180920145357c29.jpg 14_2018092014535988c.jpg
 かぐや姫の養父、竹採の翁をまつる「滝川神社」です。
【滝川神社】
15_201809201454000e9.jpg 16_20180920145405e88.jpg
 滝にうたれるお不動さんがまつられている「滝不動」は「イボ取り不動」とも呼ばれています。
【滝不動】
17_20180920145406b79.jpg 18_201809201454242bd.jpg
 園内に鏡石といわれる石がある「鏡石公園」は湧き出る泉があります。
【鑑石園】
19_20180920145429423.jpg 20_20180920145430709.jpg 21_20180920145432f58.jpg
 わさび田とつつじが美しく、湧き出る清水を利用した庭園のある永明寺ですが、なぜか見学は不可。
 裏山からのぞきました。
【永明寺】
22_20180920145509317.jpg 23_20180920145511c0b.jpg 24_20180920145512b1a.jpg
 源頼朝が鎧を脱いで体を洗ったことからこの名がついた「鎧ケ淵親水公園。
 ここも湧水ポイントです。 
【鎧ケ淵親水公園】
26_20180920145514d90.jpg 27_20180920145515b73.jpg 29_201809201455170ec.jpg
 「原田公園」で昼食。
【原田公園】
31_20180920145518826.jpg 32_201809201455200fb.jpg
 最後は、古刹「法雲寺」へ。
 境内を流れる湧き水は、心が清められます。
 湧水を持ち帰る人が並んでいました。
【法雲寺】
33_20180920145521cb4.jpg 34_201809201455232bd.jpg 35_2018092014552519d.jpg



郷土の遺産を学習しよう 平成30年9月2日(日)
 遠州Y辺の道ウォーク「郷土の遺産を学習しよう」に行ってきました。
 浜松市の北部地区は、本州唯一最古の人骨「浜北人」に代表されるように、これまで多くの本州初などの遺構や遺物がたくさん見つかっています。
 今回は、遺跡の発掘された跡地をめぐりました(跡地は整地され、標識もありませんが・・・)
<主な立ち寄り先>
遠州岩水寺駅、篠場瓦釜跡、大門西遺跡、中屋遺跡、遠江岩水寺駅、寺海土遺跡、中通遺跡、龍泉寺、根堅遺跡、岩水寺
 集合と解散場所は遠州岩水寺駅です。
【遠州岩水寺駅】
1_201809041439406e1.jpg
 新東名の横を通りました。
【新東名】
2_20180904143942e69.jpg
 トイレ休憩で立ち寄りました。
【遠江岩水寺駅/龍泉寺】
3_20180904143943f1a.jpg
4_201809041439452db.jpg 5_20180904143945d67.jpg 6_201809041439477b4.jpg
 岩水寺の参道を通り、遠州岩水寺駅に戻ります。
7_20180904143948e26.jpg



花のウォーキング 平成30年8月25日(土)
 久しぶりに花のウォーキングに行ってきました。
 毎月第二・第四土曜日の午前中に浜松市Fパークで行われます。
 ボランティアガイドとのんびりと園内の花めぐりをします。
 およそ90分のウォーキングです。
 7・8・9月は入場無料です・・・暑いことと花が少ないため
 ウエルカムガーデンのお出迎えです。
1_2018082515302259b.jpg
 彼岸花が咲き始めました。
2_20180825153024cc0.jpg 3_2018082515302502f.jpg 4_20180825153026cb0.jpg
 ヒマワリは、先日の台風の影響かほとんどお辞儀しています。
5_2018082515302872a.jpg 7_2018082515303042b.jpg 8_20180825153031a89.jpg
 オオガハスはそろそろ終わりです。
11_2018082515303248a.jpg 13_20180825153034757.jpg 14_20180825153035cf0.jpg
 熱帯スイレン、ヤマアジサイは見頃です。
15_20180825153037c22.jpg 16_201808251530387b8.jpg 17_20180825153040656.jpg



県民の日おもてなしウォーク 平成30年8月8日(水)
 県民の日おもてなし事業としての、「古刹をたずねて・・・精進料理と座禅で心身ともにリフレッシュ」に行ってきました。
 「天竜Fガイドの会」企画のイベントです。
<今回のコース>
 F俣協働センター~あさの洋品店の蔵~清瀧寺~本田ものづくり伝承館~二俣医院~陣屋旅館~栄林寺(精進料理・講話・座禅)~F俣協働センター
 先ず、伊豆石の蔵「あさの洋品店の蔵」へ。
1_2018081207511196e.jpg 2_20180812075113493.jpg
 信康(徳川家康の長男))の菩提寺の「清瀧寺」にも行きました。
3_201808120751142b1.jpg
 本田宗一郎の記念館「ものづくり伝承館」の見学です。
5_20180812075117fc0.jpg 6_20180812075119660.jpg
 レンガ積みの「二俣医院」はオシャレな洋館です。
 木造三階建ての旅館「陣屋」です。
 旅館になる前は「福田屋」という料亭だったそうです。
7_20180812075120505.jpg 8_20180812075122be1.jpg
 最後は、「栄林寺」で精進料理をおいしくいただきました。
 住職の講話、食や生活を通した人間のあるべき作法でした。
 締めくくりは座禅です。
 股関節が硬く、上手に足が組めませんでしたが、座禅の作法を教えていただき、リフレッシュできました。
9_201808120751234f3.jpg
10_2018081207512586a.jpg



花のウォーキング 平成30年7月14日(土)
 久しぶりに花のウォーキングに行ってきました。
 毎月第二・第四土曜日の午前中に浜松市Fパークで行われます。
 ボランティアガイドとのんびりと園内の花めぐりをします。
 およそ90分のウォーキングです。
 7・8・9月は入場無料です・・・暑いことと花が少ないため
 本日の目玉は、池に浮かんでいるオオガハスです。
1_20180714160908a73.jpg 3_20180714160909fef.jpg 4_20180714160911f7d.jpg
5_201807141609123d3.jpg 6_201807141609132c9.jpg 8_20180714160915711.jpg
 蘇鉄の実を見ることができました。
【蘇鉄/雄の実/雌の実】
10_201807141609164d2.jpg 11_20180714160918275.jpg 12_20180714160919e4f.jpg
 バラは整枝が終わっていました。
 秋咲くバラも楽しみです。
13_2018071416092145e.jpg 14_20180714160922b5a.jpg 15_201807141609245f8.jpg
 その他、園内の花々です。
 紫と黄色の花が目立ちました。
16_20180714160926895.jpg 17_20180714160927840.jpg 18_201807141609281fa.jpg
19_2018071416093079b.jpg 20_20180714160931f0b.jpg 21_201807141609331de.jpg



姫街道を歩こう 平成30年4月1日(日)
 浜N歴史愛好会企画の「姫街道を歩こう」に行ってきました。
 二日連続でのウォーキングです。
 今回は和田辻から諏訪まで歩きました。
 ガイドの説明がとてもわかりやすく、秋に予定されている次回・最終回(諏訪から御油へ)が楽しみです。
<今回のコース>
和田辻~馬頭観音~当古の渡し~当古橋公園(中山家跡)~秋葉社~霞堤~三橋一里塚~三明寺~豊川稲荷・妙厳寺~供養塔~佐奈川桜並木~平和の像
 浜松からバスで和田辻のコンビニまで移動、ここからスタートです。
 1キロほど歩くと道の右側に馬頭観音と二本松の碑(弁慶の首塚)があります。
 豊川の現在の当古橋の50mほど上流に当古の渡し場跡があります。
 
【馬頭観音/当古の渡し(両岸)】
1_20180407142212e3f.jpg 2_2018040714221431d.jpg 3_201804071422155ae.jpg
 渡船の特権を与えられていたのは中山家で、屋敷跡は公園になっています。
【当古橋公園(中山家跡)/当古の町並み】
5_2018040714221791a.jpg 6_20180407142218070.jpg 7_20180407142220997.jpg
 当古村の真ん中あたりに秋葉山常夜灯があり、奥には秋葉社がある。
 城下のある豊川下流を洪水被害から守るために霞堤が築造された。
 江戸から75番目の一里塚である三橋一里塚は、街道左側の奥に見られる。
【秋葉山常夜灯・秋葉社/霞堤/三橋一里塚】
10_2018040714222158a.jpg 11_201804071422269a3.jpg 12_201804071422270b1.jpg
 三明寺に立ち寄りました。
 本堂前に建つ三重の塔と桜を楽しみました。
【三明寺(本堂・三重塔・桜)】
14_20180407142229f73.jpg 15_201804071422357a8.jpg 17_201804071422360d8.jpg
 豊川稲荷を参拝しました。
【豊川稲荷・妙厳寺(総門・山門・瑞祥殿)】
20_20180407142303ade.jpg 21_20180407142304968.jpg 22_20180407142306c0e.jpg
【豊川稲荷・妙厳寺(大本殿・霊狐塚・奥の院)】
23_20180407142307e4f.jpg 25_20180407142309c52.jpg 27_20180407142310c47.jpg
 佐奈川の散り始めた桜並木を散策しました。
 お花見楽しそうでした。
【佐奈川桜並木】
29_2018040714232162a.jpg 30_20180407142325756.jpg 31_20180407142328d76.jpg
32_2018040714233031d.jpg 33_201804071423315fc.jpg 34_2018040714233377a.jpg
【供養塔/平和の像/桜】
18_20180407142301839.jpg 35_20180407142334bc1.jpg 36_20180407142336cc7.jpg



花街道桜ウォーク 平成30年3月31日(土)
 奥山花街道ウォークに行ってきました。
 年3回、桜とあじさいともみじの時期に行われます。
 奥山バス停から奥山高原までのおよそ3Km、ガイドとともに花と野草を楽しみながらのんびり歩きます。
2_201804031622524c3.jpg 3_201804031622530e3.jpg 29_201804031623027bb.jpg
26_201804031623012ae.jpg 31_20180403162304fbb.jpg 25_2018040316225919a.jpg
14_20180403162255777.jpg 16_20180403162256428.jpg 22_20180403162258936.jpg
 岐路、カナメ神宮に寄りました。
 桜と花桃が同時に楽しめました。
32_20180403162305d95.jpg 33_20180403162307b36.jpg 48_20180403162314b31.jpg
36_20180403162308424.jpg 44_20180403162310cda.jpg 45_201804031623111c1.jpg
46_20180403162313aab.jpg



花桃を見に 平成30年3月27日(火)
 朝早く目覚めたので、「バラのMやこ苑」に花桃を見に行きました。
 我が家から3キロほどで、ウォーキングには手軽な距離です。
 毎年、楽しませていただいています。
 入場は無料です。
 花桃の苗木を安価で分けていただけます。
9_20180328154453f83.jpg 3_20180328154452790.jpg 14_20180328154458540.jpg
10_20180328154455195.jpg 13_201803281544563c7.jpg 23_20180328154502708.jpg
20_2018032815445914b.jpg 22_201803281600236e4.jpg 25_201803281545043b1.jpg
 苗木を購入して鉢植えした、我が家の2本の花桃です。
1_20180328162319658.jpg 2_20180328162320e73.jpg 3_20180328162322be4.jpg



花のウォーキング 平成30年3月10日(土)
 浜松フラワーPへ「花のウォーキング」に行ってきました。
 毎月第二・第四土曜日の午前中に行われています。
 ボランティアガイドさんの案内で園内をのんびりと散策します。
 入場すると、チューリップと菜の花が出迎えてくれます。
 ひと足早い春を感じさせてくれます。
 今日の目玉は、梅と桜と水仙です。
 今年は、梅の開花が遅れ、早咲きの桜と同時期に楽しめました。
1_201803101416247fa.jpg 2_20180310141626a56.jpg
 池では噴水ショーをやっています。
3_20180310141627e7b.jpg
 早咲きの桜は満開です。
4_201803101416283b6.jpg 5_20180310141630ee0.jpg
6_20180310141631af6.jpg 7_20180310141633ae1.jpg 11_201803101416346fb.jpg
14_20180310141657316.jpg 15_201803101416586c3.jpg 17_20180310141700a5b.jpg
 梅林では梅と水仙の競演が見ものです。
18_2018031014170100f.jpg 19_20180310141703f67.jpg 20_20180310141704465.jpg
21_20180310141706617.jpg 22_20180310141707795.jpg 25_20180310141729d9b.jpg
28_20180310141732a91.jpg 30_20180310141734209.jpg 31_20180310141735c9a.jpg
23_2018031014172875c.jpg 26_20180310141731613.jpg
 桜並木、ここも満開でした。
 この桜の1本1本には、新聞の〝桜オーナー募集〟の記事によってスポンサーとなられた個人・団体の名札が掲げてあります。
34_20180310141737d0e.jpg 36_201803101417387ed.jpg
 最後は、オーストラリアの国花であるギンヨウアカシヤです。
 鮮やかな黄色が目立ちます。
39_20180310141806e57.jpg



浜松城周辺ウォーキング 平成30年2月25日(日)
 浜松観光Bランティアガイドの会企画の「家康公家臣団の屋敷跡をボランティアガイドと歩いてみよう」に行ってきました。
 23日の「富士山の日」にちなんだ催しで、浜松城周辺にある家臣団の屋敷跡や東照宮をめぐりました。
  ①、近藤 康用(コンドウ ヤスモチ)・・・・・・・・・・鹿谷町
  ②、本多 重次(ホンダ シゲツグ)・・・・・・・・・・・松城町
  ③、山家 三方衆(ヤマガ サンポウシュウ)・・・三組町→三河国の山間部、長篠の菅沼、新城の奥平をいう
  ④、鵜殿 兵庫頭(ウドノ ヒョウゴノカミ)・・・・・・鴨江町
  ⑤、鳥居 元忠(トリイ モトタダ)・・・・・・・・・・・・・松城町
  ⑥、本多 忠勝(ホンダ タダカツ)・・・・・・・・・・・・田町
  ⑦、松下 之綱(マツシタ ユキツナ)・・・・・・・・・元目町
【浜松城】
2_2018022816251477f.jpg
1_20180228162513029.jpg 3_20180228162515361.jpg 4_2018022816251793b.jpg
 色々な文献で調べた屋敷跡の推定地です。
【屋敷跡推定地標柱(近藤康用/本多重治/山家三方衆】
12_20180228162552ff5.jpg 13_20180228162553b4a.jpg 14_20180228162555bf0.jpg
【屋敷跡推定地標柱(鵜殿兵庫頭/鳥居元忠/本多忠勝/松下之綱】
16_20180228162558b65.jpg 17_20180228162559f9f.jpg 18_201802281626390e9.jpg 19_20180228162641bd4.jpg
 東照宮には家康と秀吉の並んでいる像がありました。
【東照宮】
9_2018022816254985e.jpg 10_201802281640206a3.jpg
 廃線になった旧奥山線の亀山トンネルです。
 この先は、遊歩道として整備されています。
【亀山トンネル】
5_20180228162518f50.jpg
 火の神を祀る秋葉神社に立ち寄り参拝しました。
【秋葉神社(鳥居/本殿/御神木】
6_20180228162520b52.jpg 8_201802281625270dd.jpg 7_20180228162526bfb.jpg



花のウォーキング 平成30年2月24日(土)
 浜松フラワーPへ「花のウォーキング」に行ってきました。
 毎月第二・第四土曜日の午前中に行われています。
 ボランティアガイドさんの案内で園内をのんびりと散策します。
 入場すると、最初に目に飛び込んできたのは寒ボタンです。
 落ち着いた雰囲気の和装の展示物です。
 次は、チューリップと菜の花が出迎えてくれます。
 ひと足早い春を感じさせてくれます。
 今日の目玉は、梅と早咲きの桜と福寿草です。
 福寿草は、今が盛り、いっぱい花を咲かせています。
 節分草はほぼ終わりです。
 中国ミツマタの花は鮮やかな黄色です。
【寒ボタン】
1_20180224144615116.jpg
【チューリップと菜の花】
2_20180224144617360.jpg 3_20180224144618b0f.jpg 4_201802241446201f4.jpg
5_20180224144621276.jpg 6_201802241446238af.jpg 7_20180224144624dd9.jpg
8_20180224144626e26.jpg 9_201802241446558ec.jpg 10_20180224144657f68.jpg
【花梅】
11_20180224144658ff6.jpg 12_20180224144700a2d.jpg 15_20180224144701e6d.jpg
18_20180224144703e11.jpg 19_20180224144704470.jpg 23_20180224144710860.jpg
【福寿草】
27_20180224144737853.jpg 28_20180224144738321.jpg 33_201802241447400f6.jpg
【節分草と中国ミツマタ】
34_201802241447411ad.jpg 35_20180224144743031.jpg
 早咲きの桜(舘山寺桜)はほぼ満開です。
36_201802241447443c6.jpg 38_201802241447462c0.jpg 39_201802241447471ce.jpg
 温室内は、鮮やかな花がいっぱいです。
【球根ベゴニア/木立ベゴニア(オシベ・メシベ)】
44_2018022414482330e.jpg 46_201802241448263e9.jpg 45_201802241448253a9.jpg
 温室内は、バレンタイバージョンからランを生かした飾り付けに代わりました。
53_2018022414483072f.jpg 54_201802241448328a5.jpg



寺社めぐりウォーキング 平成30年2月15日(木)
 T竜ふるさとガイドの会企画で、毎年2月15日に行われる「寺社めぐりウォーク」に行ってきました。
 光明寺には、開運福寿・商売繁盛などに御利益があるといわれている、日本最大級の木造の大黒真天像があります。
 この企画は、「富士山の日おもてなしガイド」として、五つの寺院(清瀧寺、長光寺、光明寺、栄林寺、玖延寺)の涅槃図を見学しました。
 本日2月15日はお釈迦様が亡くなった日です。
 お釈迦様の場合は亡くなったことを「涅槃に入る」といい、この日を涅槃会(ネハンエ)といいます。
 涅槃図とは、お釈迦さまが入滅(お亡くなりになること)されたときの様子を描いたものです。
【清瀧寺/長光寺/光明寺】
2_20180219173240cc8.jpg 4_20180219173243212.jpg 6_20180219173246fdc.jpg
【栄林寺/玖延寺】
11_201802191734133c2.jpg 25_20180219173525376.jpg
【光明寺(大黒殿/大黒天)】
7_20180219173247ac4.jpg 10_20180219173411bcb.jpg 9_201802191732504c2.jpg
 涅槃図の見どころは(いただいた資料より)?
 ①入滅されたのは旧歴2月15日とされることから、上空には満月が描かれている
 ②沙羅双樹の向こう側にはクシナガラの跋堤河が描かれている
 ③空には釈尊の生母・摩耶夫人(マヤブニン)が忉利天から阿那律孫じゃに先導されて天下って来られるお姿が描かれている
 ④牀座の周囲には8本の沙の気が描かれているが、これは八正道(修行の基本となる8種の実践徳目)を表すとされている
 ⑤沙羅の気には釈尊の使用した錫杖と衣鉢袋共薬袋ともいわれる袋が掛けられている
 ⑥釈尊の入滅を悲しむ弟子、菩薩、羅漢たち、釈尊の足に手をかけているのは老女、気絶して倒れているのは阿難尊者
 ⑦動物や虫たちも集まり悲しみにくれている、描かれている動物たちは時代とともに変化している  
【涅槃図(清瀧寺)】
3_20180219173242b33.jpg
【涅槃図(長光寺)】
5_20180219173244a1b.jpg
【涅槃図(光明寺)】
8_20180219173249bb6.jpg
【涅槃図(栄林寺)】
13_201802191734146db.jpg
【涅槃図(玖延寺)】
26_20180219173527757.jpg
【阿難尊者/阿兎楼尊者/阿那律尊者】
16_20180219173419ac0.jpg 15_20180219173417a50.jpg 19_20180219173519122.jpg
【摩耶夫人/老女/阿修羅王】
20_201802191735202b0.jpg 17_201802191734207af.jpg 22_2018021917352330c.jpg
【薬袋/猫/動物や虫たち】
18_2018021917342269c.jpg 14_20180219173416636.jpg 21_20180219173522597.jpg
 移動の途中に、歴史的建造物である蔵を見ることができました。
【蔵(角屋旅館/アサノ洋品店/ヤマタケ(内山家)】
30_20180219173528ab9.jpg 31_20180219173529772.jpg 32_20180219173601866.jpg



観音の里トレッキング 平成30年2月11日(日)
 浜松市北区引Sで行われた観音の里トレッキングに行ってきました。
 ウォーキングでなくトレッキング、何なのかと思っていましたが、伊平城址に行くには山の中、上り坂の連続で納得です。
<今回のコース>
基幹集落センター~松山観音堂~仏坂竹馬寺~ふろんぼ様~長興寺~山本本家庭園~基幹集落センター
1_2018021116311814e.jpg
 先ず、聖観世音菩薩のある松山観音堂へ。
2_2018021116311930d.jpg 3_20180211163121fa7.jpg 4_201802111631220ad.jpg
 その後、井伊城の補完城であった伊平城址へ。
 きつい坂道が続きます。
 土塁、曲輪、切岸、堅堀等当時の姿を見ることができるようですが、今回は土塁の確認のみ行いました。
5_201802111631241d4.jpg
 次の目的地は仏坂竹馬寺です。
 ここでは、十一面観世音菩薩が見ることができます。
 途中、炭焼窯跡がありました。
6_20180211163125fcb.jpg
7_2018021116312746a.jpg 8_2018021116312869a.jpg
 次は、長興寺です。
 伊平氏の位牌が祀られています。
 途中、夕焼け地蔵、ふろんぼ様(古い墓がなまった?)がありました。
9_20180211163130728.jpg 10_20180211163136bac.jpg
 百年桜と呼ばれている桜もありました。
11_20180211163137d0b.jpg
13_201802111631414ce.jpg 12_20180211163139bc3.jpg
 元造り酒屋であった山本本家の庭園を見せていただきました。
14_20180211163142263.jpg 17_2018021116314323d.jpg 18_20180211163145fe4.jpg



花のウォーキング 平成30年2月10日(土)
 浜松フラワーPへ「花のウォーキング」に行ってきました。
 毎月第二・第四土曜日の午前中に行われています。
 ボランティアガイドさんの案内で園内をのんびりと散策します。
 入場すると、チューリップと菜の花が出迎えてくれます。
 今日の目玉は、節分草と福寿草です。
 早咲きの梅や桜や椿も咲き始めました。
 珍しい金魚のような葉の椿(金魚葉椿)を教えていただきました。
 葉ボタンがきれいに咲いていました。
 温室内はバレンタインバージョンの飾り付けがしてありました。 
1_20180210174011d05.jpg
3_20180210174012d49.jpg 4_20180210174013cb0.jpg 5_20180210174015f49.jpg
24_20180210174100969.jpg 23_20180210174059f9c.jpg 21_20180210174057ac7.jpg
27_2018021017410511e.jpg 25_20180210174102805.jpg 26_20180210174103e74.jpg
9_20180210174019a24.jpg 15_20180210174022e88.jpg 16_20180210174030afc.jpg
11_20180210174021150.jpg 7_20180210174018423.jpg 6_20180210174016b80.jpg
29_20180210174108a12.jpg 32_20180210174114519.jpg 31_20180210174112946.jpg
33_2018021017411598a.jpg 34_20180210174145d51.jpg 28 - コピー
18_201802101740338b7.jpg 17_20180210174031e6d.jpg 19_20180210174056ab8.jpg
36_20180210174147bc4.jpg 37_2018021017414865f.jpg



花のウォーキング 平成30年1月27日(土)
 浜松フラワーPへ「花のウォーキング」に行ってきました。
 毎月第二・第四土曜日の午前中に行われています。
 ボランティアガイドさんの案内で園内をのんびりと散策します。
 今日は寒さのせいか、参加者はたったの3名でした。
 今日の目玉は、節分草です。
 入場すると、チューリップと菜の花が出迎えてくれます。
1_20180127154013c48.jpg 2_201801271540156e5.jpg
 梅は咲き始め、蠟梅まだきれいです。
12_20180127154031341.jpg 11_20180127154029086.jpg 14_201801271549397ad.jpg
13_20180127154100a73.jpg 3_20180127154016ddb.jpg 4_20180127154017541.jpg
 椿園では、椿は咲き始めです。
5_201801271540191ee.jpg 6_201801271540208b4.jpg
 寒ボタンが菰に包まれていました。
7_20180127154027a79.jpg 9_201801271540286c8.jpg
 節分草は可憐な白い花を咲かせ、福寿草は地上に顔を出したばかりです。
 房水仙は見頃です。
15_20180127154102c01.jpg 16_20180127154103283.jpg 17_20180127154104d3b.jpg
 今日は、花と関係がない遊園地にも行きました。
18_2018012715410680f.jpg 19_20180127154107c0b.jpg 20_20180127154109296.jpg



花のウォーキング 平成30年1月13日(土)
 浜松フラワーPへ「花のウォーキング」に行ってきました。
 毎月第二・第四土曜日の午前中に行われています。
 ボランティアガイドさんの案内で園内をのんびりと散策します。
 今日の見頃は、水仙と山茶花と蠟梅です。
 園内に入れば、チューリップと菜の花と葉ボタンが迎えてくれます。
1_20180113153731b86.jpg
4_2018011315373307b.jpg 6_2018011315373638e.jpg 9_20180113153741f32.jpg
5_20180113153734822.jpg 7_20180113153737aed.jpg 8_20180113153739e9a.jpg
11_20180113153742fad.jpg 12_201801131537433ad.jpg
 梅はまだ蕾、福寿草もやっと芽を出したところです。
13_2018011315374598b.jpg 31_20180113154425c86.jpg
 山茶花と水仙はきれいでした。
37_201801131547347fc.jpg 38_20180113154736c32.jpg 32_201801131547284a5.jpg
33_20180113154730f93.jpg 34_20180113154731fb1.jpg 35_20180113154733730.jpg
14_201801131546427bb.jpg 16_20180113154644857.jpg
 蠟梅はいい香りを漂わせていました。
20_20180113154647fb9.jpg 30_20180113154653d4e.jpg 25_20180113154650c0e.jpg
28_20180113154651d74.jpg 23_20180113154648326.jpg 18_20180113154645a5c.jpg
 温室内の花は色鮮やかです。
40_2018011315473714f.jpg 42_20180113154739973.jpg 43_201801131547400ac.jpg
 温室内にはサボテンコーナーもあります。
44_20180113154742b82.jpg
 入口に七草が飾ってありました。
45_20180113154838a93.jpg 48_20180113154840bc6.jpg
スポンサーサイト
2018/10/15

楽しくおいしく

楽しく作っておいしくいただきます
エコでごちそう 平成30年10月14日(日)
 浜松市Eコハウス「エコでごちそう教室」に行ってきました。
 環境にやさしいクッキングということで、火を使わないメニューとか余熱を使ったメニューでした。
<今回のメニュー>
①鶏胸肉のハム風、②野菜の蒸し焼き、③長芋の梅肉和え、④リンゴのコンポート生クリーム添え
今日も楽しく作っておいしくいただきました。
【鶏胸肉のハム風】
1_20181014144020ac2.jpg

2_20181014144022b15.jpg

3_201810141440238dd.jpg
【野菜の蒸し焼き/長芋の梅肉和え】
5_20181014144027e13.jpg 6_20181014144028458.jpg
【リンゴのコンポート生クリーム添え】
7_20181014144029fd3.jpg
【いただきます】
8_20181014144031ef4.jpg



男の料理教室 平成30年10月5日(金)
 R西荘で行われた「男の料理教室」に行ってきました。
 高齢者は、食欲がない時・・・何でもいいから食べる。
        食欲がある時・・・バランスよく、タンパク質は毎食
 と教えていただきました。
 今日も楽しく作っておいしくいただきました。
<今回のメニュー>
①おにぎらず、②ポトフ、③茶椀蒸し、④焼きリンゴ
【おにぎらず/ポトフ】
11_201810051523323d3.jpg 12_20181005152334e12.jpg
【茶椀蒸し/焼きリンゴ】
13_20181005152336457.jpg 14_20181005152337e19.jpg
【いただきます】
15_20181005152339615.jpg



サバメシ体験 平成30年9月29日(土)
 浜松市Eコハウス「サバメシ体験」に行ってきました。
 「サバメシ体験」=「サバ缶を使った料理体験」と思った方がいるかと思いますが、「サバイバル飯炊きの体験」です。
 いざというときに役立つ、炊飯器や飯ごうがなくても炊飯する方法を教えていただきました。
 持ち物は米1合だけでした。
 アルミ缶2個とヨーグルトパック4個を使い飯を炊きます。
 炊きたてのご飯をカレーで味わいました。
 今日も楽しく作っておいしくいただきました。
<材料>
 ①アルミ缶2個=釜と釜戸に
 ②ヨーグルトパック4個=燃料に
 ③米1合
 ④アルミ泊=釜のふたに
 ⑤加工用器具(缶切り、ナイフ、はさみ等)
【材料(アルミ缶とヨーグルトパック)】
1_2018092915385049a.jpg

【飯炊き準備(釜と釜戸と燃料)】
2_20180929153852152.jpg

【飯炊き開始(火をつけました)】
3_2018092915385285e.jpg

【飯炊き中(アルミふた持ち上がり)】
4_20180929153854694.jpg

【いただきます】
5_20180929153856e46.jpg
<手順>
 ①釜をつくる
  ・アルミ缶の上面を缶切りを使い、切り取る
 ②釜戸をつくる
  ・別のアルミ缶の上面を缶切りを使い、切り取る
  ・側面4ヶ所をナイフで、切り抜く(3×1.5cmほど)
   (上部2カ所は向かい合わせで、下部は上部と90度ずらし向かい合わせで、切り抜く)
 ③燃料
  ・ヨーグルトパック4個をハサミで、およそ2㎝幅に切る 
 ④飯炊き準備
  ・米を洗い、釜となるアルミ缶に米1合と適量の水を入れ、上面をアルミ泊で覆う
  ・アルミ缶を2段(上は①、下は②)に積み重ねる
 ⑤飯炊き
  ・③がなくなるまで燃やす(20分ほどで炊ける)


男の料理教室 平成30年9月21日(金)
 R西荘で行われた「男の料理教室」に行ってきました。
 料理の前に、「サルコペニア」について学びました。
  ・サルコペニアとは、筋肉減少症のことで要介護状態になる最も多い原因。
   ①BMI=体重㎏÷身長m÷身長m・・・18.5未満は要注意(痩せすぎない)
   ②ふくらはぎ周囲長を測る(一番太いところ)・・・31㎝未満なら要注意
  ・運動と栄養の両立で予防を! 
<今回のメニュー>
①秋刀魚くるくる焼き、②温玉サラダ、③味噌汁、④ご飯
 余った卵で、卵焼きを追加しました。
 今日も楽しく作っておいしくいただきました。
【秋刀魚くるくる焼き/温玉サラダ】
1_201809231100053ea.jpg 2_20180923110007d5b.jpg
【味噌汁】
3_20180923110008e15.jpg
【いただきます】
4_2018092311000963f.jpg



大人のための食育講座 平成30年9月20日(木)
 H部協働センターで行われた「大人のための食育講座」に行ってきました。
 今日のテーマは〝今日から実践できる栄養バランスのとり方〟でした。
 ・衛生的な手洗い
  ①流水で手を洗う、②洗浄剤を手に取る、③手のひら・指の腹面を洗う、④手の甲・指の背を洗う
  ⑤指の側面・付け根を洗う、⑥親指の付け根部分の膨らんだ部分を洗う、⑦指先を洗う、⑧手首を洗う
  ⑨洗浄剤を十分な流水でよく洗い流す、⑩手をふき乾燥させる、⑪アルコールによる消毒をする
    (②~⑨までの手順を繰り返し2度洗いで菌やウィルスを洗い流す)
 ・生活習慣病・・・小さいころからの生活習慣の積み重ね
  一次予防:食生活、運動、休養、飲酒、喫煙の見直し
  二次予防:早期発見
  三次予防:早期治療
 ・三大栄養素
  炭水化物、脂質、タンパク質
 ・五大栄養素
  三大栄養素+ビタミン、ミネラル
 ・意識したい5つの栄養素の役割
  体のエネルギーになる:炭水化物、脂質、タンパク質
  体を作る:タンパク質、脂質、ミネラル
  体のエネルギー作りや体作りを助ける:ビタミン、ミネラル 
 ・それぞれの栄養素を偏りなく取ることが大切 → 一汁三菜の考え方
<今回のメニュー>
①ひじきと青じその混ぜごはん、②鶏つくねの豆乳スープ、③小松菜としめじの煮浸し、④のりといろいろ乾物のサラダ
 今日も楽しく作っておいしくいただきました。
【ひじきと青じその混ぜごはん/鶏つくねの豆乳スープ】
1_20180920140713bab.jpg 2_20180920140715765.jpg
【小松菜としめじの煮浸し/のりといろいろ乾物のサラダ】
3_20180920140716e69.jpg 4_20180920140717672.jpg
【いただきます】
5_201809201407180d2.jpg



男の料理教室 平成30年9月7日(金)
 R西荘で行われた「男の料理教室」に行ってきました。
 料理の前に、「食事バランスガイド」という資料を使って、食生活のチェックをしました。
 また、時々自分の体形をチェックして、お腹まわりが気になってきたらエネルギーっを1ランク下げるなどの調整をしましょう!
<今回のメニュー>
①豆腐ステーキ、②ゴーヤの塩コンブ和え、③ポテトサラダ、④パイナップル
 パイナップルについては切り方を覚えました。
 余った卵で厚焼き卵の作り方を学びました。
 今日も楽しく作っておいしくいただきました。
【豆腐ステーキ/ゴーヤの塩コンブ和え】
1_2018090811140298e.jpg 2_201809081114041ff.jpg
【ポテトサラダ/パイナップル】
3_20180908111405f6f.jpg 4_201809081114085ee.jpg
【いただきます】
6_20180908111408fff.jpg



男の料理教室 平成30年8月31日(金)
 R西荘で行われた「男の料理教室」に行ってきました。
 料理の前に、「よく噛みましょう!」というお話がありました。
   ・よく噛むと、①肥満予防、②虫歯・歯周病予防、③免疫力アップ、④姿勢が良くなる、⑤脳の発達、⑥老化予防に効果あり
   ・噛むことと飲み込むことは誰も助けてくれない→飲み込めないとチューブで(流動食)・・・食べる楽しみがなくなる
   ・1口で30回噛みましょう! 
<今回のメニュー>
①焼き魚のオニオンサラダ添え、②南瓜の煮付け、③たまごふわふわ汁、④水ようかん
 今日も楽しく作っておいしくいただきました。
【焼き魚のオニオンサラダ添え・南瓜の煮付け】
1_20180831150317a57.jpg 2_20180831150319970.jpg
【たまごふわふわ汁・水ようかん】
3_20180831150320e6d.jpg 4_201808311503233be.jpg
【いただきます】
5_20180831150323a7d.jpg



ブルーベリーの収穫とジャム作り 平成30年8月16日(木)
 D空博物館企画の「ブルーベリー摘みとジャム作り」に行ってきました。
 農家で専門的に栽培されている新鮮な果実をカップ一杯(800g:会費で)摘みながら、試食を楽しみました。
 15種、200本から好みのものを食べ放題でした。
 大玉でとても甘くおいしかったです。
 追加でもう一カップ(800g:実費で)摘み、お土産にしました。
 D空博物館に戻り、昼食後、ジャム作りを体験しました。
 ジャムは容器に小分けして持ち帰りました。
【収穫】
1_20180818155620b6d.jpg 2_20180818155622ef7.jpg 3_20180818155623281.jpg
4_2018081815562443e.jpg 5_201808181556266c8.jpg 6_2018081815562720b.jpg
【ジャム作り】
7_2018081815562983c.jpg 8_201808181556307b1.jpg 9_201808181556324d4.jpg
10_20180818155634438.jpg

<作り方>
1.容器の消毒
  保存容器を煮沸消毒(およそ10分)し、取り出した容器を清潔な布巾の上に、瓶の口を下にして水滴を落とす。
2.ブルーベリーの準備
  生ブルーベリー・・・・・・水でさっと洗いながし、水気を切って鍋に入れる。傷んでいるものは取り除く。
  冷凍ブルーベリー・・・・予め洗って水気を切って冷凍しておく。ジャム作りの時は解凍せず凍ったまま鍋に入れる。
3.ブルーベリーを加熱
  最初は焦がさないよう弱火で加熱する。
  水分が出てきたら、中火にして焦がさないように混ぜながらさらに加熱する。
  十分に水分が出たら、砂糖とレモン汁を加える。灰汁は取り除く。
   ※砂糖の分量はお好みに応じて材料の30~50%程度、糖度が高いほど日持ちする
   ※レモン汁の分量は、ブルーベリー200gで大さじ1杯が目安


男の料理教室 平成30年8月17日(金)
 R西荘で行われた「男の料理教室」に行ってきました。
 参加者は六名でした。サミシイ!
 料理の前に、食中毒予防の三原則と正しい水分補給について勉強しました。
<今回のメニュー>
①たまごチャーハン、②餃子
 今日も楽しく作って、おいしくいただきました。
【たまごチャーハン/餃子】
1_20180817144103399.jpg 2_201808171441050e1.jpg
【いただきます】
3_201808171441069c1.jpg



五目ご飯 平成30年6月10日(日)
 浜松市Eコハウスで行われた「エコでごちそう教室」に行ってきました。
 地元のもの、旬のものを使えばエコクッキングです。
 食べ残さない量、生ゴミを少なく、水気を切ることも大切です。
 おいしい料理には調味料選びから。
 今回は「五目ご飯と春野菜のおかず」でした。
 デザートは「甘酒のムース」でした。
<今回のメニュー>
①五目ごはん、②しめじスープ、③いわしのソテーキャベツソース、④キャベツのだし酢、⑤甘酒のムース
 今日も楽しく作っておいしくいただきました。
【五目ごはん/しめじスープ】
4_201806111057397cd.jpg 3_201806111057381b5.jpg
【いわしのソテーキャベツソース/キャベツのだし酢】
1_20180611105735fa2.jpg 2_201806111057363f3.jpg
【甘酒のムース】
5_20180611105741c91.jpg
【いただきます】
6_20180611105742497.jpg



梅の収穫と梅味噌作り 平成30年6月9日(土)
 D空博物館企画の「梅の収穫と梅味噌作り」に行ってきました。
 農家の梅園で丹精された新鮮な果実をもぎ取り家に持ち帰りました。
 D空博物館に戻り、昼食後、梅味噌作りを体験しました。 
【収穫】
1_2018061006413702b.jpg 2_20180610064138a3f.jpg 3_20180610064140d85.jpg
4_20180610064141fa4.jpg
【梅味噌作り1(スタート/煮崩れ中/種子取り出し)】
5_20180610064143208.jpg 6_2018061006414400f.jpg 7_20180610064146095.jpg
【梅味噌作り2(灰汁取り/味噌入れ/砂糖入れ)】
8_20180610064147715.jpg 9_20180610064149e6f.jpg 10_20180610064150ea3.jpg
【梅味噌作り3(完成/冷まして/持ち帰り】
11_20180610064152d82.jpg 12_20180610064153c31.jpg 13_20180610064155c48.jpg
 家に持ち帰り、梅味噌作りをしました。
 残った梅で、梅サワードリンクを作る予定です。
【自宅にて(煮崩れ中/味噌入れ/砂糖入れ/完成】
14_20180610064156d31.jpg 16_2018061006415993c.jpg 15_201806100641583fd.jpg
17_20180610064201429.jpg

梅味噌作り
 <野菜の味噌ディップ、魚の梅味噌焼き、味噌和え等等に>
 <材料 : 梅1Kg、佐藤1Kg、味噌1Kg>
  ①梅を火にかけ、煮くずれしたら、種子を取り出し再び火にかける
  ②灰汁を丁寧に取る
  ③味噌を入れ、よく溶けたら、砂糖を入れる(一度に全部入れずに、味見をしながら好みの味に仕上げる)


食生活改善講座 平成30年5月26日(土)・5月12日(土)
 N村環境改善センターで行われた「食生活改善講座・男の料理」に行ってきました。
5月26日
 今日のテーマも、〝旬の食材を使って毎日食べたいおいしいおかず〟です。
 ・食べる順番を工夫しましょう
  食後血糖値の上昇を抑えることができる→糖尿病予防
  (先ず野菜・キノコ・海藻類から、次ぎに魚介、大豆、肉等のタンパク質、最後に穀物、果物とする)
 ・食べるタイミングにも気をつける
  規則正しい3回の食事は血糖コントロールが良好で、体への負担が少なくなる
<今回のメニュー>
①五穀ご飯、②焼き豚、③フルーツサラダ、④アサリとキャベツのスープ
 今日も楽しく作って、おいしくいただきました。
【五穀ご飯/焼き豚】
4_20180526151155f59.jpg 5_201805261511567a6.jpg
【フルーツサラダ/アサリとキャベツのスープ】
6_20180526151158691.jpg 7_20180526151159ece.jpg
【いただきます】
8_20180526151201896.jpg
 料理教室前に時間があったので、会場近くの「森の水車公園」を散策しました。
 鮮やかな緑に元気をいただきました。
【森の水車公園】
1_20180526151151ee0.jpg 2_20180526151152cf0.jpg 3_20180526151153267.jpg
5月12日
 今日のテーマは、〝旬の食材を使って毎日食べたいおいしいおかず〟です。
 ・料理を始める
  ①服装を整えましょう → 手は石鹸で洗う、エプロンをつける、袖口はまくり上げておく
  ②作り方を読みましょう → 料理のイメージが沸き、作業がスムースに
  ③材料ははじめにきちんと揃えておきましょう → 作り始めてからなかったとあわてないように
  ④怪我のないよう注意しましょう → 火や刃物、床にこぼれた水等で滑らないよう
 今日も、楽しく作っておいしくいただきました。
 次回は、5月26日です。
<今回のメニュー>
①厚焼き卵、②いかとさやえんどうの炒め煮、③具だくさんの味噌汁、④さくら大福、⑤ご飯
【厚焼き卵/いかとさやえんどうの炒め煮】
1_20180512145310726.jpg 2_20180512145311e6d.jpg
【具だくさんの味噌汁/さくら大福】
3_201805121453124fd.jpg 4_201805121453142b0.jpg
【いただきます】
5_20180512145315306.jpg



大人のための食育講座 平成30年5月17日(木)
 T台協働センターで行われた「大人のための食育講座」に行ってきました。
 今日のテーマは〝大人から子供へ伝えたいレシピ〟でした。
 ・大人から子供へ伝えたい食事の基本
  幼児期は食生活の基礎を作る次期
  子供にとっての生活習慣のお手本は、両親や家族
   規則正しい生活のリズムをつけよう→早寝、早起き、朝ごはん・・・時間はなるべく同じにする
  子供のおやつは、食事の一部・・・3回の食事で不足する栄養分を補う(ジュースやお菓子ではない)
   時間と量を考える
<今回のメニュー>
①さばとレンコンの甘酢和え、②豚汁、③かぼちゃサラダ、④ご飯
 今日も楽しく作っておいしくいただきました。
【さばとレンコンの甘酢和え/豚汁】
1_20180517210130492.jpg 2_2018051721013350b.jpg
【かぼちゃサラダ】
3_20180517210133447.jpg
【いただきます】
4_20180517210135b21.jpg



イチゴ狩りとジャム作り体験 平成30年5月7日(月)
 D空博物館企画の「イチゴ狩りとジャム作り体験」に行ってきました。
 イチゴハウスでは、真っ赤に色づいた美味しいイチゴが待っています。
 食べ放題で、格安で持ち帰りもできます。
1_201805081145270b9.jpg 2_201805081145286b1.jpg 6_20180508114529406.jpg
7_2018050811453196f.jpg
 D空博物館に戻り、昼食後、ジャム作りを初体験です。
 出来上がった、ジャムは容器に分けて持ち帰りました。
8_20180508114532487.jpg
9_20180508114534365.jpg 10_20180508114535a68.jpg 11_2018050811453750c.jpg
12_20180508114538214.jpg
 さっそく自宅でもジャムを作りました。
14_20180508114540510.jpg 15_20180508114541bc4.jpg 16_20180508114543477.jpg
17_2018050811454402c.jpg
作り方
 ・材料   イチゴ400g、三温糖100g、レモン汁大サジ1
 ・作り方  ①イチゴは水でよく洗い、ヘタを取る。
        ②鍋に入れ、砂糖をふりかけて、しばらく放置する。
        ③イチゴから水分が出てきたら、レモン汁を加え、強火にかける。
        ④灰汁を取りながら10~15分煮詰める。
        ⑤熱いうちに瓶詰めする。


食育講座 平成30年4月19日(木)
 T台協働センターで行われた「大人のための食育講座」に行ってきました。
 今日のテーマは、〝野菜プラス1皿で糖尿病予防〟です。
 1日に摂ってほしい野菜の量は350g。だが、日本人は70g・小鉢1つ分程度不足している。
 ・なぜ野菜を食べないといけないか?
  健康を維持し、病気を予防する栄養成分(食物繊維・ビタミン・ミネラル)が多く含まれている。
  野菜から食べる→血糖値の上昇を緩やかにする
 ・効率よく野菜摂取するためのコツ
  洗ってすぐ食べられる野菜を使う
  電子レンジ(温野菜)を活用する
  カット野菜の活用
  冷凍野菜の活用
  市販の野菜のそうざいの活用等
<今日のメニュー> 
①鶏から揚げのレモンサラダ、②きのこのまりね、③野菜のカレースープ煮、④胡瓜のとろろこんぶ和え、⑤ご飯
【鶏から揚げのレモンサラダ/きのこのまりね】
1_201804191712011ec.jpg 2_201804191712028f0.jpg
【野菜のカレースープ煮/胡瓜のとろろこんぶ和え】
3_20180419171203d8e.jpg 4_20180419171205e14.jpg
【いただきます】
5_20180419171207e35.jpg



たけのこ尽くし 平成30年4月8日(日)
 浜松市Eコハウスで行われた「エコでごちそう教室」に行ってきました。
 地元のもの、旬のものを使えばエコクッキングです。
 今回は「豪華たけのこ尽くし」でした。
 デザートはいちご大福でした。
<今回のメニュー>
①たけのこご飯、②豚バラ肉と筍の粉まぶし煮、③ふきとたけのこの炒り卵、④姫皮の酢味噌和え、⑤いちご大福
【たけのこご飯/豚バラ肉と筍の粉まぶし煮】
1_2018040815135178f.jpg 2_201804081513525ca.jpg
【ふきとたけのこの炒り卵/姫皮の酢味噌和え】
3_20180408151354f65.jpg 4_20180408151355c5c.jpg
【いちご大福】
5_20180408151357eff.jpg
【いただきます】
6_20180408151358590.jpg
【具材の処理/いちごを餡で包んで/炊けました】
11_2018040815140334a.jpg 13_20180408151406219.jpg 12_201804081514048fd.jpg
 出汁に使った削り節と昆布でふりかけを、ふきの葉っぱを酢味噌で和えて・・・エコですネ。
【特製ふりかけ/お浸し】
9_20180408151400b51.jpg 10_201804081514015cb.jpg



ザ・男メシ 平成30年2月26日(月)
 浜松市H部協働センターで行われた料理講座「ザ・男メシ」に行ってきました。
 居酒屋の大将が講師です。
 男18名の参加です。
 今日も楽しく作っておいしくいただきました
<今回のメニュー>
①ニラレバ炒め、②牛ステーキ、③魚介と茄子の揚げ出し、④鮪のにぎり寿し
【ニラレバ炒め/牛ステーキ】
3_20180226120627b9c.jpg 1_20180226120624bfb.jpg
【魚介と茄子の揚げ出し/鮪のにぎり寿し】
2_2018022612062653b.jpg 4_20180226120628888.jpg
【いただきます】
5_20180226120630c61.jpg



ザ・男メシ 平成30年2月19日(月)
 浜松市H部協働センターで行われた料理講座「ザ・男メシ」に行ってきました。
 居酒屋の大将が講師です。
 男18名の参加です。
 来週もあります。
 今日も楽しく作っておいしくいただきました
<今回のメニュー>
①魚の姿煮、②天婦羅盛り合わせ、③猪味噌鍋、④紅生姜のおむすび
【魚の姿煮/天婦羅盛り合わせ】
1_201802191250229b4.jpg 2_20180219125023752.jpg
【猪味噌鍋/紅生姜のおむすび】
3_20180219125025fb0.jpg 4_20180219125026faf.jpg
【iいただきます】
5_201802191250288a7.jpg



恵方巻づくりに挑戦 平成30年2月3日(土)
 浜松市エコHM住宅で行われた「恵方巻づくり」に行ってました。
 挑戦なんてちょっと大げさですね。初めてだったので・・・。
 今年は「南南東」に向って食べるとのこと。
 今日の具材は、大葉、鮭フレーク、とびっこ、卵、キュウリ、かにかま、まぐろでした。
◆作り方
 ①、炊いたご飯に合わせ酢を廻しかけ、味がなじんだらうちわで扇ぎながら、しゃもじで切るように混ぜながら冷ます。
 ②、厚焼き卵をつくります。
 ③、海苔の上に飯を拡げ、真ん中に具材を乗せ、大きく巻く。
 思っていたより簡単で、形よくできました。
 今日は食べずに、家にお持ち帰りです。
1_20180203171303d90.jpg 2_201802031713042ba.jpg 3_20180203171305041.jpg
4_20180203171307501.jpg
2018/10/14

読みました

あんな本もこんな本も…読書三昧
好きな本を読んだ~読んだ~読みました。
 定年退職し、毎日が日曜日。
 時間だけは、たっぷり出来ました。
 そこで図書館の会員になり、好きな本をたっぷり読むことにしました。
 好きなジャンルは、◆推理小説と◇時代小説
 脳の活性化でボケ防止を図ります。
 自宅から図書館までのおよそ2Kmを運動を兼ねて歩きます。
平成30年・・・79冊読みました
  ・12月・・・0冊、・11月・・・0冊、・10月・・・2冊、・9月・・・11冊、・8月・・・11冊、・7月・・・11冊
  ・6月・・・10冊、・5月・・・10冊、・4月・・・5冊、・3月・・・11冊、・2月・・・5冊、・1月・・・4冊
平成30年10月・・・2冊読みました(H30.10.14)>

DSC04477.jpg
◆殺人へのミニトリック(西村京太郎・角川書店)
1号車と7号車にパノラマラウンジカーを備えている、サロンエクスプレス踊り子。出版社に勤める古賀は、恋人のめぐみとともに、下田へ旅行に行くことになった。パノラマカーで景色を楽しんでいる時、カメラを忘れたことに気付き、部屋に取りに戻る古賀。個室の扉を開けると、目の前で知らない女性の死体が崩れ落ちた。公安官に、その女性の恋人と勘違いされてしまったため、車内でめぐみを探したが見つからず、容疑者として熱海警察署で取り調べ受ける。
◆八月十四日夜の殺人(西村京太郎・実業之日本社)
 都内ホテルで刺殺された女性は、伊勢神宮の吟行から帰ってきたばかりの俳句の先生だった。犯行があったのは八月十四日深夜。手掛かりもなく、動機も見えない殺人事件に捜査は難航を極める。しかし、十年前に「八月十五日の殺人」と呼ばれる事件が起きていたとの情報あり、十津川警部は京都へ向かう。さらに二十年前にも「八月十五日の殺人」が・・・・・・数十年越しの連続殺人事件真相には戦争の影が?
借用中(H30.10.2)>
◆殺人へのミニトリック(西村京太郎・角川書店)
◆予土線に殺意が走る(西村京太郎・祥伝社)
 国際的な音楽家やアスリートの興行を打つ「呼び屋」の東海元(トウカイ ハジメ)。彼が次に選んだのは愛媛宇和島の闘牛とスペインの闘牛士の対決だった。イベントはまたも大評判を呼ぶも、巨額の興行資金が回収されたかは不明。興味を抱いたN新聞の記者梶本は東海の秘書山田真由美に接近した。同じ頃、多摩川河川敷で殴殺死体が発見され、十津川率いる捜査本部に東海との事件の関連を示す告発状が届く。やがて、四国の予土線を走る、新幹線そっくりの〝鉄道ホビートレイン〟に東海が執着していたと判明、梶本が、そして十津川が四国へ飛んだ!
◆スーパー隠岐殺人特急(西村京太郎・実業之日本社)
 息子が借金を苦に自殺、その金を返済する当てもなく老夫婦は死出の旅へ。津和野から秋芳洞へまわった時、何者かに襲われ、老妻は死体で発見された。自殺をほのめかして失踪する老夫婦が最近多いことに不審を覚えていた十津川警部は捜査に乗り出すが、上司の三上刑事部長から、捜査一課のあつかう事件でないと、釘を刺されてしまう・・・。
◆二つの首相暗殺計画(西村京太郎(実業之日本社)
 被害者は大病院の看護師だった。遺書もあり、最初は自殺と思われていた。しかし、その遺書に疑問を抱いた十津川警部は、殺人事件として捜査を進めることを決意した。そして捜査陣が行きついた事件の真相は、血なまぐさい政界の権力闘争だった!
◆八月十四日夜の殺人(西村京太郎・実業之日本社)

平成30年9月・・・11冊読みました(H30.9.30)>
DSC04416.jpg
※飢狼たちの聖戦(柘植久慶・実業の日本社)
 コカイン・カルテルから大金を強奪し香港に逃げのびた鏑木道太郎は、ふたりの中国人と手を組み、中国政府の目を盗んで古美術で大儲けし、シンガポールに身を隠している。これからの夢は、安穏とした生活を送れる楽園に住むことだ。だが、マフィアや中国保安部、黒社会そして仲間の中国人たちもが、鏑木の命を狙いだし・・・。
◇千早城攻防戦(柘植久慶・中央公論社)
 元冠後、弱体化していた鎌倉幕府と北条氏に対し、一三三一年、ついに後醍醐天皇が挙兵。「太平記」に名高い楠木正成が、歴史に初めて登場した瞬間である。史実では赤坂・千早城と、幕府の大軍に奇策を用いて迎撃し、倒幕に貢献するが、「湊川の戦い」で足利尊氏の大軍に不利を承知で挑み、敗北。「七生報国」を誓い、弟・正季(マサスエ)とともに自刃する。元冠の時代にタイムスリップし、モンゴル軍参謀として戦った御厨太郎(ミクリヤ タロウ)だが、今回は正成の参謀となり、赤坂・千早城で再び鎌倉幕府軍の大軍十万と激突する!
◆英雄大戦・織田信長対チンギスハン(柘植久慶・中央公論社)
 駒に古今東西の英雄たちを刻んだ、いわくありげで人を魅了するチェス盤。それを手に入れたフリーライターと写真家の三日月常雅・常資(ツネマサ・ツネスケ)の兄弟がさっそく対戦してみる。それぞれの持ち駒は英雄のもとに送り込まれてしまった。常雅は織田信長、常資はチンギスハン。しかも、三百五十年の時の差を超え、朝鮮半島で激突したのだ。巧緻を極めた戦略戦術で敵を撃破してきた二大英雄の現実ではありえない夢の対決に、軍師として参戦する三日月兄弟。はたして史上最強、そして真の英雄はどちらか?
◆「殺人事件」殺人事件(辻真先・双葉社)
 新進ミステリー作家の牧薩次(マキ サツジ)・・・あだなはポテト。ポテトを先生とするミステリー教室に七人の生徒がいた。スーパーと呼ばれるポテトの恋人可能キリコはは博識で、ポテトのよき助手である。生徒の一人で美人の小早川佳那は「湯河原温泉殺人事件」を最初に書き上げたが、自分の作品に書いた通りの状況で湯河原で殺されてしまった。作品の後半を読めば、犯人がわかるだろうと思われたが、その行方は誰も知らなかった。ポテトとスーパーをはじめ生徒たちは、湯河原に駆けつけたが、佳那のほかに二人の生徒も習作をほぼ完成させていた・・・。
※暗殺列車(辻真先・光文社)
 日米が戦うことなく、時は昭和三十年に至った。この年のある日、海軍大将・山本五十六は、東京と満州の新京を結ぶ弾丸列b「日の出」号の車上にあった。ソ連が虎視眈々と狙う極東の安定のため、蒋介石と周恩来の国共合作画策の訪満である。だが、山本の使命を邪魔せんものと、五十六殺害の命を受けたテロリストたちも列車に乗り込んだ。五十六を守る護衛役は、探偵・帆村荘六(ホムラ ソウロク)、腕利きの刑事、ふたりの女刑事たち。驀進する「日の出」号。やがて車内で起こった奇怪な殺人事件を皮切りに、刺客たとの魔手が殺到。危うし山本五十六!刺客たちの意外な正体。そして、あっと驚く大ドンデン返し!
◆華やかな死体(佐賀潜・講談社文庫)
 白菊と曼珠沙華に飾られた大手食品会社社長が死体で発見された。巨額の遺産目当てか、会社の権力争いの果てか・・・。美貌の未亡人と元社長秘書の間に情事の匂いをかぎとった少壮検事・城戸。老獪な弁護士との知力の限りを尽くす熾烈な闘いが始まった。
◇もののけぞろり(高橋由太・新潮文庫)
 宮本武蔵の弟子・伊織は亡き母を蘇らせる外法に失敗。弟が白狐と化してしまう。人間の姿に戻るべく、本物の外法を使いを探す兄弟が辿り着いたのは、夏の陣に揺れる大阪城だった。妖術で徳川家康に応戦していた淀殿は、豊臣秀吉や織田信長を復活させ大騒動に。襲いかかるもののけから弟を守るため、伊織は妖刀村雨でもののけたちをメッタ斬り!
◇もののけぞろり・お江戸ぞろぞろ(高橋由太・新潮文庫)
 江戸に「封(ホウ)」がおる。そう告げて死んだ権現徳川家康。封とは万能の仙薬で、白狐になってしまった<鬼火>を人間に戻せるかもしれないという。封を求め、江戸を訪れた宮本伊織と<鬼火>の兄弟は、隻眼の辻斬りに突如襲われる。その正体は、強力な妖刀を持つ久尾狐に襲われた伊達正宗だった!柳生宗矩親子と協力し正宗率いるもののけどもをメッタ斬り。
◇もののけぞろり・東海道どろろん(高橋由太・新潮文庫)
 兄に迷惑をかけてまで、人間社会に生きてはならない。<鬼火>は思い詰め、箱根山中にある妖かしの薬園を目指し家出する。
道中、目玉を奪うミカリ婆、天狗、妖狐に襲われ大ピンチ!その上、化け狸の総大将・北条早雲まで出現、早雲の毒矢に射られた<鬼火>は人間の姿に戻るも、数時間後には朝日を浴びて死に至る。伊織は<鬼火>を救えるのか?
◇もののけぞろり・巌流島くるりん(高橋由太・新潮文庫)
 深夜、濃い霧が立ちこめる京の都に数太の剣士を斬り伏せる黒い狐面の男・黒九尾が現れた。その正体は伊織の親友で天才剣士と名高い柳生十兵衛!歩き巫女おこう、御堂ユキらに加え、不老不死の身体を持つ天草四郎、骸骨妖怪がしゃどくろ、そして伝説の陰陽師・蘆屋兄妹も参戦し、打倒黒久尾に挑む!伊織と<鬼火>は最強の黒幕を倒せるのか?5
 
平成30年8月・・・11冊読みました(H30.8.31)>
DSC04372.jpg
◆飛鳥Ⅱの身代金(西村京太郎・文芸春秋)
 乗客の危険を未然に防ぐべく、十津川警部は妻の直子を伴い、日本一周8泊9日のクルーズに乗船した。本格料理と多くの娯楽イベント、上品なカジノを楽しむ和やかな空気のなか、航海は順調に進むかに思えたが。寄港地の函館で、なぜか着岸しない飛鳥Ⅱ、そして船内で爆発音が・・・重大な異変を感じ、船長に詰め寄った十津川は、驚愕の真実を告げられる。船内に閉じ込められた乗客の運命はいかに! 
◆十津川警部 金沢絢爛たる殺人(西村京太郎・講談社)
 都内のビル屋上で加賀宝生流(カガホウショウリュウ)に係わる男が能面姿のまま殺された。殺害前の男の舞を見た異国の大統領には学生時代に金沢滞在経験があるという。事件解決の鍵が金沢にあると考えた十津川警部は現地に向かうが、そこで大統領が昔愛した女性の失踪を知る。さらには大統領の不審な行動が明らかに。限りなく広がる事件の闇に迫る十津川だが、彼の前に思わぬ難敵が!>
◆鳴門の渦潮を観ていた女(西村京太郎・中央公論新社)
 警視庁捜査一課の警部・佐々木は、一人娘さくらが病気で余命半年と宣告されたため、警視庁を退職し、二人で旅行に出た。三年前に妻が病死した時は何もしてやれなかったのだ。しかし、鳴門の「渦の道」でさくらは何者かに誘拐されてしまう。そして解放の条件として、射撃大会で優勝したこともあるその腕で、二日以内に警視総監を射殺せよと命じられる。どうやら事件の背後には、穏健派の元総監に反旗を翻す「強い国家・強い警察」を望む者たちの存在があるようだ。刻々と迫るリミット。はたして佐々木の選択は?
◆愛と殺意の伊豆踊り子ライン(西村京太郎・実業の日本社)
 事件の発端は、渋谷のマンションで発見された女性の死体だった。バスローブ姿で、死因は絞殺だった。顔見知りの犯行ということで操作が始まったが、同一犯の犯行とみられる新たな事件が発生し、捜査は行き詰まりを見せた。そして捜査をあざ笑うかのように、捜査の秘密が雑誌にすっぱ抜かれた!
◆上海特急殺人事件(西村京太郎・実業の日本社)
 東京で起きた、下着姿での連続女子大生射殺事件。彼女たちは共通点がなく、捜査本部は変質者の犯行と推定したが、十津川はその判断に引っかかるものを感じる。一方、上海の黄浦江で日本人のジャズ歌手の扼殺体が発見される。中国警察の協力要請を受け、二つの事件のわずかな類似点を追い、十津川は上海へ飛ぶ。
◆琴電殺人事件(西村京太郎・新潮社)
 香川県琴平町に現存する日本最古の芝居小屋、金丸座。年に一度の「こんぴら歌舞伎」に出演する人気役者に、執拗な脅迫が。その予告通り、ついに琴電琴平線の車中で起きた毒殺事件。東京の会社社長殺しとの関連は?因習と確執が渦巻く歌舞伎界の謎に、十津川警部が挑む。
◆雪とタンチョウと釧網本線(西村京太郎・集英社)
 小柴敬介は40歳独身。毎年2月に釧路へ旅行する。今年は、人気の「SL冬の湿原号」に乗り、写真撮影に勤しんだ。だが、借りたレンタカーから女性の死体が発見され、容疑者となる。7年前に恋人のゆみが釧路で行方不明になった時も容疑をかけられた過去があった。小柴と同級生の十津川は、彼の写真を手掛かりに捜査を始め、3Dカメラ開発が事件に絡んでいると情報を・・・・・・。東京、北海道を結ぶ連続殺人に十津川警部が挑む。
◆阿蘇・やまなみ殺意の車窓(西村京太郎・実業之日本社)
 死亡したのは、警視庁捜査一課の現職の刑事だった。休暇願を出していたのだが、どうやら迷宮入りの事件を一人で追っていたらしい。十津川警部と亀井刑事は、ただちに九州に飛んだ。列車の爆破と、その刑事が追っていた事件の関連を調べるためだ。その捜査の過程で意外な事実が浮かび上がってきた!
◆東海特急殺しのダイヤ(西村京太郎・実業之日本社)
 被害者は寝巻姿のまま、背後から十カ所以上刺されて殺されていた。現場の状況から犯人は女性ではないかと思われた。捜査の過程で浮かび上がってきたのは二人のОLだった。しかし、その二人には鉄壁のアリバイがあった。だが、他に容疑者は見つからない。十津川警部は、二人のアリバイを崩そうと、執拗な捜査を続けた・・・・・・。
◆空と海と陸を結ぶ境港(西村京太郎・徳間書店)
 十八歳、小柄、子猫のようにしなやかな肉体と愛らしい顔・・・。共通する特徴の女性が長崎と東京で殺された。警視庁は本件を連続殺人事件と断定し、犯人は〝子猫コレクター〟と呼ばれることになった。そんなおり、十津川は、鳥取県境港市で、〝猫娘コンテスト〟が開催されることを知り、境港へ飛んだ。厳戒態勢を敷くが、猫娘コンテスト優勝者が誘拐されてしまう。さらに、犯人から「次は鎌倉で、可愛い子猫を誘拐する」との予告電話がかかってきたのだ!
◆現美新幹線殺人事件(西村京太郎・文藝春秋)
 画商の竹田は越後湯沢でスキー中、東京の自宅で妻と娘を何者かに襲われ、殺される。殺人事件の現場からは、渡辺久という新進の画家の絵が盗まれており、その絵はいつの間にか、越後湯沢~新潟間で開通したばかりの〝走る美術館〟に展示されていた・・・・・・。捜査を進めるうち、ニューヨークのやり手の画商が、渡辺のバックについていることがわかり、十津川警部の部下達はニューヨークに飛ぶ。絵に隠されたもうひとつの過去の秘密とは?

平成30年7月・・・11冊読みました(H30.7.31)>
DSC04317.jpg
◇浮世絵宗次日月抄・任せなせえ(門田泰明・光文社文庫)
 天下一の浮世絵絵師・宗次が住む長屋を震撼させる刃傷沙汰が!老侍が血の海に倒れる中、間一髪救った娘は京の公家・宮小路の息女高子という。高子をかくまう宗次だが、獣の如き拳業(コブシワザ)の刺客、上方言葉の尋常でない剣客ら、謎の凄腕たちが次々に襲いくる!騒動の裏にはあまりに危険な手練集団の影が。真相を探るべく宗次は大阪へ!
◇ひぐらし武士道・大江戸剣花帳・上(門田泰明・光文社文庫)
 自由に日々を謳歌する、その日暮らしの素浪人、宗重。その正体は念流皆伝の凄腕剣士。時は四代将軍徳川家綱の世。平穏を揺るがす事件が続発する。「水野」姓の幕臣が次々と殺され、老中襲撃事件までも勃発。元凶を探る中、紀州徳川家に嫌疑が向けられ・・・。暗雲漂う江戸市中を駆け巡るは宗重。怒りの一閃が、敢然と悪を断つ。
◇ひぐらし武士道・大江戸剣花帳・下(門田泰明・光文社文庫)
 幕府瓦解を画策する無数の反乱分子、立身流剣法、田宮流剣法の手練手管の刺客たち。そして恐るべき剣術の達人兵六のふ不敵な凶刃が、闇夜に光る。さらなる強敵と対峙する宗重は、凶事の根源を追う中で傷を負い、窮地に追い込まれていく。待ちうける結末には誰しもが予期せぬ衝撃が・・・。
◆千石線殺人事件(西村京太郎・双葉社)
 青梅の精神科病院で殺人事件未遂が発生した。被害者は入院患者の千石典子。容疑者として浮上した男性が、松島海岸で遺体で発見された。殺人事件の捜査を進めていくと、東日本大震災で沈没し、海底から引き揚げられたクズマン二世号の客室から発見された大量のプラチナ事件と繋がり、十津川警部がそこに潜む闇資金の謎を追う。
◆わが愛する犬吠の海(西村京太郎・祥伝社)
 東京Tホテルで殺された男が残した血文字「こいけてつみち」は、被害者の名前だった。死に際になぜ自分の名を?十津川は、「小池鉄道」という駅が銚子にあると知り、現地へ急行。銚子電鉄が駅名愛称命名権(ネーミングライツ)を販売、終点外川駅の権利を小池が買っていたことを摑む。さらに彼は駅前に事務所を開く一方で、住まいのある京都では広告会社の経営を続けていた。小池はなぜ駅の命名権を買い、銚子と京都の二重生活を送っていたのか?
◆鎌倉将軍連続殺人事件(斉藤栄・祥伝社文庫)
 「鎌倉将軍」の異名を持つ明法大サッカー部のコーチの椎橋。彼が学生の房子と鎌倉山の別荘でデート中、突如寝室の外で火が燃え上がった。それに気を取られている隙に、房子がベットの上で刺殺された!さらに、死に際に彼女が遺した一語「けまり」の意味するものとは?神奈川県警の加賀美警部が極秘捜査に動くものの、やがて第二、第三の殺人が・・・。
◆鎌倉極楽館の怪(斉藤栄・祥伝社)
 鎌倉極楽館の庭園灯の仄暗い明りに、仲居の死体がぼんやりと浮かんでいた。白い首には紐が巻き付き、ピンクのスーツの裾が乱れている。新企画のツアーに彼女のキャラクターが必要と考えていたベル旅行社の夏木梨香は、悲鳴を呑み込んだ・・・。全国各地の観光地で続発する怪事件。小早川警視正と夏木梨香のコンビが謎に挑戦する。
◆函館・日南殺人旅情(斉藤栄。祥伝社)
 嗜眠病(シミンビョウ)、それは、所構わず睡魔に襲われ奇怪な病である。それに罹った夏木梨香は、治療のため宮崎・日南海岸の島津邸に逗留することになった。所が突如、暴漢が侵入し、無香は重傷を負った!一方、北海道・函館では謎の米国人が刺殺されるが、相互にどんな関連が?やがて上京した島津の孫娘にも惨劇が・・・。列島縦断、空前の大トリックとは?
◆愛と絶望の台湾新幹線(西村京太郎・講談社)
 幼少のころ父母と暮らした台湾へ向かう前日、中華料理店の女将・戸田一子が殺された。十津川警部は台湾から一子に届いた台湾新幹線の切符に着目するが、捜査の進展を待たずに一子の娘・二三子が突如、単身で台湾へ。事件の鍵は台湾にあると睨んだ十津川警部と亀井刑事も渡航する。すると入国早々、十津川の携帯に「今すぐ日本に帰れ」という脅迫が。二三子は何処に?脅迫者は誰か?台湾を横断する十津川たちを次々と試練が襲う。
◆南風の中で眠れ(西村京太郎・小学館)
 ファミリーレストラン・チェーンの社長・岡崎英明が誘拐された。理由は、怨恨でも身代金要求でもなかった。岡崎は、姿を見せぬ誘拐犯から、あるビデオ映像を見せられた。来日中事故死したアフリカの小国の大統領と、自殺した化粧品メーカーの女性社長の映像であった。いずれも、自分たちが請け負った殺人である。そして岡崎に、相応の請け負い料を払えば、敵対する人物を消してみせると持ちかける。ほどなく岡崎の経営する会社の不正経理を追及、告発しようとしていた検事とその部下が事故死した。まさに岡崎の敵であった。その後、大病院の院長の自殺、政権党幹事長との関係が噂される有名女優の毒物死が連続して起きる。事故死した白石検事が岡崎の不正を追及していたことを藤田検事から聞いた十津川。一見、無関係に見えるこれらの死亡事件に潜む関連に十津川は着目した。はたして、その共通性とは・・・。
◆北陸新幹線「かがやき」の客たち(西村京太郎・集英社)
 細野新司、金沢の女子大生竹内綾と遠距離恋愛中。ふたりは、3月14日北陸新幹線開業日に東京駅~「かがやき」で金沢へ行く計画をたてる。だが、綾は現れず、細野は独りで新幹線に乗車し、彼女のマンションを訪ねるが留守だった。彼は手がかりを求め、綾の両親の住む宇奈月温泉へ向かう。そこへ警察から江戸川で若い女性の溺死体発見されたと連絡が入った。十津川は細野に疑惑抱く。 

平成30年6月・・・10冊読みました(H30.6.30)>
DSC04270.jpg
◇くノ一秘録1・死霊大名(風野真知雄・文春文庫)
 伊賀国最強のくノ一・青蛾が育てた娘・蛍16歳の若きくノ一は千宗易(千利休)の意を受け、父とともに戦国最大の悪漢・松永久秀を探る。そこで目にしたのは「死と戯れる」秘儀だった。死霊が増殖する動乱の世で、蛍は父を助けるため悲壮な闘いに挑む。
◇くノ一秘録2・死霊坊主(風野真知雄・文春文庫)
 16歳のくノ一・蛍は、松永久秀と一進一退の攻防を繰り広げる信長の配下・筒井順慶の城に潜入する。即身成仏に失敗し生ける屍と化した筒井のまわりでは、奇妙な病らしきものが広がっていた。松永の軍勢による壮絶な城攻めに巻き込まれるなか、蛍は父を救うため、命がけで死霊の秘密を探っていく。
◇くノ一秘録3・死霊の星(風野真知雄・文春文庫)
 松永弾正久秀が秘蔵する茶器「平蜘蛛の釜」を手に入れよ。くノ一の蛍は千宗易より命を受け、松永の籠もる信貴山城に潜入する。一方、松永の異形の軍勢を前に、信長の配下羽柴秀吉は奇策を仕掛ける。動乱の世、彗星が夜空を流れ、人々はそれを弾正星と呼んだ。天の兆しは吉か凶か?
◇討ちて候・上(門田泰明・祥伝社)
 忘れ得ぬ女のために江戸を訪れた京の剣客・松平正宗は、柳生宗重邸で謎の黒忍び群に奇襲される。将軍家剣術師範代の屋敷を蹂躙した豪胆な一党は、市中を不安に陥れている旗本・大名屋敷連続襲撃事件の犯人集団か?比類なき剣の腕を持つ正宗さえをも脅かす彼らの正体は?その凶刃はやがて御三家水戸光圀、そして江戸城にまで迫る!
◇討ちて候・下(門田泰明・祥伝社)
 松平正宗は謎の忍び一族から受けた傷で死線を彷徨った。危機を脱した正宗を執拗に狙う知・業ともにすぐれた凄腕集団。事件の背後に見え隠れする次期将軍の座をめぐる暗闘。幕閣内で怪しく蠢く勢力から、四代将軍・徳川家綱を護ろうと、正宗は江戸を発った。一刻の猶予も許されないと向かう先は?その正宗を重武装の一群が追う!
◆殺人交差点(島田一男・天山文庫)
 建設中の高層ビルからの墜落死。モデルハウスでのガス死。そして首吊りと新宿の街中で続く変死。それもドロップ・アウトしたフーテンばかり。新宿署の船曳刑事から「お前たちの内部に問題があるのでは」と言われて、東大医学中退で、新宿の裏ボス・通称ミコトは本腰で調べだした。彼も死因に不審を抱いていたからだ。シンナー、大麻、マリファナ等のドラッグとセックスに狂う若者たちに忍び寄る殺人者の影。新宿の喧騒の街に殺意が走る。
◆伊勢志摩ライナーの罠(西村京太郎・祥伝社)
 月刊誌の企画でお伊勢参りに出かける予定だった老夫婦が失踪した。旅のコースには二人の名を騙る不審なカップルが出現。老夫婦は事件に巻き込まれたのか?捜索願が出される中、カップルの女性が隅田川で他殺体に。捜査に当たった十津川警部は老夫婦の家で謎の仏像を発見する。失踪と関係があるのか?
◆「かぐや姫」殺人ロケ(島田一男・光文社文庫)
 車田プロデューサー率いる「かぐや姫」制作の一行は、深夜、火事騒ぎで起こされた。焼失したのは、ロケハン隊が泊まるホテルのオーナーの自宅、二つの焼死体は元大部屋女優のオーナー夫人とホテルの男子従業員と断定された。そして翌日、主演女優が全裸死体で発見。事件の関連性を探る車田の推理が驚愕の事実を抉る!
◆美雪総監の緊急指令(志茂田景樹・光文社文庫)
 敏腕弁護士から女性初の警視総監へ華麗に変身した鳳美雪。大臣まで務めた伊奈文勝代議士のたかりの実態を内偵中、センセイと関係のあった女優が、暴力団にレイプ・ビデオを撮られた。さらにその内縁の夫が撲殺され・・・。異常なまでの女優好きの伊奈に、美雪総監は秘策で対決!政界、芸能界を縦横無尽にメッタ斬り。巨悪にハダカで立ち向かう。
◆翔んでる源氏(胡桃沢耕史)
 きらきらと華やかな平安の宮廷。でもそこは、男女の秘め事、女の嫉妬、出世争いが渦巻いて、とても平穏とはいかなかったようで・・・。宮廷一のプレイボーイ光源氏は、なんといっても当代随一のスター。愁いを帯びたお顔と、長く伸びた白い指で、次々に娘とお戯れになる。今日も、新しい姫の部屋の前で「実はお前だけが私の愛する女なのだ」と甘いお言葉。知っている人が聞けば吹き出してしまうような大嘘なのですが・・・。それでも、彼は娘たちの憧れの的。

平成30年5月・・・10冊読みました(H30.5.26)>
DSC03962.jpg
◇妻はくノ一4/風の囁き(風野真知雄・角川書店)
 松浦静山の下屋敷に飯炊き女として潜入した織江は、ついに静山の密貿易と野心の証拠をつかんだ。だが、これを提出すれば静山ばかりか夫の彦馬にも破滅が訪れてしまう。くノ一としての義理と、妻としての人情。その板挟みに悩むおろ絵を、お庭番の頭領・川村真一郎がじわじわと追い詰めていく。窮地に陥った織江にくノ一の先輩でもある母が忠告した言葉。それは驚くべきものだった。
◇妻はくノ一5/月光値千両(風野真知雄・角川書店)
 ついに織江の正体を知った雙星彦馬(フタボシ ヒコマ)。しかし彦馬は、それでも妻を信じて再び逢える日を待つ。一方、静山の屋敷から失踪した織江は、悩みながらもお庭番から離れることを決意した。母・雅江はその手助けに、最後の力を振り絞る。2人を抹殺するため、お庭番の頭領・川村真一郎率いる忍びたちが迫りくる。危機一髪のところで助けに入ったのは意外な人物だった。織江の驚くべき過去が明らかに!
◆佐用姫伝説殺人事件(内田康夫・角川文庫)
 居候の浅見光彦は肩身が狭い。今日も雪江未亡人に、陶芸展の招待状を、押しつけられた。うんざりしながら出かけた陶芸家・佐橋登陽の個展会場で、浅見は登陽と美女・久子そして評論家・景山修太郎と出会う。翌日、景山がナイフで胸を刺されて殺されたという連絡が浅見に届いた。死体上には黄色い砂がまかれ、「佐用姫の・・・」と書かれたメモが残されていた。事件に巻き込まれた浅見は、登陽と久子の住む佐賀県の有田へ向かう。そして、浅見の到着をまっていたかのように、玄界灘で景山と親しい陶芸家・草間完治の水死体が発見された・・・。
◇取次屋栄三3・若の恋(岡本さとる・祥伝社)
 「町の娘に惚れてしまいましてな」懇意の旗本用人・深尾に言われ、秋月栄三郎は驚く。だが、惚れたのは分家の若様だと知って栄三郎は二度びっくりする。娘の身辺を探ってほしいと依頼された栄三郎は、娘の気立てにたちまち魅了され、若様との恋の成就を願う。ところが、そこに立ちはだかったのが、若様の養育係だった。
◇取次屋栄三7・浮かぶ顔(岡本さとる・祥伝社)
 居酒屋〝そめじ〟で秋月栄三郎の前に座るのは、腕っ節と凶暴さで恐れられる取立て屋の若い衆・捨吉。彼には親に捨てられた哀しい過去があった。〝そめじ〟の女将・お染は、十年前、孤児となった捨吉を真っ当な道に導けなかった後悔を語る。それを聞いた栄三郎は、捨吉の瞳に無垢な光があるのを見て取り、なぜか貧しい人々を救う医師・弘庵(コウアン)の許の連れていく・・・。
◇新酔いどれ小藤次・柳に風(佐伯泰英・文春文庫)
 新兵衛長屋界隈で、赤目小藤次を尋ねる怪しい輩がいるという。小藤次ネタを他所の読売屋にかすめ取られていた空蔵は、これは大ネタに化けるかもしれないと探索を引き受けた。そして小藤次と因縁のある秩父の雷右衛門が絡んでいると調べ上げた。そこで空蔵は行方を絶った。空蔵の身にいったい何が?
◇新酔いどれ小藤次・らくだ(佐伯泰英・文春文庫)
 江戸ッ子に大人気のらくらだの見世物。駿太郎にせがまれて、小藤次もおりょうやお夕一家とともに見物に出向いた。そのらくだが二頭、何者かに盗まれたうえに身代金を要求された!興行主に泣きつかれた小藤次はらくだ探しに奔走するが、思いがけず己の〝老い〟に直面する事態となる
※餌食(清水一行・徳間文庫)
 失意と辛苦のうちに憤死した父の怨念を背負い、<群れ>の秩序に対して強烈な不信感を抱く笠原の本業は、ゴルフ・ギャンブラーだ。今回の餌食は、一流自動車メーカーの部長・青沼亮一。
◆破壊の季節(笹沢左保・徳間文庫)
 東国大学外科助手・高垣洋一郎が路上で撲殺された。医局員・倉之部裕一の婚約者・芙美代が倉之部の弟・宏次が殺人予告の電話をするのを偶然、耳にしてしまう。電話は高垣の詩に関係があるのか?裕一に相談しても、自分の研究以外に興味のない婚約者。芙美代は宏次の犯罪を阻止しようと、電話の謎を探るうち、宏次に魅かれていくのだった。
◆信州・高原列車殺人事件(辻真先)
 爽やかな信州の高原のプチホテルと、日本の鉄道最高の標高1375メートルを走る小海線を舞台に、繰り返される惨激。二年前に起きた放火殺人事件の犯人がわからないまま、営業を再開したホテル。事件当日の宿泊者が招待された翌日、再び変死体が。家族で居合わせたトラベルライター・瓜生慎(ウリュウ シン)は、またまた探偵役を押し付けられて・・・。

平成30年4月・・・5冊読みました(H30.4.25)>
DSC03929.jpg
◆伴連れ(安東能久・新潮文庫)
 高野が警察手帳を紛失したらしい。柴崎警部は頭を抱えた。彼女はその事実をあっさり認める。だが、捜査を続けるうち、不祥事は全く別の貌を見せはじめた。少年犯罪、ストーカー、老夫婦宅への強盗事件。盗犯第二係・高野朋美巡査は柴崎に庇護のもと、坂元真紀署長らとぶつかりながら刑事として覚醒していく。
◆血の砂丘(笹沢左保・日文文庫)
 能代三香子は、別れた夫・船津久彦への復讐のため、彼の溺愛する娘・千秋を誘拐する。離婚理由となった三香子の交通事故が、久彦が愛人と結婚するための罠であったからだ。営利誘拐を装った復讐は成功したかに思えたが、何者かに千秋を逆誘拐されてしまう。三香子は現在の愛人・別所功次郎とともに行方を追うが・・・。
◇妻はくノ一/身も心も(風野真知雄・角川書店)
 元平戸藩主・松浦静山(マツラ セイザン)に気に入られ、たびたび下屋敷に呼び出されるようになった雙星彦馬(フタボシ ヒコマ)。妻の織江を探しに江戸へ出てきたのだが、天体観測に付き合わされたり、巷で起きる事件の調査を頼まれたり。そのため彦馬の織江探しは静山が綴る「甲子夜話(カッシヤワ)」のように着々と進まない。だが彦馬は知るよしもなかった。御庭番の密命を帯びた織江が、飯炊き女になりすまし静山の下屋敷に潜入していたことを。
◆槍ヶ岳幻の追跡(梓林太郎・光文社文庫)
 槍ヶ岳直下の坊主岩小屋で、恋人に宛てた遺書が発見された。山岳救助員・紫門一鬼(シモン イッキ)は付近を捜索するが、遺体は発見されず、それらしき人物の失踪届も無い。李署はいたずらか、それとも・・・・・・。新聞の記事を見て名乗り出てきた来宮亜綺子(キノミヤ アキコ)の話は、紫門にある重大な疑惑を抱かせた。
◇御用絵師一丸(あかほり悟・白泉社)
 蝋中・水野忠邦の天保の改革が始まらんとする12代家慶野のころ。大奥の実力者であり、幕政に隠然たる力を持つ広大院に仕える一人の絵師がいた。その名は一丸(ヒトマル)。彼には絵師としての顔のほかに、命令を受け、裁けぬ悪を討つ、殺し屋としての顔があった。
 
平成30年3月・・・11冊読みました(H30.3.31)>
DSC03776.jpg
◇子連れ用心棒(沖田正午・徳間文庫)
 藩の剣術指南役を決す御前試合で、運よく勝を拾った幻気真鋭流の達人秋葉竜之介。が、幸せも束の間、妹が何者かに斬り殺されたうえ、下手人と疑われた義弟までも逐電してしまう。妹の仇と義弟を捜すべく、残された数え二つの甥っ子鉄太郎を背負い、竜之介は江戸へ向かう・・・。用心棒で糊口を凌ぎながら、機を待つ竜之介の眼前に現れたのは?
◇子連れ用心棒/一心の絆(沖田正午・徳間文庫)
 妻殺しの疑いも解け、晴れて帰藩した一馬だったが、病のため、心ならずも我が子鉄太郎を江戸へ見送ることになってしまう・・・。再び甥を背負うことになった竜之介は、口入屋善六から大店の主の用心棒を頼まれた。一晩で数万両の大金が動く、大旦那の博打の付添いだった。一方、女賭博師のお京が長屋に現れたことで、千香は竜之介との仲を勘違いし・・・。
◇新・酔いどれ子藤次/桜吹雪(佐伯泰英・文春文庫)
 近ごろ呆けの進んだ新兵衛が妙な間合いで「何妙法蓮華経」のお題目を唱えるため、みんなは困り果てていた。身延山久遠寺に詣でたことがあり、それを思い出しているらしい。どうにかしようと、孫のお夕の付き添いで小藤次はおりょう、駿太郎とともに代参の旅に出るが、一行を何者かが待ち受けていた。
◇新・酔いどれ子藤次/姉と弟(佐伯泰英・文春文庫)
 小藤次一家との身延山久遠寺への代参旅から戻ったお夕は、父のもとで錺職修行を始めた。だが父を師匠とする関係に、お夕は思い悩む。一方、駿太郎は実父・須藤平八郎の葬儀場所が判明し、小藤次から墓を建てるよう提案される。姉と弟のような二人を小藤次は見守るが、当の本人もまた騒ぎに巻き込まれ・・・・。
◇占い同心鬼堂民斎/当たらぬが八卦(風野真知雄・祥伝社)
 「悩み解決します」の看板を掲げ、芝金杉橋を中心に座る易者鬼堂民斎。二枚目なのに女房には逃げられ、同じ長屋に住む艶な元深川芸者にも相手にされない三十四歳。だが、その正体は南町奉行所の隠密同心であった。二本差しを筮竹に持ちかえ市井をにぎわす恋の悩みや悪巧みを大解決!を目指すのだが・・・。
◇占い同心鬼堂民斎/女難の相あり(風野真知雄・祥伝社)
 隠密同心にして易者の鬼堂民斎は愕然とした。寝しなの自分の顔に女難の相を観たのに続き、翌朝いちばんの客にもはっきりとそれを観たのだ。客は金物商の主で極めつけの女嫌いだという。裏庭のけやきの伐採についての相談を受けた民斎が店を訪れると、なんと巨木から紅血が!これは女の呪いなのか!
◇妻はくノ一1(風野真知雄・角川書店)
 平戸藩の御船手形書物天文係(オフネテガタショモツテンモンガカリ)の雙星彦馬(フタボシ ヒコマ)は、三度の飯より星が好きという藩きっての変わり者。そんな彦馬のもとに上司の紹介で美しい嫁・織江がやってきた。彦馬は生涯大切にすることを心に誓うが、わずかひと月でに新妻は失踪してしまう。実は織江は、平戸藩の密貿易を怪しんだ幕府が送り込んだくノ一だった。そうとは知らず津まわ捜しに江戸へ赴く彦馬だったが・・・。
◇妻はくノ一2/星影の女(風野真知雄・角川書店)
 「わしがこの国を開いてやる」江戸判定で「甲子夜話(カッシヤワ)」の執筆にいそしむ元平戸藩主・松浦静山はこともなく言い放った。封人の千右衛門に連れられ下屋敷に呼び出された雙星彦馬は仰天。こんな発言は露見すると即座に打ち首だった。天文航海に通じた彦馬に期するものでもあるのか。神田妻恋坂の裏長屋に居を定め、寺小屋の合間を縫って織江を捜す彦馬。だが、花のお江戸は今日もまた驚きの連続なのだった・・・。
◆華やかな迷路(笹沢左保・廣済堂文庫)
 丸越デパート社長の次男との結婚が週刊誌などに載った婚約者・亜衣子のもとに、「不幸な未来を祝福する」と書かれた脅迫状のようなものが届く。結婚を目前に控えた亜衣子は、不安におののきながらも「過去より」と書かれた差出人を求めて、かって関係のあった男達を探る。
※赦されざる者の挽歌(勝目梓・講談社)
 箱根の別荘に押しいった伊那と黒瀬の2人組。しかし、伊那には黒瀬も知らない本当の目的があった。大切な肉親を喪った怒りが毒がとなり、侵入先の妻、娘に襲いかかる。
◇一膳飯屋「夕月」/しだれ柳(荒崎一海・祥伝社文庫)
 恋女房のおちよと山谷堀で一膳飯屋「夕月」を営む片桐晋悟は、御膳所御台所人の三男で、なかば勘当の身。ある夜、隠居した旗本・竿望斎(カンボウサイ)が三人の刺客に襲われるところを救う。晋悟は敵が金目当てではなく竿望斎の命を狙ったと看破するのだが・・・。将軍の料理人にして、無海流(ムカイリュウ)の剣客・晋悟が次々と事件を解いていく。

平成30年2月・・・5冊読みました(H30.2.28)>
DSC03579.jpg
◇新・酔いどれ小藤次・願かけ(佐伯泰英・文春文庫)
 近ごろ、小藤次が研ぎ仕事をしていると、その姿に手を合わせ念仏を唱え柏手を打つ者、さらには賽銭を投げ入れる者が続出する。周囲は面白がるが、小藤次は店仕舞いを余儀なくされた。一方おりょうの芽柳派では、門弟の間で諍いが起き、おりょうを悩ませる。ふたつの騒動は、誰が、何の目的で企てたものなのか?
◆結婚って何さ(笹沢左保・光文社)
 係長に服装や行動に難癖をつけられて、遠井真弓と疋田三枝子は、臨時雇いの会社を辞めてしまった。憂さ晴らしにしこたま酔っぱらった二人は、三軒目のバーで、こちらも会社を辞めたばかりの男と意気投合。三人で旅館に泊まることに。よく兆起きた二人が見たものは、ソファの上で死んでいる男だった。
◆鍵(笹沢左保・光文社)
 倉沢ユミの姉で社長秘書をつとめるマヤは、結婚を餌に騙した男を札幌で殺し、姿を消した。が、社長の大木戸ハ、マヤが犯人でないと主張、ユミを誘って現場を訪れた。美男の社長への淡い恋心。殺人事件は逆転できるのか?
◆霧に溶ける(笹沢左保・光文社)
 ミス・コンテストの最終予選に残った5人の美女が、最終審査を前にして、脅迫、交通事故、怪死……次々と謎の事件に巻き込まれていく。警視庁特捜班の追及が開始されるが、巧妙なアリバイ工作、鉄壁の密室など、複雑に絡み合った〝犯罪連立方程式〟が立ちはだかった。
◆女を見て死ね(笹沢左保・光文社)
 服飾デザイナー・宇佐美治郎は、充実した日々を送っていた。TVにも出演し人気を博している。しかし、そんな彼にも忌まわしい過去があった。2年前、デザインの盗用を抗議してきた男とその妻を殺害したのだ。それは完全犯罪のはずだった。しかし、ある日、彼のもとに死者からの脅迫状が!

平成30年1月・・・4冊読みました(H30.1.31)>
1_20180112151847c20.jpg
※ゆりかごで眠れ(上)(垣根涼介・中公文庫)
 壮絶な幼少期を過ごしながらも、、コロンビア・マフィアのボスにまで上りつめた日系二世のリキ・コバヤシ・ガルシア。その彼が、ひとりの少女を伴い来日した。目的はライバル組織に売られ、日本警察に勾留されている部下の奪還と復讐、そして……。
※ゆりかごで眠れ(した)(垣根涼介・中公文庫)
 ゴンサロへの復讐を果たし、日本警察からのパパリト奪還を急ぐリキ。ある日、彼は、迷子になったカーサを送り届けた元刑事・若槻妙子と出会う……。安らぎを夢見つつも、憎しみと悲しみの檻の中でもがき彷徨う男と女。血と喧噪の果てに待つものは、一体何なのか?
◇江戸のご隠居意見番・小春びより(岳真也・学研文庫)
 大身の旗本で幕府の要職を務めた嶺井伝兵衛(ミネイ デンベエ)は、還暦も間近。今は家督を嫡男に譲り、江戸東郊・向島の隠居所で悠々自適に暮らし、その身の回りは二十二歳の女中・恵那が面倒をみていた。伝兵衛は世話好きで、大の捕り物好き。三男の太兵衛は北町奉行であった。浅草界隈で三軒の辻斬り事件が連続し、さらに札差が殺される。探索の先に旗本の部屋住み三男坊が浮かび上がり、伝兵衛は飲み仲間らとある仕掛けを企てる・・・。
◇新・酔いどれ小藤次・神隠し(佐伯泰英・文春文庫)
 わけあって豊後森藩を脱藩し、研ぎ仕事で稼ぎながら長屋に暮らす赤目小藤次。ある夕、長屋の元差配・新兵衛の姿が忽然と消えた。さらに数日後、小藤次の養子・駿太郎らが拐しにあった。一連の事件は小藤次に恨みがある者の仕業なのか。小藤次は
拐しに係わった阿波津家の謎に迫る。
2018/10/13

株投資やってます

株式投資は頭の体操になるのカナ?
株取引の週刊記録です・・・果たしてどんな結果になるのか?
<平成30年>
10/9~10/12
*買銘柄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・レザーテック 
*売銘柄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アカツキ
*配当金額(今年)・・・・・・・・・・・・178,649  円
*売買損益額(今週)・・・・・・・・・・43,842  円
*売買損益額(今年)・・・・・・・・・・2,926,426  円
*保有銘柄数・・・・・・・・・・・・・・・・36 銘柄
*評価損益額・・・・・・・・・・・・・・・・▽4,777,700
暴落の直撃で含み損は今年最大!
 プラスなんてはるか彼方。・・・たけジャパンって、とってもヘタクソ!
 指し値に届き、1銘柄買え、1銘柄売れました。
2018/10/07

孫・健治郎

孫2号「健治郎」の成長記録
 ワインのスペシャリストを「ソムリエ」と言いますよね。
 おじいちゃんのスペシャリストは?
 ある人が「ソフリエ」と言っていました。
 たけジャパンも、孫の成長を楽しみながら一流のおじいちゃん「ソフリエ」を目指します。
平成30年
保育園最後の運動会 平成30年10月6日(土)
 近所の小学校の体育館で、運動会を行いました。
 保育園最後の運動会です。
 障害物競争、バルーン、組体操、親子遊戯、タイフーン、リレー全部頑張りました。
 ご褒美に金メダルとお菓子をいただきました。
【開会式/準備体操/閉会式】
1_20181007115346530.jpg 2_20181007115348a86.jpg 153_20181007115659c18.jpg
【障害物競争】
7_20181007115349e0b.jpg8_201810071153505fe.jpg19_20181007115352037.jpg
21_201810071153534e2.jpg24_20181007115355450.jpg27_20181007115356a72.jpg
【バルーン】
36_20181007115405dca.jpg 38_20181007115407051.jpg 39_20181007115408220.jpg
41_20181007115416755.jpg 42_2018100711541790b.jpg 43_2018100711541988a.jpg
【組体操】 
45_20181007115420a97.jpg 46_20181007115422dc7.jpg 47_20181007115423e3f.jpg
48_201810071155022de.jpg 51_20181007115504bdc.jpg 52_201810071155059c6.jpg
55_201810071155076b1.jpg
56_20181007115508c79.jpg58_20181007115510a8e.jpg61_2018100711551156a.jpg
【親子遊戯】
64_20181007115513331.jpg 68_201810071155167bc.jpg 72_2018100711551711f.jpg
【タイフーン】
114_201810071155191a5.jpg 116_20181007115520ab1.jpg118_201810071155223b0.jpg
120_201810071155230ba.jpg121_20181007115525fd7.jpg
【リレー】
126.jpg 127.jpg 129.jpg
131_20181007115643dec.jpg132.jpg133_2018100711564672e.jpg
134_20181007115648bbf.jpg135_20181007115649eec.jpg136_20181007115652ad2.jpg
【メダル授与】
142.jpg 146.jpg 150_201810071156577e5.jpg
147_20181007115655999.jpg 155_201810071157006e6.jpg
【集合写真】
157_201810071157010e1.jpg
167_20181007115707043.jpg
【おまけ】
30_2018100711535856b.jpg 32_201810071154038f7.jpg 34_20181007115404e03.jpg
163_201810071157036de.jpg 164.jpg 165.jpg
168_20181007115709641.jpg 170.jpg
65_201810071155146c0.jpg 123.jpg



じいじのお家で床屋さん 平成30年9月22日(土)
 じいじのお家でおじさんに(お母さんの妹の旦那さん)髪を刈ってもらいました。
 風呂場で床屋さん、そのままシャワーを浴びてさっぱりしました。
 人生ゲームで遊びました。
1_20180923162546532.jpg 3_201809231625485fc.jpg 6_20180923162549459.jpg
7_20180923162551504.jpg 8_201809231625516c9.jpg



保育園の夕涼み会 平成30年9月8日(土)
 保育園の夕涼み会に行きました。
 僕は、年長組で、御神輿と盆踊りを頑張りました。
 父兄が主催し、園児、先生、祖父母、卒園生みんなで盛り上げます。
 夜店にはおいしいもの、楽しい遊びがいっぱいです。
1_20180914112321e3f.jpg 2_20180914112323be6.jpg 3_20180914115700d47.jpg
8_20180914115701993.jpg 9_20180914115702efd.jpg 10_201809141157041e6.jpg
11_20180914115705215.jpg 15_2018091411570773c.jpg 20_20180914115708db5.jpg
22_2018091411571076d.jpg 23_20180914115711185.jpg 30_20180914115713421.jpg
33_20180914115719803.jpg 34_2018091411572062f.jpg 36_20180914115722d95.jpg
31_20180914115717f82.jpg42_20180914115759e2e.jpg44_20180914115802911.jpg
40_20180914115725705.jpg 43_20180914115801bdb.jpg 37_20180914115723328.jpg
45_201809141158042e1.jpg 46_20180914115805aa2.jpg



お兄ちゃんの誕生会 平成30年8月15日(水)
 お兄ちゃんは、8月18日に8歳になります。
 ファミリー集合、誕生会をみんなで楽しみました。
 飾りつけのお手伝い、きれいにできました。
 ご馳走一杯食べました。
1_2018081816590353e.jpg 2_2018081816590453a.jpg 8_20180818165912b28.jpg
 手作りのフルーツの盛り合わせ、おしゃれです。
14_2018081816591622b.jpg 22_20180818170000874.jpg
15_201808181659186c6.jpg
 プレゼントはロボット〝センゴクバトラー〟でした。
 お兄ちゃんと夢中になって、侍と忍者の闘いをしました。 
23_20180818170002191.jpg 24_20180818170003f98.jpg
26_201808181700058ef.jpg 28_20180818170008eff.jpg 31_20180818170011ebe.jpg



じいじのお家にお泊まり 平成30年7月25日(水)
 お母さんが出張でお出かけです。
 じいじのお家にお泊りです。
 マットに入ったり、メガネを掛けたり、シャワーしたり、楽しく遊びました。
1 (1) 1 (2) 1 (3)
1 (5) 1 (4)



うれしいプレゼント 平成30年7月18日(日)
 じいじのお兄さんから「カブト虫」がいっぱい届きました。
 カブト虫大好き、お兄ちゃんとお世話します。
 僕はカブト虫はつかめません。
1_20180718231730649.jpg 2_201807182317314ca.jpg



ぼうけん広場で遊んだよ 平成30年5月27日(日)
 今日は日曜日で、学校も保育園もお休み。
 午前中、お店でのスマホのゲームにあきたのでしょう。
 ばあばもお母さんもおばさんもお店の仕事中。
 じいじの出番です。
 定番の「ぼうけんひろば」に行ってたっぷりと遊びました。
 保育園のお友達と会い、一緒に遊びました。
 子供って疲れ知らず・・・お相手するのは大変です。
1_2018052911093987a.jpg 2_20180529110941483.jpg 4_2018052911094337a.jpg
10_20180529105651616.jpg 5_20180529110945488.jpg 6_201805291109466a5.jpg
3_20180529110942145.jpg 12_20180529105654e60.jpg



筋肉モリモリ 平成30年5月13日(日)
 ぼくの肉体美を見てください。
 筋肉モリモリでしょう?
2_20180514064535528.jpg 4_2018051406453882a.jpg 3_201805140645360d2.jpg
7_20180514064545e79.jpg 8_201805140645471e9.jpg
 スマホのゲーム大好きです。
1_20180514064534696.jpg



祝! 浜松まつり 平成30年5月3日(木)
 浜松市に初夏の到来を告げる浜松まつりが開幕しました。
 祭り用品の店「上まち」の開店を祝って、地区の凧揚げ会が盛大に祝ってくれました。
 ちなみに「上まち」は、おじさん(僕のお母さんの妹の旦那さん)がやっていて、お店はじいじのお家の1階にあります。
 「オイショ」の掛け声と、ラッパの音が鳴り響き、激しい練りに興奮しました。
 お兄ちゃんはラッパ隊に入っています。
10_20180504064500044.jpg 11_201805040645014ec.jpg
5_2018050406445496f.jpg 2_201805040644491f1.jpg 8_201805040644587de.jpg



じいじと公園に行きました。 平成30年4月28日(土)
 じいじとお兄ちゃんと公園(冒険広場)に行きました。
 いろんな遊具で遊んで楽しかった。
1_20180429052202164.jpg 2_20180429052204eab.jpg 4_20180429052206e48.jpg
3_20180429052205aca.jpg 6_2018042905224797f.jpg 5_20180429052208ea0.jpg
 今日練習して、自転車に乗れるようになりました。
6_20180429052209a48.jpg



ほんとに面白い兄弟 平成30年4月15日(日)
 小2と保育園年長の兄弟です。
 面白いことをするもんです。
 何を考えているのか、お互い着ている服を交換しして、得意になって遊んでいます。
1_20180419163405086.jpg 3_201804191634069bf.jpg 6_2018041916340957c.jpg



将来は植木職人? 平成30年4月4日(水)
 物置で植木鋏を見つけました。
 さっそく、挑戦です。
 すぐに飽きて、公園に行きました。
1_201804051008157bc.jpg 5_20180405100821730.jpg 6_2018040510082361d.jpg
8_20180405100826852.jpg 9_20180405100827e78.jpg 11_20180405100830561.jpg



公園でいっぱい遊んだよ 平成30年3月24日(土)
 じいじとお兄ちゃんと近所にある公園に6つも行きました。
 サッカーやったり、遊具でいっぱい遊んだよ。
1_201803251045098ae.jpg 3_20180325104512723.jpg 5_20180325104515e71.jpg
7_201803251045183cf.jpg 8_20180325104519e2c.jpg 10_20180325104525390.jpg
12_201803251045284c4.jpg 14_20180325104534a1a.jpg 16_20180325104537277.jpg
19_20180325104615f5a.jpg 23_20180325104621cf8.jpg 24_20180325104623eb5.jpg
25_20180325104624576.jpg 30_201803251046324b1.jpg 32_2018032510463540c.jpg
33_20180325104636220.jpg 34_20180325104638458.jpg 21_20180325104618684.jpg
22_201803251046203ee.jpg 26_201803251046268bd.jpg 28_20180325104629b88.jpg 29_20180325104630da4.jpg



じいじのお家にお泊り 平成30年3月19日(月)
 お母さんが東京で研修です。
 今日は、じいじのお家にお泊りです。
 じいじが作ったカレーおいしかったよ。
 お兄ちゃんといっぱい遊びました。
1_20180320052818827.jpg 11_20180320052903080.jpg 6_20180320052825909.jpg
3_20180320052820828.jpg 4_2018032005282245f.jpg 5_20180320052823e76.jpg
12_20180320052904ef6.jpg 13_20180320052906a43.jpg 15_2018032005290981e.jpg
16_20180320052910a1a.jpg 17_20180320052912292.jpg 19_20180320052913627.jpg



スマホのゲームに夢中 平成30年2月24日(土)
 兄弟そろって、スマホのゲームに夢中です。
1_20180226062112837.jpg 2_20180226062114dd3.jpg 3_20180226062115cf2.jpg
4_201802260621178e3.jpg 5_2018022606211861d.jpg 6_2018022606212054a.jpg



公園に行きました 平成30年2月17日(土)
 じいじにお願いして、公園に連れて行ってもらいました。
 今日はお兄ちゃんはいません。
 半ズボンでも寒くないよ。
 公園は、二人だけでした。
1_20180217162534514.jpg 2_20180217162536179.jpg 3_20180217162537bc9.jpg
4_20180217162539f9f.jpg 5_2018021716254039e.jpg 6_20180217162542bc3.jpg



開店を祝いに 平成30年1月13日(土)
 1月11日じいじのお家の1階に、祭り用品のお店が新規開店しました。
 おばさん(お母さんの妹)の旦那さんがやっています。
 お母さんとお兄ちゃんと一緒にお店に行きました。
 オープニング記念の〝プチ縁日〟開催中で、ボールすくい(金魚すくいの要領)をしました。
 楽しいので何回もやっちゃいました。
3_201801121121378c7.jpg
s1_20180114103121a56.jpg k2_2018011410312017a.jpg k1_20180114103118762.jpg



餅つきしました 平成29年12月30日(土)
 昨年の出来事ですが、餅つきしました。
 年末恒例で親戚が集まり、飲んで食っての一大イベントです。
 つきたてのお餅って最高です。大好き。
 今年も大活躍です。
 最後は、はとこたちが大集合!
4_20180104234521f0c.jpg 47_20180106105247708.jpg 5_20180106105241bce.jpg
29_2018010610524404d.jpg 30_20180104235041380.jpg 35_201801042350486a5.jpg
39_20180104235051a3a.jpg
次へ>>

■  プロフィール

たけジャパン

Author:たけジャパン
<座右の銘>                   ・謙虚に/デシャバラナイ               ・素直に/ウラギラナイ                ・朗らかに/マエムキニ
<好きな事>                   ・小旅行                    ・ウォーキング
・読書
・サッカー
<性格>                     ・気まぐれだけど一直線

 




■  カテゴリ

はじめに (1)
今日も楽しく (11)
ソフリエ (16)
ウォーキング (9)
読書日記 (7)
ねんぱく旅行記 (14)
クッキング (2)
サッカーあれこれ (1)
お気に入りフォト (7)
KSしずおか (16)
KSあいち (1)
株日記 (1)

■  最新記事

■  最新コメント

■  月別アーカイブ

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  QRコード

QR